乗り鉄放浪記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017立春 函館本線の放浪記 EX#2 比布駅

201702-4282.jpg

一度旭川駅へ戻ります。



201702-4292.jpg
ラーメン補給をした後…


201702-4344.jpg
再び宗谷本線へ。


201702-4346.jpg



201702-4414.jpg
比布駅、1898年開業。
駅舎は2016年に供用開始された新しい駅舎。



申し訳ないが…駅舎にあまり興味はなく…
201702-4353.jpg
ラッセルを撮ってみようと訪れた。
お手軽に撮影できる場所だと聞いてきたが…ポールが等間隔に立っていて…
思っていたのとまったく違っていた…。




201702-4368.jpg
なかばやけくそ。




201702-4382.jpg
ウイングは広げなくともいいような状態だったけど…運転士さんがサービスで広げてくれたかも知れない…。




201702-4390.jpg
比布の標識を抜けるまで頑張りたかったんだけど…焦りました…。





201702-4393.jpg
最後、広角端で撮ったのが唯一使えるカットかと。。
緑色の標識と踏切が気にはなりますが…まあまあ。



201702-4404.jpg



201702-4406.jpg
追いかけたんですけど…あっという間にドロン!!



次はもう少しいい撮影地を目指すかと…失意の中駅へ戻ります…。
201702-4417.jpg




201702-4418.jpg




201702-4449.jpg
その後、旭川→札幌→新千歳空港→中部国際空港までの帰路でした。




これにて函館本線の放浪記、最終回です。
駄文、珍文にお付き合いいただきありがとうございました。




(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」)
スポンサーサイト

| 立春 函館本線 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017立春 函館本線の放浪記 EX#1 塩狩駅


ここからは函館本線じゃないので…番外編。


201702-3918.jpg
旭川駅、1898年開業。


201702-3925.jpg
未明の旭川駅、1番ホームに列車が入線…と思いきや直前でストップ。
何かと思い寄ってみると…


201702-3946.jpg
ラッセル車だった。
夜中に走る宗谷ラッセルのようです。


201702-3984.jpg
何度目だよって話しですが…あの駅へ。



201702-4012.jpg
列車交換、名寄方面からやってきた列車は…キハ40の3連。
出発のとき、高々と排ガスを巻き上げる。



201702-4018.jpg
こちらは僕が旭川から乗車してきた列車。



201702-4035.jpg
塩狩駅、1924年開業。
12月訪問時、すでに雪の中にあった塩狩駅だったが…雪の量はさらに増していた。


201702-4038.jpg



201702-4076.jpg
冬季にも何度か訪れているけど…この駅は激しい雪の日か、もしくは驚くほど穏やかな晴れの日、どちらかである。



201702-4080.jpg
この日は後者、好天に恵まれました。



201702-4094.jpg
この駅も昨秋に「利用者1日1人以下の駅は廃止」という報道があった際、廃止駅のリストに含まれていた。



201702-4103.jpg
だけど、12月に発表された今春の廃止駅からは除外された…。
宗谷本線は廃止駅の嵐…のような雰囲気だったけど…いろいろな思惑の末、廃止には至らなかった…。



201702-4154.jpg
先行きは不透明だけど…廃止にならずよかった。

本当によかった。

僕にできることなんてちっぽけなことだけど…年365日の内の3日ぐらいは訪問できたら…と思っている。



201702-4269.jpg
この日も4時間ほど滞在、飽きることなく過ごすことができた。

再訪を誓い、塩狩駅を離れます。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

| 立春 函館本線 | 23:30 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017立春 函館本線の放浪記 その15 小樽駅


201702-3799.jpg





201702-3779.jpg
一気に小樽駅へ。

言い訳っぽいことを書くと…記事にする予定がなかったのでここからはかなり薄っぺらい内容です。



201702-3780.jpg
みなさん、次のデンシャへ急ぎます。


201702-3784.jpg





201702-3806.jpg
小樽駅、1903年開業。
登録有形文化財にもなっている1934年建築の駅舎。

小樽は初めてでもないのですが…少し散策してみようと思います。


201702-3819.jpg
訪問してみたかった手宮線跡地。


201702-3820.jpg
雪に埋もれてましたね…残念。。


201702-3828.jpg
小樽運河も高校生の修学旅行以来の訪問。


201702-3838.jpg
ここまでやってきて…やっとこさ違和感に気づく…こういう観光地は苦手なんだなと…。
ぼっちだったし、早々に駅へ戻ります。


201702-3842.jpg




201702-3853.jpg
ちょうど帰宅時間帯。




201702-3861.jpg
デンシャを増結して札幌へ向かいます。




201702-3871.jpg
札幌駅、弁菜亭さんの山菜そばをいただきます。
(これしか写真がないのかよってさ)





201702-3882.jpg
こちらもそろそろ退役しそうなスーパーカムイ785系。
JR北海道、特急デンシャは余剰ですからね…。




いろいろと飛ばし気味ですけど…
201702-3894.jpg
旭川駅に到着。



201702-3903.jpg
赤熊さん、流してみたけど柱とかぶりアウト。。


201702-3910.jpg
つべこべ言ってますが…今日も安心の宿こと安宿に身を沈めることにします。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

| 立春 函館本線 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017立春 函館本線の放浪記 その14 倶知安駅

201702-3679.jpg
函館本線の難所、山線を進みます。
初めてここを通過しようとしたとき…雪に阻まれ代行バスで倶知安まで進んだことを思い出しました。



201702-3682_201704101605051df.jpg
蕨岱駅も今春廃止になる駅の一つ…でしたが…下車しませんでした。


下車しなかった理由は…この日のきっぷが片道乗車券だったこと、次の列車は3時間後、天候が良くなかった…などなど。
次の一手が読めなく…結局スルーすることとなった。
今となって激しく後悔を感じています。



201702-3691.jpg



201702-3703.jpg
ニセコ駅。
この区間、本数は少ないものの立派な駅舎が建っています。




201702-3714.jpg
先述した理由から…臆病になり途中下車することなく倶知安駅に到着。



201702-3724.jpg
白い屋根に黒い支柱。


201702-3731.jpg



201702-3733.jpg
キャリーバックのお客さんは多いのですが…エレベーターはなく…これもJR北海道の課題かと思います。
いっそのこと、構内踏切にしてしまえばいいんじゃないかと??



201702-3736.jpg
直営駅。
山線の要衝の駅らしく利用者は多め、とくにスキー関連の外国人客が多くいました。



201702-3739.jpg
倶知安駅、1904年開業。



201702-3745.jpg




201702-3751.jpg



201702-3763.jpg
山線をさらに小樽方面へ進みます。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

| 立春 函館本線 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017立春 函館本線の放浪記 その13 長万部駅


終点の長万部で下車…次の列車はしばらく待ち時間があります…。



201702-3621-2.jpg
いろいろな国の言葉で書いてある…長万部駅は何度か訪問しているけど…コレを見るのは初めてのような気がします。




201702-3625.jpg
跨線橋より…曇天マジカンベン。。




201702-3635.jpg




201702-3636.jpg
直営駅。

このイスの数はなんだと…ちょっと驚きでしたが後々コレが満席になる。。



201702-3638.jpg
長万部町のゆるキャラ「まんべくん」。



201702-3641.jpg
長万部駅、1903年開業。




ちょうど昼食の時間。
201702-3642.jpg
駅前に駅弁「かにめし」で有名な「かなや」さんの食堂があったので入ってみる。



201702-3651.jpg
頼んだのは塩ラーメン、驚くほどスープが澄んでいます。
塩ラーメンって「豚骨」や「味噌」みたいなインパクトがなく、
どこか地味で…物足りなさを感じて敬遠していたんですが…これは本当に美味しかった。



201702-3659.jpg
珍しいといえばお麩が具に入っています。
北海道と東北の一部ではよく入っているらしい。



身体も温まったところで次の列車に乗車します。
201702-3669.jpg
この列車外国人のお客さんが多かった。
東アジアの方だけじゃなく、欧米の方々も多く乗車していた。
意外や意外、こんなところに需要があるとは思わなかった。
優等列車を走らせた方がいいんじゃないかと??



201702-3673.jpg
ここからは函館本線、山線を進みます。

(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」)

| 立春 函館本線 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017立春 函館本線の放浪記 その12 国縫駅

201702-3522.jpg
バスも嫌いじゃないんですけど…設備がないから待っていて不安になる。
定刻をすこし遅れて来ますし…このときも本当に来るのか…すこし不安でした。


201702-3525.jpg
下車したバス停は街の中にあり、小さな待合所がありました。




201702-3535.jpg
ここから歩いて次の訪問駅を目指します。



201702-3540.jpg
国縫駅、1903年開業。






201702-3537.jpg
難読ですね…「くんぬい」です。





201702-3559.jpg





201702-3565.jpg


201702-3574.jpg
一度訪問したかったこの駅。
うわさに違わぬ…堂々たる駅舎でした。



201702-3568.jpg
屋根付きの跨線橋も素晴らしく。







201702-3587.jpg






201702-3605.jpg
長万部方面へ進みます。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

| 立春 函館本線 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017立春 函館本線の放浪記 その11 北豊津駅

201702-3313.jpg
八雲駅から函館本線を北上します。


201702-3316.jpg
海が眺望できたのですが…この日はあいにく…曇天でした。




201702-3335.jpg
途中下車します…こちらも今春廃止となった駅。



201702-3339.jpg
驚いたことに乗車する利用者がいた…おそらく学生さんだったと思う。
利用者1日1人以下の駅を廃止…と聞いていたので…なぜ??というきもち。



201702-3346.jpg
北豊津駅、1944年仮乗降場として開業。
1987年、駅に昇格。
2017年3月4日廃止。

向かって右側が保線員さんの詰所になっている場所。
暖かそうな湯気とテレビの音声が聞こえます。


そして左側が乗客の待合室。

201702-3363.jpg
非常にコンパクト…道南の駅はこのかたちが多いですね。。





201702-3365.jpg




この駅の楽しみはこれ。
201702-3408.jpg
長い直線上にあるので撮るにはけっこう楽しかったりします。



201702-3412.jpg
ドロン!!
…からのキハ40の登場。



201702-3431.jpg





201702-3459.jpg
新色のスーパー北斗。

この車両自体にはそんなに興味はないけど…前面展望のところに保線員の方が立哨されていて…
ガラスが吐息で白くなっている。

撮る方としては…あそこに立たれると困るんだが…これ大切な仕事だろうなと…。




201702-3472.jpg
保線員の方は夜勤だったのか…9時ぐらいにお迎えがやってくると駅を去ります。


201702-3479.jpg
一人で木造駅舎を堪能します。



201702-3442.jpg
2時間ほど滞在しましたが…退屈することはなく、過ごすことができました。




といっても、この駅の長い歴史からしたら一瞬のことでしょう。




201702-3496.jpg
さらば…北豊津駅。




201702-3498.jpg
こんな道の中を進みます。






201702-3506.jpg
振り返ると…すごいところに駅があったんだなと…。




201702-3512.jpg
ここからは…バスを利用します。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

| 立春 函館本線 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017立春 函館本線の放浪記 その10 八雲駅

2月20日。
コンビニで食糧調達…駅へ向かう途中、こんな場所が…
201702-3282.jpg
…長いっすね…函館以北も順調なんでしょうか。。



201702-3285.jpg
八雲駅、1903年開業。



201702-3287.jpg
看板は…ホタテですね。



201702-3289.jpg



201702-3290.jpg
特急も停車する駅…なので利用者もわりと多めです。


201702-3291.jpg
2面3線、プラス中線があります。


201702-3292.jpg
直営駅。


201702-3295.jpg



201702-3298.jpg
特急も停車しますが…上屋は部分的にしかなく…雪かきが大変じゃなかろうかと…。



201702-3309-1.jpg
今日も相棒はキハ40、あの顔を見ると安心します…。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」)

| 立春 函館本線 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017立春 函館本線の放浪記 その9 青に染まる森駅

桂川駅から森駅へ戻ります。
ホントのところをいうと…駅舎のない桂川駅で次の長万部行きを待つのは体力と防寒の面からムリ…
とすごすご撤退することに…。
201702-3167.jpg
森=桂川は複線区間。
本当は桂川駅でこの列車を撮りたかった。



森駅で下車。
三度、森駅跨線橋より。
201702-3171.jpg
ブルーモーメントの時間を迎えた森駅。




201702-3172.jpg




201702-3210.jpg
その「青」は宇宙まで繋がっているような「青」。
キハ40はオンボロ宇宙船…あれにのって宇宙空間に行くには相当な勇気が必要だわ…と苦笑する。




201702-3226.jpg




201702-3227.jpg
近くのコンビニで補給、1時間の列車待ち時間を消化します。





201702-3247.jpg
長万部行き普通列車で函館本線を北上。







201702-3278.jpg
40分ほどゆられ八雲駅で下車。
今日も安心の宿こと安宿に身を沈めます。


  (「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」

≫ Read More

| 立春 函館本線 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017立春 函館本線の放浪記 その8 桂川駅

201702-2984.jpg
この日は、一日中「駒ヶ岳」を追いかけていましたが…やっとこさ雲が抜けてくれましたが…架線が抜けなかった…。


201702-3028.jpg
日が傾き始めた森駅。
長い停車時間があります。



201702-3002.jpg
跨線橋からのカット再び。





201702-3032.jpg
赤熊さんは…跨線橋から降りたあとにやって来た…ちょいと残念。



キハ40に乗り込み…一駅目で下車します。
201702-3055.jpg
海が眺望できる駅です。


201702-3059.jpg
桂川駅、1944年桂川信号場として開設、旅客扱いを開始。
1979年仮乗降場に昇格、1987年駅に昇格。
2017年3月4日廃止。


201702-3071.jpg
プラットホームは千鳥配置。
噴火湾と駒ヶ岳が同時に見られる…眺望のいい駅。


201702-3080.jpg



201702-3082.jpg
残念なことに駅舎はなく(かつてはあった??)…



201702-3090.jpg
地上へ降りる屋根付きの階段の踊り場にプラベンチが置いてあります。



201702-3110.jpg
漁港の町…わりと住宅はありますが…利用者は少なかった模様です。



201702-3128.jpg
歩いて5分ほどの場所から撮影した海と駒ヶ岳。
むかし聞いたアイヌの話しを思い出す。

「一日に食べる量の魚を捕ったら、あとは海を見て一日を過ごす」

というお話し。
真意のほどは知らないけど…それが納得できる美しさ。




もったいないよね…駅が廃止になっちゃうのは…。





201702-3154.jpg
森方面へ戻ります。

(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

| 立春 函館本線 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017立春 函館本線の放浪記 その7 渡島沼尻駅

201702-2868.jpg
函館本線砂原支線へ…東森駅は三角形のずいぶん変わった形の駅舎。


201702-2879.jpg
渡島砂原駅…この駅もいい感じでしたが…



201702-2888.jpg
もひとつ次の駅で下車します。




201702-2892.jpg
渡島沼尻駅、1945年開業。




201702-2894.jpg



201702-2898.jpg
素晴らしい木造駅舎だったのでさっそく駅舎内へ…と思いきやカギが…なんで??


201702-2912.jpg
と思ったが…こちらは保線員さんの詰所のようなかたちで使われる部屋だったようです。




201702-2917.jpg



201702-2922.jpg
こちらが乗客が利用する駅待合室。
ご覧の通り…コンパクトです。



201702-2930.jpg
倒れ落ちそう??角材で補強がしてあります。



201702-2935.jpg
拙ブログとリンクさせていただいているLMさんが何度もこの駅を訪問されていて…非常に気になっていた駅。




201702-2938.jpg
駅舎はもちろんのこと…それを包み込む静寂や大自然まで素晴らしく…





201702-2957.jpg
LMさんの木造駅舎を求める嗅覚は非凡…と思った次第でございます。





201702-2967.jpg
ちょいと滞在時間が短かったので再訪したく思っています…ここからは森方面へ戻ります。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

| 立春 函館本線 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT