乗り鉄放浪記

主に18きっぷで乗り鉄放浪しております。放浪で思ったこと、感じたことを綴っています。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2014晩冬 青梅線 川越線 秩父鉄道 休日おでかけパスの放浪記 その10

さてさて、そこから少し歩いたところに、忍城がある。
映画「のぼうの城」を見るまでは全くしらなかった。
成田氏というのは上杉についたり、北条についたり、
紆余曲折あったんだなと、その中で城を守り抜いたのはすごいよな。
まあ、ぼんやりとした感想しかないが、、、。
忍城

残念ながら、資料館的な建物が、夕方遅かったので閉館していた。
これには、ショックだったわ。仕方あるまい。また来るか。
井戸
井戸の水が溢れんばかりというか溢れている。

そして帰路、秩父鉄道を戻り、熊谷。
熊谷からはグリーン車に乗っちゃおうと、湘南新宿ラインで赤羽まで。
赤羽から秋葉原へ行き、すこし買い物したあと、
東海道線で東京から横浜。

この日は、川崎駅で回送中の京浜東北線車両が、
早朝に脱線事故をして、終日止まっていた日。
大動脈、京浜東北線が止まっていても何とかなるもんなんだな。
日曜日だからかな?

横浜から新横浜。
前日に根岸線から横浜線への直通の列車に乗っていたから、
乗り換えることはないだろうと思っていたら、昼間だけなのかな?
東神奈川で乗換だった。
しかも、階段渡って向かい側のホームだったわ。
横浜線は乗り継ぎしにくいんだな。

そんなこんなで、新横浜へ戻る。
まあ、なかなか面白かった。

午前様更新が多くて申し訳なかったわ。
スポンサーサイト

| 晩冬 青梅線・秩父鉄道 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014晩冬 青梅線 川越線 秩父鉄道 休日おでかけパスの放浪記 その9

行田駅下車。
まずまず、酔っ払っていたのでどこを歩いているのかよくわからない状況。
迷っている。
あれ、HPで見ると、城郭とかあるけど、、、どこだろうか?
グーグルマップで調べると、とりあえず湖っぽいところ。水城公園。

水城公園
結構きれいな写真がとれた。
湖と道路があんまり段差がない。
もともと、水はけがあんまり良くない土地なのかもしてない。

ここで、気になる看板。
「ゼリーフライ」
ああ、なんか、ケンミンショーだかで見た気がする。
一個60円と価格も手頃。2つ買ってみるかと。
袋に、コロッケに割り箸がついたものを2つ袋にもらう。

ゼリーフライ
ソースが絡んで湯気が出ている。結構アツアツじゃん。
一つ頬張ってみる、、、、ほう、、、。
すごくうまくはないが、素朴な味がする。
じゃがいもっぽいが、じゃがいもじゃない、
じゃがいもだったらコロッケだよな、これなんだろうか?
自宅に帰ってから調べたが、おからが入っているらしい。
あっさりしていてソースの味付けオンリーだけどなかなかよい。
おやつには、ちょうどいいかもしれない。

忘れなければ続く、、、。



| 晩冬 青梅線・秩父鉄道 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014晩冬 青梅線 川越線 秩父鉄道 休日おでかけパスの放浪記 その8

行くと決まると、けっこう行動は早い。
高崎線へ乗り、熊谷秩父鉄道へ。

秩父鉄道は祖は渋沢栄一も関係する名門らしい。
なんとなく秩父という名前から、西武系な感じがするんだけど、
東武鉄道に乗りいれているらしい。

なかなか、魅力的な車両が走っている。
ちょっと前に101系が引退したとニュースになっていたよな。

秩父鉄道きっぷ
改札が省略されている。
しかし、2駅で300円とは、地方の鉄道は高いな。
こればかりは、しょうがない。

行田駅下車。

忘れなければ続く、、、。








| 晩冬 青梅線・秩父鉄道 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014晩冬 青梅線 川越線 秩父鉄道 休日おでかけパスの放浪記 その7

川越で乗り換え埼京線。
実は、埼京線も地味に未踏路線なんで、
このまま乗ろうかとも思ったが、
大宮でそういえばまともな飯がまだだと、あと、酔いを少し覚ますかと途中下車。

なんか、埼玉っぽい。田舎のガキ大将的な街だな。
埼玉の親分みたいな。面白い。名古屋の田舎者には、言われたくないだろうが。
新興の牛丼チェーン店でお腹を満たす。

時間的には午後3時ぐらいだったかな。
このまま、新横浜のホテルへ帰ろうかとも思ったが、
まだまだ早いよな、、、。

そういえば「のぼうの城」のあれってどこだっけ?
行田市だ。
どうやって行くか、検索すると、
熊谷まで高崎線、熊谷から秩父鉄道。
JRの行田市駅もあるが、ここからだと遠いみたい。

写真は失念。



| 晩冬 青梅線・秩父鉄道 | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014晩冬 青梅線 川越線 秩父鉄道 休日おでかけパスの放浪記 その6

拝島到着、次はどこへ。
まだ未踏の路線はと考えると、川越線かな?
とりあえず、川越行きの列車へ乗る。
八王子から来る、八高線川越線直通の列車。
乗っちゃえば川越まで行ける。

緑色の205系だったかな?

もう、関東も、ここまで来ちゃうと本当に田舎だなと。
残雪も気にしながら、通勤圏内ってどこらへんだろうなと思う。
土地が余っているし、
のどかで東京も近いからいいのになと思うが、
通勤するにはもう適さないんだろうな。
たまに、安いきっぷで行く分にはいいだろうが。

高麗川、前はここからさらに八高線高崎まで行った。
今回は、このまま川越まで。

まあ、よくある郊外な風景。
途中西武線や東武東上線とクロスしたりするのが見どころか。
さむかったんで、温泉があればと探したが、特に見つからなかった。残念。

写真は失念。

忘れなければ続く、、、。



| 晩冬 青梅線・秩父鉄道 | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014晩冬 青梅線 川越線 秩父鉄道 休日おでかけパスの放浪記 その5

橋を渡るといよいよ温泉へ、、、、。
あれ?なにこれ?「本日臨時休業」って、、、。
もえぎの湯
一応、人がいたんで「今日は、、、」と聞くと、
「臨時休業です」と、、、。
まじかーーー!!!

旅をよくしているとこんなこともある。
まいったな~。
しかも、来た道と違う道に行ったら、こっちのほうが駅から近道じゃんかよ。

鬱になりそうなトボトボ感を抱えながら、
駅近くの商店でちょっと早いかとも思ったが、ビールを買い込む。

また、オレンジ色のE233系にて拝島へ。
車中、ちょっとしたつまみ晩酌

忘れなければ続く、、、。



| 晩冬 青梅線・秩父鉄道 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014晩冬 青梅線 川越線 秩父鉄道 休日おでかけパスの放浪記 その4

すぐの電車で戻ろうかとも思ったが、意外と50分ぐらいない。
ちょっと駅前を探索しようと改札を出る。
奥多摩1
残雪がすごいなぁと思いながら、
登山道の看板を見ていると、登山家の方が、
「ほとんどの道が通行止めだね」と、、、。
まあ、通常の冬季にどれだけ降るのかは知らないんだが、
やっぱ、今年の2度の大雪はすごかったんだと思う。

すぐ帰るのもなぁ?
こう、雪深いと温泉があるといいよなぁなんて思い、
iPhoneで検索すると、あった。
まあ、1km弱ぐらい。
道中、民家の間を抜けるときは雪が立山アルペンルート状態。
奥多摩5

吊り橋も半分ぐらいしか除雪していない。
奥多摩4

そして、驚くほど川の水が透明できれい。
奥多摩川
これが東京かと?驚いた。

忘れなければ続く、、、。



| 晩冬 青梅線・秩父鉄道 | 11:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014晩冬 青梅線 川越線 秩父鉄道 休日おでかけパスの放浪記 その3

駅へ入線していたは、ホリデー快速おくたま
前寄りは、武蔵五日市行きのホリデー快速あきがわである。
まあ、オンボロのクロスシートが来れば面白かったのに、
やってきたのは中央線オレンジ色のE233系

なんだかなぁ~って思ったが、でも意外とこれが面白かった。
E233系って都会を走っているイメージがあるから、
これが山の中のローカル線を進んでいるのが面白い。

東京でもあんまり聞いたことがない地名を進む。
横田基地とかも、ここらへんにあるんだよな。

青梅線、やっぱ登山の方が多かったイメージ。
2月末、残雪が未だあるなか、よく行くよな。
逆に雪があるから行くのかな?

電車は明らかに勾配を登っている感覚を感じながら進む。
そして、立川を出て1時間奥多摩へ到着。
E233系と雪
雪とE233系オレンジの車体が映える。

忘れなければ続く、、、。



| 晩冬 青梅線・秩父鉄道 | 11:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014晩冬 青梅線 川越線 秩父鉄道 休日おでかけパスの放浪記 その2

さて、新横浜よりまず向かうは、横浜線を八王子まで。
じつは、これも未踏路線。
郊外の複線電化、まあまあ、意外と長く感じたな。
車両はたしか205系だったか。でも4扉だったよな。

横浜線の面白いのは東神奈川~八王子という都心を避け、
微妙な都市間を結んでいるところ。
よくよく考えると、はまかいじって面白い名前だよな。
かいじ」に「はま」をつけるって、いいセンスしてるわ。

あとは、横浜市→町田市→相模原市→町田市ってなるあたりが面白いよな。
もはや町田線なんじゃないかなと?

そして、八王子に到着。
八王子より、中央線立川へ。
立川にて、未踏路線青梅線へ。

今日も写真は失念。
都会だと写真を撮りにくいんだよね。
かき揚げそば
新横浜小諸そば。立ち食いじゃない小諸そばだった。

忘れなければ続く、、、。



| 晩冬 青梅線・秩父鉄道 | 11:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014晩冬 青梅線 川越線 秩父鉄道 休日おでかけパスの放浪記 その1

いままで、「○○の旅」としてきたが、
「○○の放浪記」の方がしっくり来る感があるからこっちにしよう。
まあ、放浪と言うより徘徊に近いんだけど。

さてさて、2月下旬、関東地方に大雪が降って残雪もある頃。
某アイドルのLiveを見に新横浜へ来て、
それだけで帰るのも、もったいないと、
あと2泊していろいろ放浪してこようと計画。

選んだきっぷは「休日おでかけパス」、
関東一円、主だったところにはこれで十分回れる。
2600円、若干高いような気はするが仕方ない。

早朝の新横浜駅、この新横浜駅の雰囲気、
JR東海JR東日本のばちばち感と、あと格差感とでも言おうか、
異様な雰囲気があるよな。

東京駅や品川駅なら、JR東海が居候しています的な雰囲気だけど、
新横浜駅は、JR東日本が、居候しています的な雰囲気。
まあ、仲良くやってくれよって感じなんだが、、、。

あとは、職員同士で格差みたいなのがやっぱあるのかなと?
JR東海の新幹線の駅員と、JR東日本の在来線の駅員じゃあ、
立場が違うみたいな?
妙なことを考えるのは、鉄ちゃんだけだろうか?

JRなんてどこも同じだろうっていうのが普通の人の考えだろうが、
全国放浪していると、車掌なんかでも対応が全然違っていたりする。
特色って面白いよな。

って、今日のブログ、列車に乗ってない。
写真は3日連続失念。
ランドマークタワー

前日に行った横浜のシンボルランドマークタワー

忘れなければ続く、、、。



| 晩冬 青梅線・秩父鉄道 | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |