乗り鉄放浪記

≫ EDIT

2018春分Ⅱ 雪と桜と越前の放浪記 その11 南今庄駅/帰路

201804-4673.jpg
武生駅、1896年開業。

たけふ…読みがいつも分からない…いい加減覚えろ…。。


201804-4679.jpg
南越駅…なんてできたら…さらに駅名が分からなくなりますね。。


201804-4684.jpg
武生1605発敦賀行き 240M







201804-4691.jpg
そろそろマジメに帰ろうかとも思いましたが…もう一つ気になる駅へ。。





201804-4696.jpg
駅舎はなく…待合室があるだけの小さい駅。


珍しいといえば…
201804-4701.jpg
融雪用のマットが設置してあります。

こういうところが、なんとなくJR西日本っぽいな…と。




201804-4715.jpg
南今庄駅、1962年開業。

周辺に住宅もなく…静かでいい駅でした。



201804-4716.jpg
特急街道も…もう長くないかもですね。。




201804-4705.jpg
余剰になった車両は…またどこかへ配置転換になるでしょうか??


そんなことを考えていたら…


201804-4738.jpg
あれも余剰戦力…元北斗星の牽引車でした…が見ての通り。。


201804-4754.jpg
なかなか…この駅は撮影目的で再訪したいですね。。


201804-4764.jpg
南今庄1723発敦賀行き 244M

敦賀駅までは一区間なんですけど、12kmもあります。。

その理由は鉄道ファンならお分かりでしょう。


201804-4784.jpg
敦賀1735着。


201804-4787.jpg
敦賀1749発播州赤穂行き 3527M

敦賀から2府3県を駆け抜ける新快速に乗り米原まで、その後名豊橋行きの新快速に乗り換え名古屋までの帰路でした。

(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」
+「TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)」)



「雪と桜と越前の放浪記」これにて最終回です。

いつも以上の駄文、珍文にお付き合いいただきありがとうございました。

| 春分Ⅱ 雪と桜と越前 | 23:30 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

戦う前から負けたときの理由を考えている。

201806-9797.jpg
臥薪嘗胆、

僕の部屋には…あの日の新聞を貼っている。


そら…確かに超絶望的な状況、

今回の場合は…ある意味わかりやすい「悪者」がいますからね…

日本のマスコミの皆さんは叩いていますけど。。

そもそも負けるという前提で「悪者」を叩いている…そんな気がしてますよ。

やってみなきゃ分からないし、戦う前から負けたときのイイワケを考えるのもどうよ。


もっともグループリーグが決まったときから、こんな感じなんでね。

監督云々なんて関係ないよね。

ランキング??

ランキングだけがモノをいうんなら…ランキング上位32チームだけででW杯をやればいいじゃん??



アリンコが巨象を倒す…それがワールドカップだぜ??

戦う前から負けたときの理由を考えているんじゃないよ。

| 閑話 | 23:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分Ⅱ 雪と桜と越前の放浪記 その10 北府駅

201804-4605.jpg
田原町駅から1時間弱乗車して…下車します。

こちらの駅は車両基地も併設してあるので…いろいろな車両を見ることができます。


201804-4607.jpg
735形、「ドイツ・シュツットガルト市電」から「とさでん」を経て福井鉄道へやってきたこちらの車両。

前照灯が縦です。


201804-4610.jpg
ラッセル車…そしてさらに奥には乗車がかなわなかった600形と200形が留置してあります。

特に200形の顔が好きでして…鉄道グッズを買わない派なんですけど…ラバーキーホルダーを購入してしまった。。

残念ながら車籍は外れてしまい…いまではイベント等でしかみられないとのこと。



201804-4624.jpg
北府駅、1924年西武生駅として開業。
2010年に現在の駅名に改称。


201804-4627.jpg
初訪問、改装前に訪問したかったですね。。



201804-4629.jpg
無人駅ですが…平日の朝は駅員さんが常駐するようです。

駅の奥には福井鉄道のちょっとしたミュージアムがあります。



201804-4620.jpg



201804-4623.jpg




201804-4617.jpg
文章拡大
俵万智さんはこちらのご出身…一つ前の記事で紹介した田原町駅と同じ読みですけど…本名らしいです。





201804-4642.jpg
ドイツからやってきた735が動き出したので…ひょっとして運用に??

…と思いきや、車庫内の入れ替えだった模様です。。

ドイツは前回大会、準決勝で地元ブラジルから7-1と大勝したのが印象的でした。

ここのところのW杯は前回大会優勝チームは、ふがいないことが多いんで…今大会はどうでしょうか??

まあまあ、話しが逸走してますが。。


201804-4644.jpg



福井鉄道、最後は岐阜を走っていた元名鉄の車両に乗車したかったのですが…
201804-4649.jpg
…なぜだか少数派のFUKURAMさん。。


201804-4664.jpg
終点に到着。


201804-4671.jpg
越前武生駅、1924年武生新駅として開業。
2010年に現在の駅名に改称。


201804-4668.jpg
福鉄のロゴ、名鉄に似てる…って思い調べたら…名鉄傘下時代にこのロゴになったようです。。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」)

| 春分Ⅱ 雪と桜と越前 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分Ⅱ 雪と桜と越前の放浪記 その9 田原町駅

201804-4542.jpg
高架の説明をしたにもかかわらず…高架線の写真がないという…まあまあ…申し訳ないんですけど。。


201804-4545.jpg
田原町駅、1937年開業。

えちぜん鉄道と福井鉄道、福井県にある2つのローカル私鉄が交わる駅です。


201804-4551.jpg
手前の青い車両は2014年にデビューした福井鉄道のFUKURAMという最新鋭の車両です。



201804-4552.jpg
その流麗なフォルムもさることながら…ホームとフラットな乗車口、足元灯も最新鋭って感じがします。。


201804-4556.jpg
福井鉄道福武線、武生方面からやってきた列車はこの先、えちぜん鉄道に乗り入れています。

ここも渋い木造駅舎があったのですが…乗り入れに際し改築されました。



201804-4562.jpg
今度は福井鉄道福武線に乗車します。


201804-4567.jpg
春先特有の…賑やかな新高校生の勢いに呑まれ着席はできず…

後ろの運転台よりボチボチ車窓を眺めます。




201804-4574.jpg
懐かしい車両に出会えました…岐阜の路面電車で活躍していた車両…新天地で頑張ってます…

というか…こっちの方が長いですね。。



201804-4577.jpg
併用軌道区間を終わり、専用軌道へ。。


201804-4582.jpg
これも…ここでは珍しくない??スノーシェッド。


201804-4589.jpg
業務用車両もかわいいです。


201804-4600.jpg
福井鉄道福武線、のどかな風景を進みます。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」)

| 春分Ⅱ 雪と桜と越前 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分Ⅱ 雪と桜と越前の放浪記 その8 福井駅

201804-4435.jpg
この列車には保線の方が乗務されていました。

ローカル線を旅するとよくあるんですけど…列車に乗務しないと確認できない部分や、

もっと言ってしまうと列車じゃないと到達できない場所もありますからね。。


201804-4450.jpg
越美北線を北上、桜もいよいよ見納めです。



201804-4455.jpg
福井駅1222着。


201804-4458.jpg
県庁所在地の駅なんですけどね…自動改札ではありません。。



ここで食事に…
201804-4463.jpg
福井では…駅前のこのお店となんとなく決まっています。

といっても…3年ぶりですね。。


201804-4474.jpg
ソースカツ丼と越前おろしそばのセット。

どちらも食べたい僕にはうってつけのセットです。

”ミニ”ソースカツ丼のセットにしようか悩んだんですけど…大きい方を選択。

満腹です。。




201804-4484.jpg
福井駅、1896年開業。

特急の名前もダイナスター…福井県はここんとこ恐竜を売りにしています。

これが首を上げ下げしたりして…けっこうリアルだったりします。

201804-4490.jpg


201804-4500.jpg
こちらはネズミのような…ほ乳類でしょうか…ずいぶん凶暴なイメージです。。











18きっぷの旅なんで…そろそろ帰宅路のことも考えないといけないんですけど…
201804-4507.jpg
少々寄り道をして帰ろうかと…えちぜん鉄道。



201804-4508.jpg
立派な高架駅にみえますが…実は仮住まい。。



201804-4511.jpg
福井駅周辺の連続立体化工事にともない、

先行して完成した北陸新幹線の高架線を間借りして営業しています。

これを最初聞いたときは…ウルトラCな発想だと思いました。。


そしてここを走るのが…
201804-4513.jpg
かつて飯田線で活躍した119系…えち鉄で活躍しております。



201804-4518.jpg
(敦賀方面)
6月24日より高架化されたえち鉄の路線の運用が始まる模様で…新幹線高架での営業は終了。

今回の訪問、タイミングがよかった。


201804-4530.jpg
ちょこっとだけ「えち鉄」に乗車します。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」+「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM」)

| 春分Ⅱ 雪と桜と越前 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分Ⅱ 雪と桜と越前の放浪記 その7 勝原駅

4月9日。
201804-4293.jpg
安宿から駅までの道中の神社に咲いていた枝垂れがなかなか立派で…


201804-4298.jpg
名古屋と比較すると…季節は10日ほどゆっくりのようです。


201804-4302.jpg
駅へ戻ります。


201804-4310.jpg
前日と思うと、少々天気は回復してきた気がしました。


201804-4325.jpg
越前大野1017発九頭竜湖行き 725D

越前大野より南は…日に5往復という閑散区間。

九頭竜湖方面へ、前日訪問できなかった駅を目指します。


201804-4328.jpg



201804-4335.jpg
車窓から見る景色も…前日とは一転、春の陽気です。


201804-4346.jpg





201804-4356.jpg
越前大野駅から5つ目の駅で下車します。


201804-4361.jpg
この駅は花桃で有名な駅です…もっともこのときに咲いているのは桜…

花桃の満開時期はもう2週間ほど後…

でも、雪が降ってくれてこれはこれでいい風景です。


201804-4364.jpg



201804-4369.jpg
登山口の最寄り駅、「ふもとは春でも山は冬」。


201804-4374.jpg
勝原駅、1960年開業。

周りを山に囲まれていますが…春になると花が咲きいい駅だと聞いて訪問。






201804-4408.jpg
桜は満開の少し手前ぐらいでした。。


201804-4409.jpg
滞在時間は…30分ぐらいでしたが…冬と春の間のいい季節を楽しめました。。




201804-4423.jpg
勝原1109発福井行き 728D


201804-4430.jpg
福井方面へもどります。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」)

| 春分Ⅱ 雪と桜と越前 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分Ⅱ 雪と桜と越前の放浪記 その6 越前大野駅

201804-4021.jpg
折り返し福井方面へ。


201804-4026.jpg
実のところ…完乗した…って思い出したのはこの帰り道でして。。


201804-4034.jpg
季節はずれの雪と…


201804-4041.jpg
越美北線の道程を楽しんでいたわけです。


201804-4043.jpg
平行する河川の名前は「九頭竜川」。

雪解け水を含んで増水してますね。。


201804-4054.jpg



201804-4061.jpg
九頭竜湖駅の標高は426m





201804-4065.jpg
越前大野駅の標高は175m

けっこうな勾配を駆け下りました。

九頭竜川の急流も納得です。


201804-4076.jpg
越前大野1506着。


201804-4081.jpg
越前大野より南はスタフ式閉塞。

はじめから知ってたわけじゃなく…このとき輪っかをみて気がついたんですけどね。。


201804-4094.jpg
駅に設置してある鐘は安全を祈念する目的で設置してあります。

当然鳴らしましたよ。。


201804-4128.jpg
越前大野駅、1960年開業。

駅前のロータリーに設置してあるのは雪人形。




201804-4109.jpg
直営駅。

スタフの取扱もあるので無人駅には出来ない…と推測します。。



駅前を散策します。
201804-4129.jpg
越前大野は名水の里…

駅前にも湧水が設置してります。







201804-4141.jpg
北陸の小京都とも呼ばれる「越前大野」。



201804-4142.jpg
古い旅館や、蔵が残っています。


201804-4169.jpg



201804-4167.jpg



201804-4170.jpg



201804-4176.jpg


201804-4198.jpg
お城もあるんですけどね…上るのが大変そうだったのでまたの機会に。。

僕の旅程にしては少々早いんですが…このまま安心の宿こと安宿に投宿します。




(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」)








※更新が停滞しており申し訳ありませんm(__)m
更新が長くないときは…旅に出ていると思っていただければ幸いです。。



| 春分Ⅱ 雪と桜と越前 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT