乗り鉄放浪記

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2013師走 八高線・上信電鉄・富岡製糸場の放浪記その3

繰糸場。
PC214516.jpg

PC214522.jpg
湯で繭を温めて繰るため、室内は暑くなる。天井を2段にして熱気を逃がすように配慮してある。

PC214515.jpg

PC214520.jpg

PC214528.jpg
このメカニクルな感じがたまらなく好き。

富岡製糸場、おしむらくをいうと、所々老朽化が進んでいる。
ここはペンキを塗っとけよみたいな、場所がちらほらあった。
世界遺産になると逆に予算がついて補修できるだろうか。
これからが、正念場だろう。

まあ、日本(に限らず?)近代化には絹糸生産は欠かせないものであって、
富岡製糸場近くの鉄道も絹糸を輸送するために造られたものだし、
信越本線も上田方面からの蚕の輸送に出来た路線である。
東海地方でも、飯田線は蚕を豊橋へ輸送するために造られ、豊橋で絹糸にして出荷していたと聞いた。
日本近代化には絹糸は、すごい重要だったんだなとあらためて思った。

帰りの上州富岡駅。
世界遺産対応のためか、工事している。
IMG_4129.jpg
突貫工事中かな?今はどうなっているだろうか。

とまあ、帰り道、ほとんど覚えていないが、なぜかフォルダにあったこの写真。
PC214543.jpg
高崎駅、上信電鉄を降りたすぐにあった駅そばのチャーシューメン。
寒い夜に、すごく体が温まった。
高崎、なぜかよく来る。交通の要所ってところだわ。

その糸が日本を強くした。富岡製糸場、なかなかおすすめです。

~終~





スポンサーサイト

| 師走 富岡製糸場 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013師走 八高線・上信電鉄・富岡製糸場の放浪記その2

さて、富岡製糸場
PC214477.jpg

PC214480.jpg

ニュースでは、来場者が何万人(何千人?)とかいっているけど、私が行ったときは、
年末の土曜日だったけど、同じ時間にいたのは20人前後ぐらい。
青田買いしてよかったな。

PC214484.jpg
行ってみると見学コースを周りながら、解説してくれるツアーがあるらしく、
それの待ち時間に、展示コーナーを見る。

展示コーナーでは蚕の繭から糸を紡ぐ実演をやっていて、
機械化以前の家内工業的だったころのやり方を見せてもらえる。
なんでも、蚕を扱う人は肌がすべすべだったらしい。
実演をやっていたおじいちゃんも肌がすべすべだった。

解説のツアーが始まる。
煉瓦造りの上に木材を使用していたり、変わった作りだなぁと思った。
PC214487.jpg

PC214492.jpg
まあ、ぼんやりとした感想しかなくすんません。

なんとも、つい最近、、、といっても30年前ぐらいまで稼働していたので、
明治っぽさよりも、昭和っぽい感じが強く残っているんだよね。
おそらく稼働中も、更新をしていたんだろうし、
そういうところが昭和っぽく感じるんじゃないかな。
PC214507.jpg

明治、しかも5年という黎明期につくられたことに凄い意義があるよなと思った。
新しい国を興すときに、やっぱり、国産産業を興さないといけないという状況の中で、維新後たったの5年でつくられたのは凄いことだと思った。
具体的な人の名前は忘れたけど、女工さんを集めるのに、
工場内で若い女の子がひどいことをさせられるんじゃないかって風評があったので、
家老がお嬢さんをすすんで入所させたって話しが、印象的だった。

あとは、フランス人技師がけっこうな金額の給与をもらっていたって話し。
今の金額にすると、年収3000万円だったとか。

忘れなければ続く、、、。





| 師走 富岡製糸場 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013師走 八高線・上信電鉄・富岡製糸場の放浪記その1

富岡製糸場、世界遺産登録おめでとうございます。

最近は、世界遺産青田買いの旅に出ている、、、ことが多い私なんですが、
昨年末、一応、押さえとくか富岡製糸場と、、、。

東京へ、またもアイドルのライブで出張したあとに休日をくっつけて、
18きっぷの残弾があるし、八高線もまだ乗ったことないし、行ってみるかと一念発起。

とまあ、半年前の事なんでほとんどうろ覚えな上に、
写真を見ようと思ったら、思ったほどなかった、、、。

まあ、短期連載でやってみようと思います。

さて、確かホテルは日本橋の外れだったか。
東京駅まで歩く。
東京駅からは中央線快速で八王子まで。
その後、川越線直通の八高線209系で高麗川、
高麗川から高崎行きは関東では珍しい、気動車110系。
結構混んでいたな。驚いた。

さて、ここまでレポートというレポートはない。
PC214469.jpg
たまたま高崎駅で居合わせたリゾートやまどり。
やっとこさ出てきた写真。
リゾートやまどり号、始めて見るというか、
私の住んでいる東海沿線にはこういう列車がないので凄く新鮮だわ。
485系の改造車。

さて、ここで上信電鉄へ乗換。
まあ、ロングシートのおそらく関東私鉄のお古の列車だったか。
写真を完璧に失念しているので、申し訳ない。
しかし、群馬も鉄道は複雑なんだよな。
おそらくは、昭和から平成にかけて多くの総理大臣を輩出したのも、その理由のひとつかな?と勘ぐってみる。

5,6駅過ぎたところで、富岡製糸場の最寄り駅、「上州富岡」に到着。
駅からはまずまず歩く。
10分ぐらい歩いたところで、あれ?これ、違うぞ?とおもい道を引き返し、脇道に入り、やっとこさ外塀にたどり着く。
PC214475.jpg
けっこう朝の冷え込みはひどいらしく、お昼の2時ぐらいだったけど、厚い氷が残っていた。

忘れなければ続く、、、。





| 師走 富岡製糸場 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |