乗り鉄放浪記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017春分 美作滝尾駅へ行きたくて…の放浪記 その19 豊岡駅/帰路

201703-7854.jpg
城崎温泉駅から2駅目、終点の豊岡駅で下車します。

誤算…ここで1時間ほど接続の列車がなかった…。



201703-7860.jpg
683系…もとい289系ですか。。

待ち時間はどうにもならず…だったら…もっとゆっくり温泉に浸かっていればよかったと後悔。



201703-7868.jpg
ふと車庫の方を見ると…アイツは。。


201703-7882.jpg
やっぱり居た…ラッセル車。

すこしテンションは上がったものの…そんなに持続しないよね…寒いし。。


201703-7886.jpg
豊岡駅、1909年開業。
最近建て替えられた新しい駅舎のようです。



201703-7888.jpg
こちらは豊岡で人工繁殖しているコウノトリをモチーフにした時計。



201703-7870.jpg



お弁当などを買って早めにプラットホームへ。
201703-7900.jpg
雪の降り方が日本海側っぽいというか…北陸本線によく通っていた頃を思い出しました。





201703-7890.jpg
豊岡1733発福知山行き 442M
幕が回送ですけど、この列車で福知山まで進みます。



201703-7918.jpg
日が落ちたので車窓写真はもうない…。
山陰本線、ホントはここからが長かったんですけど。。


201703-7927.jpg
1849福知山着 続けて 福知山1855発園部行き 1150M


淡々と乗換だけを綴るつまらない展開になりましたが。。


201703-7932.jpg
園部2010着 つづけて 園部2022発京都行き 278M



201703-7944.jpg
京都到着は2105。

寄り道はあったものの…鳥取から9時間。
最強ローカル線…やっぱ手強かったですね。。


201703-7946.jpg
京都2121発静岡行き 694A
ラストランナーはこだま号で名古屋までの帰路でした。



長々と綴ってきました「美作滝尾駅へ行きたくて…の放浪記」これにて最終回です。
駄文、珍文にお付き合いいただきありがとうございました。



  (「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」)

| 春分 美作滝尾駅へ行きたくて | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017春分 美作滝尾駅へ行きたくて…の放浪記 その18 城崎温泉駅

201703-7772.jpg



201703-7782.jpg
3月上旬なんですけど…雪はやむことを知らず…降り続けます。


201703-7783.jpg
これまたまったくの無知だったんだが…「関西の奥座敷」…


201703-7787.jpg
城崎温泉駅、1909年開業。

けっこう大規模な温泉街でした。




201703-7788.jpg
飲泉。

飲んでみたけど…んん…温泉の味でした…なっとくの味。


201703-7791.jpg
瑞風、停まるってよ。




201703-7793.jpg



201703-7794.jpg



201703-7795.jpg
すぐの列車に乗車してもよかったんですけど、せっかくなので…湯に浸かっていこうかと。

長旅の疲れを癒やします。




湯上がり…温泉街の楽しみと言えば食べ歩き。
201703-7802.jpg
これは…悩みます。。





並んでいる間もブレブレでしたが…こういうときは値段が高い方を…。
201703-7808.jpg
…ということで、蟹まんをいただきます。

正直、コンビニで肉まんを食べててもよかったかと思うんですけど…
観光地補正もあって、こういうのは食べておかないといけないんですよ。







ボヤボヤ言ってますけど…駅へ戻ります。
201703-7824.jpg
隣のホームへ入線してきたのは「天空の城 竹田城跡号」。
城崎温泉駅から播但線に乗り入れ寺前駅までを結んでいます。




201703-7828.jpg
…最強ローカル線こと山陰本線…まだ159kmもあります…。


本音で言おう…特急乗りたい…いや…乗せてください…。



201703-7835.jpg
城崎温泉1616発豊岡行き 178D 

青春18きっぷだったので…特急というワケにはまいらず…キハに乗り込みます。





(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」)

| 春分 美作滝尾駅へ行きたくて | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017春分 美作滝尾駅へ行きたくて…の放浪記 その17 山陰本線

201703-7649.jpg
若桜鉄道若桜線、鳥取方面へ進みます。


201703-7651.jpg
若桜線は郡家駅までですが…このまま因美線に乗り入れ鳥取まで運行しています。


201703-7655.jpg
窓の向こうの車両は智頭急行の車両。
あちらも因美線に乗り入れています。


201703-7657.jpg
高架線を進み、ビルがニョキニョキ生えてくると…


201703-7659.jpg
終点の鳥取駅に到着、因美線も完乗です。
実のところ…ここから先がけっこうタフな戦いになります…。

「ローカル線」
の中の「ローカル線」…山陰本線が相手ですから。。



ちょうどお昼時、お弁当を購入して飛び乗ったのは…
201703-7660.jpg
鳥取1219発城崎温泉行き 1532D

キハ47のトップナンバーでした。


201703-7667.jpg
「あご寿し」
普段、駅弁は購入しないんですが…長丁場なので…車内で補給しようかと…。


201703-7679.jpg
押し鮨、酢飯にゴマがまぶしてあります。
真ん中に挟んであったのは…海苔だった記憶…おいしくいただきました。




201703-7685.jpg
その後もよさげな駅舎はあるんですけど…


201703-7688.jpg
途中下車する勇気はなく。。




201703-7695.jpg
浜坂駅は列車交換のため長い停車時間。


201703-7703.jpg
浜坂から列車番号が変わります(174D)。


201703-7725.jpg
餘部駅。
途中下車しなかった理由として…天候が悪かった。
けっこう吹雪いていたので…こちらの地方は風が強いと、列車が止まってしまう可能性もありますし。。



201703-7739.jpg
いい写真が撮れそうで、架線が邪魔だったりして。


201703-7745.jpg
香住駅、こちらも列車交換のため長い停車時間。


201703-7749.jpg
カニとキハ。



201703-7761.jpg
途中、地元の高校生も「雪、やべぇ…」とおっしゃるような吹雪に遭遇したものの…




201703-7777.jpg
なんとか終点城崎温泉駅に到着。
よさげな駅舎はあったんですけど…結局、全部スルー…でした。。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」)

| 春分 美作滝尾駅へ行きたくて | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017春分 美作滝尾駅へ行きたくて…の放浪記 その16 若桜駅

201703-7459.jpg
安部駅にも


201703-7461.jpg
八東駅にもお人形さんがいらっしゃいます…。
油断していると…ビクッとなります。。




201703-7479.jpg
終点の若桜に到着。






201703-7496.jpg



201703-7500.jpg
若桜駅、1930年開業。



201703-7506.jpg
駅舎は登録有形文化財になっております。



201703-7516.jpg
この駅にも…閉塞器の隣にいます…。


201703-7519.jpg
直営駅。




ここでの楽しみはこちら。
201703-7525.jpg
入構券を購入して構内へ入ります。




201703-7535-1.jpg
C12 167、それに寄り添う給水塔と桜の木。






201703-7540.jpg
この時期はオフシーズンですが…4月〜12月には圧縮空気による展示運転が行われています。


201703-7551.jpg
前照灯がピカピカ。


201703-7559.jpg
なんとなく…ここは桜の時期が良さそうですね。。


201703-7566.jpg
C12 167の前には転車台があります。


201703-7579.jpg
車両だけじゃなく、転車台や、給水塔も残っており…
鳥取の山奥で貴重な鉄道遺産に触れることができ…いい体験ができた…と思っております。




201703-7644.jpg
まだ未訪問の木造駅舎もあるので…また機会があれば再訪したいと思っております。




201703-7629.jpg
若桜1123発鳥取行き 1336D


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」)

| 春分 美作滝尾駅へ行きたくて | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017春分 美作滝尾駅へ行きたくて…の放浪記 その15 隼駅

201703-7289.jpg
若桜鉄道若桜線、郡家方面へ進みます。




201703-7300.jpg
丹比駅から5つ目の駅で下車します。




201703-7303.jpg



201703-7304.jpg
この駅にもいらっしゃいます…。




201703-7315.jpg
隼駅、1930年開業。




201703-7316.jpg
こちらも登録有形文化財になっております。




201703-7305.jpg
こちらも出札口、荷物の窓口ともに原形をとどめています。


因美線&若桜線…いい駅舎が多すぎて…食傷気味。。


201703-7309.jpg




若干変わった取り組みと言えば…
201703-7330.jpg
バイクファンと鉄道ファンって対極にありそうだけど??

そう思うと、なかなか面白い取り組み。




201703-7331.jpg
「はやぶさ」つながりってことで。。


201703-7335.jpg



201703-7339.jpg
簡易委託駅。





201703-7342.jpg
こちらの建物ももともと駅の施設だったもよう。



201703-7344.jpg
今は展示室が設置してあるようです。



201703-7354.jpg
そしてこちらも「はやぶさ」つながり…

ブルートレインが設置してあります。


201703-7356.jpg
残念ながら中を見ることは叶いませんでしたが…。


201703-7362.jpg
非電化路線ですけど…電気機関車も設置してあります。


201703-7370.jpg
片側だけの旋回窓がカッコイイ。


201703-7375.jpg
電機は北陸鉄道からやってきた車両らしい。





201703-7418.jpg
駅長さん…中井精也さんに似ている…ような気がします…。




201703-7431.jpg
この駅の滞在時間は少々長め1時間半ほど…。

朝5時から慌ただしく動いたため、いい休憩になりました。




201703-7447.jpg
バイク「はやぶさ」よりも、ブルトレ「はやぶさ」よりも歴史ある「隼駅」。

みどころ満載でした。



201703-7454.jpg
隼1015発若桜行き1133D



(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」)

| 春分 美作滝尾駅へ行きたくて | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017春分 美作滝尾駅へ行きたくて…の放浪記 その14 丹比駅

若桜鉄道、続きです。。
201703-7169.jpg
桜も散った後に雪景色で大変恐縮ですが…。


201703-7176.jpg



201703-7177.jpg
廃レールでできたのプラットフォームの上屋が気になります。


201703-7187.jpg
よく見ると…「CARNEGIE」「1911」の文字が…
新潟県の二本木駅を訪問した際に教えていただいた話しを思い出します…
戦後、日本の復興を助けるためにアメリカで余剰になった廃レールが送られてきて…おそらくそれではないかと想像します。


201703-7190.jpg



201703-7193.jpg
丹比駅、1930年開業。


201703-7196.jpg
「アウトロー」

…まじか…。


201703-7197.jpg
散々使い古したフレーズですが…開業時からの木造駅舎。





201703-7245.jpg
登録有形文化財になっております。


201703-7203.jpg



201703-7207-1.jpg
左側の掲示板が気になりますが…出札口も荷物の窓口も原形をとどめています。



201703-7218.jpg
簡易委託駅。
おそらく、入居している美容室さんが業務をしているのかなと。。


201703-7220.jpg
非常に素晴らしい木造駅舎なのですが唯一言っておきたいことが…。


201703-7221.jpg
これ…マジで勘弁してくれ…。
これが「アウトロー」??かも知れません…。

滞在中駅舎内には僕一人だったんですけど…何度となく人の気配を感じてビクッとなりました。




201703-7261.jpg
まあまあ…それを差し引いても…素晴らしい木造駅舎でした。




201703-7256.jpg






201703-7282.jpg
丹比837発鳥取行き 1334D

郡家方面へ戻ります。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」)

| 春分 美作滝尾駅へ行きたくて | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017春分 美作滝尾駅へ行きたくて…の放浪記 その13 雪景色

美作滝尾駅訪問後…の方が長くなりそうな勢いですが…もうしばらくお付き合いください。
201703-7077.jpg
因美線車窓より…なにかドラマティックなことが起きそうな夜明け。



201703-7078.jpg
朝が早かったんで…2つ駅めぐりした後でも、まだ7時台なんですよね…。




201703-7093.jpg
まさに雪化粧という言葉がぴったりな感じ。



201703-7104.jpg
北海道、新潟、北陸などなど…なんども訪問しているし、豪雪も見てきたけど…これぐらいがちょうどいい。



201703-7108.jpg
(因幡河原城)

山陰方面は夏にしか訪れたことがなく…山陰の雪景色は初めてでして…



201703-7121.jpg
なので、鳥取の雪景色はとても新鮮な感覚でした。




201703-7132.jpg
郡家駅で乗換します。



201703-7136.jpg
若桜鉄道へ。


いわゆる軽快気動車…ガッカリかと思いきや…



201703-7137.jpg
なかなか車内の雰囲気はよく…



201703-7146.jpg
ボックスシートに身を沈めます。



201703-7153.jpg
車掌さんから購入した切符は…硬券。
若桜まで往復するだけで元が取れてしまうお得な切符です。
これをつかって若桜線の駅めぐりをしてみようかと。。



201703-7140.jpg
国鉄若桜線を三セク化した路線。





201703-7154.jpg
どんどん山奥へ進んでいきます。




201703-7162.jpg




201703-7164.jpg
終点の一つ手前の駅で下車します。





(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」

| 春分 美作滝尾駅へ行きたくて | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017春分 美作滝尾駅へ行きたくて…の放浪記 その12 那岐駅

201703-6983.jpg
津山方面へ戻ります…。


201703-6989.jpg
一駅目で下車。


201703-6994.jpg
プラットフォームから駅舎、町の方へは見下ろすかたちになります。


201703-6995.jpg



201703-6998.jpg



201703-7002.jpg
駅舎へ繋がる階段には木製の屋根付き。
県境の駅、日本海側なので…雪も多い土地だとおもいます。


201703-7008.jpg
こちらは階段を下った駅舎内。
木製のラッチがいい感じです。


201703-7014.jpg
斜面にも植栽がしてあり…いい雰囲気です。


201703-7011.jpg



201703-7017.jpg
言わずもがな…こちらも木造駅舎の残る駅です。



201703-7021.jpg
那岐駅、1932年開業。



201703-7030.jpg
開業時からの木造駅舎。



201703-7029.jpg
なんと便利、駅舎内に診療所があります。
診療日がちょっと…切実な感じです…。



201703-7026.jpg






201703-7032.jpg
遠い峰峰の間から、オレンジ色の光が漏れます。




201703-7040.jpg
入線してきたのは折り返し当駅発になるキハ40の4連。


201703-7058.jpg
那岐654発鳥取行き 654D


夜が明けてきた那岐駅を発ち…鳥取方面へ進みます。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」

| 春分 美作滝尾駅へ行きたくて | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017春分 美作滝尾駅へ行きたくて…の放浪記 その11 土師駅

念願の美作滝尾駅は訪問しましたが…延長戦を続けます…。
201703-6924.jpg
津山501発智頭行き 672D
ホームの時計に目をやると…エグい時間だったなと思う。


201703-6929.jpg
前日、奇跡体験をした美作滝尾駅は快速のため華麗にスルー…。


峠の駅、美作河井も過ぎ…鳥取県へ突入。
201703-6945.jpg
津山から1時間弱揺られ…下車します。


201703-6948.jpg
3月上旬、道中も雪が降り…運転士が2名乗車し確認しながら運行していました。



201703-6953.jpg
土師駅、1932年開業。
実はこの駅で大チョンボ。。
なんとなく…木造駅舎がありそうな駅名だし…事前に調べたし…なぜか確信みたいなものがあったんだけど…


201703-6951.jpg
木造どころか駅舎もなかった…。



201703-6950.jpg
まじか…「旅の恥はかきすて」…なんて言うけど土師駅だけに??

もっとも「恥」でもなく、ただの失態なんですけど。。






201703-6959.jpg
駅前の土地を見て…なんとなく往時の駅舎を想像します…。




201703-6975.jpg
土師627津山行き 673D

駅舎はなかったんですけど…里山のいい雰囲気の土地だったことは記憶に残っています。



(「D750」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」)

| 春分 美作滝尾駅へ行きたくて | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017春分 美作滝尾駅へ行きたくて…の放浪記 その10 東津山駅

201703-6841.jpg
バスに20分ほど揺られて下車します。
やけに寄り道をするバスだったので…次の列車に間に合うか…不安でしたがなんとか間に合いました。


201703-6844.jpg
東津山駅、1928年開業。
駅舎よりも…エリエールが気になります…。


201703-6848.jpg
因美線の終着駅…起点は意外にも鳥取なんですね。


201703-6853.jpg
街の中にある…のと因美線だけじゃなく姫新線の列車も入線するので、まずまず利用者はいるようです。


201703-6856.jpg
昼間は駅員さんがいるような雰囲気だったんですけど…無人駅のようです。


201703-6862.jpg



201703-6865.jpg
改装はされていますが…開業時からの木造駅舎でした。


201703-6879.jpg
東津山1858発津山行き 683D
空気輸送の列車に乗り込みます。。


201703-6881.jpg
終点の津山へは一駅。



201703-6883.jpg
タラコのキハ40がいい雰囲気だったのであちらのホームへ。。


201703-6901.jpg



201703-6912.jpg
撮影後、地下道をわたり…改札を出ます。

朝からハードな一日でしたが…中身の濃い時間を過ごすことができました。
今日も安心の宿こと安宿に身を沈めます。

| 春分 美作滝尾駅へ行きたくて | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017春分 美作滝尾駅へ行きたくて…の放浪記 その9 高野駅

201703-6761.jpg
目標の美作滝尾駅訪問は終えたのですが…旅はまだまだ続きます。




201703-6766.jpg
美作滝尾駅から一駅目で下車します。



201703-6773.jpg
こちらも木造駅舎の残る駅です。




201703-6781.jpg
高野駅、1928年開業。
木造駅舎の宝庫、因美線。
こちらも開業時からの木造駅舎。


201703-6783.jpg
「JR」の瓦…特注品ですかね??



201703-6776.jpg
割と町の中にある駅…なので駅舎内も広めのようです。



201703-6778.jpg
2面2線ですが…実際に使われているのは駅舎側のみのようです。



201703-6790.jpg
ここで夕暮れの時間を迎えます。



201703-6824.jpg
智頭行きの列車を見送った後…



201703-6836.jpg
駅を離れます…


次の列車を待ってもよかった…んですけど…
201703-6839.jpg
先に進むバスがあったのでこれで一駅進みます。。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」)

| 春分 美作滝尾駅へ行きたくて | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT