乗り鉄放浪記

主に18きっぷで乗り鉄放浪しております。放浪で思ったこと、感じたことを綴っています。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2014大晦日 銚子電鉄の放浪記 その11 帰路

引き続き、仲ノ町駅車庫。
DSC06340_2014_12.jpg
駅名標は歴戦の勇士感が満載。

デハ1001と青空。
DSC06346_2014_12.jpg
この日は好天に恵まれ、いい写真がたくさん撮れた。
この車庫にいる段階で2014年も残り9時間を切る。
大晦日に電車の写真を撮りに来る人が、
けっこういたから、銚子電鉄、愛されているんだなと思った。

DSC06348_2014_12.jpg
明日の初日の出号はデハ1001とデハ1002が協調運転を行う。
腐れ縁の相棒のラストランにも協調運転を行ったらしい。

DSC06358_2014_12.jpg
銚子電鉄、現在主力の2000形にも「迎光」のヘッドマーク。
明日は年に一度の大車輪の活躍なんだろう。

これにて、仲ノ町駅を去る。
次の列車を待つより、銚子駅まで一駅歩いた方が早い(駅間500m)。
最後の最後がこれか、、、と少し残念ではあるんだけど、、、。

そして、名古屋までの帰路、2014年もあとわずか。

さて、銚子駅。
DSC06365_2014_12.jpg
特急しおさい4014Mが待機。今日は18きっぷなので乗れない。

どちらせよ、これまた未踏路線の成田線を乗ろうと決めていたのでよかったが。
DSC06371_2014_12.jpg
銚子1621発成田線経由千葉行き 454M

DSC06385_2014_12.jpg
日が暮れたので撮り鉄は終了。
初日の出は、皆たいそうに祝うけど、大晦日の夕暮れを祝う人っていないよなぁって。
「太陽さんも一年間お疲れ様でした。新年もよろしくお願いします。」
って、たまたま車窓に映る夕暮れが綺麗だったので思った。

DSC06389_2014_12.jpg
成田駅で乗り換え、再度、成田線。
千葉経由でもよかったんだけど、我孫子方面へ。
実は年越しそばを我孫子駅の駅そばで済まそうと計画、
かつて山下清さんがアルバイトをしていたという駅そばの唐揚げそばが有名と聞いたので、、、
が、、、大晦日、営業をしてなかった、、、残念。

我孫子から常磐線で上野、山手線で東京、そして今年のラストランナーは最終こだま。
中途半端に写真も撮ってなくてこれにて終了です。
ぐだぐだですみません、、。

っとまあ、2014年は暮れていったんですが、銚子電鉄へ行けたのは、ものすごい財産になりました。
たった、全長6.4kmのローカル路線が、存続するための右往左往、そして企業努力と愛され方。
ローカル私鉄、三セクの今後のあり方の見本を見られた気がする。
もっとも、銚子電鉄も苦しい経営だろうが、鉄道ファンを虜にする鉄道だった、、、と再訪を必ずと誓う大晦日。
名古屋駅に到着したのは、11時台、除夜の鐘が遠くに聞こえる。

~終~

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 大晦日 総武本線・銚子電鉄 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014大晦日 銚子電鉄の放浪記 その10 仲ノ町駅

観音駅から歩いて次の駅まで。
醤油の匂いがしてきたら次の駅は近い。
DSC06272_2014_12.jpg
仲ノ町駅。これまた、いい感じのボロボロ感。

DSC06268_2014_12.jpg
夕暮れの時間がいっそう昭和ノスタルジー感を醸し出してくれている。

飾られた写真は、
DSC06265_2014_12.jpg
丸ノ内線で現役バリバリだったころのデハ1002。
むかしの列車を見ると思うのは、編成数の短さ。
これで間に合っていたのか、むしろ間に合ってないから今の編成数になったのか。
たった、50年前の話しなのに、こうも都市化が進むとは驚きである。

DSC06263_2014_12.jpg
プラットホーム。

DSC06354_2014_12.jpg
この駅のベンチはヤマサ醤油。
この駅の隣接する醤油工場はヤマサ醤油の工場だ。
訪問後知るんだが、ヤマサ醤油は醤油国内シェア2位らしい。
1位はもちろんキッコーマンだが、こちらも千葉県の企業。
醤油がこれだけ生産されるってことは、大豆が採れる肥沃な土地なんだろう。

ちなみに愛知県民で「ヤマサ」と聞くとちくわを思い出す。

DSC06266_2014_12.jpg
窓口で、入場券を買うと隣接する車庫内を見ることが出来る。

ここでのお目当てはこれ。
DSC06321_2014_12.jpg
デキ3形電気機関車、日本一小さな電気機関車(wiki)。
(順光のまともな写真がなかった、申し訳ない)

DSC06332_2014_12.jpg
かつては隣接する醤油工場へ資材を運搬するために使われていたらしい。
今は業務から引退。この車庫で有志により動態保存されている。

DSC06281_2014_12.jpg
こんな、ちっぽけなパンタグラフでも機関車は動くのかと驚く。
これも最近になって改装されたらしいんだが、なかなか面白いものを見られた。

DSC06300_2014_12.jpg
私鉄の車両にはあまり精通していないんだけど、
京王から伊予鉄、そしてここ銚子電鉄へやってきた車両らしい。
見た目の雰囲気は東急の青ガエルに似ている。
今の銚子電鉄の主力はこの車両らしい。

DSC06337_2014_12.jpg
隣接する醤油工場のタンクと。
車庫見学は楽しいんだけど、ず〜っと醤油の匂いがして、
ここにいた時間はず〜っと胸焼けをしていた。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 大晦日 総武本線・銚子電鉄 | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014大晦日 銚子電鉄の放浪記 その9 観音駅

DSC06235_2014_12.jpg
本銚子1432発銚子行き 24
適当に撮ったしまった一枚。
残念ながらデハ1002、結果的にこれが最後の乗車になった。
なぜ、こんな適当に撮ったのか、写真を整理していて悔やんだ。

次の下車駅は観音駅。
DSC06238_2014_12.jpg

DSC06243_2014_12.jpg
三角屋根が特徴的な駅舎。
Wikipediaによると、バブル末期の91年にスイスの登山鉄道風の駅舎を作ったらしい。
なぜこの漁師町で登山鉄道風にしたのか?
今となっては、この銚子電鉄のワチャワチャ感を醸し出していていい。

DSC06241_2014_12.jpg
ラッチ、一応有人駅です。
ラッチも使われている雰囲気がある、街の中にあり利用者もそこそこいるようだ。

DSC06249_2014_12.jpg
この駅で有名なのが、たい焼き屋さん。
テナントで入居しているのではなく、銚子電鉄が直営でやっているらしい。
多角経営、、、と呼んでいいのか。
残念ながら、店舗は大晦日で営業していないが、これまた銚子電鉄のワチャワチャ感がいい。

DSC06253_2014_12.jpg
旅も末期でまともな写真がないが、お許しを、、、。

これまた、待っていると次の列車は1時間後なので、歩いて次の仲ノ町駅へ。
観音駅というのだから、観音様があるだろうと、少し歩くと円福寺というお寺さん。
DSC06255_2014_12.jpg
駅の案内地図には大仏さんや、五重塔も見られたが、次を急ぎたかったので先へ。

DSC06259_2014_12.jpg
道すがら、りっぱな蔵があり、古い町なんだなと思う。

そして、醤油のにおいがしてくると、次の駅は近い。
DSC06260_2014_12.jpg
夕暮れのコンビナートかと思いきや醤油工場。

仲ノ町駅。
DSC06261_2014_12.jpg
銀座線塗装のデハ1001が出迎えてくれる。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 大晦日 総武本線・銚子電鉄 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014大晦日 銚子電鉄の放浪記 その8 本銚子駅

DSC06160_2014_12.jpg

DSC06161_2014_12.jpg
笠上黒生駅をでてキャベツ畑と住宅街の中を歩くいて本銚子駅まで。

途中、銚子駅で折り返してきた、戸川行き、相変わらずデハ1002の単行列車。
DSC06164_2014_12.jpg

スマホの地図を見ながら、若干のアップダウンもあったが、20分ほど歩くと到着。
堀割型の駅が見られる。
DSC06168_2014_12.jpg
これが、本銚子(もとちょうし)駅である。
元々の市の中心街はこちらの駅だったらしい。
いまはその風情はどこにも見られない、もっとも今日が大晦日だからか。

そして、この駅舎。
DSC06188_2014_12.jpg
ボロい、ボロすぎる、これはもう、倒壊寸前じゃないか。
みんなで押せば倒れてしまいそうな雰囲気がある。
しかし、ギリギリ立ち続けるその姿は、銚子電鉄の意地のようにも思える。

DSC06193_2014_12.jpg
もちろん、無人駅ではあるが、窓口らしきものがあり、かつては有人駅だった名残を感じる。

DSC06180_2014_12.jpg
駅の看板は、2007年に撮影されたwikipediaの写真よりも明らかにボロくなっている。

そしてこのラッチ。
DSC06185_2014_12.jpg
サビで欠けている、なんとも言えぬ、感覚。
有志を募れば直してくれる人がいそうだけど、でもこのままがいいのかもしれない。
先述のwikipediaの写真を見ても欠けている。
無人駅なんだし、ラッチ自体が必要かどうかも分からない。
繰り返しになるが、これも銚子電鉄の意地なのかもしれない。

DSC06194_2014_12.jpg
駅名標。
突然変なことを言うが、
この駅名標は、いままで見てきた駅名標の中でも1、2を争うぐらい、いい駅名標な感じがする。
フォントもいいんだけど、前後の駅名「かんのん」と「かさがみくろはえ」、
このバランス感覚とでも言おうか、すごくいい。
ここまで完成された駅名標には、なかなか巡り会えない感じがする。

DSC06198_2014_12.jpg
戸川駅方面から銚子方面を撮影。
やっぱり、堀割型の駅だから日が傾くと、なんとも言えぬ寂しさを感じる。

さて、列車がやってきました。
DSC06225_2014_12.jpg

本銚子1432発銚子行き 24
坂を下ってくるデハ1002。

乗車後、振り返る車窓。
DSC06231_2014_12.jpg
再訪したいなんて軽々しく言うが、本当に再訪できるだろうか。
なんとも言えぬ不安を感じながら本銚子駅を後にした。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 大晦日 総武本線・銚子電鉄 | 19:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014大晦日 銚子電鉄の放浪記 その7 笠上黒生駅

外川1328発銚子行き 22
DSC06112_2014_12.jpg
鉄道員の背中、手にはスタフ。

DSC06111_2014_12.jpg
笠上黒生駅。
この駅は、2面2線で一応列車交換が出来るようだ。
DSC06124_2014_12.jpg
スタフがあるということは、時間帯によっては列車交換があるんだろう。
この旅行中は、このデハ1002にしか乗車しなかったので、、、。

DSC06114_2014_12.jpg
銚子行きのホームにある、待合室。

DSC06115_2014_12.jpg
対岸の駅舎、これもなかなかいい木造駅舎だ。

銚子行きホームの裏側に古い客車が放置してある。
DSC06119_2014_12.jpg
wikipediaであとから知るんだが、2006年頃まで夏休み等に、電車で牽引して運用していたらしい。
DSC06120_2014_12.jpg
銘板がよく見えないかもしれないが、日本車輌で昭和44年に製造されたものらしい。
日本車輌のお膝元の名古屋から旅に来たものとしては、
こんなところで、こんなかたちで出会うとはなんとも儚い。

さて駅舎の中、
DSC06128_2014_12.jpg
黒板の運賃表は外川駅と同じ、伝言板がちょっと新鮮だった。
(写真が小さくて申し訳ない)
DSC06155_2014_12.jpg
花が生けてあるんだけど、その花瓶がキリンビールのジョッキという、面白い光景。

DSC06137_2014_12.jpg
表へ出る、ふと見上げると板が外れている。
変な話しだけど、あれは外れていないといけないのだ!って思った。
アレがキッチリなっていると、もう来ようなんて思わないかもしれない。

っと思いつつ、トンカチと脚立があって、僕でもよければ直しますよ。
それは余計なお世話だろうか、、、。

次の列車は銚子に行った列車が折り返し外川行き、さらに折り返しの銚子行きへ。
待ち時間が一時間弱ぐらいあるので。
次の駅、本銚子駅まで歩くことにした。
DSC06160_2014_12.jpg
キャベツ畑、どれだけあるんだか、、、絶景だわ。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 大晦日 総武本線・銚子電鉄 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014大晦日 銚子電鉄の放浪記 その6 外川駅

DSC06086_2014_12.jpg
犬吠1317発戸川行き 21
銚電はぬれ煎餅だけで経営は厳しく、世界で初のタイムマシーンを開発していたらしい。
日本中がら総ツッコミが聞こえるが気にしない。

DSC06069_2014_12.jpg
このコンビネーションは、どこからどう見ても昭和な風景。
奥の車両は静態保存されている、デハ801。
DSC06077_2014_12.jpg
元々は伊予鉄を走っていた、1985年に銚子電鉄へ移り、
引退後、ここに静態保存されている。
静態保存が本当に静態保存なのか、経営が苦しく存置しているだけかもしれない。

デハ1002、改めて写真に納める。
DSC06076_2014_12.jpg
前照灯はこれしかないようだが、走れるものなのか。
夜間を走る姿を見ていないので、引退してしまった今では、確認のすべがない。
DSC06075_2014_12.jpg
こちらは元々丸ノ内線を走っていたらしい。

続いて駅舎を見学。
DSC06088_2014_12.jpg
にじみ出る昭和感、ラッチの古さがいい。
改修するほど収益を上げていないが、かといって廃線になるほど利用者がいないわけじゃない。
このスポットに入ると、古いものが残るのかなと思った。

DSC06091_2014_12.jpg
運賃表は黒板に書かれているスタイル。
平成9年から値上げはしていなく、先の消費税増税でも値上げはしていないらしい。

DSC06095_2014_12.jpg
駅舎の中から、車両を見る。
鉄道に対する、懐かしい思い出なんてほぼ皆無なんだけど、
夏のすごく暑い日に、ここでアイスを食べたい衝動がすごい。
少年の日に戻れるんじゃないかって。

駅舎外へ出てみる、
DSC06101_2014_12.jpg
朝ドラ「澪つくし」の舞台になったらしい。
まったく知らないんだが、1985年の朝ドラみたいです。

そして、ラストの一枚。
DSC06105_2014_12.jpg
思わず、おおっ!!と唸る、
ヒゲタ醤油の看板の付いたベンチ、丸ポスト、古い車両、
押せば倒れそうなボロ駅舎、駅舎に書かれている「外川駅」のフォント、どこまで昭和なんだか。
唯一の欠点は、コカコーラの自販機が真新しい。
ここで、メローイエローでも売っていれば完璧だったかもしれない。

ここで夢中になって撮影をしていると、無情にも列車が出発するベルが鳴る。
本数はあまりない、残念だが折り返す。
「乗ります!!」と大きく手を振って待ってもらう。

外川1328発銚子行き 22 
DSC06109_2014_12.jpg
たった9分の滞在時間だったけど、再訪しなきゃと言う使命感を感じた外川駅だった。

さて、つづいての下車駅は、、、
DSC06111_2014_12.jpg
笠上黒生駅。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 大晦日 総武本線・銚子電鉄 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014大晦日 銚子電鉄の放浪記 その5 犬吠駅②

DSC05944_2014_12.jpg
犬吠駅へ戻ってきました。
急いで帰ってくると逆に時間を余してしまうパターンで10分ほど待つ。

お土産売り場を歩いてみていると、売り子のおばちゃんが声をかけてくる。

「おにいさん、そのきっぷ、ぬれ煎餅と交換できますよ」

弧廻手形というきっぷをよく見ると切り取り線があり、これとぬれ煎餅を交換してくれる。
620円という往復で元が取れる破格なきっぷなのに、おやつまで付いてくるとは、、、。
DSC06018_2014_12.jpg
僕のいけないところは、下調べをしないで旅に出るところで、
このぬれ煎餅はこの銚子電鉄を救った、すごい煎餅らしい。
ITメディア 銚子電鉄、存続の危機 「ぬれ煎餅」再び再建の切り札に 新工場完成へ (1/3)
車両の修理費を捻出するために、副業ではじめた、ぬれ煎餅。
これを、本業にされちゃ困るけど、
地元にあるもので勝負しようとしたのが、功を奏したんじゃないかなって思う。

さて、ホームへ。
DSC06020_2014_12.jpg
ホームにはタイル画のようなものがある。
DSC06021_2014_12.jpg
遠くに見えるのは満願寺というお寺さんらしい。
さらに奥にある丘は三方の海が見られる「地球が丸く見える公園」である。

列車の時間が近づく、
DSC06024_2014_12.jpg
あのうっそうと茂る木立のトンネルを越えてくる車両を撮影したい。
カメラをかまえ、待つ、遠くで踏切の音が聞こえる、、、。

DSC06026_2014_12.jpg

DSC06043_2014_12.jpg

DSC06056_2014_12.jpg
登坂してくる赤い車体が、緑の木立に映える、
もっと緑の深い季節に来られればよかった。
(緑色が4枚とも安定していないのは、現像が下手すぎ)

DSC06061_2014_12.jpg
そしてやってきた列車に飛び乗る。

一駅で終点へ。
DSC06080_2014_12.jpg
外川駅。
DSC06069_2014_12.jpg
ここまで乗ってきたこの車両はどうやら、過去へ戻れるタイムマシンだったようだ、、、。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 大晦日 総武本線・銚子電鉄 | 21:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014大晦日 銚子電鉄の放浪記 その4 犬吠埼

犬吠駅、ポルトガルの宮殿建築をイメージして造ったらしい。
DSC05942_2014_12.jpg
なんとも、マリーンな印象な駅舎。やっぱ、夏がいいのかなと思う。
次の外川行きの列車は1時間弱あるので犬吠埼を観光しに行くことにした。

DSC05943_2014_12.jpg
関東圏でもっとも日の出が早い犬吠埼。
明日元旦は、初日の出の30分前に花火が上がるとか、正月から派手なことするよなぁって微笑む。

犬吠埼に行く道すがら。
DSC05988_2014_12.jpg
灯台までは1kmぐらいだっただろうか。

DSC05991_2014_12.jpg
最初に側面から見たときは、廃墟かと思ったが営業中。
趣味の悪い、ピンクの建物は水族館とレストランのようだ。
恐竜の卵は何であるんだかは知らないが、90年代ってああいう感じだったよなって懐かしむ。

DSC05998_2014_12.jpg
犬吠埼の灯台。
登ることも出来るが時間の都合で割愛。
もっとも、人が多く、登る気にはなれなかったけど。

DSC06012_2014_12.jpg
湾が美しい。
犬吠埼の写真で、よく見るのは砂浜から灯台を写した写真だろう。
砂浜に降りて写真を撮りたかったけど、これまた時間の都合で割愛。

時間がない時間がないと、せわしくするもの嫌だけど、
DSC05992_2014_12.jpg
駅への帰り道、軽食を売っているお店で、アワビの串をいただく。
DSC06013_2014_12.jpg
おばちゃんがたれをつけて、焼いてを繰り返す、テリがついたら完成のようだ。
僕以外に客はいなく、少々会話をする。
「明日は花火が上がるから、忙しくなりますね」みたいな話しをすると、
おばちゃんは知らなかったようで、「市長さんが変わったからかな~」と驚いてた。
「この商売は水物だから」と付け加えられた言葉がぐさっと突き刺さる。
帰り際「貝には亜鉛が含まれているから味覚障害になりにくいのよ」って。
アワビ、美味しかったです。

駅へ戻る。
DSC06017_2014_12.jpg
関東の駅百選に選ばれているんだが、その銘板が潮風にやられちゃっているのか、ボロボロ。
銚子電鉄の経営もなかなか苦しそうだ。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 大晦日 総武本線・銚子電鉄 | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014大晦日 銚子電鉄の放浪記 その3 犬吠駅

DSC05907_2014_12.jpg
銚子1140発外川行き 19
銚子電鉄の列車番号を調べようと、いつも利用している「えきから時刻表」を検索したら、列車番号がシンプルで面白かった。

えきから時刻表 銚子電鉄下り

数年前まで30分ヘッドで運行していたらしいが、今は40分ヘッドと少し変則的。
ローカル線の利用者の減少は、ここ銚子電鉄も例外ではないらしい。

車内で、弧廻手形という一日乗車券のきっぷを購入。
写真はないが、車掌さんが声がおおきくユーモアのある人で温かみを感じた。

DSC05919_2014_12.jpg
笠上黒生(かさがみくろはえ)駅。
いい感じのボロ駅舎、これは帰り道に訪問したい。

DSC05926_2014_12.jpg
そして、最初の下車駅、犬吠駅へ到着です。
キャベツ畑とデハ1002の赤い車体は相性がいい。

後ろを振り返ると、驚く。
DSC05933_2014_12.jpg
あの木立のトンネルの中を通過してきたのかと、、、。
あそこを通過する列車を是が非でも撮りたいと思う。

さて、犬吠駅。
DSC05935_2014_12.jpg
駅舎は、レトロっぽく作ってあるけど、おそらくは90年代バブル期に建てられた感じがする。
意外と90年代に建てられた建物って、いまやレトロっぽくなっていることが多い。
これもそんな時代の駅舎だろう。

DSC05936_2014_12.jpg
醤油が名産の銚子、ヒゲタ醤油の看板の付いたベンチ。
ヒゲタって、髭のマークに田なのかな??面白いと微笑む。

DSC05941_2014_12.jpg
駅舎の中へ、中井精也さんの写真展をやっているらしい。
正直、半年前までこんな人知らなかったんだが、、、。
カメラを持つとこうも評価が変わるもんかと、我ながら驚いた。

この写真展を見て得た構図。
キャベツ畑と赤い車体は相性がいいらしい。

思い立ったが吉日、さっそく、撮り鉄のスタンバイ。
DSC05946_2014_12.jpg
この構図で列車がやってきたらいいんじゃないかなと??
ちょうどさっき乗ってきた列車が折り返してくる。

DSC05960_2014_12.jpg

DSC05964_2014_12.jpg
駅舎も含めて撮ってみる。

DSC05973_2014_12.jpg
半分刈られたキャベツ畑が悲しい。
でも、撮り鉄のためにキャベツを育てているわけじゃないし。
刈られたキャベツ畑も別格と思うことにしよう。

DSC05976_2014_12.jpg
そして、デハ1002は銚子方面へ。
次の列車はこの列車が折り返してくる、しばらくはない。

忘れなければ続く、、、。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 大晦日 総武本線・銚子電鉄 | 22:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014大晦日 銚子電鉄の放浪記 その2 銚子駅

銚子駅。
銚子電鉄の列車までは時間があるので、改札の外へ出てみる。
DSC05850_2014_12.jpg
醤油のまち、銚子。
醤油の樽だけど、まさか詰まってはいないだろう。
一ヶ月も経つとなんとも雰囲気を忘れてしまいそうだけど、
年明けまで半日というタイミングだった。

DSC05857_2014_12.jpg
駅構内に飾られている大漁旗。
醤油のまちであるとともに、漁師のまちでもあると再確認する。

駅の外へ。
DSC05873_2014_12.jpg
猫さんがお出迎え、、、という感じでもないか。
少し不機嫌な猫さんは、不機嫌ながら写真を撮っていても逃げることはない、ほどほどな愛想のヤツだった。

ここで、銚子電鉄の一日乗車券を買おうと思い観光案内所で訪ねたら、列車の中で購入してくれと。
正直、ぞんざいな扱いだなって。
地域振興を考えると、ここで売ってくれてもよかろうにと思う。

銚子電鉄のホームは、先述したようにJRと共用になっているので、
JRの改札をもう一度入らないといけない。
でも、きっぷを持ってないとその改札はなんとも入りにくい。
駅員さんに、「銚子電鉄乗ります」って言えばいいんだが、、、。
カメラをもったおっさんはそれも気恥ずかしい。

DSC05882_2014_12.jpg
再度、銚子電鉄の駅舎へ。
DSC05885_2014_12.jpg

ここで出迎えてくれた車両は、、、
DSC05889_2014_12.jpg
赤い車体に白帯のデハ1002。

DSC05896_2014_12.jpg
僕もこのタイミングを狙ったわけではないが、
1月にこのデハ1002は引退をするらしい。

DSC05910_2014_12.jpg
扇風機を見ればその古さは、語らなくとも分かる感じがする。
(いや、語るほどよく知らないんだが、、、)

DSC05913_2014_12.jpg
昭和34年製造、元々は営団地下鉄(東京メトロ)を走っていた古参である。

運転席頭上には、扇風機。
DSC05915_2014_12.jpg
エアコンは、、、失念、、、付いていたかもしれないが、
なんとも、この車両、同乗していた中年夫婦が自分たちより年齢が上だと驚いていたのを思い出した。

車窓はキャベツ畑。
DSC05922_2014_12.jpg
たった、6.4kmの短い鉄道が、長大な歴史を刻んでいる、
ワクワク感が止まらない、さあ旅路の始まりだ。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 大晦日 総武本線・銚子電鉄 | 23:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014大晦日 銚子電鉄の放浪記 その1 千葉駅

前回の「北陸本線・信越本線の放浪記」から時間は前後しますが、
昨年大晦日に総武本線と銚子電鉄への放浪記を綴りたいと思います。

もともとは、東京で所用があって、
そのついでに総武本線に乗りに行こうと計画。
時間的に余るので、これまたついでに銚子電鉄にも乗ってこようと。
なかなか、昭和な風景が残る面白い旅路でした。

上野駅の安宿を出て、東京駅へ。
東京駅の地下ホームから、総武線快速で千葉駅へ。
DSC05741_2014_12.jpg
千葉駅前、絶賛工事中でした。

DSC05747_2014_12.jpg
といっても、大晦日なんで工事はお休み、ユンボが頭を垂れている。

DSC05751_2014_12.jpg
千葉駅には何度も来ているんだけど、この懸垂型のモノレールは初めて見る。
足下に何もないって怖い感じがするんだけど大丈夫なんだろうか?

DSC05762_2014_12.jpg
千葉916発銚子行き 337M
ここから、いよいよ総武本線のローカル線の部分へ。

成田空港までは行ったことがあるので、佐倉駅より東は未踏路線です。
DSC05774_2014_12.jpg
けっこうな、田園地帯で驚いた。

なんとも、東京近郊というだけで都会なイメージがあるが、
DSC05799_2014_12.jpg
成東駅、東京から76キロも離れれば、そら田園風景かと納得。

DSC05824_2014_12.jpg
電化はされているけど単線区間なので、列車の待合とかがあってなかなか面白い。

1時間強で銚子駅へ到着。
DSC05843_2014_12.jpg
けっこう驚きだったのは、銚子電鉄のホームは到着ホームの先、
DSC05844_2014_12.jpg
切欠ホームに小さい駅舎?があってそこから発車する。

DSC05846_2014_12.jpg
ファーストインプレッション、
この駅舎のボロ具合がすでに、この旅路への期待を膨らませてくれている。

忘れなければ続く、、、。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 大晦日 総武本線・銚子電鉄 | 23:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |