乗り鉄放浪記

主に18きっぷで乗り鉄放浪しております。放浪で思ったこと、感じたことを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014初秋 秋の乗り放題パスの放浪記(北陸・新潟) その23 水上駅

上越線で関東平野へ抜ける。
20141010DSC08481.jpg
越後中里駅の手前。寝台車が置かれている。

20141010DSC08485.jpg
上越線、景色はいいんだけど、降りてみる勇気はなかなか、、、。
もったいないよな、複線直流電化だよ。
もっと走らせないともったいなくないか?

20141010DSC08492.jpg
土樽駅。

20141010DSC08497.jpg
そしてあこがれの土合駅。
上り線の地上駅を見るのは初めてだったりする。
小説「クライマーズ・ハイ」のOPで出てくる、、、あこがれの駅の一つ。
いつか訪問したい。

20141010DSC08501.jpg
土合駅からはループ線であの下に見える線路へ。
トンネルの中を左カーブで進み、湯檜曽駅、さらに水上駅。
20141010DSC08512.jpg

20141010DSC08521.jpg
高度が高いせいか、空の色がほんとうにキレイだった。

水上1256発高崎行き 740M
この107系なんか、最近乗った記憶が、、、、。
そうか、吾妻線へ行った時に乗ったんだった。

2014惜夏 吾妻線青春18きっぷの放浪記 その4 大前駅

20141010DSC08536.jpg

で、型番を見てみたら、106と107の違いはあれど、
同じ115編成だったりする、、、、。
ひと月ぶりに群馬へやってきておなじ編成に乗るとは、、、。

20141010DSC08547.jpg
さて、高崎へ。
ラストちょっと急いじゃったが、ここでこの放浪記は終了です。
もう、この先は書くことがあまりないので、さらっと書くと、、、。
湘南新宿ラインで東京へ。
20141010DSC08551.jpg
グリーン車の表示がすすけてるよ。
東京で所用を済ませ、新幹線で名古屋へ帰路。

今回の新規路線は越後線と弥彦線、羽越線とほくほく線と少なめだったけど、

1日目は、じっくり北陸本線に乗れて楽しかった。
2日目は、台風の中でも、列車が止まることなくそれも良かったかなと、、、。
3日目の、ほくほく線の衝撃はすごかった。

北陸新幹線開業が迫っているんでやっぱ、北陸はもう一回ぐらい行っておきたい。
重ねて言うけど、北陸新幹線開業が悪いわけじゃないんだよね。
それに伴う部分で、解せない部分があるってこと。

20141010DSC08392.jpg
ラスト、やっぱ「はくたか」での狭軌で時速160キロを体験してみたいな。

〜終〜

3日目旅程
直江津〜(信越線・ほくほく線・上越線)〜越後湯沢〜(上越線)〜水上〜(上越線)〜高崎


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| 初秋 北陸本線・越後線・弥彦線 | 21:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014初秋 秋の乗り放題パスの放浪記(北陸・新潟) その22 越後湯沢駅


ほくほく線ホームの末端。

20141010DSC08396.jpg
除雪の道具があるのは雪国でよく見る景色。
次に来るときは雪深い時期かな、、、。

20141010DSC08402.jpg
683系の看板。
本当にほくほく線特急型がなくなると、この駅舎やホームのあり方も変わってくるんじゃないかなと、、、。
超快速ってのに期待しています。

20141010DSC08412.jpg
とりあえず、表へ出てみた。
周りは温泉街らしく旅館やホテルが多かったか。

さて、実はこの駅、楽しみがあってやってきた。
それはここ。
20141010DSC08449.jpg
おっ!おじさん!派手に寝てますやん!!
それは、冗談として「ぽんしゅ館」、さけどころ新潟の地酒を利き酒できる。
まだ午前中のお天道様も見ているうちから、、、呑み鉄放浪記ですね。

500円を支払うと、専用コイン5枚と、おちょこを渡される。
20141010DSC08418.jpg
そしてずらっと並んだこの中から、
20141010DSC08417.jpg
好きな銘柄を選び、おちょこを置き、コインをいれボタンを押すと、お酒が注がれる。

20141010DSC08431.jpg
おつまみにはキュウリが売ってある。

調子に乗って、500円じゃ足りず、もう500円。
日本酒は普段飲まないんですが、
人気上位のお酒はやっぱりうまいなって思いました。
こいつは、また来る理由が増えちゃってるじゃんって!!

さてさて、お酒はほどほどで、、、、。
上越線をさらに南へ。
越後湯沢1200発水上行き 1734M
20141010DSC08473.jpg
115系には今日はやけに勤勉さを感じる、、、。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 初秋 北陸本線・越後線・弥彦線 | 17:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014初秋 秋の乗り放題パスの放浪記(北陸・新潟) その21 ほくほく線②

十日町駅にて。

ゆめぞら号。トンネル内にて映像が流れるらしい。
ほくほく線①と②で分けてみたがそんなに②の内容がなさそうで、、、。

20141010DSC08339.jpg
長いトンネルを超え、あっという間に六日町駅。上越線と合流する。

20141010DSC08342.jpg
六日町で長い停車時間の後、越後湯沢までこの列車は進む。長いストレート。

20141010DSC08362.jpg
いわゆる魚沼といわれる地方。米所である。

渓谷のような地域を越えて、
20141010DSC08367.jpg

さっき見た、ほくほく線の万里の長城のような城塞とは、
また比べようのない高架線、、、上越新幹線の高架。
20141010DSC08368.jpg
こう見ると、新幹線が、いかに巨大か、
フル規格ってのはやっぱすごいんだなって、、、。

越後湯沢に到着。

向かいのホームには、北越急行の赤いはくたか。
20141010DSC08371.jpg

20141010DSC08379.jpg
これってまだ、売却先とか?決まってないよね、、、。

20141010DSC08392.jpg
バックショットだけどうまく撮れた。
チャンスは残り少ないけど、次は「はくたか」に乗車したい。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 初秋 北陸本線・越後線・弥彦線 | 16:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014初秋 秋の乗り放題パスの放浪記(北陸・新潟) その20 ほくほく線①

直江津917発越後湯沢行き 831M

しばらく信越本線を進み、犀潟駅を発車。
信越本線を超えるよう、ほくほく線が高架で登っていく。
20141010DSC08291.jpg
おわかりでしょうか?
これが、「お菓子王国新潟」の誇るブルボンの工場だ。

、、、、っておい!!
この登坂の角度分かっていただけるだろうか。
いや、ブルボンの工場にもけっこうテンションが上がったりしたよ。

この登坂はジェットコースターが登るような雰囲気ににているかも。
20141010DSC08293.jpg
それを過ぎるとカーブし、
20141010DSC08296.jpg
なんじゃこりゃー!!!って感じの高架単線。
万里の長城のような城塞を思い浮かべる。

ほくほく線、名前をつけるとしたら、「超高性能ローカル線」。
まあ、はくたかが時速160キロ運転するぐらいだから、そら高性能でなければ、、、。
20141010DSC08298.jpg
この列車も、時速110キロを出していた。

ただ、車窓を見ると本当に、ただのローカル線。
20141010DSC08307.jpg

20141010DSC08302.jpg
空が高くいい天気だった。

ほくほく大島駅を出た後、列車はトンネル内で停車。
対向列車の待ち合わせらしい。

対向列車を撮ろうと、今か今かと待ち構えていると、耳の奥にツンっとくる感覚。
ララァ・スンが近くにいるのか?あるいはシャアか?

、、、、っておい!!(本日二度目、すんません、お付き合いください)
いわゆる、「トンネルドン」という衝撃波で、対向列車が高速でトンネル内に入り、
空気が圧縮されたものが身体に伝わったんだと思われる。
「トンネルドン」をこんなかたちで体験できるとは思わなかった。

その後しばらく待つとやってきた「はくたか号」。
20141010DSC08314.jpg
まあ、うまく撮れるわけがないか、、、。
なんか、エヴァンゲリオンの使徒が襲来したような感覚。

トンネルを出るとまつだい駅。
20141010DSC08325.jpg
しかし、20年弱がんばってくれた「はくたか」と北越急行にあっさりさよならでいいものなのか?
なんか、考えさせられる、、、。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 初秋 北陸本線・越後線・弥彦線 | 13:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014初秋 秋の乗り放題パスの放浪記(北陸・新潟) その19 直江津駅

3日目。

直江津駅、台風一過の快晴。
まあ、昨日、一昨日が悪天だったのですごく嬉しい。

今日の目的は、所用があって、東京方面へ抜けること。
そんなに急がなくともいいと、ゆったりとしたスタート。

放浪の前に腹ごしらえ。
20141010DSC08253.jpg
一昨日も訪れた「直江津庵」。
20141010DSC08255.jpg
一昨日は売り切れてた「謙信そば」を頼む。
関東系の甘いつゆに、名産のするめ天(イカ天)とのり、そして生玉子。
生玉子がどちらでもいいんだけど、おいしかったです。
なんだか、駅そばめぐりなブログになってきた(笑)。

さて乗車する列車は、北越急行ほくほく線の列車。
20141010DSC08280.jpg

20141010DSC08263.jpg
箱っぽい。こいつがとんでもない力を秘めていることを後から知るんだが、、、。

ちょいと話しが前後するが、、、
「秋の乗り放題パス」では北越急行は乗れないので、
直江津駅のみどりの窓口で

「犀潟~六日町の北越急行分だけ乗車券をください」

って頼んだら、

「うちでは取り扱ってないんで、車内でお買い求めください」

とのこと。まあ、そういうもんかなぁ?なんて不思議に思ったり。
変な話し、JR北海道や、JR九州のきっぷは買えるのに、
近くの3セクのきっぷは知らねえよって?
まあまあ、これ販売委託とかするとなると、手数料も取られるだろうし、
そんな余裕は北越急行にはないんだろうな、、、、。

車内で発車前に余裕がある段階で無事購入。
20141010DSC08284.jpg
しかしこれ、ワンマン運転だし、車内改札があるわけじゃない。
18きっぷ系だと本当に無賃乗車できちゃう危うさがあるよな。

20141010DSC08267.jpg
北越急行のキャラクター、名前は知らない。

直江津917発越後湯沢行き 831M
20141010DSC08289.jpg
犀潟まではJR信越本線を進む。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 初秋 北陸本線・越後線・弥彦線 | 18:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014初秋 秋の乗り放題パスの放浪記(北陸・新潟) その18 脇野田駅

快速くびき野は進み、今朝出発した、直江津をも過ぎる。
20141010DSC08147.jpg
こっちの地方は雪下ろしのために、住宅にハシゴがあるのがすごい。

20141010DSC08155.jpg
さらに進むと、高架線と立派な駅、、、。

20141010DSC08158.jpg
そう、北陸新幹線の妙高高原駅となる、
20141010DSC08170.jpg
脇野田駅。

まあ、実は最近までこの駅のことは知らなかった。
いつもお世話になっています、kyo-toさんのブログから、

デンシャと、京都と 2014-08-14 #07  信越本線 脇野田駅  〔新潟県〕

この記事で脇野田駅のことを知りました。

まあ、この記事を見たときは東北方面へ行く予定だったから、
脇野田駅には訪問することはないか、、、と思っていたけど、
所用があって、東北方面は断念、結果、じゃあ行ってみるかと途中下車。

20141010DSC08195.jpg
10月18日、この駅舎は役目を終え、翌19日より、あの新駅舎へ移行する。
20141010DSC08181.jpg
1面2線のぼっちいホームから、あの大邸宅?へ移行するのは、
駅の世界からいうと、出世というのかな?

20141010DSC08185.jpg
旅すがらの人間にこんなこと言われたくないだろうが、
いろいろな思いがこの駅にもあっただろうに、、、なんてさ。

20141010DSC08192.jpg
改札口。

20141010DSC08212.jpg
秋の飾り物、これも有志のひとが華やかにしようと置いたのかもなぁって、、、。

20141010DSC08213.jpg
今冬は新駅舎へ、もう、使われることのないストーブは寂しげだった。

さて、ホームへ。
20141010DSC08220.jpg
次に来るときは、あの列車は高架の下を左に曲がり、新幹線の高架下を進むだろう。

一応、JR東日本であるうちは新駅舎でも「脇野田駅」を名乗り、
3セク化後、えちごトキめき鉄道へ移管された後は、北陸新幹線と同じ「妙高高原駅」となるらしい。
いまは、新駅舎なのに「脇野田駅」なレアなタイミング?なわけで、再訪?するのか、僕?

脇野田1638発直江津行き 353M
20141010DSC08226.jpg
さようなら、脇野田駅。
野次馬で申し訳ない、、、、。

さて、その後、直江津駅へ戻り、私にしては珍しい連泊。

直江津駅にて。
20141010DSC08243.jpg
120年の伝統と歴史を持つこの路線を、運営会社を変え、路線名を変えても、
末代まで繋がれることを祈りたい。

2日目旅程
直江津~(信越本線)~柏崎~(越後線)~吉田~(弥彦線)~弥彦~(弥彦線)~東三条~(信越本線)~新津~(羽越本線)~新発田~(白新線)~新潟~(信越本線・快速くびき野)~脇野田~(信越本線)~直江津

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 初秋 北陸本線・越後線・弥彦線 | 14:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014初秋 秋の乗り放題パスの放浪記(北陸・新潟) その17 新潟駅

新発田1259発新潟行き 936M
20141010DSC08046.jpg

さて、白新線。
人の記憶とは曖昧で、乗ったことあるんだけどなぁ、、、記憶にない。
まあまあ、雪国なので、雪の有無でだいぶ印象が変わるのかもしれない。
前回乗ったときは、冬期だった。

20141010DSC08049.jpg
扉は自分で開ける方式。

途中、強風による徐行運転をしていたが、なんとか新潟へ到着。
阿賀野川に架かる橋が強風で徐行運転だったと思われる。
20141010DSC08050.jpg

新潟から先、本当は、越後線の残した新潟~吉田間を行きたかったが、
新潟1401発の快速くびきのの指定券を取ってしまっていた。

これが実は、大チョンボしたところで、
この時間までに、越後線と弥彦線を完乗りできる計算だったが、
前日に再度調べると、できないじゃんって、、、。

吉田を中心にして四方に分かれる路線で、どこか一つあきらめるとなると、
やっぱ、本数の多い新潟~吉田間かな?と、、、。
まあ、また新潟に来る理由ができて良かったじゃないかって。

新潟駅のホームで発見。
20141010DSC08064.jpg
駅そば「新潟庵」
20141010DSC08057.jpg
「かき揚げそば」
なかなか、北国らしく濃いめ、甘めのつゆだった。

さてさて、お腹も満たされたところで次の列車へ。
新潟1401発新井行き 快速くびきの2号 3372M
20141010DSC08061.jpg
485系、これも秋の乗り放題パスで乗れる。
特急型車両が嬉しいね。

前半はほとんど寝落ち、
柏崎をこえたあたりで車窓の写真。
20141010DSC08087.jpg
荒れ狂う海。

20141010DSC08122.jpg
青海川駅も下車してみたかったが、さすがにこの荒天じゃあなぁ。

20141010DSC08140.jpg
雨は降ったり止んだり、幾分良くはなってきたか、、、。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 初秋 北陸本線・越後線・弥彦線 | 12:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014初秋 秋の乗り放題パスの放浪記(北陸・新潟) その16 新発田駅

新津1212発新発田行き 127D
20141010DSC08001.jpg

さて、羽越本線。
20141010DSC08007.jpg
雨はいくぶん弱くなってきた。
刈られた後の田んぼはなんとも味気ない。
やっぱ、九月上旬ぐらいがベストかな。

20141010DSC08010.jpg

あっという間に、新発田駅へ。
なんか、今日の路線は短い路線で平野部を走る線が多いんだけど、
どこも本数は少なめ。
やっぱ、モータリゼーションが進んでいるんだろうか。

20141010DSC08018.jpg
新発田駅、駅舎。
ちょっとアングルの悪い写真ですが、、、。
新しい駅舎っぽいけど、最近、外壁を塗り直しただけらしいです。

20141010DSC08024.jpg
改札。

20141010DSC08025.jpg
月岡温泉ののれん。

次の列車を待っているときやってきたのは653系。
20141010DSC08039.jpg
JR東日本は都心の大動脈・常磐線が諸事情で交流なため、
常磐線で運用された特急車両を、東北方面の特急に転用するという、
まあまあ、うまいこと運用している感じがする。

JR西日本の683系とか、どこへ行くんだろうか。
まあ、直流区間も走れるから、何とかなるんだろうけど?

続いての列車は白新線。
新発田1259発新潟行き 936M
20141010DSC08046.jpg
やっぱこれでしょ、115系。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 初秋 北陸本線・越後線・弥彦線 | 13:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014初秋 秋の乗り放題パスの放浪記(北陸・新潟) その15 新津駅



土地勘のない人には、字面だけじゃ、さっぱりな予感がするので地図を交えて説明。
2日目、
①最初の電車は西側の「上越」というところにある「直江津駅」からスタート、
②「柏崎駅」で乗り換え「燕」というところにある「吉田駅」、
③「吉田駅」から西へ進み末端の「弥彦駅」へ、
④「弥彦駅」から返す列車で「三条」と言うこところにある「東三条駅」へ、
⑤「東三条駅」より北へ「阿賀野」というところの南西のあたりにあるジャンクション「新津駅」へ。
とりあえず、ここまでのまとめです。

20141010DSC07962.jpg
さてさて、新津へ到着。胸躍る新津。
いまは、変わってしまったが「JR東日本 新津車両製作所」が、
唯一のJR直属の車両工場として存在した。
今は、子会社の「株式会社総合車両製作所 新津事業所」となっているらしい。

20141010DSC07972.jpg
相変わらず止まない雨。

ここで、訪れたい場所があって雨中であっても少し足を伸ばすことに。

20141010DSC07976.jpg
それはここ、「坂口安吾文学碑」。

20141010DSC07977.jpg
「あちらこちら命がけ」

20141010DSC07980.jpg
無頼派の作家、坂口安吾の墓所が新津にあるらしく、この地に文学碑かあるらしい。

坂口安吾との出会いは衝撃的だった。
「堕落論」の「生きよ、堕ちよ」というメッセージ。
なんなんだ、この強烈なメッセージは、、、。

あの時代を生きたわけじゃないから分からないけど、
あの戦火の中をまじめに生きることが正しいという風潮だったのが、
結果、戦争には負けたし、天皇は人間だったし、正直者ほど馬鹿を見たんだと思う。

だったら「生きよ、堕ちよ」というメッセージ、
なんとも、現代社会にも通じると思うんだよね。

20141010DSC07989.jpg
途中のタイル。ここら辺は油田があるんだよね。

さて駅に戻る。
20141010DSC07990.jpg
SLばんえつ物語の看板。

20141010DSC07991.jpg
新潟行きは127系のワンマン。
けっこう都心なのに、ワンマン運転しているんだな。

さて、つぎの目的地は羽越線を北上。
実は、ここ未踏路線だったので乗ることにしたんだが。

僕のきめたルールで「初めての路線は特急に乗れない」というのがあるんだが、
今度、トワイライトエクスプレスに乗りたいなぁ、なんて思ってたら、
羽越線の新津~新発田って乗ってないやと気づき、乗りに来た、、、
けど、トワイライトエクスプレスは新津~新発田は通らないんだっけ?
新潟から白新線経由って聞いたけどどうなんだか?

まあいい、列車を待っていると、やってきたのは、、、えっ?キハ110?気動車?
新津1212発新発田行き 127M
20141010DSC08001.jpg
一応電化はされているけど、運用は気動車らしい。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 初秋 北陸本線・越後線・弥彦線 | 12:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014初秋 秋の乗り放題パスの放浪記(北陸・新潟) その14 東三条駅

弥彦1005発東三条行き 231M
20141010DSC07926.jpg

さてさて、淡々と放浪は続く。
特に、観光地に訪れてないので、台風の愚痴を書いているだけじゃん。
これは再訪の予感。

おそらく、この10時前後が台風最接近のタイミングだと思う。
それでも、日本海側なので風雨はあるが、列車は通常通り運行している。

先ほど下車した吉田駅を過ぎ、しばらく走ると、新幹線の高架、燕三条駅。
20141010DSC07933.jpg
しかし、ここに至る在来線の本数が少ない、、、。
上越新幹線もそんなに本数がないんだよね。

20141010DSC07937.jpg
さて、東三条に到着。弥彦線完乗。

20141010DSC07935.jpg
0番ホームに到着。「0番ホーム」ってなんか響きがいい。

20141010DSC07950.jpg
相変わらずの風雨は止まず。窓を濡らし続ける雨。
115系君も泣いている?意外と、こういう写真を撮っているってことは楽しんでいたかもしれない(笑)。

20141010DSC07944.jpg
たまたま通過した貨物。
貨物は鉄ちゃんの墓場なんて言うけど、こんな日には貨物の写真も撮りたくなる(失礼)。

20141010DSC07954.jpg
JR東日本新潟支社はレンタサイクルに力を入れているのか、自転車がおいてあった。
でも、冬期は雪が降るだろうし、どうなんだろうか。

20141010DSC07957.jpg
駅名標と、気になるのぼり。
三条カレーラーメン、、、食べてみたいな、、、。

20141010DSC07959.jpg
改札。
20141010DSC07960.jpg
駅前のロータリー。
駅の全景の写真がないところを見ると、もう自暴自棄になってたんだろうと推測(泣)。

次の列車へ。
東三条1104発新潟経由吉田行き 435M
20141010DSC07962.jpg
撮影したのは下車駅の新津駅だから、相当ふてくされていた気がする(苦笑)。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 初秋 北陸本線・越後線・弥彦線 | 18:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014初秋 秋の乗り放題パスの放浪記(北陸・新潟) その13 弥彦駅

弥彦線115系の車内。
20141010DSC07883.jpg
運賃箱がある。ワンマン仕様に改造されている。

20141010DSC07887.jpg
車窓はこんな感じ。写真を撮る意味がない(泣)

弥彦駅到着。
20141010DSC07892.jpg

20141010DSC07896.jpg
朱塗りの駅舎が印象的。
ラッチも木製だったりして、雰囲気を壊していない。
20141010DSC07900.jpg
駅名標?もいい感じです。

9時19分に到着、折り返しの列車は10時05分発。
なので45分もあれば越後国一宮、彌彦神社参拝も余裕、、、。
と思っていたんだが、この荒天じゃあなぁ、、、。
まあ、晴天でなくとも台風が来なかったら良かったのです。

傘がラッパ傘になるぐらいの風雨なので、ここは駅でおとなしく待っていた方が安全。

駅全景。
20141010DSC07918.jpg
しかし、この駅、よくできているなぁ、、、という印象。
参拝者用の駅とあって、手水まである。

「歓迎」の文字と遠くにかすむ山。
20141010DSC07919.jpg
この悪天、まったく歓迎されていないが、、、。

駅構内。
20141010DSC07901.jpg

路線図の中心が弥彦駅。ある意味正しい。
20141010DSC07911.jpg

さあ、折り返しの列車へ乗車。またおサボりでミラー越しの写真です(笑)。
20141010DSC07926.jpg

20141010DSC07927.jpg
車窓を見ると、ムラサキシキブが実をつけていた。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 初秋 北陸本線・越後線・弥彦線 | 12:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT