乗り鉄放浪記

主に18きっぷで乗り鉄放浪しております。放浪で思ったこと、感じたことを綴っています。

2014年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

名古屋乗り物今昔物語 その1 名鉄7000系パノラマカー

放浪記は一回お休み。
なんといいましょうか、箸休め的な、牛丼の紅ショウガみたいな感じです。
その14とかになると、書いている方もマンネリな感じをしていたりするんですよ。

ちょいと新基軸な展開で、

「名古屋乗り物今昔物語」

なんて始めてみようかと、、、。
言っちゃあ、名古屋周辺ってちょっと変わった乗り物が多いんじゃないかなって思って、
これを紹介出来たら面白いかなと思いまして始めたいと思います。

第1弾は、、、
DSC02971_1.jpg

んん?競馬場?馬?

DSC02981_1.jpg

ではなく、中京競馬場に静態保存されている、名鉄7000系パノラマカーです。
「名古屋乗り物今昔物語」を始めるとして、初回にふさわしくこれで最終回でもいいんじゃないかって?(笑)

DSC02983_1.jpg
中京競馬場へのアクセスとしては中京競馬場前という駅があり、
その関係でこの地に、2009年に引退した名鉄7000系が静態保存されています。

DSC02989_1.jpg
パノラマカーについての説明文です(拡大)。

DSC02992_1.jpg

DSC02997_1.jpg
運転台を2階へ持って行き、1階部分は客席とし前面展望を楽しめるようにしています。

DSC03003_1.jpg
正面から。

DSC03006_1.jpg
あんまり、僕と変わらない少年。
ライトのとなりにあるのはオイルダンパー。
事故のときに客席への影響を和らげるための安全装置として働きます。
DSC03023_1.jpg
名鉄のエンブレムは誇らしげ。といっても運用末期のデザインでしょうが。

DSC03026_1.jpg
かつて、少年の夢を運んだパノラマカーが、競馬場に静態保存されると、おっさんの夢を運ぶ?
邪推ですね、すみません。

客席にも入れます。
DSC03029_1.jpg
転換クロスシート。
DSC03031_1.jpg
先頭に座ったとき、思わずにやけちゃった僕がいた。
やっぱ、この先頭はすごくうれしい。一度だけ、豊橋からの急行で先頭に乗ったことがあるんですが。

DSC03053_1.jpg
これだけじゃない、運転台にも乗れる。

親子連れが列を作る中、でかいカメラ持ったおっさんの僕が並ぶ(笑)。
DSC03078_1.jpg
入り口は狭く、頭をかがめて入る。
DSC03079_1.jpg
運転台と言うよりコクピットと言いたい気分。
DSC03089_1.jpg
ミュージックホーンも鳴らすことが出来る。

DSC03135_1.jpg
静態保存ってむつかしい。
残すことって、実際に乗っていた人からすると違うって思われるかもしれないし。
それでも、解体されるより、余生を残せるならそれは車両として幸せなのかもしれない。

DSC03153_1.jpg
僕が見た限り、青い空の下パノラマカーは愛されているようだったし。
それはそれでいいんじゃないかなって。


中京競馬場へのアクセスは名鉄名古屋駅から名古屋本線で「中京競馬場前駅」下車です。
おそらく、土日しかパノラマカーは見られないと思います。
競馬開催時はおそらく混むと思われますので、場外発売の日が狙い目ですね。


競馬場の飯はうまかったりするんですが、
DSC03160_1.jpg
このきしめんのつゆの色にはちょっと名古屋人でも驚き、豊橋駅の壺屋よりも濃いんじゃないかって、、、。
でも意外と甘めのつゆでおいしかったです。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| 名古屋乗り物今昔物語 | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014初冬 Peach道東フリーパスの放浪記 その14 網走駅

DSC01108_1.jpg
知床斜里1125発網走行き 3728D

DSC01157_1.jpg
ふと気になったこのブレーキはどういう使われ方をするんだろうか?

さて、知床斜里駅を出ると、オホーツク海の海岸線へ。
DSC01129.jpg

DSC01141_1.jpg
左側を見ると濤沸湖。

しばらく走ると、流氷の見える駅北浜へ。
DSC01165_1.jpg

DSC01171_1.jpg
オホーツク海が近い。

宗谷岬には行ったことはあるが、こうまじまじとオホーツク海を見るのは初めてだったりする。
日本海の過酷さと、太平洋の青さのようなものを合わせたような感覚。
うまく言えないのがもどかしいんだが、、、(あるいはそんなにたいしたことを思っていないのか)。

変な話し、日本に生まれて、オホーツク海を見ないで亡くなる人もいるだろうに、、、
なんて思ったら、ず~っとオホーツク海を眺めていた。

今日のところは北浜駅を通過して網走駅へ。
DSC01176_1.jpg
ここで、釧網本線完乗。
DSC01177_1.jpg
お疲れさま、キハ54。

とりあえず、今日は、僕の放浪記の目的である、鈍行走破を達成しようとすぐの列車に乗る。
DSC01182_1.jpg
網走1210発遠軽行き 4662D

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 初冬 釧網本線・石北本線 | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014初冬 Peach道東フリーパスの放浪記 その13 快速しれとこ

DSC01080_1.jpg
標茶957発網走行き 快速しれとこ 3728D

DSC01085_1.jpg
一気に網走まで向かいます。

DSC01087_1.jpg

DSC01089_1.jpg
その優しい笑顔と熟練の腕に託されたゴーヨン(キハ54)はとても軽快に走っていました。



っと、僕も安定の寝落ち(笑)
川湯温泉ぐらいまでは頑張って起きてたんだけど、、、。

DSC01093_1.jpg
たぶん、斜里岳だと思われます。起きたら眼前に、、、。

DSC01095_1.jpg
そして、知床斜里駅では6分の待ち時間です。

DSC01097_1.jpg
世界遺産知床への玄関駅です。
正直、一番行ってみたい世界遺産なのですが、なかなか、、、。

DSC01106_1.jpg
快速しれとこのヘッドマーク。

DSC01108_1.jpg
しかし、世界遺産なのだから、ここまで特急を走らせればいいのに、、、。
と思ってしまうのは素人考えなのかな?

DSC01126_1.jpg
対向列車がやって来ました、キハ40です。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 初冬 釧網本線・石北本線 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014初冬 Peach道東フリーパスの放浪記 その12 標茶駅②

DSC01023_1.jpg
駅舎内に飛ぶタンチョウは、釧路湿原に生息します。

DSC01022_1.jpg
待合室。

これを掲載しようかは、少し悩んだけど、
DSC01027_1.jpg
JR北海道、一連の不祥事のお詫びとSL冬の湿原号、
DSC01025_1.jpg
そして、北海道の商工会議所の作ったポスター「これからも道民は、JRに乗る」。
ほかに選択肢がないわけで、JRに乗るしかない、とは思うんだけど。
これを駅舎内に貼るって何だかなぁ?って。
誰を相手に広告しているのか?はたまた、JR北海道の自己啓発的なものかな。
まあ、旅すがらのやつに言われたくないかもしれないけど、、、。

DSC01034_1.jpg
駅舎。これまた三角形が特徴的な感じ。丸ポストの設置場所がいい。

DSC01036_1.jpg
となりは、何らかの商店だったのか、今は営業していないようでした。

ここで降りた理由の一つに、食料調達。
ここを出ると、しばらく商店のありそうな町がなさそうだったので、、、。
駅前にはすぐ幹線道路があり、コンビニもあったのでよかったです。
DSC01041_1.jpg
薬局の看板なのですが、なぜが「チオビタ」推し。

DSC01045_1.jpg
1時間弱ほどの待ち時間があり、改札が開いたので再入場。

DSC01046_1.jpg
釧網本線の歴史について書かれたものです。(拡大
元々、安田財閥が先ほどの硫黄山で採れる硫黄を運搬するために、
この地に鉄道を敷設したと、一旦は廃止になったけど、その後釧網本線として復活したという感じですかね。

さて、次の列車がやってきました。
DSC01079_1.jpg
標茶957発網走行き 快速しれとこ 3728D

忘れなければ続く、、、。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 初冬 釧網本線・石北本線 | 12:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014初冬 Peach道東フリーパスの放浪記 その11 標茶駅①

川湯温泉817発釧路行き 4725D
DSC00993_1.jpg
川湯温泉駅からは、釧路方面へ戻る。

途中の車窓。
DSC00996_1.jpg
白樺の間から低い太陽が照らす。
DSC01005_1.jpg
北海道じゃ普通かもしれないけど、、、牛を見ると、おお!っとなる。

DSC01008_1.jpg
本日2つ目の途中下車駅。

DSC01010_1.jpg
標茶駅です。
「C1171ふるさとの鐘」
「C11171」はSL冬の湿原号に使われている蒸気機関車です。
SL冬の湿原号は、標茶駅〜釧路間で運行されています。
JR北海道の不祥事の余波でSLが次々廃止になる中、SL冬の湿原号は今冬も走るようです。

ためしに鐘をならすと、結構いい音が出たのでびっくり。

DSC01012_1.jpg
標津線起点の標示。
標津線はここより、東へ。オホーツク海側の根室標津という駅まで伸びていたらしい。

駅から東へ目を向けると、、、
DSC01015_1.jpg
最近の流行だけど、太陽光発電。今回の旅行中よく見た景色。
休耕田を、太陽光発電にしてっていうけど、
結果、地方で作られたエネルギーを都市が消化するという構図からは抜け出せないわけで、どうなんだろうかと、、、。
まあ、これぐらいの電力なら地方で消化しちゃうのかな、、、。

まあまあ、話しはそれましたが、
DSC01018_1.jpg
跨線橋からの写真。

DSC01021_1.jpg
僕が写真を撮っていたばかりに、駅員さんが改札を閉められず、大変ご迷惑をおかけしました<(_ _)>。

DSC01023_1.jpg
駅舎内にはタンチョウが飛んでいました。

忘れなければ続く、、、。
(ごめんなさい、今回も写真多めで2回に分けます)


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 初冬 釧網本線・石北本線 | 18:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014初冬 Peach道東フリーパスの放浪記 その10 川湯温泉駅②

川湯温泉駅レポート、その2です。
DSC00929_1.jpg
赤い屋根、白い壁、ログハウス調という本当にいい駅舎だと思う、、、あっ、先述のおばちゃんが、、、。

DSC00938_1.jpg
何枚か撮ったんだけど、逆光がひどすぎて、、、。

DSC00940_1.jpg
まあまあ、マシな一枚でしょうか、、、。

DSC00948_1.jpg
駅舎内。今は無人駅ですが、多客時には駅員が派遣されてくるとか?

DSC00950_1.jpg
沿革が書かれています。(大きい画像
かつて、駅長室だったところは今は改装されてレストランとなっているようです。
ただ、朝早く開いてなかったですが、、、。

DSC00955_1.jpg
先日、横綱白鵬に並ばれましたが、幕内最高優勝32回の記録を持つ、大横綱大鵬の出身地でもあります。

話はそれるんですが、相撲の話しで誰が強かったか?って話しは年代がすぐわかる話だと思うんですよね。
ちなみに僕は、千代の富士が強かったですね。

本題に戻りまして、
DSC00957_1.jpg
駅舎のラッチ、本来は防寒のため閉まっている扉。
僕しかいないし、開けて撮影しました。

DSC00965_1.jpg
あとあと見ると、このくまさんは誰かの帰りを待つハチ公のような、、、。

DSC00968_1.jpg
冬のスカッとした空とどこまでも続く鉄道。
DSC00970_1.jpg
赤い屋根の駅舎はなんとも誇らしげでした。

DSC00974_1.jpg
反対側のホームから、見上げると硫黄山、、、。

DSC00979_3.jpg
そういやあ、忘れてた、、、というか、こんなによく見られるとは思ってなかった。
少し戻り撮影。
山肌に緑があるってことはそれなりに熱も帯びているのかな?と勝手に想像。

なかなか、見応えのある駅でしたが、次の列車がやって来ました。
DSC00993_1.jpg
川湯温泉817発釧路行き4725D

忘れなければ続く、、、。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 初冬 釧網本線・石北本線 | 22:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014初冬 Peach道東フリーパスの放浪記 その9 川湯温泉駅①

まあ、また今回も観光より、えきめぐりが主になりますがお付き合いください。

DSC00885_1.jpg
今日最初の途中下車駅に到着。

DSC00896_1.jpg
川湯温泉駅です。

DSC00888_1.jpg
なかなか、趣きのある駅舎です。
写真を整理してたら、いい写真の宝庫だったので2部に分けようかと、長くなりますがお付き合いください。

DSC00899_1.jpg
ログハウス調の駅舎と、石造りの土台、赤い屋根がなんとも言えないコントラスト。
この駅舎は1936年に作られたものだそうです。

DSC00886_1.jpg
ひさしも木製だったりする。

DSC00901_1.jpg
硫黄山。道東に最初にできた鉄道はこの硫黄山から採れる硫黄の輸送目的でつくられたそうです。(後日後述します)
温泉街はここから、4キロほど離れたところにありバスで連絡しているようですね。

DSC00904_1.jpg
木彫りの熊さんがお出迎え、、、。
というか、これ、北海道じゃあるあるだよね。

DSC00908_1.jpg
木製のラッチ。こういうところに自販機はおいてほしくなかったなぁ。

さてこの駅での楽しみの一つ、それは、、、
DSC00909_1.jpg
足湯!!のはずだったんだけど、、、

DSC00910_1.jpg
まじかーーーっ!!!湯が張ってないっ!!!

湯は、ここでも登場、くまさんの口からワンサカ出ている、、、。
DSC00919_1.jpg
んじゃー、まあ、しょうがない、、、。
DSC00922_1.jpg
あたるか、、、、(お見苦しい物を申し訳ありません)。

まあまあ、熱めのお湯だったのでちょうどよかったかもしれない。
どうせ、僕一人だったし、、、。

でまあ、帰りに周りを見渡すと、、、。
DSC00925_1.jpg
栓を発見、、、。これは勝手に栓をしてもいいものなのか?
悩んだ挙句、そのままで外へ、、、。

表へ出ると、おばちゃんがいて、早朝の旅行者が珍しいかったのか、

「お湯どうだった?」

みたいに聞かれたので、

「ああ、湯が張ってなかったですね、、、」

というと何とかしてもらえるかな?と思ったら、

「もうほんと、ここのお湯はダメねぇ、、、」といって、確認後どこかへ、、、。
ああ、特に関係者とかじゃなかったのね、、、。

DSC00928_1.jpg
たぶん、あの栓はしてもいいと思う、、、。
朝早すぎたのが悪かったんだろう。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 初冬 釧網本線・石北本線 | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014初冬 Peach道東フリーパスの放浪記 その8 釧路駅

さて2日目。

いよいよ、ここより釧網本線の放浪記が始まる。
初日に関して、ほぼ移動だったので、まともな記事が書けなかったけど、
ここからはそこそこ書けるかな?とも思っているが、、、(滝汗)

DSC00760_1.jpg

DSC00759_1.jpg
夜明けの釧路駅。
北海道というだけあって何もかもが神秘的に思える瞬間。
寒くはあるんだけど、雪がないので歩きやすい。

釧路606発網走行き 4726D
DSC00768_1.jpg
車両はキハ54。国鉄末期、これからの経営が苦しいだろうと、JR北海道・四国に配備された急行型車両。
客席はいわゆる集団お見合い型だった。

最初の停車駅は東釧路駅。
DSC00775_1.jpg
なかなか、レンガ造りの古そうな駅舎。
本当のところはここからが釧網本線である。

東釧路駅を過ぎると、釧路湿原を進む。
DSC00807_1.jpg

DSC00794_1.jpg
釧路湿原の岩保木水門
釧路市街の洪水を防ぐため作られ、現在の水門は2代目らしい。

右を見ても左を見ても湿原。
DSC00824_1.jpg
その巨大さに、驚くしかない。
DSC00839_1.jpg
個人的にはお気に入りの写真。
列車の影が湿原に映るが、あまりにもちっぽけだなって。
すこし、遠慮して列車は進む。

そして、茅沼駅にて。
DSC00842_1.jpg
おおっ!タンチョウだ。
茅沼駅は駅長がタンチョウに餌付けしていて有名な駅と、
Wikipediaぐらいの知識しかなかったが、まさか遭遇できるとは思わなかった。

茅沼駅を過ぎると湿原はおしまい。
DSC00851.jpg
標茶駅にて対向列車の待ち合わせ。

更に進む。
DSC00883_1.jpg
本日最初の下車駅が見えてきた、、、。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 初冬 釧網本線・石北本線 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014初冬 Peach道東フリーパスの放浪記 その7 大楽毛駅・釧路駅

DSC00672_1.jpg
白糠1844発釧路行き 2583D

DSC00687_1.jpg
キハ40の運転台。これに乗らないと北海道へ来た感じがしない。

DSC00689.jpg
さっき待合室にいた少年が3人が乗ってくるかと思いきや、その中の1人と僕だけだった。

車窓は真っ暗だったのでなしなし。
西庶路駅、庶路駅、聞いたことがない地名が続く。

大楽毛駅着。隣の庶路駅からは10キロ以上離れている。
DSC00692_201411222018479b5.jpg
まあ、やっぱ、撮り鉄は日が沈んだらおしまいだわ。

大楽毛駅では14分の停車時間。
運転停止っていうのか、これが北海道のいいところ?
写真を撮る時間が与えられる。

DSC00704.jpg
駅名票、難読すぎる。

DSC00705_20141122201850b55.jpg
駅全景。1面2線、駅舎とは跨線橋でつながっている。

DSC00708.jpg
待合室。

DSC00709.jpg
隣は食堂らしく、駅舎内に他の施設もある、北海道だとよく見られる景色。

DSC00712.jpg
駅舎。駅舎には釧路市の支所も併設されている。

DSC00715.jpg
跨線橋より撮影。

さてさて、大楽毛駅を出て、15分。釧路駅に到着。
もうこの日の日程も少ないのでラストまで。
DSC00723.jpg
釧路駅、さすがに明るい駅なのでいい写真がとれた。

DSC00741.jpg
改札を通る。駅舎内。

DSC00743.jpg
釧路湿原のタンチョウの剥製。
正直、こういった剥製が少し苦手なので、写真を撮るのは気が引けた。

DSC00748.jpg
さて今日も安宿へ。

1日目旅程

名古屋~(東海道新幹線)~新大阪~(東海道線・大阪環状線・阪和線・関西空港線・特急はるか)~関西国際空港~(ピーチ航空)~新千歳空港~(千歳線)~札幌~(千歳線・石勝線・根室本線・スーパーおおぞら)~白糠~(根室本線)~釧路

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 初冬 釧網本線・石北本線 | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014初冬 Peach道東フリーパスの放浪記 その6 白糠駅

札幌1420発釧路行き スーパーおおぞら7号 4007D
DSC00615_2.jpg
びっくりするぐらい混んでいた。
南千歳〜新得は立ち客が出るぐらい。
ああいう時はどうしたらいいかわかんないから寝ちゃってた。
日本3大車窓も特に気にせず、、、。

DSC00620_1.jpg
まあ、そもそも、自由席なんて、、、って思うんだけどどうかな?

さて道中の写真がなくてすみません。混んでたもので撮れなかったです。
いきなり、次の駅です。

スーパーおおぞら7号、このまま乗り続けても今日の目的地、釧路には着くんだけど、それじゃ僕らしくない、、、?

ということで途中下車。
DSC00622_1.jpg
降りた駅は白糠駅。
これの一つ前の停車駅は池田駅だったんだけど、池田駅だと釧路に21時過ぎとかになるので、白糠での下車を選択。

DSC00625_1.jpg
まあ、真っ暗なんで、うまくレポートできるかな、、、。

DSC00629_1.jpg
かつては白糠線の始発駅だったので、駅構内はなかなか広い。

その面影らしいものは見当たらなかったが、、、。

DSC00636_1.jpg
待合室、地元の高校生がたむろしている、、、といっても3人。

DSC00642.jpg
駅員は帰ったあとらしく無人の改札、仕方ない。

白糠町、何かこうああ、あれだ!みたいな発見はないかなっと、見つけた看板。
DSC00648_1.jpg
ああ、これ僕が好きなやつじゃん、鍛高譚。
若いころ焼酎が苦手だったけど、これはスッキリしていてよく飲んだ思い出がある。

DSC00663_20141121205335c23.jpg
まあ、遠景の写真もとったけど、暗すぎて話しにならないぐらいダメな写真だったんでこんな感じですみません。

DSC00668_1.jpg
正直、これ、列車はやってくるんかな、、、って思ってたところへ、きたきた。

DSC00672_1.jpg
キハ40、やっぱこれに乗らなきゃ、北海道じゃない。
暗い写真だったけど、わざと暗いままにした。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 初冬 釧網本線・石北本線 | 21:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT