乗り鉄放浪記

主に18きっぷで乗り鉄放浪しております。放浪で思ったこと、感じたことを綴っています。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2016梅雨 ある日突然、四国の放浪記 その9 琴電/帰路

201606-3886.jpg
琴平1958着。

201606-3902.jpg
駅員さんの姿はすでになく…これに運賃を入れるのはずいぶん久しぶりな感じがします。
釣り銭がなくちょうどあったのが幸いでした。

201606-3915.jpg
頑張って現像してみたのですけど…にじみがどうにもならん、残念。
ネオンサインがパチ屋みたいで…この姿も見納めです。

201606-3922.jpg
しばし歩き琴電琴平駅へ。
運賃的にこちらの方が若干安かったのと、高松の中心街へ向かうので琴電を選択。
地味にはじめての琴電。

201606-3926.jpg
burning sさんのブログで琴電には名古屋市営地下鉄東山線のおふるが走っていると聞いていたので少し期待しましたが…この黄色い電車は京急さんのおふるらしい。
「ハマの赤いあんちくしょう」が高松で黄色い電車になるとは…こちらも末永く活躍してもらいたい…ジェットコースターな乗り心地の電車でした。

201606-3929.jpg
瓦町で下車。
列車内でおいしそうなうどん屋をリサーチ。
が、そのお店へ行ってみると…シャッターが閉まっていた。
正直クタクタに疲れていたので…うどんが最後の望みだったのですが…心が折れる折れる。。

201606-3930.jpg
骨付鳥も食べてみたいのですが、たぶん黄色いシュワシュワの飲み物が欲しくなりそうで…このクタクタな身体にシュワシュワを取り入れたらその場でへたり込みそうなぐらい疲れていたので…ここはがまんがまん。

201606-3931.jpg
10分ほど歩き営業しているうどん店を発見。

201606-3936.jpg
ぶっかけうどん、うまい、うますぎる…。

201606-3939.jpg
2度ほど高松は訪問したことがあるのですが、2度とも高松駅だったので中心街は初めての訪問です。
アーケードの商店街がながく、びっくりするぐらい都会でした。

201606-3943.jpg
高松のはなまるうどんはやっていけるのかと??ふとした疑問。。

ボチボチ歩き高松駅へ。
201606-3948.jpg
サンライズがいれば入場券で入ろうかとも思ったが、とっくに出発していました。
マリンライナーの展望席も一度乗って見たい。

201606-3952.jpg
そしてこの日は名古屋行きの高速バスで帰ります。
嬉しいことに名鉄バス、高松線のキャンペーンをやっていまして3900円という破格な金額でした。
名古屋を出て、36時間後に名古屋へ帰るという超弾丸旅行もこれにて家路へ。



四国の未踏路線の乗りつぶしと琴平駅訪問。
2つの目的を果たした上に、坪尻駅訪問もでき、急遽決まった旅行の割に満足な旅行でした。
四国は遠くない日にまた訪問したいと思っています。

読者の皆様には、駄文、珍文におつきあいいただきましてありがとうございました。
今後ともお付き合いいただけましたら幸いに存じますm(__)m

~終~

(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 梅雨 ある日突然、四国 | 23:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016梅雨 ある日突然、四国の放浪記 その8 土讃線 坪尻駅

琴平1744発大歩危行き 4245D
201606-3739.jpg
あらかじめ買っておいたこのきっぷ、阿波池田方面へ戻ります。

201606-3740.jpg
6月なのにまだ新緑のようなもみじ、山深い土地なので意外と寒いのかも知れません。

201606-3741.jpg
駅手前で側線へ入りスイッチバック。
ホーム入線後、どのタイミングで降りたらいいのか分からず…結局後ろ側のドアから降りました…。

201606-3753.jpg

201606-3768.jpg

山深い森の中にある…
201606-3778.jpg
小さな木造駅舎。

201606-3774.jpg

201606-3784.jpg

201606-3789.jpg
通過する特急南風。
自身の無知っぷりを披露するだけなんだが…こんな小さな勾配でも一度停まると動けなくなるものなんだなぁ…と。
あとから生まれた人間にとってはとても不思議な光景に写ってしまう。
(よく見るとけっこうな急勾配なんですけど…)

201606-3775.jpg

201606-3792.jpg

201606-3800.jpg
駅舎内は狭め。18きっぷのシーズンを外したのが功を奏したか、秘境駅にひとりぼっち。
なにぶん、ビビりな性格なもので…飯田線の小和田駅同様…けっこう怖かったです…。



201606-3804.jpg
坪尻駅、1950年開業。

201606-3809.jpg
マムシの絵が可愛すぎる…。

201606-3811.jpg


201606-3815.jpg
マムシなんかより…虫がスゴかった…正確に言うと虫の死骸が…。
「モスラかよっ!!」っと言いたくなるような、巨大な蛾の死骸がベンチの間に挟まっていて…結局座る勇気がなく…ずっと立ってました…。

201606-3826.jpg

201606-3839.jpg

201606-3857.jpg
今回、久しぶりにバルブ撮影に挑戦してみました…バルブ撮影やってみると楽しくて、あっという間に時間が過ぎます…。
それも、この駅の魅力がそう感じさせたのかも知れません。

201606-3863.jpg
坪尻1925発琴平行き 4248D
そして…雨とバルブ撮影の相性の悪さ…水滴はキチンと拭かないと…毎度、詰めが甘い…。

忘れなければ続く、、、。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 梅雨 ある日突然、四国 | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016梅雨 ある日突然、四国の放浪記 その7 土讃線 琴平駅

善通寺駅から一駅で下車します。

琴平駅。

201606-3573.jpg
岡山から土讃線直通の列車の一部に西日本の115系が充てられているようです。
マッキイロ、まさか四国で出会うとは…。

201606-3565.jpg

201606-3580.jpg

201606-3611.jpg

201606-3617.jpg

なぜ突然、四国へやってきたかと?
それはこの記事を見たため。

マイナビニュース
「JR四国、琴平駅の開業当時の外観を復元 - 耐震補強・内外装改修工事を実施」

http://news.mynavi.jp/news/2016/05/31/388/

琴平駅、過去に訪問したことがあるが記憶になく…工事が始まる前に再訪しておこうと…。
なんとなく…こんなニュースには悪い予感しかなく…。
6月の休日の予定を確認したら、もうこの日しかない!!と急遽訪問。

201606-3587.jpg
現駅舎での開業時の写真、改修後のイメージはこんな感じです。

201606-3624.jpg

201606-3626.jpg

201606-3628.jpg
(すでにセブンイレブンに浸食されてますが…)

201606-3629.jpg


201606-3638.jpg

201606-3639.jpg

201606-3661.jpg
琴平駅、1889年開業。
石灯籠の並ぶ、「こんぴらさんの駅」、現駅舎は齢93歳。

201606-3644.jpg
ネオンサイン、夜になると光るらしい…ある意味では今の状態の方が魔改造状態なのかも知れない…。

201606-3634.jpg
もちろん何度か改修はされていると思いますが…新しい改修の前に今の姿を写真に納めることができてよかったと思います。

201606-3669.jpg
大正浪漫の木造駅舎。
どうか、そのイメージを壊さず…改修がされますように…狛犬さんもにらみを効かせています見守っています。

201606-3675.jpg

201606-3697.jpg

201606-3680.jpg

201606-3682.jpg

201606-3720.jpg
琴平1744発大歩危行き 4245D

時刻は午後5時を過ぎ、琴平駅訪問という目的も果たしましたが…せっかくここまで来たので…あの駅を訪問したいと思います。



忘れなければ続く、、、。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 梅雨 ある日突然、四国 | 23:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016梅雨 ある日突然、四国の放浪記 その6 土讃線 善通寺駅

穴吹1432発阿波池田行き 451D
201606-3430.jpg

201606-3432.jpg
佃駅、この駅で徳島線も完乗。
JR四国、残すは内子線と牟岐線…微妙な残し方ですが…まあまあそのうち…。

201606-3443.jpg

201606-3444.jpg
終点、阿波池田駅に到着。

201606-3447.jpg
ロールパンナちゃん、アンパンマンのキャラクターで一番好きです。
(姪っ子と見ているうちにアンパンマンにハマってしまった…悲しきおっさん…)

201606-3463.jpg
上下の特急南風がここで列車交換します。

201606-3464.jpg
阿波池田1424発岡山行き 46D 特急南風16号
姪っ子に自慢しよう、アンパンマン列車に乗ったよって!!
(ますます悲しい…おっさん…)

201606-3473.jpg
秘境駅で有名な坪尻駅。国境の深い森を越えます。

201606-3494.jpg
途中下車します。

201606-3499.jpg
こちらも木造駅舎です。



201606-3511.jpg
善通寺駅、1889年開業。

201606-3507.jpg

201606-3515.jpg
諸説あるようですが…現存する駅舎では日本最古の駅舎ともいわれています…。

201606-3502.jpg
難しいところは現存駅舎日本最古レースの対抗馬が我が愛知の「亀崎駅」…正直どちらもキレイに改装されていますから…そこまで古さを感じないというか…。

201606-3533.jpg
セブンイレブンは確かに便利ではあるんですが…もはやどっちが本業かと??
JR四国も賃借料の収入があるとはいえ、そういうところにこだわりをもって欲しかったかな…と思います。

201606-3523.jpg

201606-3526.jpg

201606-3543.jpg

善通寺(お寺さんの方)も訪問してみたかったのですが、先を急ぎます…。
201606-3554.jpg
善通寺1627発琴平行き 2541M

最初に購入した切符は鳴門から善通寺まで、一区間分のきっぷを購入し、阿波池田方面へ戻ります。
ここでやってきたのは、まさかのマッキイロ…。

忘れなければ続く、、、。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 梅雨 ある日突然、四国 | 23:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016梅雨 ある日突然、四国の放浪記 その5 徳島線 穴吹駅

学1322発穴吹行き 4449D
201606-3342.jpg

201606-3343.jpg

学駅から4つ目の駅で下車します。
201606-3348.jpg
三角屋根が特徴的な木造駅舎の駅。



201606-3359.jpg
穴吹駅、1914年開業。

201606-3351.jpg
直営駅。
剣山の登山口の最寄駅らしく、登山客の方が数名いらっしゃいました。
駅員さんが、「コインロッカーはないの?」というお客さんからの質問に「ここ(改札)で預かりますよ」と答えていた。
手荷物の預かりを今でもやっているんだなと…。

駅の撮影もほどほどに…また40分ほど待ち時間があるので事前にリサーチしておいたお店へ。
201606-3364.jpg
「のぶうどん(食べログ)」というセルフうどんのお店へ。
うどんといえばお隣の「うどん県」が有名ですが、四国で食べるうどんはどこもうまいです。
メニューがとにかく安い…ぶっかけうどん大350円を注文。

201606-3368.jpg
混ぜた後なので少し汚い感じですが…流行りのセルフうどんチェーン店とは何だったのか??と思うぐらい麺の弾力が素晴らしく…。
渡された瞬間、量が多いなぁ…とすこし悩みましたが、麺のゆで時間の半分ぐらいの時間で完食、量に物足りなさを感じるほど…おいしかったです。

さて駅へ戻る前に…
201606-3354.jpg
駅の目の前にあったお菓子屋さん。

201606-3377.jpg
「日之出本店」さん、かつてはプラットホームで立ち売りをしていた「ぶどう饅頭」が有名らしい(HP)。

201606-3389.jpg
ふらっとのぞいてみたらお茶と菓子が出てきまして…心遣いが嬉しかったので「ぶどう饅頭」を土産に購入。
一風変わった串に刺さった饅頭??でしたが、職場で美味しくいただきました。

話しがずいぶんそれましたが…駅舎の方へ。
201606-3382.jpg
苔生す屋根瓦。

201606-3380.jpg
この三角屋根も民営化後、この形に改築されたようです。
こちらは学駅とは違い、採光窓の役割を果たしていました。

201606-3400.jpg

201606-3398.jpg
穴吹駅、駅以外の話題が多くなっちゃいましたが…。

201606-3405.jpg

201606-3406.jpg

201606-3411.jpg
穴吹1432発阿波池田行き 451D
2時間に1本の阿波池田行きへ乗車します。



忘れなければ続く、、、。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 梅雨 ある日突然、四国 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016梅雨 ある日突然、四国の放浪記 その4 徳島線 学駅

普通乗車券のため行きつ戻りつが出来ない旅。
201606-3257.jpg
徳島線、穴吹駅までは日中約40分間隔なので降りやすいと言えば降りやすく、途中下車をします。

201606-3262.jpg

201606-3258.jpg

201606-3264.jpg
木造駅舎の残るこの駅。



201606-3273.jpg
学駅、1899年開業。

201606-3318.jpg

201606-3279.jpg
入場券が学業成就のお守りとして有名のようです。
「学駅」に「入場」という意味で「入学成就」という…ダジャレってますね。
受験などほぼ無縁で生きてきたので…こういう感覚がイマイチ分からないのですが…藁にもすがりたい気持ちなのですね。

201606-3276.jpg
駅舎の特徴としてはこの櫓。
おそらく古い木造駅舎に民営化後に設置された採光窓かと??
駅舎の中に入ってみて唖然…。

201606-3278.jpg
特に採光窓的な役割があるわけでも無く…こういう変わったデザインなのです。
JR四国にもお金があった時代にこんな感じに改装されてしまったのでしょう。

201606-3281.jpg
無人駅。

201606-3288.jpg
駅舎の中もキレイに改装されています。

201606-3306.jpg

201606-3317.jpg

201606-3327.jpg
学1322発穴吹行き 4449D
「勘弁してくれ」と言いたくなるような雨が強くなってきましたが…先へ進みます。


忘れなければ続く、、、。

(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 梅雨 ある日突然、四国 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016梅雨 ある日突然、四国の放浪記 その3 高徳線佐古駅/徳島線牛島駅

池谷1119発徳島行き 4963D
201606-3165.jpg

201606-3173.jpg
吉野川を渡ります。四国三郎、海のように大きな河川でした。

201606-3177.jpg
梅雨なので仕方ないことですが…今年は旅に出ると雨に降られることが多い。

201606-3183.jpg
池谷駅から3つ目の駅で下車します。



201606-3184.jpg
佐古駅、1935年開業。
高架駅なのであまり興味のないと思っていたら…。

201606-3188.jpg

201606-3189.jpg

201606-3193.jpg
なかなか古くさい感じがしてよかったと思います。

201606-3197.jpg
高徳線と徳島線の分岐駅ですが…昼間は無人駅のようです。
ちょうど駅員さんが居なくなる直前でした。

201606-3206.jpg

201606-3207.jpg
踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…阿波ってますね。

201606-3202.jpg

201606-3213.jpg
佐古1148発阿波池田行き 4447D

201606-3220.jpg
単線同士の分岐、右の分岐は先ほど乗車してきた高徳線。
今回は分岐を左方向へ、徳島線、こちらも未踏路線。

201606-3221.jpg

201606-3222.jpg

201606-3223.jpg
牛島駅で列車交換のため15分ほど停車。

201606-3224.jpg
ここも事前リサーチでは古そうな駅舎が残っていたので期待していたのですが…見るも無惨な形で…。

201606-3230.jpg
こちらのホームの上屋は少し古そうです。

201606-3243.jpg
徳島行きの特急列車を見送り、徳島線を更に先へ進みます。


忘れなければ続く、、、。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 梅雨 ある日突然、四国 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016梅雨 ある日突然、四国の放浪記 その2 高徳線 池谷駅

鳴門1005発徳島行き 4961D
201606-3045.jpg
この車両、座席配置も変わっている…ロングシートと転換クロスシートの折半。
JR四国によくある座席配置ですが、初めて見たときはけっこうな驚きでした。

201606-3049.jpg
鳴門線、高徳線の池谷駅から鳴門駅まで8.5kmを結ぶ短い路線。

201606-3055.jpg
民家の裏側を走ります…。
こういう路線はどちらかといえば電化されている路線が多いと思いますが、気動車とは珍しい。

201606-3058.jpg

201606-3066.jpg

201606-3068.jpg

201606-3070.jpg
20分弱で高徳線との分岐駅へ…鳴門線、あっという間に完乗。
そしてこの駅で途中下車します。



201606-3078.jpg
池谷駅、1916年開業。

この駅、ずいぶん変わった配置になっています…。
201606-3087.jpg
もっと広角のレンズがほしいところですが…左が高徳線、右が鳴門線、左右に分かれる線路の真ん中に駅舎が建っています。
訳あり感というか?苦肉の策というか?こういう駅の方が好きです。

201606-3092.jpg

201606-3096.jpg
瓦屋根の木造駅舎。

201606-3095.jpg
無人駅。
駅舎は小ぎれいに改装されていて少し残念…。

201606-3100.jpg

201606-3101.jpg
無人駅でも、ポイントが突如動き出し…びっくりしましたが…。
次にやってくるのは特急うずしお。

201606-3105.jpg

201606-3115.jpg
ああ、そうか…と納得してしまうのも寂しいが、特急なのに2両とはすこし寂しい。

201606-3137.jpg

201606-3144.jpg

201606-3150.jpg
いいんですよ、いいんですよ、JR四国はこれで…面積も小さいわけですし。
速達大量輸送がいいんだったら新幹線にでも乗ってろ!!ってことで…。
ほら、写真にも納めやすい。

201606-3162.jpg
池谷1119発徳島行き 4963D
「特急うずしお」から乗り換えた女子旅の方たち。
「一両の電車なんて初めて乗る~」っと…喜んで写真に納めていました。

のどかなローカル線の旅を続けます。


忘れなければ続く、、、。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 梅雨 ある日突然、四国 | 23:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016梅雨 ある日突然、四国の放浪記 その1 鳴門線 鳴門駅

6月上旬、あるニュースが「四国」へ行かねばと決心させる。
その数日後のお話し…。

2016年6月12日。
201606-2953.jpg
前日仕事終わりに近鉄特急で大阪へ。
一泊した後、早朝、大阪から徳島行きのバスに乗る。
突然の旅だったのでバスに空きがあるか不安でしたが、往路も復路も無事確保。

201606-2975.jpg
明石海峡大橋で淡路島へ。

201606-2984.jpg
似たような橋ですが…こちらは大鳴門橋。
一度ここには自動車で訪問したことがあります。
道路下には、うずしおを見ることができる施設がありますが、もともとは将来四国新幹線が通るために設けられたスペースで、そこを利用してうずしおを見られるようにしています。
四国新幹線開業時には見られなくなると思いますが、それはずいぶん先の話しかと…。

201606-2990.jpg
四国上陸、高速鳴門バス停で下車します。

201606-2991.jpg
鳴門市。
ポカリスエット、オロナイン、カロリーメイト等で知られる大塚製薬の企業城下街。
僕はポカリスエットを水で割って飲むのが好きです。

鳴門駅を目指して歩いていたのですが、その途中に出会った乗り物。
201606-2994.jpg
これも鉄道に分類されるのでしょうか??
昇降機(エレベーター)のような感じもしますが…。

201606-2992.jpg
すろっぴーという乗り物。
高速鳴門のバス停までが急坂なのでこれで登るようです。
無料っぽいので試しに乗ってみます。

201606-2996.jpg
まあ…どうってことはない…こんなものに乗りましたという報告です。

201606-2998.jpg
鳴門市(旧板東町)出身、板東英二。
甲子園優勝投手にして、一大会最多奪三振記録(83個)をもつ名投手。
ゆでたまご愛好家としても有名。
個人的にポスターを見て沸きました。(世間的にはまだ許されていないようですが…)

…まあまあ、寄り道だらけで申し訳ありません…15分ほど歩き目的の駅へ。


201606-3002.jpg
鳴門駅、1928年開業。

201606-3009.jpg

201606-3010.jpg

201606-3029.jpg
跨線橋より。
鳴門線も未踏路線なのでここからまず攻略しようと。
ずいぶん前から四国へ行くにはこのルートで…と決めていました。

たしかJR四国には、週末に普通電車が乗り降り自由なきっぷがあったはず…と調べたが…「四国再発見早トクきっぷ」は前日までに購入しなければならない。
他にいい割引きっぷもないので…今回は普通乗車券で…。
201606-3017.jpg
でも、普通乗車券でもそんなに高額ではなく…行きつ戻りつができないのは、若干わずらわしさを感じますが…。

さてどんな車両が来るかと…楽しみに待っていると、やってきたのは…
201606-3044_20160624201912f83.jpg
鳴門1005発徳島行き 4961D
1500形という車両らしい。
おそらく初めて見る車両だと思いますが…前回、JR四国を訪問したとき、独特の進化をとげた「ガラパゴス」と表現しましたが…JR四国、いつも新鮮な感覚があり…ワクワクします。

忘れなければ続く、、、。

(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 梅雨 ある日突然、四国 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |