乗り鉄放浪記

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

名古屋乗り物今昔物語 その5 ぞうれっしゃがやってきた

8月7日、名古屋市千種区。
201608-9747.jpg

201608-9751.jpg
東山動植物園。
この日はナイトZOO、通常16:50で閉園するが夜20:30まで営業する。
夜の動物の生態を観察することが出来ます。

201608-9752.jpg
到着したのは15:00頃…暑っ!!

この暑さにほとんどの動物が悲鳴をあげて…。
201608-9759.jpg
インドサイさん、池の中で沈黙。

201608-9941.jpg
ペンギンさんはミストを浴びて暑さをしのぎます。

201608-9956.jpg
ホッキョクグマさん。
氷の中にニンジンとか、えさが入っているらしく…少しずつ砕きながら食べています。

201608-9993.jpg
クロサイさん。
アフリカ出身なので、暑さには強そうですが…名古屋の夏はどうですか。

201608-0097.jpg
名古屋市と姉妹都市のロサンゼルス市。
その関係でアメリカからやって来たアメリカバイソンさん。
「名古屋…どえりゃー暑いがや」っと言ってそうです。

201608-0109.jpg
プレーリードッグさんも、同じくアメリカからやって来ました。



まだまだ、紹介しきれない多くの動物がいますが…この日のお目当てはこちら。
201608-0018.jpg
昨年来園40年を迎えた、アフリカゾウのケニー。

201608-9799.jpg
こちらはアジアゾウの母子、アヌラとさくら。

そしてこの石碑。
201608-0117.jpg
「ぞうれっしゃがやってきた」

説明下手なので…伝わるかどうか…不安ではありますが…。
簡単に説明すると「かわいそうなぞう」の対になるお話しだと思います。

先の大戦中、日本の各地で空襲が始まると動物園内の動物たちは、檻から逃げた際に人を襲う害獣になるかもしれない。
そういった理由で各地の動物園内の動物たちは殺処分させられました。
(「かわいそうなぞう」はゾウがえさの中から毒入の餌を食べず、餓死してしまうお話しです。)

ここ東山動物園でも例外はなく、トラは毒入りの肉を食べ、頭のいいライオンは毒餌を食べなかったので銃で射殺されました。

201608-9817.jpg
ただゾウだけはなんとか生かしてほしいと、当時の北王英一園長が嘆願、警察と軍を説得し、ゾウだけは殺されずに生き残ることが出来ました。

が…時は戦争で物資の少ない時代。
ゾウのエサを確保するのは簡単なことではなく、北王園長自ら畑を耕したり、大八車を引いてエサを求め歩きました。

戦争が終わり、東山動物園には2頭のゾウが戦後を迎えることが出来ました。
201608-0120.jpg
マカニーとエルド。

時は経って昭和24年。
東京の少年たちが上野動物園へ「ゾウをかしてほしい」と東山動物園へ嘆願します。
北王園長は、どうにかして東京へゾウを輸送する方法を考えますが、2頭のゾウの絆が強く引き離すことが出来ません。
(おそらく苦しい時代をともに過ごしたとか…そういう理由が2頭の間にはあったと思います。)

そこで北王園長が考えついたのが「みなさんがゾウを見に来て下さい」。

これに呼応した国鉄が名古屋行きの特別列車を走らせます。
その列車が「ぞうれっしゃ」です。

201608-0123.jpg
国鉄では全国からのべ1万数千人の子どもが、また近鉄電車も大阪上本町から名古屋行きの特別列車を毎日走らせのべ4万5千人の子どもが東山動物園へゾウを見るために訪れました。



まあ…本音で言うと…書いていて胸が詰まる想いなんですが…

実はちょっとした裏話があり…同じ名古屋市千種区にあった中部軍管区司令部、そちらの所属の獣医大尉だったM氏が、軍馬に与えるふすまを象舎に運び込ませて支援をしていたそうです。

201608-9818.jpg
動物園はあって当たり前、動物園にはゾウが必ずいる…僕らが当然だと思っている光景は、強い意志を持った人たちの行動によって守られてきたものであり、とても大切なことだと思います。

201608-0070.jpg
あまりに近すぎてその大切さを忘れてしまっている。
平和や安全もそれに類するものであると思います。

201608-0143.jpg
しょうもない拙文とは思いますが…このお話しを紹介することで、71回目の終戦の日に、平和に対する思案をめぐらせていただけたら…幸甚の至りに存じます。






201608-0586.jpg
※参考文献 小出隆司:作 箕田源二郎:絵 「ぞうれっしゃがやってきた」
(このブログは読まなくていいです、これを買って読んでくれ…ともいいません。最寄りの図書館にあったら手に取ってみてください。大人3人に貸しましたが、3人とも涙腺崩壊しました。)



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

≫ Read More

| 名古屋乗り物今昔物語 | 23:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名古屋乗り物今昔物語 その4 ナゴヤ球場と2つの駅

3月28日。
2ヶ月に1度の病院通い。
快方に向かっているんだか…よく分かんないんですけど。
どうせなら、午後も休んでカメラを持っていろいろ巡ってみようと。


名古屋でも咲いています、桜。

201603-6658.jpg
以前紹介した中川閘門、ひょっとしたら桜が咲いているかもと訪問してみましたが、まだまだの様子。

それならばと、中川閘門の最寄駅へ。
201603-6676.jpg
山王駅、1928年開業。
この駅の以前の名前を知る人も少なくなった…なんて言ったら本当におっさんになった気分。
以前の名前は「ナゴヤ球場前駅」。

201603-6678.jpg
「THE・名鉄」な風景。
この駅も名古屋駅から一駅目の駅なんですけど…無人駅という…。

201603-6681.jpg
隣には新幹線の高架線。
壁画は地元の小学生の作…といってもいつの時代何だか…。
この位置に立ってみると分かる、新幹線の静かさ。
むしろ赤い電車の通過の音がけたたましいです。

駅から少し歩きます。
201603-6689.jpg
東海道新幹線の高架線も今となってはずいぶん古い。

201603-6698.jpg
これまた、いつの時代の注意書きか…??新幹線が少し怖い。

201603-6690.jpg
あの「入口出口」は、JR東海が書いたのではないでしょう…。
やんちゃな人が書きそうな雰囲気がありますが、やけに丁寧です。

201603-6695.jpg
新幹線の走るこの地域ですが…

高架にはこんな壁画があります。
201603-6705.jpg

201603-6704.jpg
緑色の打者は三冠王「落合博満」、赤い投手はスピードガンの申し子「小松辰雄」がモデルなのではないかと言われています。

この近くにあるのが…
201603-6710.jpg
ナゴヤ球場、かつての中日ドラゴンズのホームグラウンド。
今は二軍のホームグラウンドになっています。

201603-6711.jpg
1948年に開業したこの球場。古い石垣が残ります。
Wikipediaの情報を鵜呑みにすると文化庁から「登録有形文化財」に申請しませんか?とお誘いがあったらしい。
中日球団側が「自由な改装とかできなくなるので…」と断ったらしい。
事実、現在のこの球場、現在の本拠地「ナゴヤドーム」のサイズにあわせるため、外野スタンドなどを撤去しています。

201603-6715.jpg
オールドなドラゴンズファンなら、この球場にいろいろな思い出があると思います。

開業間もない1951年に全焼火事からの再建、
1954年、中日ドラゴンズ初の日本一、
1974年、巨人のV10を阻む優勝、
1981年、宇野ヘディング事件(youtube)、
1982年、近藤監督、野武士野球での優勝、
1987年、近藤真一の初登板ノーヒットノーラン、
1988年、星野監督胴上げ、
1989年、巨人斉藤から落合博満劇的サヨナラスリーラン(youtube)、
1991年、彦野利勝のホームラン代走(youtube)、
1996年、ガルベスVS山崎武司の大乱闘(youtube)…などなど…まあ…珍プレーが多いですが…。

その数多い思い出の中でも、飛び抜けちゃっているのは、やっぱり10・8最終決戦。

1994年10月8日、1試合を残し読売ジャイアンツと中日ドラゴンズが69勝60敗の相星の首位で並び、その両チームの相星最終決戦がここナゴヤ球場で行われました。
結果は…読売ジャイアンツの長嶋監督が宙に舞いました…。

実は、この10月8日に営業を終了した駅があります。
先ほどの壁画の場所にあった「ナゴヤ球場正門前駅」。
201603-6706.jpg
(尾頭橋駅はこの駅の常設化希望があったため東海道本線に設置された駅です。)
野球開催日のみの臨時駅、僕も乗車した記憶がありますが…どんな車両が走っていたかとかは…その頃は非鉄だったので。

もともとはJR貨物の「名古屋港線」。
1987年、この路線の第二種鉄道事業をJR東海が取得し、名鉄の独占状態だった球場輸送に参入しました。
1995年に東海道本線に尾頭橋駅が開業することから、この「ナゴヤ球場正門前駅」は1994年のシーズン終了とともにその役目を終えました。
201603-6728.jpg
(おそらくプラットホームがあったと思われる場所、6両まで対応していたそうです)
もっとも、ドラゴンズがあの一戦を勝ち上がっていれば、日本シリーズまでは延命されたと思うと何とも複雑な話し…。

あの10・8を戦った最後の戦士も昨年引退してしまった。


開幕前の解説者の予想をみるかぎり…「今年も安定のドベゴンズ」らしい。
Aクラスの予想している解説者も、いなかったもんなぁ…ライバルDeNAのAクラス予想はひとりいたけど…。
アイツらの予想がなんだっていう話しですが…。

Bクラスでも、最下位でもかまわんが…気概を見せろよ。
打倒読売、ジャイアンツには負けんなよ、金満球団蹴散らしていこうぜ。
球春到来、竜魂燃勝、燃えよドラゴンズ。


201603-6732.jpg
ドラゴンズブルーの空に鮮やかな桜。
秋にもう一度、鮮やかな桜を咲かせてみせましょう!!



っとまあ、一人で盛り上がってますが…山王駅へ。
201603-6745.jpg

もう少し続けます…。

(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 名古屋乗り物今昔物語 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名古屋乗り物今昔物語 その3 松重閘門

201602-7608.jpg
松重閘門。

いつか紹介しようと思っていて、なかなかできず、今日たまたま近くに用事があり寄ってみたら、まずまずいい写真が撮れたので今日しかないと思い、一年ぶりのこの企画。
実のところ、この遺構を紹介したくて、この企画を始めたと言って過言ではないぐらい好きな場所です。

201602-7630.jpg
閘門のあいだからは新幹線や、

201602-7631.jpg
赤い電車も見られます。
逆説的に言うと、新幹線や赤い電車からも、この遺構を見ることができます。
(一瞬&豆粒かもしれませんが…)

201602-7652.jpg
松重閘門、


1932年供用開始、名古屋にある二つの運河「堀川」と「中川運河」を結ぶ目的で作られた。

201602-7689.jpg
この二つの運河には標高差があり、2つの門を開け閉めすることにより貨物船の行き来を可能にした。
その光景は「東洋のパナマ運河」と呼ばれた。
モータリゼーションにより運河の貨物の取り扱いが減少したことにより1968年閉鎖、1976年廃止となった。

201602-7633.jpg
門は対になっておりまして、もう一つの門は道路の向こう側にあります。
なにか、名古屋高速の高架線が悲哀を物語っているような気がします。

201602-7636.jpg
桜の木が植えてあり、桜の時期がいいかもなぁ…なんて思っていたのですが…少し早めにやってきました。

201602-7642.jpg
鳥さんも来ています。名前は知らない…。

201602-7655.jpg
塔の上、透けた窓から滑車が見られます。

201602-7664.jpg
かつて船の高度を上げ下げしていた部分、いまは土で埋め固められ、船の往来はできなくなっています。
この退廃的な雰囲気と、この閘門の佇まいが好きで、何度となくこの場所は訪れています。
名古屋市民でも知っている人は少ないかと??思います。

201602-7685.jpg
桜の時期は早くとも梅の花が咲いています。
ライトアップされた閘門に花を添えていました。

(「EOS Kiss X7」+「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」+「EF50mm F1.8 II」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 名古屋乗り物今昔物語 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名古屋乗り物今昔物語 その2 武豊線

北陸本線の記事が調子がよかったので、
止めるのも何だかなぁとは思ったんですが、この企画もたまにはと思いまして、、、。

名古屋乗り物今昔物語、
「その2」にして、もはや名古屋でも今昔物語でもない、「武豊線」をとりあげるという、
なんとも破綻しておりますが、お付き合いください。
といっても、一ヶ月と少ししたら、これも今昔物語になるのでOKです(笑)。

愛知県にはもう、15年ぐらい住んでいるんだけど、武豊線には初めて訪問(汗)。
IMG_7339_1.jpg
武豊駅。
学生時代の友人Sが同行、S曰く
「愛知県で終点の表示(バッテンみたいなやつ)があるのって珍しいだろ?」
言われてみると、JRではここだけかな?

IMG_7347_1.jpg
面構えは電車の313系と変わらないが、気動車のキハ25。
えっ?でも架線があるじゃん??って思われるかもしれないが、これは3月1日より直流電化される。
つまり、非電化の武豊線は2月28日まで。
というわけで、1ヶ月と少しで今昔物語になるわけです(こじつけ)。
紛らわしくてすみません。

正直、平行する名鉄河和線が強すぎて、電化したところで??という感じなんです。
どちらかと言えば、車両の運用とか、転換・置換えとか、そちらの方でのメリットが大きいのではないかなと思います。

さて、武豊駅から少し歩くと、、、
IMG_7356_1.jpg
拡大
武豊停車場の跡地があります。
愛知県で最初の鉄道は実はここ武豊線、
愛知県下の鉄路はここより伸びていきました。

ここに、
IMG_7363_1.jpg
回転台や、
IMG_7368_1.jpg
腕木式の信号機があります。

駅へ戻ります。
IMG_7378_1.jpg
集中管理システムやらで、大府駅と半田駅を除く全駅が無人化され、ローカル線なのにハイテク感満載。
めっちゃ監視されている、何だかなぁ、、、。

っとここで、ハプニングが、、、。
IMG_7381_1.jpg
時刻表より少し速い列車が来たと思ったら、なんと313系。
3月1日電化以降の試運転の列車のようです。
しかも、先述の集中管理システムやらで監視されているので、
無人駅なのに構内放送で「ご乗車にはなれません」と、、、。
それぐらい分かっているけど、何とも言えぬ寂しさが漂う。

さて、乗車する列車がやってきました。
IMG_7401_1.jpg
キハ25、本当に313系と全く変わらない。
ここまで同じものが、電車と気動車で作れるもんなんだと?
ある意味、JR東海の設計力のすごさを感じる。

この線には2つの最古がありまして、一つ目はJR最古の現存跨線橋「半田駅」と
もう一つ日本最古の現存駅舎「亀崎駅」です。
亀崎駅を訪問しました。
IMG_7427_1.jpg
古くはあるけど、ボロくはないと言いましょうか。
若干肩すかしされた感じはありますが、いい駅舎でした。

IMG_7426_1.jpg
ただ、最近となりにできた、エレベーターが大きくて、なんだかもったいないなぁ。
こればかりは仕方ないか、、、。

亀崎駅から歩きます。
IMG_7432_1.jpg
ここは、ゴールデンウィークに亀崎潮干祭(wiki)という祭りがあり、
山車が海岸線を、砂浜から海へ曳き回されます(うまく言えないんだけど、、、)。

IMG_7440_1.jpg
祭りの行われる神前神社より海岸線、その先は対岸の高浜市。

IMG_7461_1.jpg
人口増加などで都市化ってのは仕方がないわけで、
電化されることはいいことではあるんだけど、それがやっぱこの路線の岐路になるんじゃないかなって。
古い駅舎を見ると毎度思う、この駅がホームタウンならいいなって、
学生ども、おまえら雑に扱うんじゃねえって(笑)、
今後も、この駅がいろいろな意味で愛されることを祈ろう。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 名古屋乗り物今昔物語 | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名古屋乗り物今昔物語 その1 名鉄7000系パノラマカー

放浪記は一回お休み。
なんといいましょうか、箸休め的な、牛丼の紅ショウガみたいな感じです。
その14とかになると、書いている方もマンネリな感じをしていたりするんですよ。

ちょいと新基軸な展開で、

「名古屋乗り物今昔物語」

なんて始めてみようかと、、、。
言っちゃあ、名古屋周辺ってちょっと変わった乗り物が多いんじゃないかなって思って、
これを紹介出来たら面白いかなと思いまして始めたいと思います。

第1弾は、、、
DSC02971_1.jpg

んん?競馬場?馬?

DSC02981_1.jpg

ではなく、中京競馬場に静態保存されている、名鉄7000系パノラマカーです。
「名古屋乗り物今昔物語」を始めるとして、初回にふさわしくこれで最終回でもいいんじゃないかって?(笑)

DSC02983_1.jpg
中京競馬場へのアクセスとしては中京競馬場前という駅があり、
その関係でこの地に、2009年に引退した名鉄7000系が静態保存されています。

DSC02989_1.jpg
パノラマカーについての説明文です(拡大)。

DSC02992_1.jpg

DSC02997_1.jpg
運転台を2階へ持って行き、1階部分は客席とし前面展望を楽しめるようにしています。

DSC03003_1.jpg
正面から。

DSC03006_1.jpg
あんまり、僕と変わらない少年。
ライトのとなりにあるのはオイルダンパー。
事故のときに客席への影響を和らげるための安全装置として働きます。
DSC03023_1.jpg
名鉄のエンブレムは誇らしげ。といっても運用末期のデザインでしょうが。

DSC03026_1.jpg
かつて、少年の夢を運んだパノラマカーが、競馬場に静態保存されると、おっさんの夢を運ぶ?
邪推ですね、すみません。

客席にも入れます。
DSC03029_1.jpg
転換クロスシート。
DSC03031_1.jpg
先頭に座ったとき、思わずにやけちゃった僕がいた。
やっぱ、この先頭はすごくうれしい。一度だけ、豊橋からの急行で先頭に乗ったことがあるんですが。

DSC03053_1.jpg
これだけじゃない、運転台にも乗れる。

親子連れが列を作る中、でかいカメラ持ったおっさんの僕が並ぶ(笑)。
DSC03078_1.jpg
入り口は狭く、頭をかがめて入る。
DSC03079_1.jpg
運転台と言うよりコクピットと言いたい気分。
DSC03089_1.jpg
ミュージックホーンも鳴らすことが出来る。

DSC03135_1.jpg
静態保存ってむつかしい。
残すことって、実際に乗っていた人からすると違うって思われるかもしれないし。
それでも、解体されるより、余生を残せるならそれは車両として幸せなのかもしれない。

DSC03153_1.jpg
僕が見た限り、青い空の下パノラマカーは愛されているようだったし。
それはそれでいいんじゃないかなって。


中京競馬場へのアクセスは名鉄名古屋駅から名古屋本線で「中京競馬場前駅」下車です。
おそらく、土日しかパノラマカーは見られないと思います。
競馬開催時はおそらく混むと思われますので、場外発売の日が狙い目ですね。


競馬場の飯はうまかったりするんですが、
DSC03160_1.jpg
このきしめんのつゆの色にはちょっと名古屋人でも驚き、豊橋駅の壺屋よりも濃いんじゃないかって、、、。
でも意外と甘めのつゆでおいしかったです。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 名古屋乗り物今昔物語 | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |