乗り鉄放浪記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016春風 福島県の放浪記 EX#6 七日町駅/帰路

201601-02806.jpg
会津宮下1554発会津若松行き 430D
気に入ってしまったこの写真、二度目の登場。

201601-02829.jpg

201601-02841.jpg

201601-02848.jpg
渓谷を抜けて、会津盆地へ突入、只見線の旅も終盤。

201601-02850.jpg
思えば、只見線のキハ40に乗りたくて、復旧を待たずにやって来ましたが楽しかったです。
(そして、なぜお蔵入りしていたのかと…?)

201601-02854.jpg
具体的にキハ40がいつ引退だとかは知らないんですけど…JR東日本もハイブリッド化を急いでいるようで…寂しいですね。

このまま終点の会津若松まで乗りつぶしてもよかったのですが、そう言えば…。
満席のキハ40がちょっと息苦しかったというのもあり、一つ手前で降りてみようかと…。
201601-02860.jpg

201601-02858.jpg

201601-02873.jpg
七日町駅、1934年開業。
レトロ風に作られた木造駅舎。

201601-02879.jpg

201601-02885.jpg
この場合のイルミネーションはありだと思います。

が、この駅で降りた理由は、イルミネーションとはまったく関係がない。実は以前にも降りたことがある駅。
この駅の最寄りにある阿弥陀寺というお寺さんに、新撰組三番隊組長「斉藤一」のお墓があることを思いだし、寄ってみようと…。
…さすがにお墓の写真を撮るのはためらった上に、うまく例えられる写真もないので、やっぱ降りなかったことにした方がよかったかも知れない…。

個人的に新選組では「斉藤一」が好きで…左利き、トリッキー、残忍、それでいてスジが通っていて、信任が厚い。
お墓を再訪できて嬉しかったです。

201601-02889.jpg
駅舎の中はカフェが併設されていておしゃれな感じでした。
(「斉藤一」とはまったく関係がない)

201601-02892.jpg

201601-02902.jpg
七日町1751発会津若松行き 3122D
やってきたのは只見線へ乗り入れている会津鉄道のAIZUマウントエクスプレス。

201601-02907.jpg

201601-02926.jpg
終点会津若松へ到着、只見線完乗。

が…余韻に浸っている暇が全くない…。
この日は、新宿から高速バスで名古屋へ帰る予定。
ジョルダン先生に聞いたところ、会津若松から新宿まで寄り道は一切禁止…「新宿まで一本でも乗り遅れたらお終いだぜ」っと…。

201601-02917.jpg
閉店間際の駅そばでコロッケそばをかき込み列車へ。

201601-02929.jpg
まずは郡山へ。

201601-02934.jpg
黒磯行きにチェンジ。

201601-02943.jpg
交直変換の黒磯をこんな時間に通過。

201601-02950.jpg
相当疲れていたのでしょう…つり革を写真に撮ってたり。

201601-02955.jpg
宇都宮でホッとする瞬間、グリーン車が連結されているので…。
ただ、時間的にグリーン車でなくてもよかったかも。。

201601-02966.jpg
赤羽から埼京線へ、こんな時間でも満員電車だった。
東京って恐ろしい街だぜ…。

201601-02983.jpg
お見事、新宿には日付が変わる前に到着。
さすがの僕も高速バスの中で大爆睡でした。



ちょうどいいタイミングでこんなニュース。

マイナビ 鉄道ニュース週報
 「只見線被災区間、三江線の存続問題に動き - タイムリミット近づく」
http://news.mynavi.jp/series/railwaynews/025/
JR東日本が一貫して只見線廃止→バス転換から譲歩案として「上下分離方式」を提案。
もともと沿線の自治体は運行再開後の赤字分は補填すると言っていたので、大きな前進だと思いますが…。

ただ、巨大なJR東日本という会社に対し「上下分離方式」が通用するのかと??
沿線の自治体の方が、JR東日本よりも圧倒的に財政的な規模は小さいわけで…結果、東京に本社のある企業に吸われていくばかりのような気もします。
ローカル線のあるべき道筋としてこれが許されると、歯止めがきかなくなってしまうのではないかと…そこんとこ危惧していますが…。


ラスト、良いニュースかと思いきやグダグダ言ってしまいましたが…。
お蔵入り寸前だった只見線訪問、記事にできてよかったかと思っております。
こんな野郎でも只見線の一日も早い復旧を願っております。

駄文、珍文におつきあいいただきましてありがとうございました。

~終~


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 春風 福島県の放浪記 | 23:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016春風 福島県の放浪記 EX#5 会津宮下駅

会津柳津1410発会津川口行き 427D
201601-02677.jpg
この記事を書いているのは夏至、写真は真逆の季節、午後2時には日が傾きはじめていた頃。

201601-02679.jpg
只見線、今は深緑の季節でしょうか?

201601-02692.jpg
会津柳津駅から5つ目の駅で下車します。

201601-02696.jpg
会津宮下駅。

201601-02699.jpg
渋い待合室。

201601-02697.jpg
配線むき出しの室内、こちらも渋い。

201601-02701.jpg

201601-02723.jpg
会津宮下駅、1941年開業。
こちらも木造駅舎です。

201601-02727.jpg

201601-02713.jpg
直営駅。
「きっぷうりば」の小さな看板と、正月飾りがいい感じです。
2012年まではタブレット式閉塞で交換可能駅でした。
現在も駅員さんが配置されているのはその辺りも関係しているのかと…。

201601-02744.jpg
駅前を少し歩いてみます。
奥会津の小さな街らしく、なかなか見どころがありました。

201601-02747.jpg
(この旅も食料調達が難しく…この商店のおかげで助かりました。)

201601-02749.jpg
(古い旅館)

201601-02751.jpg
水量が豊富な土地らしく、公衆の洗い場もありました。

201601-02756.jpg

201601-02767.jpg

201601-02770.jpg
三島神社、静岡県にある三島神社が分社されたもののようです。
この会津宮下駅のある三島町の町名はこの神社に由来します。

201601-02772.jpg
参道の途中に踏切があります、ずいぶんと珍しい…。

201601-02773.jpg
雪が積もって転倒しないようにという処置でしょう…なるほど、積もるとここまで積もるわけですね…。

201601-02774.jpg

駅に戻ります。
201601-02782.jpg
この駅もイルミネーションが張り巡らされていました。
配線がむき出しなところが…残念…。

201601-02738.jpg

201601-02703.jpg

201601-02806.jpg
会津宮下1554発会津若松行き 430D

夕陽を照り返した黄金色のプラットホームにキハ40が入線します。
こればっかりは、雪がなくてよかったかなと思っています。

忘れなければ続く、、、。


(「α77Ⅱ」+「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 春風 福島県の放浪記 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016春風 福島県の放浪記 EX#4 会津柳津駅

1月の只見線訪問続きです。



201601-02539.jpg
会津柳津駅、1928年開業。

201601-02543.jpg
木造駅舎。
なぜだか??提灯がぶら下がっています。

201601-02547.jpg
無人駅。

201601-02554.jpg
ストーブを囲むように…地元のおかあさんの会話が弾みます…。
でかいカメラをもったおじさん、すこし居づらくなり…外へ。

201601-02557.jpg

201601-02559.jpg
SLが展示されているとの看板が…どこだ?っと後ろを振り返ると…

201601-02562.jpg
いた…C11が展示されています。

201601-02566.jpg
駅舎全景、改装はされていますが、木造駅舎です。

201601-02569.jpg
屋根に雪止めがあるのに雪がない…数年前の夏に会津若松を訪問した際、信号機が縦だったのを見て、これは豪雪地帯だなと…。
雪を見たくやってきたが、すこし肩すかし。

201601-02570.jpg

201601-02571.jpg

201601-02574.jpg
駅舎のとなりに保存されているC11 244。
保存状態は良さそうですが…車体にイルミネーションがはりめぐらされて…夜になると電飾が光るようです。

201601-02585.jpg
(機関士はスノーマンさん?)
気持ちは分からなくともないのですが、ライトアップとかでもよかったのではと思います。

201601-02597.jpg

201601-02620.jpg
かつてキオスクがあった形跡。
そんなに古い話しじゃなさそうな感じがします。

201601-02621.jpg

201601-02650.jpg
会津柳津1410発会津川口行き 427D
会津川口方面へ少し戻ります。

忘れなければ続く、、、。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 春風 福島県の放浪記 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016春風 福島県の放浪記 EX#3 只見線のキハ40

201601-02375.jpg

201601-02403.jpg

201601-02410.jpg
再び代行バスに乗車します。
バスの運転士さんが地元のおばあさんと話す。
「遅れるのはいいんだけど、早発、早く出るのは絶対にダメなんだ」
このバスのダイヤも列車のときと同じく組んであるらしく、前半は割合緩やかだけど、後半が厳しいらしい。

201601-02430.jpg
具体的にどこの橋梁だとかは知りませんが…痛々しい場所が続きます…。

201601-02435.jpg
会津川口駅からは鉄路になります。

201601-02438.jpg
あまり時間がなくサクッと撮るだけでしたが…。

201601-02455.jpg
会津川口1235発会津若松行き 428D

201601-02485.jpg
やっぱりこれかと…ローカル線にキハ40がないと。
JR東日本からも随分駆逐されたものだけど、何とも言えぬ旅情感がある。
この瞬間のためにはるばるやって来たのだと…。

201601-02491.jpg

201601-02504.jpg

201601-02525.jpg
1時間ほど乗車したあと途中下車します。

201601-02529.jpg
ローカル線にしてはめずらしく、車掌さんが乗務していました。

201601-02536.jpg

201601-02539.jpg
会津柳津駅。

忘れなければ続く、、、。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 春風 福島県の放浪記 | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016春風 福島県の放浪記 EX#2 会津塩沢駅

201601-02214.jpg
只見駅から代行バス。
どんなバスが来るかと思いきや、マイクロバス。
18きっぷの期間だったが、これで事足りるってことかと…。

出発直前、運転士が確認する。
「みなさん、会津川口まででよろしいですか?」
…と。

同乗した客、皆が頷く中で、僕だけが手を上げ、
「会津塩沢までお願いします。」
と告げる。
運転士はおどろいた顔をしていた。

道中の車窓、
201601-02244.jpg
こういうところをキハ40がやってくるシーンを撮ってみたいものだが、ここにキハ40が来ることは(いまのところ)ない…。


そして20分ほどで目的の駅へ。
201601-02249.jpg
代行バスは駅の前ではなく、最寄りの簡易郵便局前で停車。

201601-02254.jpg
近くの踏切から線路を撮影、路傍に生えた草が何とも言えず…。

201601-02258.jpg
ここで下車した理由、運休区間とかは全く関係なく、この路線に来たのなら寄りたかったところ。

201601-02262.jpg
司馬遼太郎著「峠」の主人公、長岡藩士河井継之助の没地である。
戊辰戦争でもっとも熾烈を極めた北越戦争、その長岡藩の総大将だった河井。
一度は奪われた長岡城を奪還するが数に勝る新政府軍におされ、会津へ逃げ落ちる途中、この地で非業の死を遂げる。
歴史の教科書には載らないような微妙な人物ではあるが、その奇天烈な生き様に感銘を受け、この地を是非訪問したいと思っていた。

201601-02270.jpg
うん…まあ…本当のところ、冬季休館だって知ってはいたのですが…。

201601-02274.jpg
分骨されたお墓が近くにあると聞いたので、手を合わせます。
(さすがにお墓の写真を上げるのは気が引けたので…)

せっかくなので駅を見てこようと少し足を運びます。
201601-02347.jpg



201601-02353.jpg
会津塩沢駅、1965年開業。
2011年7月30日新潟福島豪雨により営業休止、同年11月1日バスによる代行運転開始。

201601-02355.jpg
本当のところを言うと、次の代行バスまで寒さをしのげればと…駅には待合室があるだろうと思いやってきたら…入れませんでした…。

201601-02362.jpg
いつか鉄路が繋がるその日を信じて…駅はまだ生きています…。

201601-02383.jpg

201601-02390.jpg

201601-02397.jpg
ずいぶん回りくどいことをグダグダ言っておりますが…こんな絶景が見られる只見線…とっとと復旧させないと損失だと僕は思います。


忘れなければ続く、、、。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 春風 福島県の放浪記 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016春風 福島県の放浪記 EX#1 只見線車窓

福島県の放浪記、少々番外編を…。

実のところ、1月に只見線を訪問していたのですがお蔵入り…この路線も福島県ということで…時期が前後しますが、ここで紹介しようと思います。


201601-02033.jpg
小出駅、1923年開業。
前日は越後湯沢に宿泊し、始発列車で小出駅までやってきました。

201601-02047.jpg

201601-02104.jpg
小出758只見行き 2422D

201601-02111.jpg
正直、只見線は復旧を待って訪問しようと思っていたが…復旧の見込みが立たない上に、車両の更新の話しがあったので、これは急がねばと…。
復旧した際には再訪すればいい。

201601-02147.jpg

201601-02153.jpg

201601-02159.jpg

201601-02170.jpg

201601-02179.jpg
今年は暖冬。
それもあってあまり乗り気ではなかったが…車窓を見て一変。
夢中になって車窓を撮り続けた。
これでも雪は少ない方なのかも知れない。

201601-02200.jpg



201601-02221.jpg
只見駅、1963年開業。

忘れなければ続く、、、。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 春風 福島県の放浪記 | 23:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016春風 福島県の放浪記 その17 江田駅/帰路

小川郷1553発郡山行き 743D
201604-8140.jpg
郡山方面へ一駅戻ります。



201604-8149.jpg
江田駅、1948年仮乗降場として開業、1987年国鉄民営化にともない駅に昇格。
背後にある、お食事処「朝日屋」さんがいい感じです。

201604-8147.jpg

201604-8148.jpg
寒冷地の割には珍しく…駅舎がなく簡単な待合所があるだけです。

201604-8151.jpg

201604-8153.jpg
レンガの土台があるところを見ると…駅舎かそれに類するものが存在したような気がします。

201604-8159.jpg
夏井川渓谷は風光明媚なところらしいです。
紅葉のシーズンが素晴らしいとか…。

201604-8156.jpg
この飾り気のない感じ…とても好きです。
国鉄末期まで仮乗降場だったところを見ると、開業時からあまり代わり映えのない風景なのかも知れません。

201604-8160.jpg

201604-8166.jpg
江田1622発いわき行き 736D
急勾配をキハ110が駆け下りてきます。

当初の予定ではこの駅では降りず、郡山まで向かい、そこから東北本線を南下。
白河駅が夜間ライトアップされるようなのでそれを見て東京方面へ…と考えていたのですが…ヘビーに疲れていたので、常磐線で帰ることに…。
この江田駅には寄らない予定だったので、それはそれでよかったかと…。

201604-8176.jpg

201604-8177.jpg
最後に見た福島の車窓は…春の訪れを知らせていました。

201604-8182.jpg
いわき1654発水戸行き680M
常磐線、高萩駅の木造駅舎を見て帰りたかったのですが…気がついたら日立駅…。
また近いうちに行かなくちゃ…。

201604-8200.jpg
水戸1940発上野行き 462M
この日は新宿まで行き、高速バスで名古屋へ帰る予定。
高速バスの時間までは…まだ早すぎるということで…。

201604-8209.jpg
我孫子駅で途中下車、お目当ては一度食べたいと思っていた弥生軒のからあげそば。

201604-8207.jpg
本音を言おう、おそばが要らない…つゆとからあげだけで十分。
このからあげを2枚のせるという人もいるっていうんだから、恐ろしい…。

その後、常磐線で上野駅へ、山手線で新宿駅、高速夜行バスで名古屋までの帰路でした。



最後の写真が「からあげそば」なので、何の説得力もありませんが…お花の写真が多く、「福島の春」にずいぶん助けられた気がします。
来月には常磐線の原ノ町~小高駅が運行再開するらしく、近いうちに訪問したいと考えています。

河北新報「<常磐線>小高-原ノ町 5年ぶり鉄路に響き」
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201606/20160610_63012.html

JR東日本「常磐線(小高駅~原ノ町駅間)の運転再開について 」
http://www.jrmito.com/press/160531/press_01.pdf

末筆になりますが、駄文、珍文におつきあいいただきまして、ありがとうございました。

~終~

(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

≫ Read More

| 春風 福島県の放浪記 | 23:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016春風 福島県の放浪記 その16 小川郷駅

川前1423発いわき行き 732D
201604-8036.jpg
磐越東線、川前駅からいわき方面へ2駅戻ります。



201604-8037.jpg
小川郷駅で下車します。

201604-8046.jpg
木造の待合室、なんだか…駅寝したくなる気分です。

201604-8047.jpg
この駅も白河駅や、小野新町駅とおなじく上屋と駅舎を地下道で結ぶスタイルです。

201604-8050.jpg
まったく無知で申し訳ないのですが、詩人の「草野心平」さんの生家がこの駅の最寄にあるそうです。
むしろこういう旅先での発見から、のめり込むこともあるので無知も悪いことじゃありません…(その後忘れてましたが…)。

201604-8071.jpg
小川郷駅、1915年開業。

201604-8073.jpg

201604-8060.jpg
こちらも木造駅舎です。
合併前の旧小川町の中心だったらしく、立派な駅舎が残ります。

駅舎の中は…
201604-8075.jpg
本がいっぱい。
これも、草野心平さんに関連して…「なんとか文庫」だったような…うろ覚えですんませんm(__)m。

201604-8074.jpg

201604-8078.jpg

201604-8128.jpg
無人駅ではありますが、キレイに整理整頓されて、なんとなく人のぬくもりを感じる駅舎です。

201604-8121.jpg

201604-8127.jpg
故郷の駅がこんな駅だったらいいよなぁ~という感覚…この駅にはまた戻ってきたい、そんなことを思いました。

201604-8132.jpg
小川郷1553発郡山行き 743D


そろそろ、この旅もラストが近づいてきました。


忘れなければ続く、、、。

(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 春風 福島県の放浪記 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016春風 福島県の放浪記 その15 川前駅

201604-7939.jpg
いわき1203着。
常磐線、車両はこの531系ばかり…415系も退役らしい。

201604-7942.jpg
いわき駅で次の列車まで1時間ほど時間が余り、かといって食事は先ほど済ませたので…コーヒーを飲んで時間を潰します。
本音を言うとこの時点でずぶ濡れ、体力を奪われて…。

しばし休んだあと、
201604-7950.jpg
いわき1313発郡山行き 737D
磐越東線へ。ここもけっこうな難所でして…1日8本。
この一つ前の列車は8時台。

車窓はなかなか素晴らしく、
201604-7957.jpg
古い水力発電所、

201604-7962.jpg
石造りのトンネル、

201604-7966.jpg
夏井川沿いを登っていきます。

201604-7972.jpg
いわきから4つ目の駅で下車します。



201604-7975.jpg
川前駅。

201604-7976.jpg
ホーム上の待合室は木造。

201604-7982.jpg
季節が若干寂しい季節ではありますが、なかなか雰囲気のよい駅です。

201604-7984.jpg
駅舎の方も木造駅舎です。

201604-7988.jpg
手書き感と必要のなさそうな英字表記がいい感じ。

201604-7991.jpg
川前駅、1917年開業。

201604-7994.jpg
春に訪れておいてなんですが、なんとなく夏がよさげな駅です。
夜になるとウシガエルが鳴いていそうです。

201604-7998.jpg

201604-8001.jpg

201604-8013.jpg

201604-8002.jpg

201604-8023.jpg
川前1423発いわき行き 732D


いわき方面へ戻ります。

(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 春風 福島県の放浪記 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016春風 福島県の放浪記 その14 四ツ倉駅

久ノ浜1017発いわき行き 670M
201604-7874.jpg
久ノ浜駅から一つ目の駅で下車します。

201604-7879.jpg
凡な表現ばかりですが、こちらも木造駅舎

201604-7881.jpg
業務委託駅。

201604-7883.jpg
まずまず駅舎内は広めの印象です。

201604-7885.jpg
さらに駅舎の外にも屋根のあるスペースが…。
海水浴場などもあり、かつては多客時にはこちらに臨時の改札が開かれたと想像します。

201604-7897.jpg




201604-7886.jpg
四ツ倉駅、1897年開業。
2011年3月11日東日本大震災により運休、4月17日より運行再開。

201604-7898.jpg

駅から少し歩いてみます。
雨だったので訪問をやめようかと思っていたのですが、このタイミングですこし小雨になったので…。

201604-7901.jpg
15分ほど歩くと「道の駅よつくら港」があります。
まあ、えきめぐりをしているのに「道の駅」を紹介する本末転倒ぶりですが…。

お目当てはこちら…。
201604-7916.jpg
「メガ」じゃなくても海鮮丼なら何でもよかったです。とにかく安い。

201604-7912.jpg
失敗したなぁ…と思ったのは、これお刺身の量が「メガ」だと思っていたら、ご飯の量も「メガ」なわけで…。
食べても食べても、減らない…減らない…酢飯地獄。
いやいや…お腹一杯食べさせてもらえて嬉しかったです。

201604-7919.jpg
このあたりも海岸線の工事を行っていました。

201604-7921.jpg
お腹も満たされ、駅へと戻ります。
このポジションで見ると右側のスペースはあとから拡張されたように感じられます。

201604-7925.jpg

201604-7929.jpg
四ツ倉1154発いわき行き 672M

常磐線、いわきより北7駅を訪問終了。
ここからは少し延長戦。

忘れなければつづく、、、。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 春風 福島県の放浪記 | 23:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016春風 福島県の放浪記 その13 久ノ浜駅

竜田837発水戸行き 668M
竜田から4つ目の駅で下車します。



201604-7793.jpg
久ノ浜駅。

201604-7780.jpg
…なにか遠足かなにか…活気があっていいことです…。

201604-7785.jpg

201604-7786.jpg
この駅にも開業時からのランプ小屋が残ります。

201604-7787.jpg
そしてこちらも木造駅舎。

201604-7791.jpg
中は改装されてキレイですが…。

201604-7797.jpg
照明は減灯しています…。
福島でつくったエネルギーを東京へ送っていたのに、あの事故のあと減灯となると福島にあるこの駅も影響を受けるのかという…。
「省エネ」って言う便利な言葉で…まあ、誰が儲かってんだか??

201604-7804.jpg
久ノ浜駅、1897年開業。
2011年3月11日東日本大震災により運休、同年5月14日営業再開。

201604-7811.jpg
時期こそ違えど、震災後久ノ浜地区を毎年訪問している。
最初の夏に訪問したときに、常磐線水戸方面から一番北にある運行再開駅だったため。
以来復興の進捗具合を見るっていったらおこがましいが…なにか縁があるわけじゃないけど、ここを訪れるのを楽しみにしてる。

201604-7814.jpg
今年は花の時期にやってきてみました。

201604-7817.jpg

201604-7821.jpg
昨年訪問したときは「土が持ってあるだけ」って感じでしたが、しっかり踏み固められている感じがします。

201604-7820.jpg

201604-7823.jpg
ゆっくりですが、町が戻ってきているような気がします。

201604-7831.jpg
橋も底上げをして建て替えられるようです。

201604-7854.jpg
(この岸壁は津波で削られた…とかではなく、元々こういう険しいところらしいです。)

201604-7837.jpg
この日は嵐のような荒天でしたが…晴れていれば、青く穏やかな海が見られます。
なにかあの日の無力感を忘れないようにしようと…そんなことをぼんやり考えていました。

201604-7864.jpg
駅へ戻ります。
また来年、訪れようと思っています。
そのときはまた違った風景が見られることを信じて。

201604-7866.jpg
久ノ浜1017発いわき行き 670M


忘れなければ続く、、、。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 春風 福島県の放浪記 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT