乗り鉄放浪記

主に18きっぷで乗り鉄放浪しております。放浪で思ったこと、感じたことを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2013師走 八高線・上信電鉄・富岡製糸場の放浪記その3

繰糸場。
PC214516.jpg

PC214522.jpg
湯で繭を温めて繰るため、室内は暑くなる。天井を2段にして熱気を逃がすように配慮してある。

PC214515.jpg

PC214520.jpg

PC214528.jpg
このメカニクルな感じがたまらなく好き。

富岡製糸場、おしむらくをいうと、所々老朽化が進んでいる。
ここはペンキを塗っとけよみたいな、場所がちらほらあった。
世界遺産になると逆に予算がついて補修できるだろうか。
これからが、正念場だろう。

まあ、日本(に限らず?)近代化には絹糸生産は欠かせないものであって、
富岡製糸場近くの鉄道も絹糸を輸送するために造られたものだし、
信越本線も上田方面からの蚕の輸送に出来た路線である。
東海地方でも、飯田線は蚕を豊橋へ輸送するために造られ、豊橋で絹糸にして出荷していたと聞いた。
日本近代化には絹糸は、すごい重要だったんだなとあらためて思った。

帰りの上州富岡駅。
世界遺産対応のためか、工事している。
IMG_4129.jpg
突貫工事中かな?今はどうなっているだろうか。

とまあ、帰り道、ほとんど覚えていないが、なぜかフォルダにあったこの写真。
PC214543.jpg
高崎駅、上信電鉄を降りたすぐにあった駅そばのチャーシューメン。
寒い夜に、すごく体が温まった。
高崎、なぜかよく来る。交通の要所ってところだわ。

その糸が日本を強くした。富岡製糸場、なかなかおすすめです。

~終~





スポンサーサイト

| 師走 富岡製糸場 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013師走 八高線・上信電鉄・富岡製糸場の放浪記その2

さて、富岡製糸場
PC214477.jpg

PC214480.jpg

ニュースでは、来場者が何万人(何千人?)とかいっているけど、私が行ったときは、
年末の土曜日だったけど、同じ時間にいたのは20人前後ぐらい。
青田買いしてよかったな。

PC214484.jpg
行ってみると見学コースを周りながら、解説してくれるツアーがあるらしく、
それの待ち時間に、展示コーナーを見る。

展示コーナーでは蚕の繭から糸を紡ぐ実演をやっていて、
機械化以前の家内工業的だったころのやり方を見せてもらえる。
なんでも、蚕を扱う人は肌がすべすべだったらしい。
実演をやっていたおじいちゃんも肌がすべすべだった。

解説のツアーが始まる。
煉瓦造りの上に木材を使用していたり、変わった作りだなぁと思った。
PC214487.jpg

PC214492.jpg
まあ、ぼんやりとした感想しかなくすんません。

なんとも、つい最近、、、といっても30年前ぐらいまで稼働していたので、
明治っぽさよりも、昭和っぽい感じが強く残っているんだよね。
おそらく稼働中も、更新をしていたんだろうし、
そういうところが昭和っぽく感じるんじゃないかな。
PC214507.jpg

明治、しかも5年という黎明期につくられたことに凄い意義があるよなと思った。
新しい国を興すときに、やっぱり、国産産業を興さないといけないという状況の中で、維新後たったの5年でつくられたのは凄いことだと思った。
具体的な人の名前は忘れたけど、女工さんを集めるのに、
工場内で若い女の子がひどいことをさせられるんじゃないかって風評があったので、
家老がお嬢さんをすすんで入所させたって話しが、印象的だった。

あとは、フランス人技師がけっこうな金額の給与をもらっていたって話し。
今の金額にすると、年収3000万円だったとか。

忘れなければ続く、、、。





| 師走 富岡製糸場 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013師走 八高線・上信電鉄・富岡製糸場の放浪記その1

富岡製糸場、世界遺産登録おめでとうございます。

最近は、世界遺産青田買いの旅に出ている、、、ことが多い私なんですが、
昨年末、一応、押さえとくか富岡製糸場と、、、。

東京へ、またもアイドルのライブで出張したあとに休日をくっつけて、
18きっぷの残弾があるし、八高線もまだ乗ったことないし、行ってみるかと一念発起。

とまあ、半年前の事なんでほとんどうろ覚えな上に、
写真を見ようと思ったら、思ったほどなかった、、、。

まあ、短期連載でやってみようと思います。

さて、確かホテルは日本橋の外れだったか。
東京駅まで歩く。
東京駅からは中央線快速で八王子まで。
その後、川越線直通の八高線209系で高麗川、
高麗川から高崎行きは関東では珍しい、気動車110系。
結構混んでいたな。驚いた。

さて、ここまでレポートというレポートはない。
PC214469.jpg
たまたま高崎駅で居合わせたリゾートやまどり。
やっとこさ出てきた写真。
リゾートやまどり号、始めて見るというか、
私の住んでいる東海沿線にはこういう列車がないので凄く新鮮だわ。
485系の改造車。

さて、ここで上信電鉄へ乗換。
まあ、ロングシートのおそらく関東私鉄のお古の列車だったか。
写真を完璧に失念しているので、申し訳ない。
しかし、群馬も鉄道は複雑なんだよな。
おそらくは、昭和から平成にかけて多くの総理大臣を輩出したのも、その理由のひとつかな?と勘ぐってみる。

5,6駅過ぎたところで、富岡製糸場の最寄り駅、「上州富岡」に到着。
駅からはまずまず歩く。
10分ぐらい歩いたところで、あれ?これ、違うぞ?とおもい道を引き返し、脇道に入り、やっとこさ外塀にたどり着く。
PC214475.jpg
けっこう朝の冷え込みはひどいらしく、お昼の2時ぐらいだったけど、厚い氷が残っていた。

忘れなければ続く、、、。





| 師走 富岡製糸場 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013年年末 北海道、東へ東へ、青春18きっぷの旅 その18

そして、長い旅路の果てに納沙布岬到達。
最果て感と充実感で感涙。

PC164388.jpg
ここにも、「返せ北方領土」の文字。
いつの日か、日本の最東端も、最北端も更新される。
その日が早く来ることを切に願う。

PC164392.jpg
遠くに島が見える。

施設的には、北方館や望郷の家というのがあるらしいが、
月曜だったせいか、閉まっている。

PC164393.jpg
しかも、わたしが納沙布岬だと思ったところは、実は違うらしい。
灯台があるところが納沙布岬らしく、しまったなぁと、、、。
ちょっとあそこまで歩くには、、、って感じだったもんなぁ、、、。
まあいい、また行く理由ができたと思えば、、、。

納沙布岬おみやげ屋さん
おみやげ屋さんもあるが、まあ、寂しい感じ。

トドの模型
中にはトット君がいる。正直、怖い。

さて、根室駅へ戻り今度は中標津空港行きのバスに乗る。
その待ち時間が1時間ぐらいあるから、昼食を食べようと。
店はまたもラーメン屋さん。
らぁめん扇や-みそつけめん
らぁめん扇や、みそつけめん。うまかった。
食べログで調べたところ名店らしい。

中標津空港まではだいぶ遠いみたい。
バスで2時間弱かかるとか。料金もまずまずな金額。
まあ、ここまで来ると他の選択肢はないわけで、
これはこれで必要経費である。

帰りのバスの淋しさよ、、、。
旅が終わる、、、、。

中標津空港、なかなかこぢんまりとしたいい空港である。
三角形の別海牛乳を飲む。
飛行機も予定を少し遅れたが、出発。

さらば北の大地、また会う日まで。
おそらくはけっこう早いうちに、また行くことになるだろうが、、、。

中標津空港より羽田空港、そしてぷらっとこだまで名古屋へ帰還。
最東端からの帰路はあっという間だった。

4日目旅程
根室駅~(根室交通バス)~納沙布岬~(根室交通バス)~根室駅~(根室交通バス)~中標津空港~(ANA)~羽田空港~(東京モノレール)~新橋~(山手線)~東京駅~(ぷらっとこだま)~名古屋

2013年年末 北海道、東へ東へ、青春18きっぷの旅 ~完~



| 年末 根室本線 | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013年年末 北海道、東へ東へ、青春18きっぷの旅 その17

さてさて、最終日。
日本最東端納沙布岬を目指し安宿を出る。
到着が早かったから、ぐっすり眠れた感じはある。
根室も意外と雪が少なく歩きやすい。

返せ北方領土看板
昨晩は気付かなかったが、ど直球なメッセージ。
根室市内いたるところにこのメッセージはある。

根室交通のバスで最東端、納沙布岬を目指す。
納沙布岬きっぷ
往復1880円、地方のバスは高いが、
これでも国や地方自治体から交付金ももらっていると思うが、、、。
まあ、納沙布岬まで23kmと距離も結構あるし、
これは仕方ないだろう。

バスは列車よりも地域密着性が高いから、
旅行者はわたし一人だった。
地元の人が3人ほど診療所前で降りた。

途中の風景、いかにも北海道な感じ。
だだっ広い風景に何とも言えぬ寂しさがある。

そして、望郷の岬公園へ到着。
望郷の岬公園
モニュメント
でかいモニュメントがある。
北方領土返還を願うモニュメントらしい。

最東端の電話BOX
電話ボックスの上にはアザラシが乗っている。
ここにあるものの多くが日本最東端の○○になるだろう、
この電話ボックスも日本最東端の電話ボックスかもしれない。
公園には、わたし一人である。
寂しさもあるが、わたし自身も日本最東端にいる人になっているかも知れない。

忘れなければ続く、、、。



| 年末 根室本線 | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013年年末 北海道、東へ東へ、青春18きっぷの旅 その16

この釧路根室間は花咲線と特別な別称がついていて、
できれば昼間に乗ってみたいなぁと思っていたが、
結果、この時間になっちゃったわ。
あとから思えば、釧路で一泊、翌日、始発で根室まででも、よかったかも知れない。

後悔は先に立たないもんで、しかたない。
車窓をみても真っ暗でここが北海道でも九州でもわかない状況。
退屈だなぁ、と思っていたら惨事が、、、、。

対向列車が鹿と衝突したため遅れているらしい。
列車待ち合わせで、10分ほど遅れたか。

やっとの事で出発、しばらく走ったら、
「どすんっ!!どすんっ!!」と鈍い感触が
まじかーとは思ったが、今度はこちらの車両が鹿と衝突。
運転士が簡単に点検後、出発。
おそらく手慣れたものかもしれないが、ずいぶん簡単に出発するよなと思った。

さてさて、降りるお客さんも少なく、
結果、鹿の事故だけが後味悪く残っているが、根室に到着。
根室駅
443.8kmを走破。

根室、意外と暖かい。
ついに、最東端の街へやってきた、到達間に浸っている。
とりあえず、明日、納沙布岬へ行くバスの時刻表を探し、疲れた体を歩かせる。

疲れた体には、ラーメンだろうと、
車中iPhoneの食べログアプリで探したラーメン店へ。
駅前札幌ラーメン」と言うお店へ。
食べログで見たところライスに付くおまけがすごいらしい。
みそラーメンと、ライスを注文。
最近ダイエットで食事量を減らしている30代男子にはすごい量だ。
駅前札幌ラーメン1
駅前札幌ラーメン2
天ぷらが3種と煮物、山芋のたんざくに、ごはんにのっける系のおかずが3種タッパーに入って登場。
たまに、こうがっつり食べたいときがあるんだよね。
みそラーメンがこってりかと思いきや、あっさりだったのが印象的。

そして、安宿へたどり着く。
3日目は観光なし乗り鉄オンリーだった。

3日目旅程
滝川~(根室本線キハ40)~帯広~(根室本線キハ40)~釧路~(根室本線キハ54)~根室


忘れなければ続く、、、。



| 年末 根室本線 | 19:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013年年末 北海道、東へ東へ、青春18きっぷの旅 その15

贅沢な時間は長くは続かない、もう釧路に到着する。
キハ40運転台
キハ40後ろ向きの運転台。夕陽が差し込む。カメラも写り混んじゃっているわ、、、。

行く前は、釧路なんてなんにもないだろう的な雰囲気だったが、
駅舎は立派だったような気がする。
あの映画「ハナミズキ」の影響でとんでもない田舎だと思いこんでいたかも、、、。

さてさて、いよいよ根室本線ラストの乗換。
釧路根室間を行く。
この乗換は15分ぐらい時間があったけど、
帯広からの列車が到着したときには、すでに入線、乗車もできていて、
けっこうな混み具合だった。

キハ54釧路駅
車両はキハ54ルパン三世のラッピング。
集団見合い型の席配置のやつだ。
リクライニングが倒れる優れものなんだが、混んでいると好きじゃなくなるなこれ。

根室方面から釧路に買い物とかに出かけるんだろうな、
休日の16時台の列車、立ち客もいるレベルの混み具合。

一本後発の列車でもいいかなと思ったが、
地方へ行くと、ホテルのチェックインの時間の終わりが早いところがあって、
根室でホテルの予約がとれたところが、9時までだったのでこれで行くより仕方ない。
おそらく、冬期と夏期ではチェックインの時間も違うかも知れないが、、、。

忘れなければ続く、、、。



| 年末 根室本線 | 10:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013年年末 北海道、東へ東へ、青春18きっぷの旅 その14

つづく釧路行きもけっこうな長丁場。
3時間半ぐらいかな。
といっても、列車待合いの停車とかもあるし、そんなに辛くはなかったりする。
キハ40帯広駅
ここも安心安定のキハ40。
最初こそ、まずまず混んでいたりするが、地元のお客さんが降りるとすぐに空きはじめる。

帯広を出て30分ほど過ぎると、とんでもない大平野。
大平野
2重窓なんでレンズが写り混んでいますがお許しを。
このどこまでいっても、平野感を言葉で伝えようとするのがバカなんだろうな。

雪もまだまだ積もっていなく、
車窓からの景色を見ながら、andymoriの「16」をエンドレスリピートで聴く。

ただただ、時間が過ぎていく。
すごく贅沢な瞬間だよな。

途中、JR北の職員さんが地元の人への講習会のようなものをやっていて、
少し聞き耳を立てながら聞いている。
「むかしのトンネルが見えます」とか「ここが工事の難所だった」とか、
いろいろ言っていた気がするが、覚えていない。

上厚内駅キハ40
きっぷいれ

たしか上厚内駅だったと思うが、、、。特急列車待合いのため停車中。

車内は、鉄ちゃんらしきひとはいなかったけど、
外国人バックパッカーの方がいて、やっぱり同じように車窓の景色を眺め続ける。

忘れなければ続く、、、。



| 年末 根室本線 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013年年末 北海道、東へ東へ、青春18きっぷの旅 その13

新得駅。そばが有名らしい。
駅そばでも食べたいが、時間的に無理だろう。
だいたいから、やってんのかな?
ここらへんからは、時間帯的にも日が昇ってきたあたりだし、
一気に乗客が増える。

帯広駅手前になると車内は満員。
しかも、高架線を走っているのを見るとなんだかなぁ?な気分。
存外、都会なんだな、帯広は、、、。

帯広駅下車、滝川から4時間のロングランだった。
疲れた体を伸ばして2時間ほどの休憩。
駅前を探索、なにより驚いたのは、雪がない。
雪がないといっちゃあ、語弊があるかも知れないけど、
積もっていない。

喫茶店でもあればと思い駅構内を見てみたが、
時間的に11時ぐらい、
ここらで早めの昼食でもいいかと、入りにくいなぁと思いつつ、
十勝豚丼の幟が立っているお店へ。

まあ、どうせ飲むんだしと午前中から、早くもビールセット的なものを注文。
店員に、マジ?みたいな反応をさせられる。
十勝豚丼
そして、十勝豚丼。なんなんだ、この美味さ。
うなぎのたれっぽいかも、あのたれはなんか卑怯だわ。
肉が安くてもうまいだろう。
そんなこんなで、帯広滞在時間は2時間ほどだったが、
次来るときはばんえい競馬でも見てみたいな。

忘れなければ続く、、、。



| 年末 根室本線 | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013年年末 北海道、東へ東へ、青春18きっぷの旅 その12

昼間にある列車で滝川釧路行きってのがあって、
これが、505分という長丁場、これ以上の列車は見たことないな。
こちらは始発なんで帯広までで6時前に出て10時半ぐらいにつく予定。

富良野をすぎたあたりで、かなやま湖がキレイ。
そして次の落合駅で列車待合いのため長時間の停車。
20分ぐらいだったかな?
キハ40落合駅20131

キハ40落合駅20132
車外へ出る、冷たい。
肺に冷たい空気が刺さるような感触。
やっぱ、内陸は寒いなぁと思う。

この落合を過ぎると石勝線と合流、ちょうど分水嶺も超える。
日本三大車窓の一つ、狩勝峠を越える。
まあ、絶景だわ。

狩勝峠2013
ここまでの線路を開拓してくれた先人たちと、
ここまで列車を走らせてくれた運転士さんに敬意を表したいレベル。
(上から目線ですんません)

忘れなければ続く、、、。



| 年末 根室本線 | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013年年末 北海道、東へ東へ、青春18きっぷの旅 その11

続いて、3日目。
いよいよ、滝川より東へと進路をとる。
目的地は最果ての地、根室、
根室本線乗りつぶしの旅。
まあ、国内のほとんど主要な路線は乗りつぶした。
最後に残った200km超の路線はこれしかない、、、と思われる?

キハ40滝川駅2013

キハ40帯広行き2013
始発の滝川駅、暗闇の中で映えるキハ40。
わたしの中で、北海道に来なければ、
キハ40なんてただのオンボロ気動車という扱いしかなかったが、
今となっては神に近い存在になりつつある。
黄緑色の帯がなんとも言えぬかっこよさだよな。

たしか、2両編成だったかな。帯広行きのワンマン。
始発では車内は運転士と2人きり。
芦別ぐらいまでは客はわたし一人だったかな。
キハ40芦別2013
芦別で後ろ寄りは切り離し、おそらくここからの始発になるんだろう。

忘れなければ続く、、、。



| 年末 根室本線 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT