乗り鉄放浪記

主に18きっぷで乗り鉄放浪しております。放浪で思ったこと、感じたことを綴っています。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2014桜春 近鉄さくらライナーの放浪記 その7

その後、下りはロープウェーでもいいかなとも思ったが、
上りと思えば楽だろうと徒歩で吉野駅まで、、、。
吉野桜
まあ、桜が咲いていれば良かったが、早咲きのがちらほらという感じだから、
また来なきゃならんなぁ、、、。

そして吉野駅より名古屋へ帰る。
けっこう刻んでいくんだよね、橿原神宮前と大和八木で乗換。
ビスタカー

橿原神宮で京都行き特急が連絡しているんだな。
これに乗ってさらに大和八木でも名古屋行き特急に連絡。
ここら辺の運用はさすが近鉄と思った。

まあ、それでも、近鉄の汎用型特急のオンボロ具合はなかなか難しいよな。
ACEが来たときの喜びは大きいけど、ビスタカーが来るとなんだや~っと。
車両が更新されるのはいつなんだろうな。

と、まあ、名古屋へ帰宅。
なかなか、私鉄最長近鉄も奥が深い。
また、旅にでようと誓いながらこの放浪記を終わらせる。

~終~






スポンサーサイト

| 桜春 近鉄さくらライナー | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014桜春 近鉄さくらライナーの放浪記 その6

バスの終点、下千本と中千本の中間ぐらいのところでおろされる。
少し歩くと、まぁまぁ。早咲きの桜がちらほらという感じ。
街道にはお店が並び、なかなかの賑わい。
ただ、一人では入りにくいお店ばかりで、結果昼食は帰りの電車の車内で柿の葉寿司を食べる。
アマゴ
アマゴ、産卵期(秋~春)は禁漁になるはず、、、。
こんな時期にあるもんかなぁ?と不思議な感覚。養殖ものかな?

途中の桜
途中の桜、なかなか綺麗。

金峰山寺
金峰山寺に到着。
ご神体、秘仏の権現さまが公開されているということで見てみることに。
秘仏というだけあって高い、1000円もする。
このときは、トートバックのおまけ付きと渡されたが、
なんてことはない、本堂へ上がるためのビニール袋のかわりに渡される靴袋が持って帰れるということらしい。
権現さま、青かったのと鬼気迫る迫力は満点だった。
子どもの頃に見ていたら、夜は寝られないだろう。
秘仏なのに絶賛公開中みたいな感じで、近鉄のポスターにも載っていたりするからよく分からない。

忘れなければ続く、、、。





| 桜春 近鉄さくらライナー | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014桜春 近鉄さくらライナーの放浪記 その5

さて、吉野口あたりからは登坂が始まる。
ゆっくりゆっくり進む。

ここら辺、カーブもありスピードが出せないのはアキレス腱だけど、
競争相手もいない、しいて言えばマイカーがライバルか。
そして、吉野に到着。
さくらライナー④
さくらライナー⑤

到着してみて、人の多さに驚く。
そうか、言われてみれば桜の季節だもんなぁ、吉野は桜の名所だし、、、。
とは言うものの、桜はまだ下千本ですら咲いていない、、、。
花が咲く前、パンパンで軸が赤色になって遠くから見ると茶色っぽくなっている状態。これは、想定外だったな。しかたなし。

金峰山寺特別開帳看板
とりあえず、金峰山寺へ行きたいと思い、バスに乗る。
ロープウェーもあるが、凄く並んでいる。
バスならすぐ出ますよということなのでバスに乗る。
このバスも満杯に乗る。
このバス、年に一ヶ月この時期だけむちゃくちゃ儲かるんだろうな、、、と邪推する。

忘れなければ続く、、、。





| 桜春 近鉄さくらライナー | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014桜春 近鉄さくらライナーの放浪記 その4

まあ、話しは脱線したが、南大阪線。
意外と大阪線と平行とまでは行かないが、
近くまで寄るところもあるんだな。
ただ、連絡しているところが、大和八木~橿原神宮しかないのはなんだかなぁという感じはある。

さて、季節は桜の時期、奈良方面の奥へ行くとともに、
駅、街道から満開の桜が見られる。
車窓桜


さくらライナー、前面の展望があるので、先頭車へ行ってみる。
運転士さんが2名乗車。どうやら若い運転士に運転の指導をしているようである。
運転席②

近鉄において、特急電車の運転士を任されるってのは、
ましてや、2編成しかないさくらライナーの運転を任されるって、
相当にできるやつなんだろう。がんばれ。
運転席③
対向する特急がやってきた。吉野口駅にて撮影。

忘れなければ続く、、、。





| 桜春 近鉄さくらライナー | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014桜春 近鉄さくらライナーの放浪記 その3

近鉄阿部野橋駅

行き先表示
2両なんていう特急も走っているのか。

さくらライナー、数的には2編成しかなく、また20年以上経っている。
さくらライナー②
さくらライナー①
2011年に改装して塗装も若草色からさくら色に変わっている。
しかし近鉄よ、この塗装はグッジョブだ。かわいらしい。

なんといっても、驚きは特急料金が510円に、デラックスシートが+200円という破格な値段。
+200円ならデラックスシートに乗っちゃうよね。
さくらライナーDXシート
そうか、距離的にも65㎞弱とたいしたことないんだな。
時間的には1時間半ぐらいかかるんだけど、、、。

さて、列車は進む。
大阪でもあんまり聞いたことのない地名を進む。
藤井寺、、、そういえば近鉄バファローズの本拠地があったところだ。
大阪には南海ホークスがあったから、
大阪で試合が出来ず、仕方なしにここ藤井寺球場でゲームをしていたって話しを聞いたことがある。

もともと、大阪では南海ホークスと阪神タイガースの人気が、がっぷりよつの人気だったが、ホークスが福岡へ行った後、
在阪マスコミもタイガース一辺倒に倒れ、結果大阪ドームへ移転した近鉄バファローズも勢いを取り戻せず、オリックス球団と合併ってことになったらしい。
もっとも、大阪ドームに近鉄電車が走っていないという不遇もあったんだろうな。
プロ野球の球団を保有するって企業にとって重要なステータスで、
その時代を象徴する感じがあるんだよね。
かつては鉄道系が強かったけど、今はIT系がいつの間にか増えたよな、、、。

忘れなければ続く、、、。





| 桜春 近鉄さくらライナー | 21:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014桜春 近鉄さくらライナーの放浪記 その2

さて、日本橋を過ぎ、警察署の交差点を左へ折れると、茶臼山の公園へ続く。

あべのハルカス
ここの桜は散り始め、、、、の後の表現はなんだか、それぐらいの感じ。
遠くに見える日本一の高さのビルとなったあべのハルカスと一枚撮影。

201系
JR天王寺駅の跨線橋で撮り鉄したあと、
工事中はどうやったらあっちにたどり着くのか分からなかった歩道橋を阿倍野ハルカス方面へ進む。

いや、天王寺界隈、ここ最近、ず~っと工事している印象があって、
行くたびに、道路の反対側へはどうやっていくか悩まされる日々があった。

あべのハルカス、上空を見ようと思うと首がもげるレベルの高さ。
なんか、このビルの下に鉄道が走っているって少し怖い。
そして、大阪阿部野橋駅へ。
地味に初めてこの駅に来る。

忘れなければ続く、、、。





| 桜春 近鉄さくらライナー | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014桜春 近鉄さくらライナーの放浪記 その1

一応JR線に特化して旅には出ているけど、私鉄に乗らないわけじゃなく、
乗らざるを得ないところもあるし、積極的に乗りたいときもある。

近鉄の週末フリーパスの3日目が余ったのでこれで、まあ、名古屋に住んでいると行くことはない、
近鉄の狭軌線、南大阪線へ行ってみることに。
ちょうど季節的には桜の季節。
大阪阿部野橋から行くさくらライナーの放浪記です。

まあ、さくらライナーという優雅な名前に放浪記という単語をつけるのもどうかとは思ったが、
旅は大阪難波の定宿から始まる。
某バンドのライブのあとにくっつけた旅で、大阪の定宿 サウナ&カプセル アムザに泊まった。

南大阪線の始点は大阪阿部野橋駅、ご存じのとおり、難波から天王寺・阿部野橋エリアは少し離れている。
どうしようかなぁっと思いながら、電車で行くとなるとこれまた面倒なのと、時間は持て余していた関係で歩いていくことに、、、。

まあ、ここら辺、大学生の頃から、けっこう出入りしていて道には慣れたものだし不安もない。
なんばグランド花月から、道具屋の商店街。
さらに日本橋の電気街を過ぎると、阪堺電軌恵美須町電停と、通天閣が見える。

そうそう、朝食は、道具屋の商店街の入口にある松屋の、
親子丼とうどんのセット、390円のコスパ、毎度大阪のくいだおれには驚かされる。
松屋

忘れなければ続く、、、。





| 桜春 近鉄さくらライナー | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |