乗り鉄放浪記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新垂井駅

終戦の日ってことで…つまらぬコラムでも…


荒尾駅、1930年開業。


ここから自転車でしばらく走ります。


201706-8134103.jpg
いい感じの里山でして…自転車で走るにはいい感じでした。
(向かい風(伊吹おろし)が強烈だったんですけど…)


たどり着いたのはこちら。
201706-8134106.jpg
新垂井駅、1944年開業、1986年廃止。


うちの父が「中山道を歩く」という趣味をしており…この区間を歩いたときに驚いたという…

「東海道線が2つある!!」

っと…。




大垣から分岐して北にそれるルート、これが戦中に完成した新垂井線。
詳しくは…こちら読んでいただければ…。

端的に言うと、大垣→関ヶ原間というのが急勾配区間、なので大垣にて列車に補機をつける必要があった。
(当時はもちろん蒸気機関車)

ときは戦時中、
そんなことはめんどくさいから勾配を緩和する新線を作っちまえ…ってことで戦中に作られたのが、この新垂井線。


そして途中に作られたこの新垂井駅。

戦後も「下り列車しか止まらない駅」として1986年まで現役でした。



201706-8134180.jpg
とくに遺構らしいものはなく…


201706-8134110.jpg
プラットホームがわずかに残っています。



201706-8134141.jpg
いまでもこの区間を走る下りの特急列車と貨物列車はこちらを通過します。





感動的な話しもなく…だからなんだ…という話しなんですけど??
201706-8134170.jpg
戦後72年。

昔の話し…ではなく、なにか戦争と平和に思いを巡らすきっかけになっていただければ…幸いでござる。




(「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II」+「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II」)

| えきめぐり単発系 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

深名線/沼牛駅

深名線駅跡めぐりはこれがラスト。


201705-2636.jpg

沼牛駅、1929年開業、1995年廃止。


201705-2639.jpg
有志によって復旧されたこの駅舎。


201705-2643.jpg
惚れ惚れする出来映えです。




201705-2648.jpg
残念ながら駅舎の中には入れないけど…中も素晴らしい出来。


201705-2658.jpg



201705-2661.jpg
プラットホームの段差もそのまま。



201705-2664.jpg
そして線路跡には…タンポポの群生。



201705-2670.jpg



201705-2678.jpg
ここに駅があった、確かにあった、それを証明する駅舎がある。


有志の熱い思いに感謝。




(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」

| えきめぐり単発系 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

深名線/幌加内駅

201705-2602.jpg
幌加内は蕎麦の産地。

蕎麦は米作が向かない土地で作られることが多い。

そんなんで…旅中に蕎麦畑を見ると…ここは厳しい土地なんだろうなと思う。


201705-2618.jpg
こちらも深名線跡の有名な場所。


201705-2624.jpg
第三雨竜川橋梁…橋の状態は、今にでも列車が走ってきそうなぐらい状態がよい。

なんなら現役の橋梁でこれに劣るものもあるんじゃないか…ってぐらい。


201705-2620.jpg






さらに車を走らせ…たどり着いたのは…
201705-2634.jpg
幌加内駅、1929年開業、1995年廃止。

残念ながら旧駅舎はバス停として利用されたあと焼失してしまったらしい。


201705-2632.jpg
そこにあるのは石ころ。

駅は石ころじゃないぜ…駅は駅だ。

自分の住んでいる町の駅が石ころになる…そんなことを想像したことがない。

そう思うとこの町の人は…とんでもないことを受け入れてきたんだなと…身勝手ながら考察する。











(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」









| えきめぐり単発系 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

深名線/添牛内駅

201705-2544.jpg
どこまで走っても「原始」というのがしっくりくる。

本当にここに鉄道があったのか…と思うほど。



201705-2550.jpg
添牛内駅、1931年開業、1995年廃止。



201705-2554.jpg
なぜあなたは存在するのか。



201705-2558.jpg
なぜあなたは残されたのか。



201705-2565.jpg
なぜあなたは僕の眼前に現れたのか。



201705-2569.jpg
なぜ?なぜ?なぜ?


201705-2578.jpg
駅は廃止されたが…駅舎は残された。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

| えきめぐり単発系 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

深名線/朱鞠内湖

北海道へ戻ります。。

201705-2512.jpg
天北線跡めぐりのあと向かったのは深名線跡めぐり…幌加内町へ。



201705-2514.jpg
5月下旬…残雪があり…すこしビビりましたが。。
雪道を運転する自身は…ゼロなんで。。


201705-2515.jpg
朱鞠内湖は電源開発のために作られた人造湖。


201705-2526.jpg
おっちょこちょいなんで…車のまま湖にポッチャン…するような気がしたので、慌てて右折。


201705-2527.jpg
湖畔の自動車は…釣り人の方々でしょう。

ダムとか…人造湖とか…吸い寄せられるような恐怖を感じるんで…早々に撤退。







その恐怖が的中したのか…
201705-2528.jpg
願いの像(碑文拡大
気づくことなく素通りしそうだった…回りに民家等はなく、これだけがひっそりと立っていた。

ダムも深名線もタコ部屋労働の末に完成したものらしい。



像がなければ、その事実を永遠に知ることはなかっただろうなと…道中考えながら進む。




(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」

| えきめぐり単発系 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宗谷本線 音威子府駅

201705-2325.jpg
音威子府駅、1914年開業。



201705-2329.jpg
時刻は10時前、ここまで朝食を食べずにやってきた。


201705-2331.jpg
でも…ちょっと早かった…。



201705-2338.jpg
いつもは乗り鉄なのでプラットホームも入れるんですけど…この日はレンタカー旅なので。。



201705-2351.jpg
駅舎内には天北線の資料館があります…ここで暇つぶし。


201705-2334.jpg



201705-2363.jpg
有志のみなさん、太っ腹。

持って帰りたかったけど…商店をやっているわけでもないし…持って帰る間にクチャクチャになるだろうと諦める。



201705-2367.jpg
開店。


201705-2372.jpg
今回は最上位の「天玉」を食べる。


201705-2375.jpg
このインパクトのある黒いそば。

おつゆも濃ゆいんですけど…それに負けない濃ゆいそば。




201705-2378.jpg
朝から行列ができていた。

オヤジさん、これじゃ…なかなか商売やめられないっすね。。

近いうちに…また来ますよ。


(「D750」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」)

| えきめぐり単発系 | 23:30 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天北線 上音威子府駅

201705-2295.jpg
北海道へ行くとつくづく思う。

「自然の浸食力ってすごい」

ここも数年前まで雑草に覆われて雑木林だった。


201705-2300.jpg
上音威子府駅、1914年開業、1989年廃止。

ここが「駅」だった証明。

近年になって有志が「駅」を取り戻すべくつくったものらしい。

プラットホームもキレイに整備されている。


201705-2306.jpg
かつては駅舎もあり、林業で栄えたらしい。

鉄道ファンをやっていて思う…日本に鉄道が輸入されて、たった150年の話し。

その間に「必要」とされ作られて、「不要」とされ廃止になる。



201705-2324.jpg
悠久の大自然からすると人間の方が「浸食者」。




その「めぐみ」をすこし分けてもらいたかっただけ。






そんな人間に復讐をしているのかも知れない。









どうか末永く…北の鉄道が続きますように。


(「D750」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」

| えきめぐり単発系 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天北線 敏音知駅/小頓別駅

旧中頓別駅から進みます。


201705-2238.jpg
山の名は「ピンネシリ」。

アイヌの言葉で「男の山」。

雄大な景色に…


少し走っては停まり撮影、

少し走っては停まり撮影、

少し走っては停まり撮影…

の無限ループ。




201705-2241.jpg
牛だけに…モ~大変。




201705-2245.jpg
こちらは道の駅「ピンネシリ」。


201705-2249.jpg



201705-2256.jpg
敏音知駅、1916年開業、1989年廃止。


201705-2267.jpg
道の駅とオートキャンプ場になっていたが…周辺に住宅らしきものはなくすこし物寂しい感覚。





更に進みます。
201705-2281.jpg



201705-2282.jpg
小頓別駅、1914年開業、1989年廃止。
建物は旧駅舎ではなく…バス転換後のバスターミナルの待合室。


201705-2285.jpg
廃止されたけど…どこの駅跡へ行ってもある駅名板。

「駅」ってやっぱそういうものなんだろうなと…考えさせられる。


201705-2292.jpg
こちらは登録有形文化財にも登録されている丹波屋という元旅館。

登録有形文化財の割には説明とかはなく…登録有形文化財ってのも元々はやっぱこういうものなんだろうなと思った。




201705-2294.jpg
次の駅跡を目指そうと車へ戻る途中に見つけた…ここにキシャが走っていた証拠。

それは…少年たちの憧れだったんだろうな…と想像します。





(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」

| えきめぐり単発系 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天北線 中頓別駅

北海道と滋賀県を往復しておりますが…今日は北海道で…。

雄信内駅で清々しい朝を迎えた後…
201705-2147.jpg
車を走らせ、こんな場所へ。


201705-2150.jpg



201705-2169.jpg
レンタカー旅じゃないと訪問できない場所…一度訪問したかった旧天北線をめぐります。


201705-2171.jpg
中頓別駅、1916年開業、1989年廃止。
こちらは駅跡地にあるバスターミナル…旧駅舎ではありません。



201705-2184.jpg




201705-2185.jpg
バスターミナル待合所の中に天北線の展示物があります。



201705-2186.jpg
こちらは、駅舎の写真。
1975年に建てられた…存外新しい駅舎でした。



201705-2187.jpg
廃止から28年、写真も…相当遜色しています。



201705-2192.jpg
現在は代行バスが運行していますが…こちらも相当厳しいようです。


201705-2208.jpg
図らずも今回の旅、鉄道がなくなった後…どうなる?

…というのを巡る旅になった。

バス転換の良し悪しとかそんな話しではなく…

もちろん、自分自身もレンタカーでここへ来ているわけなので。







(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

| えきめぐり単発系 | 23:30 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宗谷本線 雄信内駅

201705-2033.jpg
雄信内駅、1925年開業。

写真の方は…大撃沈。。


201705-2053.jpg
3度目の訪問ですけど…いい駅舎です。



撮影中、なんとも思わなかったけど…

駅舎内の「クマ出没」の掲示を見て急に怖じ気づく…。

ちょっと前にどこだかの大学生が襲われたとか…ニュースになったばかり…。

そうそうに車中泊。。



翌朝。
201705-2095.jpg


201705-2082.jpg


201705-2124.jpg
北海道の朝は早い。


天候は悪くとも、雄信内駅の朝は…とても清々しい朝だった。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」




| えきめぐり単発系 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自分で決めたルールにがんじがらめになる。

201705-1365.jpg
和寒駅、1899年開業。

いろいろなことを三日坊主で終わらせてきたので、毎日更新しないといけない…

アホみたいに3年間毎日更新してきた。



休止宣言後、最初の3日間は旅に出ていたので…たいしたことなかったけど…

4日目から「あれ?」ブログをやっていないときって何してたっけ??状態。


201705-1413.jpg
和寒1049発旭川行き 3322D

正直、1週目を過ぎたあたりには復帰したくてしょうがなかった。

でも…休むと宣言した以上、しばらく休まないとなぁ…自分で決めたルールにがんじがらめになる。




一駅目で下車。
201705-1450.jpg
塩狩駅、1924年開業。



約束の駅。

年に3日は訪問すると約束した駅。

レンタカーの旅…だったんですけど、ひとつ先の和寒駅にレンタカーを止めて訪問。






201705-1475.jpg
利用者1日1人以下の駅を廃止にする…というのなら利用すればいいでしょ??

駅利用者にカウントされたくキシャで訪問。

201705-1458.jpg
でもたった年3日なんで…のこり362日は道民に託しますよ…というか丸投げ。。

もっとも、ここより利用者の多かった駅が廃止になってたりもするので、予断は許さないですけど。。


201705-1497.jpg
山桜の中心が緑色だった。

緑がかった桜、初めて見たけど…こっちの方が好き。


201705-1508.jpg
3321D
(快速なよろ、この駅は通過…ですが列車交換のため停車)



ブログを休んでるあいだ、「日本人」と「エビ」の話しを思い出してた。


「日本人」が「エビ」を食べると「環境破壊」が進む。

じゃあ、「日本人」が「エビ」を食べなくなるとどうなる??

「日本人」が「エビ」を食べなくなると…「もっと環境破壊」が進む。


悲しいけど「日本人」は「エビ」を食べ続けた方がいい。

201705-1529.jpg
塩狩1204発旭川行き 324D


僕も一緒かと。

ブログをやっていても「ダメ人間」。


じゃあ、ブログをやっていない僕は…「もっとダメ人間」。


結局、「酒毒」に犯される時間が早く、長くなっただけ。。

201705-1553.jpg
塩狩駅、お昼の列車交換。


201705-1563.jpg
僕は「エビ」じゃねえっつ~の!!


201705-1596.jpg
ダメ人間だっていいじゃんかよ。







201705-1621.jpg
やってみようぜ。


この駅を残したいっていう気持ちは本当なんだし。





201705-1638.jpg
春にこの駅を訪問するのは初めて…「山吹色」とはこの色のことをいうんだと思った。




201705-1659.jpg
塩狩1311発名寄行き 325D

JR北海道キハ40、帯の色は…山吹色。





今年はもう1度…約束どおり訪問しようと思っています。


そのときまで…さようなら。




(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary」

≫ Read More

| えきめぐり単発系 | 23:30 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT