乗り鉄放浪記

主に18きっぷで乗り鉄放浪しております。放浪で思ったこと、感じたことを綴っています。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2014秋雨 愛して止まない音楽と東急世田谷線 EX#3

東急世田谷線、三軒茶屋駅。


201509-05454.jpg

201509-05492.jpg
若林踏切。

201509-05570.jpg
宮の坂駅、EER601。

201509-05593.jpg

201509-05599.jpg
山下駅にて。

(2015年10月5日撮影)
(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」+「DT35mm F1.8 SAM SAL35F18」)



andymoriが解散したんだ、一年前の今日。
もっと何かが変わると思っていた。
でも何も変わらない、そんな日の連続さ、昨日も、今日も、明日も、明後日も。


Peace(3rdアルバム「革命」収録)

つまらない毎日だけど、でもそれって「平和」なのかなって。
何も変わりゃしない日々だけどさ。

「大好きなCDをかけてあの頃に帰ろう」

一年後も、十年後も、百年後も、変わりはしない。
大好きだよ、andymori、あの頃と同じように…。


にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 秋雨 愛してやまない音楽と世田谷線 | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014秋雨 愛してやまない音楽と東急世田谷線 EX#2 山下駅

2015年4月7日
青春18きっぷで小山田壮平のLiveを見に行く。
それは初恋の人に会いに行くようなワクワク感だ。

名古屋を二番列車で出かけたので時間はある。
201503-06050.jpg
鶴見線に乗った後、東急世田谷線へ。
意外と鶴見線で時間がかかったようだ、16時少し手前。
ただでさえ曇天、暗くなると撮影が難しくなる。
かといって世田谷線を諦め、Liveのある恵比寿へ直行するとなると少し早すぎる。

『乗換案内』で調べると、南武線武蔵溝ノ口駅で下車、東急田園都市線へ乗り換え三軒茶屋へ、というのがベターなようだ。
『乗換案内』はこういうときに便利だけど、なんだか自分の乗る電車をスマホに決められるような気がして、あまりいい気分じゃない。
201503-06055.jpg
三軒茶屋に到着。

201503-06064.jpg

201503-06067.jpg
外はだいぶ暗くなってきたので35mmF1.8の単焦点レンズと交換する。
画角が窮屈ではあるが、明るさととはトレードオフだ。
201503-06082.jpg

201503-06090.jpg
前回来たのは年末。あまり変わりはない。いつもの風景がそこにある。

さてどこで降りようか、
なんとなく桜がありそうな松陰神社前、
降りたことはあるが記事にはしていない世田谷、
江ノ電がある宮の坂、
少し悩んだが、次の電車を考えると山下駅一択だった。
201503-06099.jpg

201503-06114.jpg

201503-06117.jpg

201503-06125.jpg
「春爛漫」と言いたいところだけど、マーガレットには水がたまっていた。
そういや、昨秋もこんな雨の日だった。

時間が夕方というのもあるが、活気のあるいつもの駅前。
もっとも、これは小田急の豪徳寺駅のおかげなんだろう。
201503-06133.jpg
かわいくない招き猫はいつものようにスカした顔で改札方面を見つめていた。

小田急豪徳寺駅から新宿駅、新宿駅から山手線で恵比寿駅。
そして徒歩でLIQUIDROOMへ。
201503-7227.jpg
andymori解散後、そのフロントマンの小山田が立ち上げたレーベル「Sparkling Records」の結成ライブ。

201503-7230.jpg
「次にやりたいことがある」と言ってandymoriを解散させた小山田がやりたかったことってなんだろうか?
正直、このライブでは回答が見つからなかったけど、小山田壮平が変わらず小山田壮平だったことが嬉しかった。
ヘラヘラニコニコしているくせに、ロックンロールには真摯で誠実な小山田壮平だった。

なんとなく感じたのは既存の枠組みが嫌になって、もっと自由な音楽を鳴らしたくなったんじゃないかなって?
次のLiveが楽しみだ、次はいつやるんだか決まってないけど楽しみだ。





グロリアス軽トラ(2ndアルバム『ファンファーレと熱狂』収録)

ライブの終盤、元andymoriの4人がそろって演奏したこの曲。
じゃあ、なんで解散したの?っていう気持ちもあるんだけどさ。
まあ、肩肘張らず、軽トラで、気楽に行きましょうよ。

| 秋雨 愛してやまない音楽と世田谷線 | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014秋雨 愛してやまない音楽と東急世田谷線 EX#1 若林駅

2014年もあと少しで終わりです。
僕は今、新幹線の車中でして、またこの旅の顛末をかけたら…と思っております。

今年いろいろな放浪記を書いてきた中でこれがベスト、というものがありまして、
まあ、タイトルでお分かりでしょうか、

愛してやまない音楽と東急世田谷線

まあ、変な話し、自画自賛ではあるものの、
これに何かを足すとか、馬鹿なんじゃないの?って思うぐらいよく書けたと思っています。

ただまあ、最後にまた一曲、ご紹介したい曲ができたので、今年の最後の最後にやろうと思います。
まあ律儀なもので、昨日、簡単に世田谷線を訪問しまして、撮影してきました。
その後の「愛してやまない音楽と東急世田谷線」です。

(前にも書きましたがandymoriと東急世田谷線はなんにも関係ありません(汗))

DSC05448_1.jpg
東急世田谷線、毎度おなじみ三軒茶屋駅からスタート。

DSC05465_1.jpg
行き先表示の確認かな?女性の車掌さんが前面を確認する。
大きく開いた入り口が、僕を旅に誘う。

DSC05468_1.jpg
前回は混んでいて取れなかった車内の写真です。
片側1席の立ち客が多く乗れる仕様になっています。
乗車時間もそんなに長くないのでこういう形だと思います。
ロングシートじゃないのは好感かも。

さて、今回の目的地は
DSC05474_1.jpg
この踏切が象徴的な駅。

DSC05483_1.jpg
若林駅です。

DSC05486_1.jpg
鉄道ではなく軌道、地元の人の足として愛されているのがわかります。

DSC05519_1.jpg
先ほどの若林踏切へ。環七通りという大きい道路のようです。
田舎者なのでよくわからないのですが(汗)

DSC05584_1.jpg
踏切を列車が通過しますが、遮断機はありません。
信号で車を止めています。軌道だとできるんですかね?

さてここで撮り鉄。
DSC05545_1.jpg
やってきたのは300系のトップナンバー301。

DSC05551_1.jpg

DSC05553_1.jpg
冬のスカッと晴れた空の下を駆け抜けます。

自動車を止めて優先的に通過する、
DSC05609_1.jpg
鉄道が市民に優しく、愛されていると感じた瞬間でした。

駅へ戻ると、
DSC05586_1.jpg
お花屋さんが正月飾りを売っていました。
僕は、こんな時期になにやってんだか...。

(2014年12月30日訪問)



「それでも夜は星を連れて」(未音源化・しいて言えばラストライブDVD)

andymoriが本来ならラストライブになる予定だった、
8月のSPACE LOVE SHOWER2014というフェスで発表した曲。
最初の最後で一回だけ披露する曲だったと思う。
本来なら、「もう一回やろう」がいけないことなんだろうけど...。

その後、「もう一回」の武道館ライブが行われバンドは解散します。

まあ、いまでも、あの武道館ライブのラストナンバー「Life is Party」を聴くとその場に座り込んでおめおめと泣きたい気分になります。
まあ情けないんですけどね。

「それでも夜は星を連れて」はそのラストナンバーの後に、
SEとして武道館にかかった曲で、バンドのメンバーもすごくこれをかけたかったらしいです。

やっぱ答えは歌詞の中にあるのかなって...。

「それでも夜は星を連れて 何でもない顔して 旅に誘うよ
 トランクの中には 四ツ葉のクローバー
 この風が吹くならば 君と歩いて行ける」

まあ、ボンヤリとしたことしか言えないんだけど、
この風が吹くのならば、この曲と旅にでようってさ。
そして僕は、色々なものを見て、触れて、
この曲とこの曲を披露してくれたバンドを感謝したいと思っています。


さてさて、ラストにしんみりしちゃったんですけど、
一年間、ブログ「乗り鉄放浪記」をご愛顧いただきありがとうございました。
よい新年をお迎えください。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 秋雨 愛してやまない音楽と世田谷線 | 21:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014秋雨 愛してやまない音楽と東急世田谷線 その7 日本武道館


「ベンガルトラとウィスキー」(1stアルバム「andymori」収録)
この圧倒的な疾走感とグルーヴ感、
僕たちが現代社会に感じる閉塞感をぶっ壊してくれる。
武道館ライブのオープニングナンバーでした。



この放浪記、今回で最終回です。
短い間でしたが、僕の愛してやまない音楽を紹介できて嬉しかったです。
実際に言うと、昨日の更新、下高井戸駅で「東急世田谷線」は終わったわけで、
今回は、正直、番外編ですがお許しください。

さて、下高井戸駅。
20141016DSC09144.jpg
ここより「ロックの殿堂・日本武道館」を目指す。
20141016DSC09160.jpg
下高井戸駅、駅自体がカーブしていて運転士さん泣かせじゃないかな?

京王線で笹塚まで、
IMG_6251.jpg
笹塚より京王新線、車両は都営地下鉄、そのまま都営新宿線へ乗り入れ。

時間的に仕事帰りのサラリーマンが多かったかな。
九段下駅で下車。
20141016DSC09168.jpg
前都知事が「バカの壁」と揶揄した有名な都営と営団を隔てる壁がかつてありましたが、今は改札も共用となっていますね。

そしてついにここへ、、、。
20141016DSC09182.jpg
「ロックの殿堂・日本武道館」

まあ、別にここにたどり着いたのは僕じゃなくて、
「andymori」というロックバンドです、僕は観客としてここに来ただけです。

ありがとう、、、本当にありがとう「andymori」。

20141016DSC09192.jpg
最高にクールで、最高に情熱的なロックバンドでした。




「Life Is Party」(1stアルバム「andymori」収録)
日本武道館でのラストライブ、さらにラストナンバーはこの曲でした。
正直、この曲がラストだったときポカーン?って感じでした。
この曲はどちらかと言ったらつなぎの曲と思っていたので、、、。

ただ、日がたつにつれて、ああそうか、、、そういうことかって、、、。

「楽園なんてないよ、楽園なんてあるわけない」

そう、楽園がないからさまよい続けるんだって、生き続けるんだって、
「Life is Party」って言いながら生きていくんだって、
そして最後のフレーズ、

「あの日の空は言うさ、
あの日の空は言うさ、
Life is Party 明日もずっと続くよって」

まあ、解釈なんて正解があるわけじゃないから、、、。
分かんないけど、分かんないけど、
この気持ちを抱えたまま生き続けていくんだろうって、また放浪するんだろうってさ。

重ねて言うよ、ファンファーレと熱狂をありがとう「andymori」。

~終~



にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 秋雨 愛してやまない音楽と世田谷線 | 01:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014秋雨 愛してやまない音楽と東急世田谷線 その6 下高井戸駅

さてさて、昨日のブログ、ふんわりとしたことしか書いてなかったですが、続きです。
20141016DSC09118.jpg
山下駅より乗車。
20141016DSC09119.jpg
月末にお祭りがあるようです。是非、ご来場ください。

20141016DSC09121.jpg
さて、東急世田谷線の終点、下高井戸駅へ到着です。
20141016DSC09132.jpg
下車すると、フェンスの向こう側を高速で通過する、京王電車。
20141016DSC09125.jpg
降車ホームと乗車ホームが分かれていて、降車側のホームの奥に、
そのまま京王電車の乗り口があります。
なので、この降車ホームはすでに改札外で、
じゃんじゃん人が入ってくるので若干違和感を感じたり。

20141016DSC09137.jpg
京王電車、ピンクとブルーの帯と1372mmの軌道は独特のものを感じます。


駅前を散策。
20141016DSC09136.jpg
踏切の向こうには市場があるようです。

20141016DSC09140.jpg
やきとり、、、入りたい衝動、、、がまんがまん。
20141016DSC09141.jpg
八百屋さん、子供の頃、うちの田舎にもこういう風景があったんだけど、
今はどうなっているんだろうか。

20141016DSC09148.jpg
いい感じの兄妹。ず~っと仲良くいてほしいなって。
今回の放浪記、子供の姿をよく見かけました。



「兄弟」(iTunes配信)
3年前、あの巨大な悲しみの後、発表された曲。
vo小山田が呼びかける声「兄弟、兄弟、兄弟、兄弟、兄弟」。
あの巨大な無力感の中、この曲を歌ってくれたことで、僕も救われた感じがしました。


忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 秋雨 愛してやまない音楽と世田谷線 | 13:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014秋雨 愛してやまない音楽と東急世田谷線 その5 山下駅

宮の坂駅にて。
20141016DSC09062.jpg
コスモス、やっぱ、後ろからじゃだめだな。

20141016DSC09063.jpg
運賃、僕は一日乗車券だったので330円で打ち切りだったけど、PASMOの方が少し安いです。

20141016DSC09077.jpg
東急世田谷線、車両がカラフルで楽しいけど、塗装が単純かも。

20141016DSC09086.jpg
次の列車がやってきました。こっちは紫色。

山下駅へ到着。
20141016DSC09087.jpg
この大きく開く扉は車いすでの乗車も容易にしている、軌道線にしてバリアフリーにも対応しています。

20141016DSC09090.jpg
山下駅、ここで高架線とクロスします。
クロスしているのは、小田急小田原線です。

そして少し歩くと、小田急の「豪徳寺駅」です。
20141016DSC09105.jpg
前回訪れた、豪徳寺由来の招き猫の像もあります。
20141016DSC09102.jpg
小判を持っていない招き猫。面白い顔の猫だなぁ。幼女の遊び場と化してました。




「1984」(2ndアルバム「ファンファーレと熱狂」収録)
僕自身、この曲でandymoriは伝説になりました。歴史的名曲です。
誰もが持っている少年時代への郷愁感。

「ファンファーレと熱狂、赤い太陽、5時のサイレン、6時の一番星」

あの日の夕日は今も忘れない、、、。


忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 秋雨 愛してやまない音楽と世田谷線 | 08:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014秋雨 愛してやまない音楽と東急世田谷線 その4 豪徳寺

さて宮の坂駅、もうひとつの目的地は、豪徳寺。
20141016DSC09021.jpg

門を入ると左右に松の木。
20141016DSC09023.jpg
東京にもこんなお寺さんがあるんだなぁって、
閑静な住宅街のなかのお寺さんといった感じ。

20141016DSC09025.jpg
なかなか、雨が止んだり、降ったりで大変だった。

急に寒くなった台風一過。
20141016DSC09038.jpg
モミジが少し色づき始めた。

20141016DSC09042.jpg
仏殿。

20141016DSC09046.jpg
本堂。この賽銭システムは初めて見るような気がする。

20141016DSC09057.jpg
屋根を見たら「井」の文字が、、、。
豪徳寺は、彦根井伊藩の菩提寺である。

招き猫の発祥の地とも言われている。
「招き猫発祥の地とする説がある。井伊直孝が猫により門内に招き入れられ、雷雨を避け、和尚の法談を聞くことができたことを大いに喜び、後に井伊家御菩提所としたという」(Wikipediaより引用)
20141016DSC09054.jpg
どっかで聞いたことあるエピソードだなぁって思ったら、
ひこにゃんのエピソードじゃん。

なかなか、東京の懐の深さを感じた、豪徳寺でした。




「FOLLOW ME」(1stアルバム「andymori」収録)
初期andymoriのドラムス、後藤大樹という才能。
このドラムがあるからこそ、vo&gu小山田が縦横無尽に暴れ回る。
このドラムはなにかが憑依したかのようなすごさですね。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 秋雨 愛してやまない音楽と世田谷線 | 05:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014秋雨 愛してやまない音楽と東急世田谷線 その3 江ノ電601

続いての途中下車駅は、宮の坂駅。ここでのお目当てはやっぱりこれ。
20141016DSC08950.jpg
江ノ電601。

ただ、これが撮り鉄泣かせな配置と、、、
20141016DSC08965.jpg

下校途中の女子高校生、、、。
20141016DSC08945.jpg

20141016DSC08975.jpg
連結部を背景ぼかしで、メカニクルな部分を撮ろうとしたら、完璧な変質者だった。

こんなところでカメラをかまえていたら、
通報されて逮捕されちゃうという恐怖と戦いながら撮影。
写真を見てもらえれば潔白を証明できますが。
20141016DSC08953.jpg

これは話しがゴッチャになるので、少しめんどくさいんですが、
僕の好きなロックバンド「くるり」が、2001年におこなったライブツアーの名前が、
「世田谷線旧型車輌を残そうキャンペーン」だったので、この路線を知りました。

この江ノ電601は、もともとは東急デハ80形電車(wiki)。
調べる限り、デハ80形は2001年に引退しているので、
おそらくはこの車両と同型の車両を残そうと、言っていたのではないかなと推測します。

20141016DSC08956.jpg
中にも入れます。雨中、女の子が3人、携帯型ゲーム機で遊んでいました。

20141016DSC08981.jpg

20141016DSC08986.jpg
もう少し、人の目が届くように保存してほしいなぁ。
中にはALSOKだったか?警備システムがありましたが、、、。

運転台、すごくシンプル。
20141016DSC08995.jpg
職人的な運転士さんが運転してそう。

20141016DSC08992.jpg
扉開閉のボタン。字が古い。

20141016DSC09002.jpg
車内の雰囲気。
お嬢さんたち、もう少し大切に使ってあげてね、、、と言えればかっこよかった。

20141016DSC08980.jpg
なかなか見応えのある江ノ電601でした。



「Sunrise & Sunset」(3rdアルバム「革命」収録)
最初にandymoriの音楽を聴いたとき、思い浮かんだのが吉田拓郎さん。

「遠い遠い昔からある花に名前をつけて笑いあおうよ」って、
「僕の髪が肩まで伸びて君と同じになったら」と同じぐらい歌詞がはまっている。
この歌詞がステキすぎて本当に好きなんですよ。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 秋雨 愛してやまない音楽と世田谷線 | 11:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014秋雨 愛してやまない音楽と東急世田谷線 その2 松陰神社前駅

乗り鉄で乗っちゃえば、それで完了な僕のブログだったんですが、
みなさんのブログを拝見するにつれて「駅巡り」って面白そうだなって思い、
この企画、最初にやるには、ある意味うってつけな「東急世田谷線」。
全長も5kmと歩いてでもできそうな感じですね(笑)。

まあ駅と呼べるものか、電停とも違う、なんとも微妙な感じですが。
やっぱ駅の方がしっくりくるか。

車両は2両固定というのか、中間に円形のつなぎがあって、
それがカーブで曲がることと大容量化を容易にしている。
(すいません車内の写真はございません(_ _)混み混みだったもので、、、)

最初の下車駅、松陰神社前。
20141016DSC08846.jpg

20141016DSC08867.jpg
軌道、この放浪中ず~っと気になっていた軌間。
ぱっと見で「これは1067mmじゃないよな」という鉄ちゃんの勘。
お家でしらべたら、1372mmだった、やっぱり。

商店街。
20141016DSC08873.jpg

20141016DSC08932.jpg

20141016DSC08936.jpg
なんとも、サザエさんに出てくるような商店街。世田谷な風景。

さてさて、ここで訪れたいのはもちろん松陰神社。
20141016DSC08884.jpg
安政の大獄で刑死(切腹)した幕末の思想家、吉田松陰を祀っている。
20141016DSC08887.jpg
吉田松陰像。
20141016DSC08896.jpg
なかなか、イケメンに描かれている。

20141016DSC08899.jpg
社殿。
20141016DSC08901.jpg
社殿の右側には吉田松陰が教鞭をとった松下村塾の復元がある。
20141016DSC08911.jpg
(雑な写真で申し訳ない)

20141016DSC08914.jpg
そしてここにも、吉田松陰像。
正直、最初の吉田松陰像には正直ピンとこなかったんですが、
こっちの吉田松陰像には「おおっ!」とテンションが上がる。

というのも、僕が歴史好きになるきっかけになったマンガ、
「お~い!竜馬」(原作:武田鉄矢 作画:小山ゆう)の松陰先生にそっくじゃないか!

あのちょっとデフォルメされてるけど、熱量のある松陰先生に出会えたのが少し嬉しかったです。
松陰先生、黒船に乗ろうと必死だったもんなぁ(笑)。

20141016DSC08928.jpg
帰りにもう一度、一つ目の吉田松陰像を見るが、やっぱイメージと違う。
本当はどっちだったか?写真が残っている訳じゃないし、難しいよね。


「革命」(3rdアルバム「革命」収録)
ベタな選曲で申し訳ない。
「andymoriを一曲で表せ」といわれたらこの曲です。
andymoriが歌うから嘘じゃない、真実味と現実味のある曲です。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 秋雨 愛してやまない音楽と世田谷線 | 17:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014秋雨 愛してやまない音楽と東急世田谷線 その1 三軒茶屋駅

2014年10月15日日本武道館
僕が愛してやまないロックバンド「andymori」が解散しました。

まあ、今の心境を率直に言うと、巨大な喪失感です。
あまりに喪失が巨大すぎてすぐに理解できなかったんですが、
一日たってリアルな痛みを感じている最中です。

10月15日、午後半休で東急世田谷線へ行ってきました。
言っちゃあ、ブログに「andymori」を綴るために、、、、かもしれません。
この日を忘れないために、綴るために。
andymoriの楽曲と、この放浪記を綴りたいと思っています。

すみません、前置きが長くなりました。
よければ、ご一読をお願いします。

午前出勤が終わって、急いで新幹線ホームへ。
のぞみ18号、18A、名古屋12:53発に乗車。
20141016DSC08789.jpg

東京着は14:33。
世田谷線へ行こうと、最初から思ってたんで、こんな時間。
丸ノ内線で赤坂見附、永田町から半蔵門線で渋谷、乗り入れで三軒茶屋まで。
20141016DSC08804.jpg
三軒茶屋に到着。
20141016DSC08808.jpg

世田谷線への乗り換え。まあ、東京、やっぱ人が多い。戸惑う。
20141016DSC08812.jpg

とりあえず地上に出るかと、出てみると、、、。
20141016DSC08814.jpg
すごいビルだなぁ、、、。
まさか、このビルの下から、600Vの軌道線が出ているとは思わないよね。

さあそして、お目当ての世田谷線。
20141016DSC08833.jpg
身体よりランドセルのほうが大きいんじゃないかって、少年。
20141016DSC08839.jpg
ちゃんと列に並んで、えらいなぁって思った。

世田谷線、三軒茶屋駅は向かいのホームが降車専用。
20141016DSC08836.jpg
なので混雑がない。



「愛してやまない音楽を」(4thアルバム「光」収録)
愛してやまない音楽を表現するのに、むしろ楽器はいらない。
彼らの心意義が感じられる。
ライブでは毎度、アカペラで歌われます。

andymoriと世田谷線、何か関係あるの?

、、、特にないですよ、、、。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 秋雨 愛してやまない音楽と世田谷線 | 21:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |