乗り鉄放浪記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2015冬至 上信電鉄の放浪記 その15 下仁田駅

南蛇井1514発下仁田行き 列車番号33

ここまではどちらかと言えば田園風景だった上信電鉄。
千平駅を越えると山岳区間。崖をぬうように走ります。

201512-00154.jpg
反射で見にくいですが…個性派ぞろいの車両たちが見えてくると、この旅の終着駅。


下仁田駅。

201512-00159.jpg
僕の影が映っていない写真もあったのですが…記念撮影的なものです。
影から伝わるオタク感……

出口改札。
201512-00162.jpg
到着列車が折り返し出発するようなのですが、この時間が8分…。
1本やり過ごそうかとも思ったのですが、1時間後となると、少し悩む…。

とりあえず駅舎を撮影。
201512-00168.jpg
下仁田駅、開業は1897年。
建築年は調べたのですが…分からず…。

201512-00165.jpg
最後まで上信電鉄は期待を裏切らない、これまた名駅舎。
前にも書きましたが、上野国と信濃国を結ぶ予定だったので「上信電鉄」という名前。
小海線の羽黒下駅まで結ぶ予定だったのですが、峠を越えられず断念。
繋がっていたらどうなっていたのでしょうか?

201512-00169.jpg
駅舎内、いい雰囲気です。

201512-00171.jpg

201512-00174.jpg
上毛カルタは定番ですね、たいていの駅にある…。
井森美幸さんが全部暗記しているらしいです。
頭文字をいうと、全部答えられるとか。

201512-00179.jpg
ゆっくりしたかったのですが、やっぱり1時間は長い…。
3時台はちょうど本数が少ない時間帯だったので残念ながら帰ります。

201512-00181.jpg

201512-00188.jpg
下仁田1531発高崎行き 列車番号42
冬のすっきりした青空、好天に恵まれた一日でした。
実はセンサーの目立つところにゴミが付いていて全部修正したんですが…。

この車両、絵手紙列車という列車のようで。
201512-00194.jpg
いろいろな地方から届いた絵手紙を掲載している列車のようです。

201512-00199.jpg
この年に惜しくも亡くなられた、たま駅長からもお便りが…合掌。

帰り道は疲れたらしく、グッスリだったようです…。
201512-00216.jpg
高崎駅に到着。

201512-00227.jpg
JRの方にかっこいい列車がいる!!って思ったらキハ110の八高線の特別塗装の車両らしいです。
白地に赤帯はすごくいい。

201512-00229.jpg
高崎駅は早朝に飛び乗ったので写真が少なかった。少し補充。

201512-00232.jpg
駅舎も車両も個性派ぞろいだった上信電鉄、見所満載でした。
会いたくなったらまた来ます。

ここで終わればよかったんですが…最後にたかべんさんのラーメンを。
201512-00242.jpg
スープの浸透圧と、人間の身体の浸透圧が同じなんだろうか?
冷えた身にとても染みる、あっさり、基本に忠実な美味しいラーメンでした。

201512-00247.jpg
青空は夜になると月夜に…聖夜も近い夜でした。




詰め込みすぎ、急ぎ足で、しかも僕自身の情報量が少なく、富岡製糸場にも行かない…
分かりづらい部分もあったと思いますが、最後までご愛読いただきました皆様には厚く御礼申し上げます。

〜終〜

(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」+「DT35mm F1.8 SAM SAL35F18」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 冬至 上信電鉄 | 23:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015冬至 上信電鉄の放浪記 その14 千平駅/南蛇井駅


上州一ノ宮発1426下仁田行き 列車番号31

3つ目の駅で下車。
続いての駅は…
201512-00055.jpg


千平駅、1911年開業。

201512-00057.jpg
ホームと簡単な待合室だけの駅。

201512-00058.jpg
やっぱり座布団。
木製とはいえ、そのまま座ると冷たいので…。

201512-00063.jpg
冬至の昼下がり、影は長く。
こういう遊び、けっこう好きだったりします。

201512-00069.jpg
下から見上げるとこんな感じです。

201512-00070.jpg
駅の手前に小さな橋梁があり、小さな川が流れていました。

201512-00075.jpg
千平1456発高崎行き 列車番号40
ここまで乗ってきた列車が折り返してやってきます。
逆行フレア地獄ですが…。

201512-00082.jpg
今回はあまり車窓写真がなかった気がします。
ほとんどロングシートだったので、あまり撮ってないようです…。

201512-00084.jpg
続いての訪問駅は…


南蛇井駅。

201512-00090.jpg
なかなか有人駅では改札業務に迷惑をかけてはいけないと思い、写真は少なめだったりします。

201512-00091.jpg
荷物一時預り、かつては有人駅では当たり前の光景だったらしい。
今はコインロッカーに変わってしまった。

201512-00094.jpg
やっぱり、ここもいい感じのきっぷうりば。

201512-00095.jpg
改札口の床が青く染まっているのは、青空が反射しているからだろうか…。
こんな日に訪問できてよかったなぁ…と思っています。

201512-00106.jpg
南蛇井(なんじゃい)駅、1897年開業。
難読とも違う…なにか面白い名前の駅名。

201512-00101.jpg
木造駅舎。
駅名はどうであれ、これまた名駅舎であると思います。

201512-00110.jpg
駅前に駄菓子屋さんの廃墟だったか…があってこんなのが置いてあった。
子どものころに遊んだ記憶がある。

201512-00121.jpg
駅務室の中にタブレットが置いてありました。
今は使われていないでしょう。

南蛇井駅、なかなか名前に負けぬ??名駅舎だったと思います。

ホームへ。
201512-00132.jpg
南蛇井1514発下仁田行き 列車番号33
残す駅は後一駅です。

忘れなければ続く、、、。


(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 冬至 上信電鉄 | 23:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015冬至 上信電鉄の放浪記 その13 上州一ノ宮駅

201512-09961.jpg
神農原1358発高崎行き 列車番号36
一駅で下車します。

201512-09964.jpg


上州一ノ宮駅。

201512-09966.jpg
ホーム側から見てもよさげな雰囲気です。

201512-09973.jpg

駅舎の中へ。
201512-09978.jpg
出札口。
委託駅ですがこの時間は無人でした。

201512-09981.jpg
ベンチには座布団、こういう感じ好きです。

201512-09989.jpg
上州一ノ宮駅、1897年一宮駅として開業。その後改称。
駅舎は開業時ではなく後から作られたものでしょう。

201512-09984.jpg
木造駅舎、名駅舎だと思います。
駅名の通り、上野国の一宮、一之宮貫前神社の最寄り駅、品格も最上級。
上信電鉄の中でも一番の駅舎だと思います。

201512-09982.jpg
駅前の風景。

201512-00001.jpg

201512-00003.jpg
街灯もかわいらしく、いい感じです。

201512-00021.jpg
外側にもラッチがありました。
おそらく、多客時に使用されたものでしょう。

201512-00022.jpg
ローマ字表記の駅名。

201512-00023.jpg
この額の文章は更新されているようです。反射して読みにくいですが…。
訪れたときと同じ平成27年12月になっています。

201512-00030.jpg

201512-00031.jpg
ラストは上毛カルタ。

ホームへ。
201512-00041.jpg

201512-00046.jpg
上州一ノ宮発1426下仁田行き 列車番号31
少し別れが名残惜しいですが、次の駅へ向かいます。

忘れなければ続く、、、。

(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」+「DT35mm F1.8 SAM SAL35F18」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 冬至 上信電鉄 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015冬至 上信電鉄の放浪記 その12 西富岡駅/神農原駅

201512-09889.jpg
上州七日市1326発高崎行き 列車番号34

一駅で下車。
201512-09894.jpg


西富岡駅。

201512-09897.jpg
1面1線、大きな上屋が特徴的。

201512-09899.jpg

201512-09903.jpg

201512-09904.jpg
委託駅、この時間は無人でした。

201512-09912.jpg
西富岡駅、1937年病院前駅として開業。
一度休止後、西富岡駅として再開業。

201512-09914.jpg
こぢんまりとした駅舎はなかなかの好印象。

201512-09905.jpg

201512-09909.jpg

ホームへ。
201512-09920.jpg
西富岡1343発下仁田行き 列車番号29
古参の150形は西武電車のお古らしい。

3つ目の駅で下車。
201512-09925.jpg
特徴的なダブルパンタグラフ。
理由は知らない…霜取り用とかですかね??

続いての訪問駅は…
201512-09930.jpg


神農原駅。難読駅です。

201512-09927.jpg
1面1線、待合室だけの駅。

201512-09945.jpg
あたりも少し散策してみたけど、古びたラーメンやがあったぐらい。

201512-09937.jpg
暇だったんでしょう、お月さんの写真を撮っていたようです。

201512-09947.jpg
神農原1358発高崎行き 列車番号36

201512-09956.jpg
次の訪問駅は、上信電鉄でもっともお気に入りの駅です。

忘れなければ続く、、、。


(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」+「DT35mm F1.8 SAM SAL35F18」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 冬至 上信電鉄 | 23:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015冬至 上信電鉄の放浪記 その11 上州七日市駅

201512-09835.jpg
上州富岡1302発下仁田行き 列車番号27
やって来たのは上信電鉄最新型の7000形。
富岡製糸場の世界遺産登録で、補助金が出て新造車を制作したようです。

201512-09851.jpg
車内はボックスシート。
ここまでロングシート車しかなかったので意外だった。

201512-09860.jpg
2つ目の駅で下車。


上州七日市駅。

201512-09861.jpg
駅舎の中には学生さん。
学生さんと古い駅舎というのは相性がいい。
もっとも、学生さんからは「デカいカメラを持った変なおっさん」と思われているだろうが…。

201512-09865.jpg
1912年開業。駅舎は後からつくられたものでしょう。
この駅、立地が珍しいというか…写真を見ていただくしかないが…

201512-09870.jpg
築堤上にあり、そこまで上げ底してある。
回りは住宅街で、立地条件も狭いところにつくられている。

201512-09876.jpg
出入り口も2ヶ所、少し変わった作りの駅舎です。
ワケあり感があってお気に入りの駅です。

201512-09872.jpg
ガラス窓は木枠。

201512-09864.jpg
出札口。
委託駅らしいのですが、この時間は無人でした。

201512-09873.jpg
木製のベンチ。

201512-09878.jpg
改札口もいい感じです。

201512-09881.jpg

201512-09885.jpg
差し込む陽光が斜めで、夕方かと思いきや、まだまだ13時。
もう一踏ん張りです。

ホームへ。
次の列車がやってきました。
201512-09889.jpg
上州七日市1326発高崎行き 列車番号34
またまたきました、こんにゃくゼリー電車…。


忘れなければつづく、、、。


(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」+「DT35mm F1.8 SAM SAL35F18」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 冬至 上信電鉄 | 23:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015冬至 上信電鉄の放浪記 その10 東富岡駅/上州富岡駅

上信電鉄、全駅訪問の旅、まだまだ中盤です。

上州新屋1202発下仁田行き 列車番号23

だいたい40分ヘッドぐらいの間隔で列車はやってくるので、天浜線の旅と思うと幾分楽です。

続いての訪問駅は…
201512-09794.jpg


東富岡駅。

201512-09796.jpg

201512-09799.jpg

201512-09797.jpg
1990年開業のこの駅。
1990年って…こんな感じだったのか??
意外と最近だと思っているものってすでにとても古いものになっていたりするので…。

後発の駅ですが、駅舎があるのはそれでも良かったかも知れない。
201512-09803.jpg

201512-09804.jpg
あちゃっ!東西南北のアレが折れたままなんだけど、、、。

201512-09810.jpg
上り列車を見送ったと、一駅歩きます。

201512-09812.jpg
遠くに見える浅間山は雪をかぶっている。

201512-09813.jpg
続いての駅は…


上州富岡駅。

富岡製糸場の最寄駅。
世界遺産登録前夜に新駅舎へ…。
201512-09814.jpg

201512-09816.jpg
こればっかりはしょうがないか…。
もともとあった駅舎もコンクリート造りの駅舎だったので…。
ちなみに上信電鉄の「信」は「信州」らしく、小海線と接続する予定だったらしい。
この鉄道が養蚕・製糸が目的でできた鉄道なんだと知ることができます。

富岡製糸場は以前にも訪問しているので…帰りに時間があれば訪問しようと言うことで、今回はスルー。
駅舎はとくに僕が喜ぶものはなかったんですが…
201512-09821.jpg
それでも、上屋の感じはいい感じのものを残しているのでよかったかなと思います。

201512-09831.jpg

次の列車がやって来ました。
201512-09835.jpg
上州富岡1302発下仁田行き 列車番号27
やって来たのは上信電鉄最新型の7000系。

忘れなければ続く、、、。

(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」+「DT35mm F1.8 SAM SAL35F18」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 冬至 上信電鉄 | 23:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015冬至 上信電鉄の放浪記 その9 上州新屋駅

201512-09752.jpg
上州福島1150高崎行き 列車番号26

201512-09756.jpg
ヘッドマークは世界遺産、富岡製糸場。

201512-09757.jpg
一駅戻ります。




201512-09758.jpg
上州新屋駅。
読み方が少しトリッキー。

201512-09759.jpg
ぱっと見で分かる、いい感じの木造駅舎。
手前の更地はもともと何かがあったのかなと想像します。

201512-09762.jpg
駅舎の中へ。

201512-09763.jpg
駅の中もいい感じです。

201512-09767.jpg
上州新屋駅、1915年開業。
駅舎は古そうですが、その後に建てられたものでしょう。

201512-09770.jpg
屋根が高く2階建てのような感じがしますが、たしか平屋建てだったと思います…。
古い写真を見ると、やはり周囲を囲むように別の建物があったようです。

201512-09777.jpg
サッシは木枠。

201512-09781.jpg
外壁は最近塗り直しされたようです。
高い屋根が不思議な感じで、いろいろと調べたのですが、自分のリサーチ力が足りないのか、その由来や、築年数など分からないのが少しジレンマだったりします…。
(上信電鉄全般に言えるんですが…)
なかなかの名駅舎なのは事実です。
(おそらく、設置面積が狭く屋根を高くするしかなかったのではないかなと思いますが…)

201512-09782.jpg
板うちされた窓口が寂しい、無人駅。

ホームへ。
201512-09784.jpg

やって来た列車は…何度目かのこんにゃくゼリー電車…。
201512-09790.jpg
上州新屋1202発下仁田行き 列車番号23

忘れなければつづく、、、。

(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」+「DT35mm F1.8 SAM SAL35F18」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 冬至 上信電鉄 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015冬至 上信電鉄の放浪記 その8 上州福島駅

201512-09698.jpg
吉井1123発下仁田行き 列車番号21

この1000系という車両。
201512-09699.jpg
鉄道友の会ローレル賞を受賞したらしい。
上信電鉄自社発注の車両。

吉井駅から3駅進みます。
201512-09708.jpg
下車すると、貨車が無造作に置いてある。
倉庫代わりにでも使っているのでしょうか?

続いての訪問駅は…
201512-09734.jpg
上州福島駅。

201512-09730.jpg
1897年開業、駅舎はその後につくられたものでしょう。
部分的に改装はされていますが木造駅舎が残ります。

201512-09718.jpg
ここまでも木造駅舎はあったのですが、なぜか塗装が変だったりしたので、ついに上信電鉄の名駅舎が出てきた感じがあります。

201512-09723.jpg
駅舎の隣には古井戸。

201512-09710.jpg
委託駅、券売機はなく硬券のきっぷを販売しています。

201512-09715.jpg
横見浩彦さんが全駅乗下車を達成した駅とか、記念のサインが飾ってありました。

201512-09716.jpg
改札口。

201512-09741.jpg
数年前の写真と比較すると、塗装の塗り直しをされたような雰囲気があります。

201512-09743.jpg
滞在時間が15分ほどと短かったことが悔やまれます。
もう少しゆっくり滞在したかった…。

さて、列車がやってきました。
201512-09752.jpg
上州福島1150高崎行き 列車番号26

忘れなければ続く、、、。


(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」+「DT35mm F1.8 SAM SAL35F18」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 冬至 上信電鉄 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015冬至 上信電鉄の放浪記 その7 吉井駅

続いての訪問駅は…
201512-09643.jpg
古い駅舎の残る…

吉井駅。

201512-09645.jpg
しかし、空の色がすごくいい。
撮っているときは気がつかなかったけど…。

201512-09647.jpg
改札口。

201512-09649.jpg
窓口。

201512-09650.jpg
演歌のポスターが貼ってあるところを見ると、ローカル線でしかも主要な有人駅な感じがしていいですね。

201512-09651.jpg

201512-09653.jpg
そして上毛かるた。

201512-09658.jpg
お昼でも斜め、冬至の陽光。

201512-09661.jpg
吉井駅1897年開業。
駅舎は木造モルタルの古そうな駅舎です。

201512-09664.jpg
となりにあったタクシー会社の建物も古そうです。

201512-09674.jpg
住宅街の中心にある駅。利用客も多そうな感じがします。

201512-09665.jpg
ローカル線では、むしろ珍しさを感じる券売機。
年季が入っている機械です。

201512-09671.jpg
お金は瓶に入れてくれシステムの新聞。

201512-09676.jpg
先ほどの上毛カルタにもあった多胡碑。奈良時代に設置された碑のようです。
個人的には、その当時にこっちの方まで漢字が伝わっていたというのが、不思議な感覚でした。

201512-09686.jpg
改札口、手書きの時刻表。
駅員さんが確認する用に貼ってあると思われます。

ホームへ。
201512-09691.jpg
保線区があったらしく、引き込み線もあったのですが、ご覧の通り。
人間がやってんだな…って感じがしてむしろ好きなんですけど。

さて次の列車がやって来ました。
201512-09693.jpg
吉井1123発下仁田行き 列車番号21

忘れなければ続く、、、。

(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 冬至 上信電鉄 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015冬至 上信電鉄の放浪記 その6 西山名駅/西吉井駅

201512-09597.jpg
馬庭1013発高崎行き 列車番号20
馬庭駅から一駅戻ります。

201512-09599.jpg
いわゆるへばりつき。

201512-09604.jpg
一駅で下車。


西山名駅。
1930年水泳場前駅駅として開業。
近くを流れる鏑川を堰き止めプールをつくったとか。

201512-09608.jpg
待合室とホームだけの駅。
ホームの後ろ側は公園のようになっています。

201512-09610.jpg
鄙びた看板がいい感じです。

201512-09614.jpg

201512-09613.jpg
最上段から偉そうなことを書いているけど、しょせん落書きだから(笑)。

201512-09620.jpg
西山名1010発下仁田行き 列車番号17
こう、乗り降りを繰り返していると、同じ車両に出会ったりします。
なにか、いつも見る電車と違うよな~っと思っていたらパンタグラフがピンと伸びて架線が高い。
なにか訳があるんだろうか??

201512-09623.jpg
3つ目の駅で下車。

201512-09627.jpg
頑丈そうな上屋と駅務室。無人駅。

201512-09629.jpg


西吉井駅。

201512-09635.jpg
めぼしいものは特には無かったのですが、ベンチの感じはなかなかよさげでした。
冬は屋外で寒そうな感じはしますが…。

書かなくてもいいことを書くと、列車を待っているときに、ホームでタバコを吸い始めたおっさんがいて、
「こんなおっさん、まだいるのか…」と思っていたら、列車が来るとポイ捨て乗り込むという…なんか嫌な思い出しかない駅です。

201512-09640.jpg
西吉井1059発高崎行き 列車番号22
全駅訪問をやっているとこんなこともあります。
全部の駅が当たりではないので…気を取り直して次の駅へ…。

(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」+「DT35mm F1.8 SAM SAL35F18」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 冬至 上信電鉄 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015冬至 上信電鉄の放浪記 その5 高崎商科大学前駅/馬庭駅

201512-09522.jpg
山名921発高崎行き 列車番号18
山名駅から一駅戻ります。

201512-09528.jpg


高崎商科大学前駅。

201512-09527.jpg
ホームと待合室だけの駅。
開業は2002年、見渡す限り…大学らしい建物はない…。

代わりに見えたのものは…
201512-09523.jpg
遠くに新幹線の高架、アレは…W7だか?E7だか?
思い出せば2015年の年始はアレが開業するとかで、北陸本線へはよく訪問した。
年末に、あまり関係なさそうな土地で、アレを見ることになるとは…因果なもんだなぁ…と。

201512-09524.jpg
こっちはおそらく赤城山でしょう。

なにやら賑やかしい、何かと思えば…
201512-09525.jpg
園児たちの遠足のようです。しかし、アイツら寒くないのかな??

次の列車がやってきました。
201512-09533.jpg
高崎商科大学前937発下仁田行き 列車番号15

201512-09539.jpg
田園風景の一本道を進みます。

201512-09544.jpg
途中下車。

続いての下車駅は…
201512-09554.jpg


馬庭駅。

201512-09549.jpg

201512-09552.jpg
ここも古い駅舎が残るよさげな駅です。

201512-09557.jpg

201512-09566.jpg
駅舎全景。
馬庭駅、開業は1897年、駅舎はおそらくその後につくられたと思われます。木造モルタル。
この駅舎は、塗られることなく素の塗装です。

201512-09558.jpg
時間帯によって人が配置される駅のようです。
この時間は無人でした。

201512-09559.jpg
ラッチもいい感じです。

201512-09570.jpg
地元の人が置いたのでしょう、冬至らしく、ゆずが置いてありました。

201512-09574.jpg
人のいない時間帯だったので…駅務室を少しのぞかせていただきました。

201512-09588.jpg
無人駅ながら、なにか人情的な雰囲気を持ち合わせ、市民に愛されているような雰囲気がありました。
ホームへ、次の列車を待ちます。

201512-09597.jpg
馬庭1013発高崎行き 列車番号20
サファリパーク塗装の列車がやってきました。

忘れなければつづく、、、。

(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」+「DT35mm F1.8 SAM SAL35F18」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 冬至 上信電鉄 | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT