乗り鉄放浪記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014夏至Ⅰ 北斗星の旅 EX#1 北斗星と駆けた夏

北斗星と駆けた夏。

まさか寝台、ましてや個室Bソロのきっぷがとれるとは思わなかった。
18きっぷ専門の僕にはあまり関係ない列車だと思ってたし。
それでも、この先どうなるか?
北海道新幹線が開業するとなると長くないよな~って思って、ラストチャンスに賭けてみた。



「お金持ちしか料理をしない」

少し前に聞いた話し。
矛盾を感じる言葉。
貧しい人ほど自炊をして食費を安く上げ、お金持ちほど外食をするという理屈じゃないのかな?と思ってた。

分かりやすくいうと、お金持ちほど、料理をする時間がある。
貧しい人ほど、料理をする時間がなく、コンビニ弁当や牛丼店などで食事を簡単に済ませる。
なるほど…そういうことかって…。

なんとなく、これって鉄道にも当てはまるよなって。
特に寝台列車はそんな時代になってきた。
201407-01534.jpg
お金持ちほど寝台列車に乗って、貧しい人ほど新幹線を使う。
寝台列車は庶民の乗り物ではなくなってしまった。



一度だけ、北斗星と駆けた夏。
201407-01635.jpg
いま見直すと、酷い写真ばかりだなって思う。
あのとき、F値なんて言葉も知らなかったし、タイムマシンがあったらあの時の僕に教えてあげたい。

201407-01795.jpg
高いと思ったグランシャリオの朝食も列車内で調理されたんだって思うと格別の味だった。

201407-01942.jpg
いつか、いつの日か、
「北斗星に乗車したんだ」って自慢話になる日が来るのかなって…。
嫌だね、自慢なんてしたくないし、自分だけの思い出でありたかったし、走り続けて欲しかった…。



さようなら北斗星。
201407-04022.jpg
帰り道、札幌駅で出会った北斗星。最後まで無事故で頑張れよと約束した。
北斗星は約束を守ってくれた、あいつはすごいヤツだ。
あのとき写真を撮っていたのは僕ともう一人のおじさんだけだった。

一度だけの夏だったけど、一生の思い出になった。
おつかれさま北斗星。
ありがとう北斗星。

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 夏至Ⅰ 北斗星の旅 | 15:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014夏至Ⅰ 北斗星の旅 その11

北斗星も北海道新幹線開業で風前の灯火と思える。
できれば生き残って欲しいが、難しいだろうな。
廃止の理由は青函トンネル内の電圧が2万ボルトから2万5千ボルトへ昇圧されるとか、
24系客車の老朽化とかいろいろあるだろうけど、
いまだに繁忙期にはプラチナチケットだし、需要はあるのにな。もったいない。

先に廃止が発表されたトワイライトエクスプレス、
オークションサイトでの価格を見るとびっくりするような金額で取引されている。
はじめからJR西日本もこの値段(オークションの価格)で売れば、廃止になることもないのにな、、、、
なんて思うんだが、それって結局「ななつぼし」じゃん!!

高級寝台列車ってのが結局時代の流れなんだろうか。
B寝台ソロ6480円で1人運ぶより、
高級ホテル並みの設備で最低価格10万円からって方がいいんだろうな。
私は、前者を選びたいが、、、。

できたら、飛行機のファーストクラスとエコノミークラスのような感じになるといいよなとは思っている。
ファーストクラスからは100万円以上の金額で収入を得て、
エコノミークラスは空気を運ぶぐらいなら、君たちもつれてってあげるよ的な金額。
まあ、僕が論じたところで鉄道会社の人の心には響かないだろうが、、、。

列車は、大草原から一転して札幌の町並みが見えてくる。
いよいよ、この旅もおわりか、、、、。


札幌に到着、車掌が車内放送で言う、

「長らくのご乗車お疲れ様でした」

何言ってんだい?
本当にお疲れ様だったのは車掌のあんただよ、
「列車遅れましたことお詫び申し上げます」って何度言ったよ。
おつかれさま、車掌さん、運転士さんと北斗星、いい思い出をありがとう。

~終~

カテゴリ:2014夏至Ⅰ 北斗星の旅

201407DSC01938.jpg

201407DSC01928.jpg

201407DSC01942.jpg

201407DSC01948.jpg

~終~



ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 夏至Ⅰ 北斗星の旅 | 10:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014夏至Ⅰ 北斗星の旅 その10

長万部、ここらへんで、90分遅れだったのが80分になったり、
それでも意外と伊達紋別とかマイナーな駅にも停まるんだな。
ホームが編成よりも短いため、「1号車2号車、ドアは開きません」というのが多かった。

室蘭あたりで工業地帯が出てくる。
201407DSC01837.jpg
これで旅も終わるなぁという寂しさと、
なんだ、まだ2時間もかかるじゃんっていう感覚。
もう一度、布団をかぶって寝ようとするが外が明るいのと車内放送で起きる。
201407DSC01818.jpg
北斗星の毛布。

しかたなし、車窓をぼけーっと見る、北海道の草原、ロール状の牧草、たまに牛や馬がいる。
201407DSC01872.jpg
なんか、これだけで時間が過ぎていくんだよね。
本当に不思議な感覚。

苫小牧を過ぎるとあとは南千歳、まあ、遅れは少しも取り戻せられず、むしろ拡大。
100分ほど遅れている。
特急券は2時間遅れると払い戻しってルールがあったよな、、、。
遅れたとしても、わざと遅い列車を選択しているから、そんな無粋なことはしないが、、、。
しかし、夜行寝台特急にも2時間ルールじゃキツイよなって思った。

忘れなければ続く、、、。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 夏至Ⅰ 北斗星の旅 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014夏至Ⅰ 北斗星の旅 その9

さて、朝食はどうしようか。
車内放送によると、食堂車では朝食をやっているらしいが一度見に行った感じでは相当混んでいた。
函館で写真を撮っているとき、ちらっと食堂車を見たら意外と空いていたので行ってみようと。
201407DSC01802.jpg

行ってみると、
「すぐには無理だが、そんなに待たなくともいいですよ」
という回答。

サロン車で5分も待つと名前が呼ばれる。
そうか、そういえば僕が大人になった頃には新幹線には食堂車がなかったし、
いや、今思うと新幹線の中で調理をしていたこと自体、不思議な感覚だよな。
食堂車、人生初体験。
和朝食、洋朝食ともに1650円。
201407DSC01787.jpg
値段は高いと感じたが、列車の中で調理されたものがそのまま出てくるのと、
食堂車の雰囲気、車窓を見ながらの食事、
そして味も含め満足出来る内容だった。
201407DSC01795.jpg

201407DSC01793.jpg

201407DSC01800.jpg
特にりんごジュースがすごく美味しかった。
車窓はちょうど、八雲あたり、海岸線がカーブを描き美しい。

北斗星は進む、長万部駅。
少し前までは特急の特急抜きがあって先発の北斗星より、後発のスーパー北斗が先着する時刻表だった。
そう考えると、函館でスーパー北斗の自由席に乗って、
北斗星にまた乗るって無駄なこともできるじゃん!!
まあ、無駄すぎるが、、、。

長万部に興奮するのも私ぐらいなもんだろう、交通の要所なぜかよく来る。
ヘタすると、札幌なんかよりも来ているんじゃないかなって思う。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 夏至Ⅰ 北斗星の旅 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014夏至Ⅰ 北斗星の旅 その8

さて列車は進む。ちょうど、大沼をあたり。
車窓を撮影するにはどうしたらいいものか?
悩んだあげく、シャッター速度を固定すればぶれずに一瞬を撮れるんじゃないかと考える。
が、ここだ!ってところでシャッターを押してては遅い&いつシャッターチャンスがくるか分からないので、
ここは連射だな、、、と。
201407DSC01669.jpg

201407DSC01675.jpg

201407DSC01764.jpg
SONYα得意の連射で大沼を撮影。
う~ん、、、正直微妙だな。
シャッター速度を固定しちゃうと暗くなるんだよな。
どうすればいいんだか、、、。

大沼超えたあたりでふと、江差線の遅延のときに出会った北の鉄さんのことばを思い出す。
「スーパー北斗の横揺れ、おじいさんが吐き気をもよおすぐらいひどかった」って。
言われてみればここらへんの横揺れはひどかった記憶がある。
真実のほどはどうだか、わからないけど?

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村

| 夏至Ⅰ 北斗星の旅 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014夏至Ⅰ 北斗星の旅 その7

青森を出て、海峡線、青函トンネルへ突入。
本州に別れを告げる。
青函トンネルがなかったら、北斗星もなかった。
北海道経済にあけた風穴は小さい穴ではなかったと思う。

青函トンネル、いままでで一番長く感じたか。
時速100km/hとしても、30分かかるわけで、やっぱそれぐらい真っ暗だったと思う。

さて、6時20分をすぎ車内放送が始まる。
なんとも、第一声から90分の遅延とのこと。
遅れているから、「札幌、南千歳で連絡するスーパーカムイとスーパーとかちに乗り換える予定だった人は、函館でスーパー北斗へ、他札幌へ急ぐ方も乗り換えてください」とのこと。「ただし指定席売り切れだから自由席ね」って感じだった。
まあ、私は急がないのでそのまま乗車することにした。
おかげといっちゃあなんだがこれより北は北斗星も空いていた感じがする。

さあ、ここでもう一寝入りとも思ったが、函館で写真を撮っておきたい。
函館駅、到着と同時に鉄ちゃんたち、親子鉄たち皆走りだす。
201407DSC01630.jpg

201407DSC01634.jpg
青森で交替した機関車。

201407DSC01641.jpg

201407DSC01642.jpg
函館からの機関車。
函館からは、ディーゼル機関車の重連なのか、こいつは強力だな。
単車でも引っ張れるらしいが加速が足りなく、
後続の列車に追いつかれてしまうので重連しているらしい。
DD51はでか鼻なので写真に収めにくい。
この重連を見ると乗車しないでどこかで待ち伏せして撮り鉄をしてみたいな。

なかなか、せっかちなものですぐに北斗星が出るという。
遅れているのもあるが、10分ぐらいゆっくり撮り鉄するサービスがあっても良かろうに、とは思うがいかがなものか。
先を急ぐ人はスーパー北斗に乗ってくださいと言ってたじゃん。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村

| 夏至Ⅰ 北斗星の旅 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014夏至Ⅰ 北斗星の旅 その6

ここで個室内探訪。
201407DSC01581.jpg
荷物置き場。
201407DSC01584.jpg
枕元の小物置き場。
201407DSC01587.jpg
転落防止用の柵は、
201407DSC01585.jpg
収納できる。

やっぱり、寝るのがもったいない感じがするんだよね。
何となく、、、。
福島過ぎたあたりで、それでも寝るかと横になる。
お休みなさい、、、。

とまあ、寝られるわけないよね。
耳栓して寝に入ったが、仙台に停車中に既に起きる。
どうも、時刻表と照合すると、遅れているようだ。
20分ぐらい遅れている。
夜間なのでとくにアナウンスもなく遅れている。
先は長いんだし、これぐらいの遅れはどこかで取り戻せるんじゃないかと思っていたが、、、、。

また寝に入る、レム睡眠のタイミングで起きる、
今度は盛岡あたり、また寝る、また起きる二戸あたり。
ここら辺で、時刻表を見なくても明らかに遅れているなという感じ。
もう青森が近いから機関車の交換があると思ったので起きていよう。
朝4時台、すでに外は白んでいる。
東日本の朝はやっぱ早いよね。
201407DSC01593.jpg

さて、5時近く、写真を撮ろうとカメラを持って車内で待っていると、青森駅へ入線。
扉前で待っていると、車掌が「前、失礼します」と手動で扉を開ける、、、。

あれ?
そうか、青森は停車駅じゃないから車掌と機関車の交代だけなんだな。
車掌室近くの扉は開くが、他は開かない。
一応、車掌さんに
「これ降りられます?」と聞くと、
「すぐ出るよ」との回答。

やっぱ写真は撮れなかった、、、。
まあ、函館駅でも写真は撮れるだろう。
早々に部屋へ帰る。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村

| 夏至Ⅰ 北斗星の旅 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014夏至Ⅰ 北斗星の旅 その5

さて、シャワーも浴びたし、あとはゆっくり個室でゆっくり酒でも飲むか、、、と
買い込んだ酒と食料をちびちびやり始める。
201407DSC01559.jpg

宇都宮駅で浴衣に着替えた私と、車窓から見える汗だくのサラリーマンと目があう。
何とも申し訳ない気持になるが、楽しいな寝台特急。

そして、やっぱ、足りなかったかと、車内販売でサンドイッチと、
札幌にはまだ早いがサッポロクラシックを追加購入。
201407DSC01568.jpg
201407DSC01567.jpg
これから乗車するって人はできるだけ食料は買って入ったほうがいいかも。

郡山、福島、なんとも18きっぷなら半日はかかる旅程だからね。
201407DSC01571.jpg

ここら辺の駅で、途中停車するなら、10分ぐらい停車してほしいな。
そうすると、お土産とか、食料の調達とか出来るじゃん。
ああでも、そういうことすると乗り遅れる人がいるんだろうな。

忘れなければ続く、、、。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村

| 夏至Ⅰ 北斗星の旅 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014夏至Ⅰ 北斗星の旅 その4

DSC01494.jpg

201407DSC01501.jpg
いよいよ乗車。

201407DSC01524.jpg
通路。

201407DSC01542.jpg
ドアキー、スタートを押して4桁のパスワードをいれノブを下げるとロックする。
開けるときも同じ。

201407DSC01529.jpg
ソロ個室のなか。

「北斗星、乗車したらまずは食堂車でシャワーの予約をしろ」
っといろんなブログで書かれているので、食堂車へ行ってシャワーの予約をする。
こんな、車内でやらなくとも、
発車待ち時間とかにホームですればいいんじゃないかなとは思ったが一応並ぶ。
私の番になり、予約の表を見てみると、
今から(19時から)か、22時半からか、どちらかしか空いてなかった。

この段階でいろいろ走り回った私は、汗だくになっていたので、すぐのシャワーを選択。
北斗星のマーク入りのタオルセットも併せて購入。
201407DSC01533.jpg
急ぎ個室へ帰り、服を持ち、シャワー室へ。

ここにカメラを持ち込みのは不粋だなとも思ったが、記念に撮影。
まあまあ、思ったよりきれいでよかった。
201407DSC01547.jpg

201407DSC01554.jpg
もったいないと思い、節約節約で使っていると、6分使えるシャワーは結果半分ぐらい余すことになる。

忘れなければ続く、、、。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村

| 夏至Ⅰ 北斗星の旅 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014夏至Ⅰ 北斗星の旅 その3

18時半ごろ上野駅へ。
DSC01470.jpg
特急列車の改札。
13番ホームはここからじゃないけど。

上野駅は改札内にお店がいろいろあって面白い。
買い物の途中だったが、北斗星が入線しそうだったので先に写真を撮りに行く。
13番ホームは変わったところにあるんだな。
常磐線のホームが中2階のようになっている。
DSC01444.jpg
しかも、13番ホームは寝台特急専用のホームなのかな?
北斗星とカシオペアのほかに搭乗口の案内がないような気がしたんだが、、、。

北斗星が入線、、、箱乗り?
これは推進運転なのと運転台がないとかで、後ろドアを開けて安全確認しているんだろうか?
なんだか、不思議な感覚。
DSC01462.jpg

この後、いったんは買い物へ戻り、車内で食べるものを買い込んで、
撮り鉄。
DSC01477.jpg

DSC01483.jpg

DSC01494.jpg
帰ってきてから見たら、暗い写真ばかりじゃん。うまくいかないな。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村

| 夏至Ⅰ 北斗星の旅 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014夏至Ⅰ 北斗星の旅 その2

一ヶ月の高揚感、わくわくがとまらない。
あっという間に過ぎる。ついにやってきた、乗車日。
上野に19時だから、名古屋を午後の新幹線で出れば十分間に合うよな。
ということで、午後半休からの出発。
いつもの八田駅から乗車。
この旅のために買った、レンズを試してみる。なかなかいい。
八田駅
名古屋駅で、1本あとの新幹線に乗車。
ひかり号なんだけど後発ののぞみ号よりも早いからこれに乗車。
ここらへん、けちっているなとおもいつつ、
1本送らせた理由はもう一つ、住よしのきしめんを食べるため。
住よし
そして新幹線へ乗車。
新幹線
お腹も満たされた、北斗星の高揚感、そして最後は新幹線のアイスクリームで、
今日で僕死ぬんじゃないかってぐらい幸せな気分。

東京駅でまだ、16時台だったので少し撮り鉄をした後、
秋葉原で途中下車、
京浜東北線秋葉原駅
ここでも撮り鉄、電気街をぐるっとまわって、駅に戻り、
そういえばこの写真を撮りたかったと秋葉原駅総武線ホームのミルクスタンドを撮る。
ミルクスタンド
ここでしか見たことない、ミルクスタンド。
関東のプラットホームでは結構あるらしい。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村

| 夏至Ⅰ 北斗星の旅 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT