乗り鉄放浪記

主に18きっぷで乗り鉄放浪しております。放浪で思ったこと、感じたことを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016大寒 JR北海道の放浪記 その40 光の街「函館」/また会う日まで

長々と綴ってまいりましたJR北海道の放浪記、今回で最終回です。
最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。


201601-08194.jpg
久根別1729発函館行き 133D

東久根別~七重浜間には、青函連絡船「洞爺丸」慰霊碑があります。
201507-00767.jpg
(2015年7月訪問時
けっして明るい観光地ではありませんが、この事故が後に青函トンネル建設の気運が高まる要因となり、現在の北海道新幹線へ繋がります。

201507-09853.jpg
青森駅の八甲田丸(2015年7月訪問時)、

201507-01274.jpg
(2015年7月訪問時)
函館駅の摩周丸と一緒に観光すると、よりいっそう理解を深められると思います。


201601-08211.jpg
(車内のポスター)

終点の函館駅へ。
201601-08219.jpg
これにて、江差線えきめぐりも終了。
「急行はまなす」の時と同じくホームを離れるのが何とも寂しく…。
でも意外とあっさりキハ40がホームを離れたので…これが本当に最後になりました。

この旅をはじめる前、「北海道を旅するのは今回が最後かもしれない」となんとなく思っていました。
減便や廃止が相次ぎ、ただでさえ厳しい北海道の鉄道旅がますます難しくなるだろうしと…。

道東の釧路から始まり、茅沼駅のタンチョウ、網走駅の壮絶さ、白滝の木造駅舎、最北の無人駅抜海駅、塩狩駅のキハ40、札沼線の素朴な駅舎たち、急行はまなす、江差線の車窓…。
旅を終えてみるとむしろ逆で、ますます北海道には魅了されることになりました。

201601-08230.jpg

201601-08233.jpg

201601-08241.jpg

201601-08248.jpg

201601-08255.jpg

201601-08260.jpg
(函館駅滞在時間は20分弱ですが…抜け目なくここにも寄りました…。)

201601-08262.jpg

201601-08266.jpg
函館駅、1902年開業。
最後は季節外れのイルミネーションに助けられた記事になりましたが…。

201601-08267.jpg
もちろん、並行在来線の3セク化には断固反対という立場でありますが…
見通しは厳しくとも、「北海道新幹線」がうまく立ち上がってくれないと、分離された「道南いさりび鉄道」も立ちゆかなくなるわけで…。
その前途が明るいことを、遠く「えびふりゃーの国」からお祈りしたいと思います。


さようなら北海道、また会う日まで。






このあと、函館空港から羽田空港へ。
日に1本の中部国際空港行きは13時台だったか?早かったので…ギリギリまで滞在できる羽田行きを利用しました。
羽田から京急で品川、品川から最終の名古屋行き新幹線での帰路でした。

睡眠時間5時間、翌日職場で

「すっごい顔しているね」

と言われて…とんでもなく疲れた顔をしていたんだろうなと思っていたら、まったくの逆だったらしく…

「ものすごく充足した顔をしていた」

とか…。
お局様、5日間もお休みをいただきまして感謝しておりますm(__)m


自身の心の脆弱さゆえに途中投げ出したり、本文を削除してしまったり、大変ご迷惑をお掛けしました。
読者の皆様には厚く御礼申し上げます。
今後ともご贔屓にしていただきましたら幸いに存じます。

~終~
スポンサーサイト

| 大寒 JR北海道の放浪記 | 23:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016大寒 JR北海道の放浪記 その39 久根別駅

清川口駅から一駅歩きます。
201601-08044.jpg
西から東へ向かって歩いていたのですが、振り返ると雲の間から見える夕陽がきれいで…。

201601-08050.jpg
この日に見た夕陽はとても印象深く忘れられないものになりました。

江差線、最後の訪問駅へ。
201601-08059.jpg

201601-08069.jpg
ちょうどやって来た木古内行き128D。



201601-08079.jpg
久根別駅、1913年開業。

201601-08088.jpg

201601-08093.jpg
コンクリート造りの駅舎。

201601-08099.jpg

201601-08100.jpg
駅舎内は広めですが、隣の清川口駅と思うとベンチが少なめ…というか清川口駅のベンチは多かったですね。

201601-08105.jpg

201601-08106.jpg
パッチワークサークルの皆様、ご配慮ありがとうございます。

ここでやってきた列車は…
201601-08131.jpg
特急白鳥。
会社を跨いで乗り入れる列車は、車両の貸し借りを路線距離に応じて相殺するらしい。
この1編成がJR東日本の青函連絡の車両でした、485系最後の定期特急運用。
長い間お疲れ様でした。

201601-08152.jpg
跨線橋より、2面3線の配置。

201601-08156.jpg

201601-08158.jpg
コンクリート製の駅舎ではありますが、窓枠が木製だったり、いい感じの古さがあります。

201601-08160.jpg
サッカーボールの跡…蹴っ飛ばしてぶつけたのでしょう…。

201601-08169.jpg
この駅までけっこうテンション高め…というのも変ですが、本当にえきめぐりが楽しかった。
でも最後の駅ということで、急に現実がこみ上げてきて…ああ…江差線が終わるのか…と…。

201601-08175.jpg
上磯行き130D。

撮れるものは撮ったか?と言われるとまったく自信がなく…。
それでも否応なく、江差線のラストランナーはやって来ます。
201601-08194.jpg
久根別1729発函館行き 133D


忘れなければ続く、、、。



(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」+「DT35mm F1.8 SAM SAL35F18」+「MINOLTA AF ZOOM 75-300mm F4.5-5.6 (D)」+「MINOLTA AF MACRO 50mm F2.8」)

| 大寒 JR北海道の放浪記 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016大寒 JR北海道の放浪記 その38 清川口駅


札苅1517発函館行き 131D

201601-07929.jpg
もう見飽きたかもしれませんが…やっぱり函館山なのです。

茂辺地駅を越えると北斗市の市街地へ。
201601-07959.jpg
学生さんが列車を待ちます。

201601-07962-2.jpg
北でも南でも、都心部でも山村部でも、JRでも私鉄でも三セクでも、変わらない風景は学生さん。
どこに行ってもいい被写体になってくれます。
乗降の順番を譲り合っててなんだかほっこりします。

下車した駅は…
201601-07977.jpg


清川口駅、1956年開業。
駅名標の後に見える建物は北斗市役所です。

201601-07980.jpg
駅舎はコンクリート造り。

201601-07982.jpg

201601-07984.jpg

201601-07986.jpg
駅舎内はなかなか広めでベンチも多いです。
市役所や高校も近くにあり、乗降客も多いと思います。

201601-07988.jpg
ブラウン管テレビと暖房機器。

201601-07993.jpg
売店が最近まで営業していたようですが、このときは閉店していました。
きっぷの販売も委託されていたようです。

ここで列車の接近警報が…
201601-07995.jpg

201601-08000.jpg

201601-08005.jpg
スーパー白鳥、写真に納めたのはこれが最後。
僕にとって、青函トンネル内を140km/hで走行するスーパー特急のラストシーンでした。
今後は札幌近郊の運用に就くと思われますが、ひとまずお疲れ様でした。

201601-08031.jpg
駅間がこの前後は短いところと、開業時期から考えると、請願駅だと思います。
生活感があって、好ましい駅舎でした。

201601-08028.jpg
北海道の午後4時、日が暮れます。
いよいよ江差線最後の訪問駅へ…タイミング悪く1時間半ほど列車はなく…一駅歩きます。

201601-08038.jpg



忘れなければ続く、、、。


(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」)

| 大寒 JR北海道の放浪記 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016大寒 JR北海道の放浪記 その37 札苅駅

201601-07785.jpg
茂辺地1403発木古内行き 124D

201601-07797.jpg

201601-07802.jpg

201601-07805.jpg
泉沢駅で列車交換、スーパー白鳥が通過。

続いての訪問駅は…
201601-07813.jpg
(この駅も千鳥配置の駅)



201601-07817.jpg
札苅駅。

201601-07818.jpg

駅舎内。
201601-07821.jpg

201601-07822.jpg
簡易委託駅。
釜谷駅、泉沢駅は委託者の個性が見られましたが、こちらは至ってシンプルなスタイル。
ストーブを囲む感じがいいです。

201601-07865.jpg
札苅駅、1930年開業。
見た目はとなりの泉沢駅とそっくりな駅舎です。

201601-07836.jpg
建築には精通していませんが…一応は木造駅舎のようです。

201601-07838.jpg
勝手な想像ではありますが、1988年に青函トンネルが開業した際、古い木造駅舎をテコ入れしたのではないかな?と。
あのときはあのときで、この土地にも時代の潮流が来ていたと…。

201601-07846.jpg
駅舎と巨木、ナイスコラボレーション。

201601-07847.jpg

201601-07850.jpg
(駅前の道路)

201601-07857.jpg

201601-07861.jpg
杉林と静寂に囲まれて…心安らぐ駅でした。

201601-07866.jpg

201601-07874.jpg

やって来た貨物列車は…
201601-07885.jpg
昇圧した青函トンネル内も通れる新造車、EH800のトップナンバー。

続いてやって来たのは…
201601-07900.jpg
札苅1517発函館行き 131D
江差線えきめぐりも、あと2駅。


忘れなければ続く、、、。


| 大寒 JR北海道の放浪記 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016大寒 JR北海道の放浪記 その36 茂辺地駅

泉沢1241発函館行き 129D

乗って早々に列車交換。特急スーパー白鳥が通過します。

201601-07681.jpg
江差線(道南いさりび鉄道)の車窓。
すこし靄ってますが対岸の函館山が見えます。

201601-07685.jpg
途中の渡島当別駅。
この駅の近くにトラピスト修道院があります。
もちろん車での訪問も出来ますが、道南いさりび鉄道で訪問してみてはいかがでしょうか?

201601-00661.jpg
(2015年3月訪問時)
左右にそびえ立つ杉並木の中を歩いて進むのは北海道らしく壮大です。

201601-00673.jpg
(2015年3月訪問時)
修道院にたどり着く前に神聖な気持ちを味わうことが出来るでしょう(見学には予約が必要です)。
お土産屋さんが併設されていて、ここでつくられているトラピストクッキーは素朴な味わいでお土産にも好評です。


さて、続いての訪問駅は…
201601-07707.jpg

201601-07711.jpg


茂辺地駅。

201601-07709.jpg
2面3線、跨線橋はそのまま駅の東西を結ぶ自由通路になっています。

201601-07714.jpg
跨線橋には簡単なベンチ。
屋根付きの跨線橋は列車待ちの待合室も兼ねているのでしょう。

201601-07717.jpg
跨線橋から望む函館山、飽きることがない景色。

201601-07722.jpg
茂辺地駅、1930年開業。

201601-07728.jpg
簡易委託駅。
中へ入るとここにもポイント凍結を監視する作業員の方が数名在所。
地元の方たちらしく、近所から来たおばあさんと話が弾んでいました。

201601-07730.jpg
作業員の方が「撮るかい?」とベンチを空けてくれる。
話し好きな方で、「ポイントの監視を寝ずの番で見ている」と教えてもらう。

201601-07733.jpg
「ここは夜中の1時~3時までが列車が走らないだけで、ほぼ一日中走っているから」

201601-07735.jpg
北海道で鉄道を走らせるというのは並大抵なことではないと改めて気づかされる。

201601-07746.jpg

201601-07747.jpg


嬉しいお知らせ。
この茂辺地地区にかつて「北斗星」で使用された客車の静態保存が決定しました。

解体の危機にある27年間愛された寝台列車「北斗星」を守りたい!
https://readyfor.jp/projects/hokutosei

クラウドファンディングで資金を調達し、JR北海道から2両の譲渡を受け、この茂辺地地区に静態保存されます。
道南いさりび鉄道に乗って憧れの北斗星の客車に会いに行きたいものです。


次の列車の前に…
201601-07768.jpg
列車交換の貨物列車。

201601-07785.jpg
茂辺地1403発木古内行き 124D


忘れなければ続く、、、。


(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」+「MINOLTA AF ZOOM 75-300mm F4.5-5.6 (D)」)

| 大寒 JR北海道の放浪記 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016大寒 JR北海道の放浪記 その35 泉沢駅

江差線えきめぐり、続いての訪問駅は…
201601-07580.jpg



201601-07588.jpg
泉沢駅。

201601-07589.jpg
「心に残る良い旅を」
長らく拙ブログの表紙を飾ってくれたこの看板。
江差線の小さな駅にありました。

201601-07593.jpg
2面3線千鳥配置。
貨物、特急も含めると意外と往来の多い江差線、どの駅も列車交換や追い越しのできる設備が整っています。

201601-07641.jpg
貨物列車と特急白鳥の列車交換。

201601-07605.jpg

201601-07609.jpg
跨線橋から望む津軽海峡。
(対岸は函館方面)

201601-07633.jpg
泉沢駅、1930年開業。
簡易委託駅ですが、この時間帯は無人駅。
ただ、ポイント凍結監視の方が常駐してみえるようです。

駅舎内へ。
201601-07619.jpg

201601-07622.jpg

201601-07616.jpg
これまた…誰なんだろうかと…。
気になって調べてみると、この駅を長く委託管理していただいた「元国鉄マン」の方らしい。

毎日新聞 「花の駅長さん 「泉沢駅」90歳ぽっぽや 3月末で引退」
http://mainichi.jp/articles/20160217/k00/00m/040/035000c

花の駅長さん、奥さんと二人三脚で花を植えてくれました。
201601-07615.jpg
旅人の残した「花と列車」の写真が飾ってあります。
次に訪問するとしたらあじさいの咲く夏がいいかなと思います。

201601-07625.jpg

201601-07637.jpg

なんとなく、駅にも人格があるんだな…と、そんなことを感じました。
201601-07659.jpg
泉沢1241発函館行き 129D


忘れなければ続く、、、。

(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」)

| 大寒 JR北海道の放浪記 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016大寒 JR北海道の放浪記 その34 釜谷駅

江差線えきめぐり、続きです。
201601-07516.jpg
バスの車窓からも海の向こうの函館山がよく見えます。
ですが道路より高い位置を走る、道南いさりび鉄道の車窓からは、もっとよく見えます。

バスに揺られて20分ほど…最初の訪問駅へ。
201601-07521.jpg

201601-07524.jpg
タイミングがよくスーパー白鳥が通過します。




201601-07549.jpg
釜谷駅。

僕一人だと思っていたら、先客の方がいらっしゃいました。
201601-07551.jpg
長野からお見えになった男性。
大人の休日倶楽部パスで最後の江差線を撮影にみえたらしい。
僕も乗り鉄からえきめぐり、果ては撮り鉄という相当変わったテツとは思っていますが、この男性はビデオ専門の撮り鉄。

201601-07554.jpg
スチルだとどうしても直線で長い編成を写したがるが、ビデオだと曲線の方が逆によかったりすると…言われてみて納得。
実はこの話を聞いて興味を持ち、これ以降、時間があるときに(スマートフォンですが)ビデオも撮り始めたりしています。
(個人的に楽しむ範囲)

「EH800は別にいいんだか、EH500はここでは見られなくなるから撮っておきたい」と…。


201601-07531.jpg
釜谷駅、1930年開業。
貨車を改造したダルマ駅舎。

中は…
201601-07533.jpg


201601-07535.jpg
??
先ほどの男性に尋ねる…この駅って…なんですかね…?
正直、外見と裏腹な内装だったので…男性も首をかしげる。

201601-07544.jpg
おそらく簡易委託の駅なので、委託をしている方の趣味…といっていいのか?
決して悪い意味ではなく、むしろ内装の感じからは人柄の良さや温かみを感じます。

201601-07548.jpg
僕がやってくる数日前の日付。
吉幾三、安藤裕子、とにかく明るい安村…謎のメンツ…これはちょっと見てみたかった。
TVで紹介されるってことは、そうとうな「名物かあちゃん」なのではと想像します。

201601-07558.jpg

201601-07564.jpg
機会があれば、再訪して委託駅長さんにもお目にかかりたいものです。


201601-07570.jpg
釜谷1117発木古内行き 122D
巧みなコーナリングでキハ40がやって来ました。

忘れなければ続く、、、。

(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」+「DT35mm F1.8 SAM SAL35F18」)

| 大寒 JR北海道の放浪記 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016大寒 JR北海道の放浪記 その33 木古内駅

この日の予定は江差線のえきめぐり。
何度となく通った江差線。三セク化前に、その姿をつぶさに見ておこうと。
また、微力ではありますが、分離された「道南いさりび鉄道」の支援になれば幸甚の至りと思っています。

現在までに訪問したことのある駅は、
木古内渡島当別上磯東久根別七重浜五稜郭
(それぞれクリックで該当駅の記事へリンクしてあります。)

残る6つの未訪問駅を訪問します。
札苅、泉沢、釜谷、茂辺地、清川口、久根別。
(2014年廃止区間は含まず…(滝汗))

ダブりますが、えきめぐりは木古内駅からスタート。

201601-07448.jpg
木古内駅1930年開業。

201601-07454.jpg

201601-07456.jpg

201601-07457.jpg

201601-07462.jpg
この駅も不思議な縁で…何度か下車しました。
JR北海道江差線の駅としては最後の訪問になりました。

201601-07463.jpg
キオスクはキーコショップ。
キーコというのは、木古内町のゆるキャラです。

201601-07472.jpg
この日は新幹線開業に向けて、なにか実習でもあったのでしょう。
職員の男性に引率されたリクルートスーツの隊列が…。

201601-07479.jpg

201601-07481.jpg
ソフト面もハード面も着々。

201601-07491.jpg
個人的には地上駅時代の木古内駅を一度訪問してみたかった。
wikipediaに写真があります)
「北の大地の始発駅」と掲げられた看板が北海道へ来たという高揚感を感じさせただろうな…と思います。

201601-07495.jpg
(たしか試験中の車両が入線していた記憶が…)

201601-07501.jpg
駅前には「道の駅みそぎの郷 きこない」があります。

函館市街へ行くのに「新函館北斗駅」ではなく、「木古内駅」で降りてみるのもいいんじゃないかと…。
新幹線はトンネルばかりで車窓を楽しめません。
函館湾を囲むように走る道南いさりび鉄道の車窓は、海の彼方に函館山を望む絶景。旅情を味わうならこちらです。
本数が少ないのがネックではありますが、そんな待ち時間にはここ「道の駅みそぎの郷 きこない」へ。
201601-07505.jpg
施設内にはレストランや、お土産売り場があり、待ち時間も飽きることはありません。

ちなみに施設の前にいる、ゆるキャラのキーコくん。
201601-07507.jpg
郵便ポストだったりします。
ご訪問いただき、その目で是非ともご確認下さい。




っとまあ、慣れないセールストークを…笑ってやって下さい。
201601-07511.jpg
えきめぐりをしようってのに道の駅を紹介するという本末転倒っぷり。
追い打ちをかける事態で、ちょうど列車の間隔が空いてしまった時間帯で…バスを利用します。
このときは、えきめぐりを急ぐため…と言い訳にもなりませんが…。


忘れなければ続く、、、。



(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」+「DT35mm F1.8 SAM SAL35F18」)

| 大寒 JR北海道の放浪記 | 23:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016大寒 JR北海道の放浪記 その32 津軽海峡線

201601-07321.jpg

201601-07323.jpg
暖まります…。

201601-07327.jpg
青森駅、1891年開業。

201601-07328.jpg

201601-07336.jpg
間抜けな話しですが、もう一度北海道に帰ります。
函館駅で降りようかとも思いましたが…江差線の始発まで路頭に迷うので…「はまなす」に長く乗りたかったというのもあります。
とりあえず蟹田まで。

201601-07341.jpg
この地域の大平原は、津軽海峡を渡った先の函館よりも、北海道らしさを感じさせるものがあります。

201601-07354.jpg
青函トンネルの工事も、青森側の工事の方が難工事だったと竜飛海底駅見学の際に聞きました。

蟹田駅に到着。
201601-07359.jpg
この駅も、不思議な縁で…普通の旅をしていたら、なかなか降りることのない駅だったと思います。
蟹田~木古内間相互発着にかぎり特急券不要ルールには、何度となくお世話になりました。

201601-07360.jpg

201601-07363.jpg
乗車してきた列車が遅れていたため、後発の特急「白鳥」がすぐにやって来ました。
485系3000番台でした。

201601-07376.jpg

201601-07378.jpg

201601-07400.jpg
うまく撮りたかったけど…安レンズ感がありなりな一枚…。

201601-07428.jpg
再上陸した北の大地は青森とは一変、とても穏やかな天気でした。

201601-07435.jpg

201601-07440.jpg
485系の特急定期運用はこの「白鳥」が最後、登場から50年余長い間お疲れ様でした。

201601-07446.jpg
木古内駅。
この旅最後の目的、江差線えきめぐりの始まりです。


忘れなければ続く、、、。


(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」+「DT35mm F1.8 SAM SAL35F18」)

| 大寒 JR北海道の放浪記 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016大寒 JR北海道の放浪記 その31 急行はまなす


八軒駅、1988年開業。
便利になったもので…札幌駅近郊の駅で、近くに「銭湯」のある駅をスマートフォンで検索。
八軒駅近くの銭湯で入浴。

札幌駅へ移動します。
201601-06994.jpg

201601-07013.jpg

201601-06998.jpg

201601-07018.jpg

201601-07025.jpg
改札内のおそば屋さんで食事。

腹ごしらえを終えると鉄道ファンの待つホームへ。
201601-07028.jpg

201601-07037.jpg
入線してきたのは…急行はまなす。

201601-07078-2.jpg

201601-07089.jpg

201601-07092.jpg

201601-07095.jpg

201601-07132-2.jpg
札幌2200発青森行き 202

201601-07149.jpg

201601-07160.jpg

201601-07161.jpg
今日も安宿…ではなく三つ星の寝台が寝床。
撮影をしている鉄道ファンは多かったが、乗車率は低め、平日とはいえ、すこし寂しかった。

201601-07165.jpg

201601-07170.jpg

201601-07172.jpg
連絡しているスーパー宗谷が遅延したため、こちらも定刻を数分過ぎて出発。

201601-07173.jpg

201601-07197.jpg
気がつけばあっという間に函館、こういうときは眠れないものだったが…。
DD51の取り外しも終わった後だった。

201601-07243.jpg

201601-07252.jpg
浴衣でホームを闊歩する男性…こんな光景も過去帳入り。

また寝入ると、本当にグッスリ眠っていたようです。
起きたのは青森到着5分前。
201601-07272.jpg

201601-07288.jpg

201601-07302.jpg
別れ際のカップルみたいなことを言うが…自分から先にこの場所を離れたら、自分から先にサヨナラを言ってしまうような気がして…ホームをウロウロ…あの場所にいた多くの人が同じ気持ちだったと思う。

201601-07316.jpg
その勇姿を、見えなくなるまで眺めていました。

201601-07319.jpg
1月27日、旅程最終日。

忘れなければ続く、、、。



(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」+「DT35mm F1.8 SAM SAL35F18」+「MINOLTA AF MACRO 50mm F2.8」)

| 大寒 JR北海道の放浪記 | 23:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016大寒 JR北海道の放浪記 その30 晩生内駅

自分の弱気のせいで、ご迷惑をお掛けしましたm(__)m
「JR北海道の放浪記」の続きを書きたいと思います。
最後までお付き合いいただけましたら幸いです。



201601-06896.jpg
5431D

201601-06900.jpg
2つ目の駅で下車。

201601-06910.jpg



201601-06911.jpg
晩生内駅、1935年開業。
ホーム側のひさしが大きいのはプラットホームに上屋がないため、列車を待つためでしょう。

201601-06915.jpg
正面から見ると…(ずいぶん前の更新になってしまいましたが)…となりの札比内駅と、うりふたつです。

201601-06920.jpg
札比内駅よりも駅舎内は広めの印象でした。

201601-06921.jpg

201601-06922.jpg

201601-06925.jpg

201601-06941.jpg

201601-06944.jpg
時刻は夕方5時。えきめぐりはここにて終了。

201601-06948.jpg

201601-06957.jpg
晩生内1738発石狩当別行き 5432D

201601-06959.jpg

201601-06962.jpg
石狩当別に到着。

201601-06964.jpg
1858石狩当別発札幌行き626M


忘れなければ続く、、、。

(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」+「DT35mm F1.8 SAM SAL35F18」)







蛇足ながら…

竹原ピストル 「全て身に覚えのある痛みだろう?」

| 大寒 JR北海道の放浪記 | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT