乗り鉄放浪記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016立春 続・JR北海道の放浪記 その20 小樽駅

銭函駅から小樽方面へ。
201602-4525.jpg

201602-4530.jpg

201602-4532.jpg
銭函…しぶきを浴びるほど日本海の近くを走ります。
最初にこの路線を訪れたときびっくりしました。
そして…「デンシャが早く錆びる」…と思いました。。
実際のところ…どうなんでしょうか。

201602-4540.jpg

201602-4542.jpg
終点の小樽で下車。

201602-4548.jpg

201602-4549.jpg
季節側駅舎内にもひな人形が飾ってあります。

201602-4550.jpg

201602-4556.jpg
小樽駅、1903年開業。

201602-4566.jpg
1934年に建てられた駅舎、登録有形文化財になっております。

201602-4572.jpg
山線はこの日、大雪で大荒れ。
この路線、僕もはじめて乗車したとき、大雪で運休、代替バスに乗車しました。

201602-4581.jpg

201602-4578.jpg
小樽にゆかりある石原裕次郎さん、4番ホームに「裕次郎ホーム」の愛称が付いています。

201602-4596.jpg
えきめぐりも小樽駅にて終了、最後の列車に乗り込みます。
この最終日、北海道にしては多くの駅を訪問でき、えきめぐりが本当に楽しかったです。


201602-4603.jpg
uシートで珍しく購入した駅弁を食べます。
JR北海道の特急に乗車すると読める冊子に、このお弁当の記事があって一度食べてみたかった。

201602-4604.jpg
ヒモを引っ張ると温まるシリーズ…温まるのは嬉しいんですけど…量が少ないのが残念。。
量が多いと温まらなくなるので、そこは痛し痒しです。。


201602-4616.jpg
新千歳空港駅へ到着。
北海道は新幹線ではなくてもいいと思っている。
むしろ、この新千歳空港駅の在り方が、それを物語っているんじゃないかと…。
新幹線を札幌延伸するより、ここをハブ化して、道内のネットワークを充実させた方がいい…個人的には思います。
もっとも、トワイライト、北斗星、カシオペアがあればそちらを選びますが…。

201602-4628.jpg
白滝を再訪したく、北海道へ。
アクシデントはありましたが…むしろ強く印象に残る旅路でした。

改札を越えれば…この幸運な旅路も終わる。
ありがとう北海道、また会う日まで…。





~終~


これにて「続・JR北海道の放浪記」最終回です。
駄文、珍文にお付き合いいただきありがとうございました。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 立春 続・JR北海道 | 23:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016立春 続・JR北海道の放浪記 その19 銭函駅

札幌駅で下車。
201602-4370.jpg
キハ201系…レアキャラとはいえ…札幌近郊は全部この顔になってしまった。
本音で言ってよく分からん…。

201602-4382.jpg
駅そば、温まります。
このとき食べた山菜そばに食感が「モキュモキュ」した山菜が入っていて、ものすごく美味しかったのですが…
それがいったいどんな名前の山菜だか分からず…このあとも、ここで山菜そばを食べているのですが、そのときは入ってなく…いまだに謎の山菜。
ひょっとしたら…北海道固有のものなのかなと想像します。

201602-4388.jpg

201602-4396.jpg
函館本線を小樽方面へ進みます。





201602-4414.jpg
札幌から10駅目で下車。

201602-4417.jpg
木造駅舎。

201602-4422.jpg
銭函駅。

201602-4431.jpg
この変わった駅名は、かつてニシン漁で財をなし、ここに銭函(銭箱)が積まれていたからという…なんとも北海道らしいエピソード。

201602-4427.jpg
跨線橋より…日本海を望みます。

201602-4435.jpg

201602-4441.jpg
銭函駅、1880年開業。

201602-4518.jpg
北海道、最古の駅のひとつ。

少し歩いて日本海を望める場所へ。
201602-4450.jpg

201602-4451.jpg

201602-4457.jpg

201602-4459.jpg

201602-4470.jpg
この一年前、北陸本線を旅したとき、越中宮崎駅や親不知駅で見た日本海と同じく…荒々しい海。
日本海はとてもいい…なにか懐かしいものに出会えた気持ちになりました。






201602-4524.jpg
さて、駅へ戻り…小樽方面へさらに進みます。





忘れなければ続く、、、。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 立春 続・JR北海道 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016立春 続・JR北海道の放浪記 その18 苗穂駅

201602-4255.jpg
当ブログ、準レギュラーのばん馬さん。

201602-4257.jpg
岩見沢駅で乗換のため下車。
この日は3月1日、卒業式の日でした。

201602-4282.jpg
スーパーカムイで一路札幌へ。

201602-4292.jpg
札幌から折り返し一駅、苗穂駅で下車。

201602-4304.jpg

201602-4306.jpg
ご存じ苗穂…車両基地、兼工場。
いろいろな車両を見ることができる。

201602-4296.jpg
ラッセル車ってのはああいう仕組みになっているんだと今更ながら納得する。
流氷ノロッコ号が廃止になった理由も、冬期に使用できるディーゼル機関車がなくなってしまったからと聞いた。

201602-4317.jpg
スラントノーズさんも休憩中でした。

201602-4309.jpg
もっと近くで見たいと…跨線橋の方へ向かうとこちらは「社員専用」らしい。
それにしても、いまどき無防備すぎる…せめてトラロープぐらい張った方がいいんじゃないかと。

201602-4311.jpg

201602-4340.jpg

201602-4344.jpg
木造駅舎…なんですが外側にアーケードを増設した模様。

201602-4351.jpg
苗穂駅、1910年開業。

201602-4355.jpg
やっぱり、一見すると木造駅舎には見えません…。

201602-4363.jpg
ホーム側から見ると木造駅舎だと分かりやすいかもです。

201602-4364.jpg

201602-4365.jpg
再び、札幌方面へ戻ります。
ここでやってきたのはレアキャラのキハ201系。



忘れなければ続く、、、。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 立春 続・JR北海道 | 23:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016立春 続・JR北海道の放浪記 その17 茶志内駅

201602-4186.jpg
光珠内駅から2駅目で下車。

201602-4188.jpg

201602-4191.jpg
茶志内駅、1916年開業。

201602-4193.jpg
元々は2面4線でしたが…片方のホームは跨線橋が塞がれています。

201602-4202.jpg

201602-4210.jpg
コンクリート造りの平屋の駅舎です。

201602-4212.jpg

201602-4214.jpg
幸せの青い鳥…壁画です。

201602-4217.jpg
無人駅。
駅舎内は広く…なぜだか、テーブルが…校外学習でもやるんですかね…。

201602-4219.jpg
置いてあったシカさんのフィギュア。

201602-4221.jpg
伝言板と…以前にはキオスクがあったんじゃないかと思わせるシャッター。
木造駅舎等ではないのですが…なにか往時を思わせるものが色濃く残っており…いい駅でした。

201602-4227.jpg

201602-4222.jpg
改札はないとのことで…列車の時間になったらホームへ進みます。

201602-4234.jpg

201602-4244.jpg
岩見沢方面へ戻ります。




忘れなければ続く、、、。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 立春 続・JR北海道 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016立春 続・JR北海道の放浪記 その16 光珠内駅

201602-4028.jpg

201602-4037.jpg

201602-4053.jpg
滝川駅で乗換。

201602-4070.jpg

201602-4074.jpg
電化区間ですが…キハ40がやって来ました。

201602-4102.jpg
6つ目の駅で下車。

201602-4107.jpg
函館本線、札幌〜旭川間ならこの駅舎。

201602-4113.jpg
逆三角形の支柱が特徴的。

201602-4137.jpg
光珠内駅、1948年開業。
幹線の函館本線と思うと少し寂しいですが…この佇まいは一級品です。

201602-4139.jpg
停車中の車両が気になりますが…これも除雪作業員さんの車両です。

201602-4120.jpg

201602-4126.jpg

201602-4130.jpg
時間帯もあるとは思いますが…下車客も乗車客も僕ひとり…1時間ほどゆっくり過ごすことが出来ました。

201602-4158.jpg

201602-4117.jpg

201602-4171.jpg

201602-4179.jpg
滝川方面へ戻ります。

実はこの車両を撮るとき…ホームで足を滑らせ転倒…あわててカメラを構えるとAFが動かない。
あちゃ〜…カメラ壊れちゃった…と思ったら、目の前を電池が転がっていて、拾い上げて装填、その後撮影。
カメラに故障はなかったんですが…レンズフードが割れてしまって…レンズフードを見る度に、この駅のことを思い出す、苦い思い出のある駅です。





(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 立春 続・JR北海道 | 23:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016立春 続・JR北海道の放浪記 その15 芦別駅

201602-3930.jpg
東滝川から四つ目の駅で下車。

201602-3932.jpg
芦別駅、1913年開業。

201602-3934.jpg

201602-3939.jpg
再三にはなるが…北海道で鉄道を動かすことは並大抵なことではない。

201602-3948.jpg
だが、株式会社だから儲けの出ないところはやめる…では公共交通として体をなしていない。
協力を求めるのなら、協力を求める姿勢こそ、重要ではないかと思う。
お互いに求めるものは「敵対」ではなく「共存」である、そう願っている。

201602-3954.jpg
直営駅。

201602-3959.jpg

201602-3966.jpg
駅前には五重塔。

201602-3968.jpg

201602-3972.jpg
駅舎全景。
かつては炭鉱の街。三井芦別鉄道線もこの駅で接続していました。

201602-3994.jpg
ストーブを囲む…温かい。

そして、この駅で降りた理由。
201602-4000.jpg
赤平駅と同じく、この駅も業務委託駅へ移行する。

201602-3949.jpg
すべてが過去のものになっていく…なにかやるせないですね…。。

201602-3991.jpg
最後の記念&少しでも貢献できれば(あとのまつりですが)と、ここで今春につかう18きっぷを購入。

201602-3955.jpg

201602-4006.jpg
雪煙を巻き上げるロータリー車…北海道でしか見られない、いいものが見られた。

201602-4020.jpg
キハ40とロータリー車のツーショット。
滝川方面を目指します。




忘れなければ続く、、、。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 立春 続・JR北海道 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016立春 続・JR北海道の放浪記 その14 東滝川駅

201602-3863.jpg
赤平駅から代行バスで一駅。

201602-3890.jpg
東滝川駅、1913年開業。

201602-3865.jpg
木造駅舎。

201602-3875.jpg
2013年に100周年を迎えた根室本線滝川~富良野間。

201602-3874.jpg
開業当初の名前は幌倉駅。

201602-3876.jpg

201602-3877.jpg
荷物の窓口が板で塞がれていないのは、無人駅にしては珍しいんじゃないかと思います。

201602-3881.jpg
列車の本数はまずまずあります(僕個人の感想)。
滝川から1駅目なので訪問はしやすいと思います。

201602-3893.jpg

201602-3895.jpg
めずらしく…駅スタンプを押していた模様。
この規模の駅にしてはめずらしいといえばめずらしい。

201602-3884.jpg

201602-3904.jpg

201602-3919.jpg
東滝川944発釧路行き 2429D
鉄道防風林に先人たちの祈りを感じながら…根室本線を富良野方面へ進みます。


忘れなければ続く、、、。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 立春 続・JR北海道 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016立春 続・JR北海道の放浪記 その13 赤平駅

201602-3815.jpg
江部乙からの列車を一駅で下車、滝川駅。

201602-3818.jpg
日本最長列車…不穏な空気が流れてますが…いつか乗車できることを信じています。

201602-3823.jpg
滝川805発富良野行き快速 3425D
日本最長列車…そのひとつ先発の汽車に乗りこみます…根室本線へ。

201602-3825.jpg
一つ目の駅で下車。

201602-3832.jpg
ただならぬ感がありますが…。

201602-3842.jpg
赤平駅、1913年開業。
下車した理由は、もちろんこの立派な駅舎。
「お城かよ!!」ってぐらい立派です。

201602-3843_201612072011164be.jpg
まあまあ…単独の駅舎ではなく、地元の交流センターも兼ねています。
かつては炭鉱の街として接続線もあり、根室本線でも要衝の駅でした。

201602-3848.jpg
(季節柄、ひな人形も飾ってありました。)




そしてこの駅で降りたもう一つの理由。
201602-3853.jpg
業務委託駅へ変わってしまうとのこと…今思うとJR北海道のリストラも…まだ序章でした。

201602-3835.jpg
この日は代行バスに振替になったので駅員さんはてんてこ舞い。
悪く言うつもりもないけど…業務委託駅になっても、駅員さんが同じ熱量で接してくれるかは分からないわけで。

201602-3857.jpg
跨線橋にはどこか…往時を感じさせるものがあります。

201602-3861.jpg
先述しましたが…列車が運休…代行バスに乗換、滝川方面を目指します。



忘れなければ続く、、、。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 立春 続・JR北海道 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016立春 続・JR北海道の放浪記 その12 江部乙駅

3月1日。

失意の旅程最終日…なんてこともなく…完全に切り替えてました。
この日は、この日で楽しもうと…。

201602-3699.jpg
旭川628発 手稲行き 2150M
本当は根室本線の落合駅を訪問しようと考えていたのですが…昨日運休になった道東の鉄道網はこの日も回復せず、大荒れ。
なので、函館本線を中心にボチボチ駅めぐりをしながら新千歳空港を目指します。

最初の訪問駅は…
201602-3727.jpg

201602-3730.jpg
江部乙駅、1898年開業。

201602-3731.jpg
木造モルタルの駅舎。

201602-3733.jpg
当時の記憶と記録が曖昧ですが…無人駅です。

201602-3736.jpg

201602-3739.jpg

201602-3741.jpg
大事なことが書いてあるんだから…ぼかしちゃダメだったと…後悔中。

201602-3746.jpg
初代の駅舎。

201602-3793.jpg
なんの絵でしょうか…と思ったのですが、表へ出て納得。

201602-3760.jpg
りんごが名産品、江部乙町。

201602-3762.jpg
駅舎全景。
個人的に「つらら」が大好きです。

201602-3798.jpg
江部乙駅で折り返しの運用が朝に一往復だけあるようです。

201602-3806.jpg
江部乙752発岩見沢行き 2320M
江部乙始発の列車に乗り込みます。

(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 立春 続・JR北海道 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016立春 続・JR北海道の放浪記 その11 笑顔でさよならを…

201602-3509.jpg
下白滝駅、2度目の訪問もいよいよ佳境。

201602-3510.jpg
もう、この駅を訪れることはない。

201602-3523.jpg
最後の汽車をどんな構図で撮ろうかと…思案する。








しかし、次の汽車が来ることはありませんでした…。

201602-3538.jpg
人生で初めて「列車が来ない場合はこちらへ」という番号に電話をかけてみる。

電話は遠軽駅へと繋がる、そして駅員さんが答える。

「普通列車は大雪のため、運休となりました」



それを聞くと思わず苦笑い…。

そうか…厳冬期の北海道、よくよく考えると、ここまでの旅路が幸運だった。



201602-3411.jpg
ここが僕の旅の終着駅。
ここまで来られたんだ、これでよかった…と自分に言い聞かせる。


201602-3541.jpg
汽車の運休が決定したら、雪が止んだ下白滝…ずいぶん皮肉なもんだ。
何も言わぬ木造駅舎は、北海道の厳しさを教えてくれている。

最後は笑顔でさよならを…満面の苦笑いで…さようなら。





201602-3546.jpg
白滝駅までは村に1台のタクシーで移動。

遠軽駅の駅員さん曰く「特急オホーツクは動いているので、白滝駅まで行って乗車して下さい」とのこと…。

201602-3553.jpg
まだ時間があるので上白滝駅も…とは思わず、ここで打ち止め。
上白滝駅を訪問した場合、また白滝駅まで戻らなきゃいけないし、後続の特急オホーツクも動いているとは限らない。

201602-3562.jpg

201602-3571.jpg
最後は、あっけない幕切れでしたが…悔しい気持ちは全くなく、むしろ晴れ晴れとした気持ち。
北海道が厳しいことを教えて貰えた…というか…なにか言葉にできぬ暖かいものだけが心に残っていました。

201602-3581.jpg
白滝1552発札幌行き 特急オホーツク6号 16D
僕の白滝シリーズへの挑戦はこれにて終了、白滝を発ちます。


201602-3586.jpg
席は空いてなく…デッキに立つ。
立つ位置を間違えた…進行方向右側に立っていたため、最後に上白滝駅を車窓から見送ることが出来なかった。
これだけは根深く覚えている。

その他、車内のことは一切覚えてなく…。
201602-3622.jpg
気がついたら旭川。

201602-3631.jpg
サロベツとオホーツクが並ぶのも珍しい。

今日は何だかよく眠れそう…時間もまだ早いけど…このまま安心の宿こと安宿へ身を沈めることにします。




(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 立春 続・JR北海道 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016立春 続・JR北海道の放浪記 その10 下白滝駅

ワンコさんとの再会をゆっくり楽しもうと思ったけど…列車の警告音が鳴ったのでホームへ。
201602-3382.jpg
快速きたみ 3582D

201602-3383.jpg

201602-3387.jpg

201602-3389.jpg

201602-3417.jpg
下白滝駅、1929年開業。

201602-3422.jpg

201602-3424.jpg

201602-3390.jpg

201602-3432.jpg
多くの鉄道ファンがこの駅に魅了される理由を考えてみた。

これだけの好条件がそろった駅も多くない…というより唯一無二。

木造駅舎、大自然、大雪原、国鉄特急、貨物も走っているし、普通列車も止まらない到達困難駅、人気(ひとけ)のなさ、駅前は牛舎。

201602-3442.jpg
14D 特急オホーツク4号

201602-3443.jpg

201602-3444.jpg

201602-3457.jpg

201602-3474.jpg
13D 特急オホーツク3号

201602-3498.jpg
何でもあるこの駅、退屈することはない。
この駅での出来事はもったいないほど、あっという間に過ぎていく。

そして残念ながら…「さよなら」の時も迫っている。


201602-3528.jpg
ワンコさんは僕を見送りに来てくれたのかも知れない。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 立春 続・JR北海道 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT