乗り鉄放浪記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2015小寒 北陸本線・信越本線の放浪記 その20 長野からの帰路

青春18きっぷの宿命、それは帰路が早いこと。
もういいおっさんなんだから、帰りは特急に乗れよってさ。

DSC08184_2015_1.jpg
長野駅、いつでも新幹線開業できますよって感じだった。
信越本線2度目の三セク化も待ったなしだけど、致し方ない。

トンネルだらけの線路を猛スピードで駆け抜けるより、
先人たちが切り開いた山々のなかをゆっくり進む方が素晴らしい。
新幹線だけに頼り、きちんと観光化できない体質は、
ゆくゆく地元経済をむしばみ、東京一極集中を加速させるだろう。
まあしかたないか、JR東日本の本社は東京にあるんだ。

DSC08191_2015_1.jpg
長野1339発松本行き 2240M
115系が来るもんだと思ったら、127系かよ。
127系は右側はクロスシート、左側はロングシートの車両、満員だった。

DSC08298_2015_1.jpg
日本三大車窓の一つ、姨捨駅。
人によって態度がまちまちなのが面白い。
写真を撮っている人の多くが鉄ちゃんだろうか。
早く出発しろよ、とでも言いたげに、目を閉じている人もいる。

DSC08305_2015_1.jpg
姨捨駅を出る、残雪が少し残る。

DSC08313_2015_1.jpg
篠ノ井線も何度も来ているが、全くノーマークだった聖高原駅。
特急の通過待ちで停車。

なんとホームに仏像がある。
DSC08321_2015_1.jpg
聖観世音菩薩像。
柔和な観音様の表情は、鉄道の高速化とは無縁な風景だった。

DSC08320_2015_1.jpg
そして、旅の安全を見守っているようだった。

DSC08323_2015_1.jpg
天高く、空は青く、いい日に来られた聖高原駅、これは再訪したいかな。

DSC08337_2015_1.jpg
いろいろあって松本駅、JR東海のオレンジ色の表示。
ここではJR東海の313系が来ると踏んでいたがやってきたのは、、、
DSC08342_2015_1.jpg
松本1535発中津川行き 834M
211系長野色、ロングシートという、JR東日本の車両。
日に何本かは、中津川へ乗り入れていると聞いていたが驚いた。

DSC08348_2015_1.jpg
日が沈んできたので、車窓写真はここら辺で最後かな。
奈良井駅あたりでしょうか。

DSC08378_2015_1.jpg
中津川に到着。

ここら辺、もう僕の実家の近くなんで、すぐの列車に乗らず、
一杯ひっかけて帰るかと駅前の居酒屋へ。
ここで見たカレンダー、
DSC08383_2015_1.jpg
2027年、中央リニア新幹線開業。
2015年の北陸新幹線もおもえばあっという間だった。
2022年北陸新幹線敦賀まで開業もあっという間だろうなって。

ほろほろになってラストランナーへ。
DSC08398_2015_1.jpg
今も昔も変わらない、これより北は木曽路。
その道を開いた先人には、ただただ感謝するのみである。

っとまあ、北陸本線と信越本線、もう残り少ないタイミングで、えきめぐりできたのは楽しかった。
どちらの車窓も素晴らしいんだが、これを三セク化するのは、
JRとしてはずいぶんな損失だろうと思うんだが。
僕が、惜しんだところで、どうにかなるものでもないし、
三セク化したから、もう行かないってのも変な話しなんだけど。
グダグダ言っておりますが、長らくおつきあいいただきありがとうございました。

~完~

3日目旅程
直江津~(信越本線)~脇野田~(信越本線)~新井~(信越本線)~高田~(信越本線)~長野~(信越本線・篠ノ井線)~松本~(篠ノ井線・中央本線)~中津川~(中央本線)~名古屋

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 小寒 北陸本線・信越本線 | 22:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015小寒 北陸本線・信越本線の放浪記 その19 善光寺

DSC08087_2015_1.jpg
高田1022発長野行き 普通妙高4号 3324M

妙高4号で長野駅へ。
DSC08094_2015_1.jpg

DSC08092_2015_1.jpg
お昼近かったので駅そばへ。
タイミング的に名古屋からのしなのが到着したばかりで、
おばちゃん、てんやわんやだった。

この後の予定は特になく、どうしようかなって悩んだあげくとりあえずは駅前へ。
DSC08101_2015_1.jpg
あらー、前がどんなだったかは忘れたけど、
ずいぶん、変わっちゃった、、、というか、前の駅舎も新しいって思ってたけど??

駅前に出たら、ちょうど善光寺行きのバスが待ってたので、なんか乗らないのも変だなって。
DSC08102_2015_1.jpg
バスの運転士さんが女性だった、別にもう珍しいことじゃないんだけど、
ブレーキをかけたタイミングで僕のカバンがドテッと落下したのを、えらく心配してくれた。
気配りが利く運転士さんだった。

やってきた善光寺、3年ぶりかな。
DSC08108_2015_1.jpg

DSC08112_2015_1.jpg
今にも飛んでいきそうな獅子と、

DSC08113_2015_1.jpg
修行を終えた人の草履でしょうか。

DSC08138_2015_1.jpg
空の青さが素晴らしかった。

DSC08164_2015_1.jpg
標高が高いってのもあるんだろうが、空の青さがもはや宇宙につながっている感じがした。

善光寺からの帰りは、徒歩で。
DSC08178_2015_1.jpg
途中の幟。新幹線開業で何が変わるか。
今の街を撮っておかねばという気持ちを奮い立たせる。
なんとも大仰な言い方だけど??

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 小寒 北陸本線・信越本線 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015小寒 北陸本線・信越本線の放浪記 その18 普通妙高4号

DSC08012_2015_1.jpg
高田1022発長野行き 普通妙高4号 3324M

車窓だけで信越本線がすばらしいってことを語ろうかと、ちょっと挑戦的な記事になります。
(なにいってんだか??)
人の記憶なんて曖昧で、実は6年ぐらい前にここは乗っているんですが記憶に全くなく新鮮でした。

DSC08031_2015_1.jpg
雪国の天気は変わりやすい、さっきまで曇徴だったのに晴天へ。

DSC08037_2015_1.jpg

DSC08039_2015_1.jpg
信越本線、スイッチバックの駅、二本木へ。
意外と街で驚いた、いままで体験したスイッチバック駅の多くが山の中って感じだったので。

DSC08052_2015_1.jpg
すこし、遠景ですが妙高山。

DSC08058_2015_1.jpg
雪が止めてある、これがなかったら列車の運行は出来ないだろう。
こんなところに直流電化が走っていることが奇跡のように思えた。

DSC08062_2015_1.jpg
かと思えば、断崖絶壁、川底へ吸い込まれるような美しさの世界。

DSC08069_2015_1.jpg
樹氷というのには、すこし物足りないかもしれないが、こんな車窓が18きっぷで訪れなくなるのは損失だと思った。

DSC08074_2015_1.jpg
こんどは、黒姫山。

DSC08087_2015_1.jpg
っとまあ、終点長野駅へ到着。
時間があれば、飯山線の方へも行きたかったが、朝寝坊がたたって(笑)
もう一度行きたいと思う、信越本線でした。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 小寒 北陸本線・信越本線 | 23:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015小寒 北陸本線・信越本線の放浪記 その17 高田駅

DSC07970_2015_1.jpg
新井937発新潟行き 快速くびき野 3373M

高田駅。
DSC07972_2015_1.jpg
夜桜が有名らしい。
もっとも、次の18きっぷで訪れることは出来ない。

DSC07979_2015_1.jpg
昨年、高田の城下街が開府400年を迎えたらしい。

DSC07980_2015_1.jpg
駅舎はお城を模したようなかたちですね。
しかし、雪がすごいな。

DSC07983_2015_1.jpg
郵便ポストがなぜが右向きに設置されてて、どうしたもんかと。
なんか、えきめぐりをはじめて気がついたのは、ほとんどの駅には郵便ポストがあるんだよね。

DSC07985_2015_1.jpg
ホームの向かい側に、古い蔵のような建物が見えます。
(お墓も見えるからお寺さんかも??)

DSC07988_2015_1.jpg
酒処だから、やっぱ蔵も多いんだろうか。

さてさて、ホームへ戻り列車を待ちます。
北陸本線が遅延。特急からの乗り換えのお客さんを待ったようで、10分ほど遅れた入線でした。
DSC08012_2015_1.jpg

DSC08014_2015_1.jpg
高田1022発長野行き 普通妙高4号 3324M
新井駅で見送った189系が折り返してきました。

DSC08017_2015_1.jpg
なんともホッとする雰囲気。
特急型車両に18きっぷで乗れるって嬉しいな。

DSC08024_2015_1.jpg
脇野田駅を過ぎ、北陸新幹線の高架を見る。
いよいよか、、、。

いまさら語っても遅いんだけど、北陸本線も、信越本線もそんなに赤字なのかなって?
今赤字でも、新幹線開業はチャンスだし、それをJR東、西がほっぽりだすのはなんかもったいない感じがするんだけど。
いいところがあるんだけど、そこまでは三セク、あるいはレンタカーで行って下さいっておかしな話しだと思うけどね。

グダグダ言ってもしょうがない。
DSC08029_2015_1.jpg
列車は越後と信州の国境を目指します。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 小寒 北陸本線・信越本線 | 21:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015小寒 北陸本線・信越本線の放浪記 その16 新井駅

DSC07865_2015_1.jpg
脇野田854発新井行き 1328M
まさか、まさかの485系未改造オリジナル編成。

DSC07875_2015_1.jpg
紆余曲折あって、新井行きの普通列車に充当されているというもと国鉄特急型。
直流も交流も50Hzも60Hzも走れるというすごい車両。

DSC07878_2015_1.jpg
そんな車両が、北陸新幹線の高架の脇を細々と通るのはなんとも悲しいかなって、、、。
時代の流れなのか、、、。

新井駅に到着。
折り返しの新潟行き快速くびきの 3373Mに充当されるので、
新井までは送り列車として運行しているらしい。
DSC07913_2015_1.jpg
やっぱ、風格すら感じるこの姿。
詳しくは知らないけど、玉突きで引退するんじゃなかろうか、、、。
交直走れるのに、もったいない、、、。

DSC07931_2015_1.jpg
中をみると、ムーンライトえちごに使われていたらしい跡が、、、。

DSC07936_2015_1.jpg
パンタグラフ。

485系を撮影しているとこれまたすごい車両が、、、。
DSC07950_2015_1.jpg
189系あさま色、なにこの国鉄ワッショイな感じ。
これもおそらくは、引退間近なんだろうけど、三セク化直前まで走るってことは、
相当丈夫に作られているんだろうなって思った。

さてさて、新井駅を見学。
DSC07958_2015_1.jpg

DSC07960_2015_1.jpg
あの、地面から融雪の水が出るのに、気づかず水をかぶるというハプニング。
駅舎はいわゆる昭和50年代の国鉄型な雰囲気でした。

この後もじつはノープランでどうしようかなって悩んだんですが、
この駅で待っていたところで、次の長野行きはさっきの189系が折り返してくる列車なので、
485系快速くびきのに乗ってどこかの駅で降りようかと、、、。
DSC07965_2015_1.jpg
新井937発新潟行き 快速くびきの 3373M
自由席へ乗り込む。

乗っていたのは15分ぐらい。楽しい時間はすぐに終わる。
DSC07968_2015_1.jpg
車掌さんが新人だったのか、ビックリするぐらい声が大きくキビキビしていてかっこよかった。
今後どうなるか知らないけど、がんばれよ485系。

さて続いての下車駅は、、、。
DSC07979_2015_1.jpg
高田駅。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 小寒 北陸本線・信越本線 | 23:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015小寒 北陸本線・信越本線の放浪記 その15 脇野田駅

3日目。
この日は、北陸新幹線開業で同じく第三セクターへ移行される信越本線をめぐります。
朝はゆったりとしたスタート、というより朝寝坊したんですが(笑)。
DSC07764_2015_1.jpg
直江津の街には雪がなく、なんとも不思議な感覚。

DSC07767_2015_1.jpg
跨線橋をわたり駅へ。
車庫に未改造と思われる485系が見える、乗ってみたいなとは思うが、
今日の旅程では無理だろうと半分諦める。

ホームへ。
DSC07770_2015_1.jpg
前回来たときにお世話になった北越急行。北陸新幹線開業後は超快速という列車を走らせる。
北陸新幹線の上越妙高駅に速達タイプは停まらないので、
上越新幹線の越後湯沢駅から超快速でも勝負できると、なかなか面白そうな話し。

僕が乗車するのはこれ、115系。少し遅れて入線してきた。
DSC07785_2015_1.jpg
直江津810発長野行き 344M
とりあえず目指すは、昨秋訪問した脇野田駅。
移転した上で、北陸新幹線の「上越妙高駅」となり、
第三セクターのえちごトキめき鉄道妙高はねうまラインとの乗り継ぎ駅となります。

2014初秋 秋の乗り放題パスの放浪記(北陸・新潟) その18 脇野田駅

今は移転が完了した段階で、新駅舎なんだけど「脇野田駅」という状態で見ておこうかと。
あとは、旧駅舎がどんな感じだろうかと。

直江津駅を出るとき、先ほどのオリジナル485系が待避線に停車しており、
行き先表示を見ると「新井」の文字が、、、。
これは、ひょっとすると、、、。


さて、列車は進み、南高田駅。
DSC07792_2015_1.jpg
kyo-toさん、あの美容室の壁画、健在でしたよ。
なぜか、この鉄道ブログの間で流行っているとは、あの店主も想像できないでしょう(笑)。

南高田駅を過ぎ、昨年10月に付け替えられた旧線の遺構らしきモノが。
DSC07795_2015_1.jpg
踏切なんですが、、、。

DSC07797_2015_1.jpg
一面、雪景色で、まったくどこが駅だったかわからない??
こいつは参ったなぁ、、、。

DSC07798_2015_1.jpg
ああいう、木立があった記憶、雪が盛ってあるのはホームの跡地だからか、、、
でも駅舎はない、、、どこだったか??

DSC07803_2015_1.jpg
と、そうこうしていると列車は新しい脇野田駅へ到着。

DSC07805_2015_1.jpg
今は、脇野田駅であって、脇野田駅っぽくない、複雑なタイミングなんだけど。

DSC07806_2015_1.jpg
1面2線の島式ホーム。

DSC07807_2015_1.jpg
改札の感じも、早くも「上越妙高駅」、いつでも新幹線開業できますよってな感じ。


DSC07810_2015_1.jpg
新幹線の駅と、3セクの駅の構図がよくわかる写真。

表口の方へ。
DSC07814_2015_1.jpg
ホールの天井。お店とかは今のところないから、怖いような静けさを感じる。

DSC07819_2015_1.jpg
なぜか、丸ポストはそのままなのか(笑)。

でまあ、旧脇野田駅を探しに行くんですが、、、これが、、、
DSC07822_2015_1.jpg
完全なホワイトアウト!!
東西南北も目指すところも全く分からない。
これがホワイトアウトというのかって恐ろしくなった。

DSC07824_2015_1.jpg
通路は除雪してあるけど、こんな豪雪地帯に新幹線の駅を作って大丈夫かよって。

というわけで降参して駅へ戻ったのですが、脇野田駅をwikipediaで見ると

「旧駅舎は2014年11月中に撤去され、、、」

なんだ、、、撤去された後じゃんかよ、、、。
取り越し苦労じゃん、、、JR東日本、仕事が早すぎるわ、、、。

とまあ、失意で駅へ戻るんだけど、次にやってきた列車がこれだった。
DSC07865_2015_1.jpg
脇野田854発新井行き 1328M
まじか、、、さっきのオリジナル485系じゃんかよ。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 小寒 北陸本線・信越本線 | 19:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015小寒 北陸本線・信越本線の放浪記 その14 名立駅・直江津駅

DSC07671_2014_1.jpg
有間川1623発富山行き 562M

一駅で下車。
DSC07689_2015_1.jpg
列車は途中に筒石駅のある、11,353メートルの頸城(くびき)トンネルへ。

DSC07691_2015_1.jpg
名立(なだち)駅です。
有間川駅で次の下り列車を待つより、一駅戻ろうと下車しました。

DSC07692_2015_1.jpg
名立トンネルと頸城トンネルの狭隘にある盛土駅?という表現でいいでしょうか。

DSC07695_2015_1.jpg
地下道を進み、待合室へ。

待合室によくある文庫本のコーナーがあったんですが、
DSC07701_2015_1.jpg
下山事件の本が(笑)。

駅舎。
DSC07703_2015_1.jpg

DSC07707_2015_1.jpg
階段部分には、おそらく融雪用のヒーターが内蔵されたマットが敷いてありました。

DSC07714_2015_1.jpg
ここにも、北陸新幹線の絵馬が、、、。
恩恵がこの地域にもあるといいなとは思うが。
速達タイプは止まらないだろうし、各駅タイプだと時間がかかる&乗り換えが必要。
むしろ3セク化の負の部分が大きいんじゃないかな。

ホームへ。
DSC07718_2015_1.jpg
川の名前は名立川。遠くに見えるは北陸自動車道。

車両は見えませんが、頸城トンネルをやってきたのは青一色の413系。
DSC07725_2015_1.jpg
名立駅1642発直江津行き 551M

三セク化後、ここを走るのは、JR西日本のキハ122と同型の車両が走るらしいが、
頸城トンネルって気動車が走れるの?って不安になった。
たぶん大丈夫なんだろうけど。

DSC07736_2015_1.jpg
ちょうど帰りの時間帯、学生さんと鉢合わせ。
ある日突然、電車から気動車に変わったら、どう思うんだろうか。
新車だ!!って意外と喜ぶか、編成が短いから着席できないと嘆くか。
まあ、どっちだか分かんないけどね。

さあ、今日の宿、直江津駅へ到着。
DSC07739_2015_1.jpg

DSC07747_2015_1.jpg
おつかれさん、413系。

直江津の楽しみと言えば、なぜかこれになっている、、、。
DSC07758_2015_1.jpg
駅そば、直江津庵。

名物のするめ天の謙信そばは売り切れていたので、かき揚げそばを注文。
DSC07755_2015_1.jpg
夕方、閉店間際だったせいか、かき揚げたくさんのってる。
おばちゃん、サンキュー!!

たまたま、居合わせたJRの駅員さんも、かき揚げそばを頼んでたんですが、
「かき揚げすごい量だね」って会話が聞こえてきた(笑)。

さあ、2日目の旅程は終了。

今日も安心の宿こと、安宿へ、身を沈める。

福井〜金沢〜石動〜倶利伽羅〜越中大門〜富山〜市振〜親不知〜梶屋敷〜糸魚川〜有間川〜名立〜直江津
(路線はすべて北陸本線)

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 小寒 北陸本線・信越本線 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015小寒 北陸本線・信越本線の放浪記 その13 有間川駅

糸魚川1443発直江津行き 545M

さて、失意の糸魚川駅を出た後、次の梶屋敷駅まで、デッドセクションの撮影。
これを撮影している時点でそんなに失意でもなかったかも??
DSC07535_1.jpg
交流から、
DSC07537_1.jpg
デッドセクション?無電区間??
DSC07538_1.jpg
直流。

ちなみに三セク化後の越後トキめき鉄道は気動車を走らせる、、、もったいないなぁ、、、。
もろもろ飛ばして申し訳ないが、次の訪問駅、有間川駅。
DSC07546_1.jpg
車両は青一色の413系でした。

DSC07551_2014_1.jpg
「見通し不良区間」こんな標識は初めて見た。

DSC07549_2014_1.jpg
北陸本線と国道と海。

DSC07563_2014_1.jpg
駅舎の扉を開けると海が全開。

DSC07564_2014_1.jpg
駅舎内は椅子すらない、たしか土間っぽい感じ。

DSC07554_2014_1.jpg
駅名標。

DSC07610_2014_1.jpg
この感じ、愛さずにはいられない、THE・北陸本線。

DSC07575_2014_1.jpg
やっぱ、北陸本線のすばらしさって、どんなマイナーな駅にも駅舎があるって、すごく珍しいんじゃないかなって思う。
そこに、人の想いが詰まっているような気がして、温かいんだよね。

DSC07579_2014_1.jpg
駅舎全景。

DSC07624_2014_1.jpg
特急はくたかがやってきました。

DSC07636_2014_1.jpg
このS字のカーブが撮り鉄には有名なスポットらしいです。

早々に靴の中は浸水しており寒い上に、駅舎にいようにも、イスもない状況。
ちょうど、1時間半ぐらい列車がない時間帯で、すごく寒かったけど、退屈はしなかった。
DSC07641_2014_1.jpg
海を見に、海岸線へ。
親不知にいたころと思うと、幾分天気は良くなったか。

さて、駅へ戻り、列車がやってきました。
本当は直江津方面へ行きたかったんですが、次は16:46。
富山行きが16:23発で、先に来るのでこれに乗車し、一駅戻ります。
DSC07671_2014_1.jpg
有間川1623発富山行き 562M
さっき乗ってきた車両が、直江津で折り返してきました。

忘れなければ続く、、、。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 小寒 北陸本線・信越本線 | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015小寒 北陸本線・信越本線の放浪記 その12 糸魚川駅

DSC07449_1.jpg
梶屋敷1343発富山行き 552M
一駅戻る作戦で糸魚川駅へ。
ちょうどはくたかが来るタイミングなので写真に撮る。
DSC07473_1.jpg
後から気がつく車庫の中にラッセル車が写っている。
ああいうのも、三セク会社は準備するんだろうか、大変だよな。

改札を出る。
DSC07485_1.jpg

DSC07486_1.jpg
明るい感じ、新幹線開業を、今か今かと待ち焦がれているようだ。
新幹線開業はイコールで北陸本線の終焉なんだが。
まあ、新幹線駅に出世する駅はそりゃ嬉しいだろうけど、、、。

DSC07498_1.jpg
日本海口、奴奈川姫(wiki)の像と駅舎。
古事記に出てくるお姫様らしい。

そう言えば、糸魚川駅と言えば、あのレンガ造りの車庫。
まあ、モノは見たことないが、復元されるという話しを聞いたので、
反対のアルプス口を目指す、、、が、、、そこで見たものは、、、。

DSC07506_1.jpg
あ゛ーーーーっ!!

DSC07507_1.jpg
なにこれ?ペラペラじゃん。
まじかー、、、。

DSC07528_1.jpg
おまえらこういうの好きだろう??みたいな感じで、展示されている大糸線のキハ52。
(実はこの日はたまたま、テレビだかの取材でオープンしていただけで、本当はまだ見られないらしい。運はよかったが)

DSC07532_1.jpg
まあ、そら糸魚川市にしてもお客さんを呼ばないと行かないわけで、
藁にもすがる思いだったんだろうけど。
なんか、もったいないなぁ、なんだかなぁ。
まあ、ゆくゆくは475系や、413系も展示されるんだろうな。
それ自体は悪いことじゃないんだけどね、、、。

そのあと、大糸線を走るキハ120を撮影したあと、
DSC07534_1.jpg
乗車した車両の写真がないあたり、なんかショックだったんだろう。
(ただ忘れただけ??)
失意の糸魚川駅を去る。

糸魚川1443発直江津行き 545M

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 小寒 北陸本線・信越本線 | 17:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015小寒 北陸本線・信越本線の放浪記 その11 梶屋敷駅

DSC07383_1.jpg
親不知1315発 直江津行き 543M

DSC07396_1.jpg
画像は糸魚川駅あたりだと思う。
新幹線の高架は住宅街に忽然と現れる。
もっとも、元から住んでいた人はどんな気分だろうか。

DSC07411_1.jpg
糸魚川駅で特急列車の追い越し。
北越急行の681系、JR西が買い取ると言う話だが、どこを走るのか。
交流区間も走れるのが強みなんだけど、とくにその必要はなさそう。

DSC07422_1.jpg
糸魚川で降りる予定だったけど、時刻表を見たらここまで乗ってきた543Mに乗って、
次の梶屋敷駅で降りると、5分後に富山行きの折り返し列車があるらしいので、
ちょこっと訪問してこようと。

この糸魚川~梶屋敷に交流と直流のデッドセクションがある。
車内は暗転する、写真は失念。

DSC07430_1.jpg
そして、梶屋敷駅へ到着。

DSC07452_1.jpg
駅名標。

DSC07435_1.jpg
ここでも雪が降っていたんだなぁ。北陸本線らしく、海と山の狭隘にある。

DSC07439_1.jpg
毛筆書きの駅名看板。

DSC07440_1.jpg
郵便ポストがなんとも、郵便受けのような感じ。
転倒している自転車は今気がついた。

DSC07443_1.jpg
無人駅。
駅員もいなけりゃ、客も僕一人。

駅舎と対岸のホームへ行く、次の列車が入線してくる。
DSC07449_1.jpg
梶屋敷1343発富山行き 552M

DSC07455_1.jpg
今度のデッドセクションは忘れず撮影。

忘れなければ続く、、、。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 小寒 北陸本線・信越本線 | 18:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015小寒 北陸本線・信越本線の放浪記 その10 親不知駅②

DSC07251_1.jpg
親不知駅から、道の駅親不知ピアパークへ歩く。
切り立った山、市振駅からあの山の下をトンネルで越えてきた。

道の駅親不知ピアパーク、昨秋もやってきたが、このウミガメの写真を撮っていなかった。
DSC07253_1.jpg
世界一(おおきさ?)のウミガメの像らしい。

DSC07263_1.jpg
あの岩は、なんか名前があるんだろうか、、、。
不思議なのは海の色、手前はエメラルドグリーンで奥の方は青なんだよな。
光線の関係でこう見えるんだろうか、、、。

DSC07267_1.jpg
海岸線から切り立った山と、海の上を行く国道と高速道路の高架。
もう見飽きた写真かもしれないが、、、、。
これは、自動車でも訪れてみたい場所だなぁ。

実はここで昼食を食べようとしたら、、、
DSC07268.jpg
定休日ではなかったけど、遅めの正月休みだろうか、休みだった。

仕方ないのでカモメさんの写真を撮る。
DSC07283_1.jpg
日本海とカモメさん。

あまりにヒマだったのと、あまりに寒すぎて、回路が壊れたのか、
砂浜へ降りて撮影。
DSC07311_1.jpg
帰ってきてから見ると、すごい波だ。
遠近法もあるけど、橋脚が波にのまれているように見える。

30分ほど海を見て駅へ。
雪も降り出してなんとも散々な感じになってきた。
DSC07324_1.jpg
構図がよく分かる写真を撮りたかったが、さっきよりも天気が悪くなってきた。

親不知駅に帰って列車の写真を撮ろうと、カメラをかまえていると、
視界の端で何か動くものが、、、
DSC07339_1.jpg

DSC07354_1.jpg
分かりづらいかもしれないが、おサルさんのようだ。
野猿がこんなところに生息しているとは、、、。

DSC07376_1.jpg
橋脚にぶつかる波と、立ち上がる波しぶきはいつまでも見ていられる情景でした。

さて次の列車がやってきました。
DSC07383_1.jpg
親不知1315発 直江津行き 543M

忘れなければ続く、、、。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 小寒 北陸本線・信越本線 | 19:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT