乗り鉄放浪記

主に18きっぷで乗り鉄放浪しております。放浪で思ったこと、感じたことを綴っています。

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017立春 函館本線の放浪記 その6 森駅

201702-2771.jpg
車窓から眺める駒ヶ岳。



201702-2779.jpg
やがて海岸線を進むと次の訪問駅へ。




201702-2785.jpg
訪問駅…というよりこの後のえきめぐりの基点となる駅です。
この駅を中心に行きつ戻りつします。


201702-2787.jpg




201702-2792.jpg



201702-2804.jpg
森駅、1903年開業。
いかめしで有名な駅ですが…駅に入店しているのは、なぜかピザ屋さん。。



201702-2801.jpg
直営駅。



201702-2800.jpg
この駅で1時間ほどの待ち時間があり…退屈するかな…なんて思っていたのですが…









201702-2830.jpg
跨線橋から眺める駒ヶ岳と海がキレイで…飽きることなく写真に納めていました。





201702-2857.jpg





201702-2851.jpg
ここよりは…砂原支線を進みます。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)
スポンサーサイト

| 立春 函館本線 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017立春 函館本線の放浪記 その5 姫川駅

201702-2567.jpg
噴火湾の青、対岸の山々も見える。



201702-2583.jpg
本当は…この特急を次の訪問駅で撮影したかったが…



201702-2606.jpg
忘れていた…この駅が到達困難駅であったことを…。




市道からの入口を見つけるのに大苦戦…見つけたのは…
201702-2625.jpg
素敵な看板。



201702-2634.jpg
駅へ通じる道は…



201702-2637.jpg
神聖な場所へ導いてくれるかのような…そんな雰囲気をかもし出していました。



201702-2638.jpg
たぶん迷う人が多かったのでしょう…わりと新しそうな案内です。



201702-2641.jpg
次の列車の時間も気になり…
本当にたどり着くのか…不安になりましたが…無事到着。




201702-2649.jpg
姫川駅、1913年、姫川信号所として開設。
1951年、仮乗降場になる。1987年、駅に昇格。
2017年3月4日廃止。



201702-2682.jpg



201702-2686.jpg



201702-2693.jpg
僕も酔狂な鉄道ファンであるのは自認しているが…この駅で出会った鉄道ファンの方は少し変わっていた。

一応挨拶はしたが…こころよい返事はなく…まあまあ、僕の挨拶が悪かったんだろうと納得する。

なにをしているか…彼を見ていると「駅舎」を凝視しスケッチしている。
荷物からは「製図」のようなものが見える。




201702-2665.jpg




201702-2680.jpg




201702-2695.jpg
その姿からは「僕が足元にも及ばない」駅舎に対する深い愛情が感じられ…なにか邪魔をしてはいけない気がした。





201702-2700.jpg
この駅は駒ヶ岳バックの撮影地として有名だったようです。





201702-2732.jpg





201702-2741.jpg
次の列車は3時間後。
先ほどの鉄道ファンの方も乗車するかと思いきや…乗車したのは僕一人でした。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

| 立春 函館本線 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017立春 函館本線の放浪記 その4 東山駅

201702-2526.jpg
タイミングのいい時間帯だったのだろうか。
プラットホームには10名ほどのテツの方が列車を待っていたが…
列車が去ると残されたのは僕一人でした。

201702-2529.jpg
東山駅、1943年東山信号場として開設。
1949年、東山仮乗降場となる、1987年、駅に昇格。
2017年3月4日廃止。


201702-2540.jpg
板張りのプラットホーム。



201702-2535.jpg
なにもないところに駅はできない。

何かがあるから…駅がある。




201702-2541.jpg
そこにあるのはフロンティアスピリッツ。

「北海道の歴史」は「開拓の歴史」。



201702-2545.jpg
駅を廃することは「開拓の証明」を捨てること。



201702-2550.jpg
「JR北海道」が「北海道の歴史」を否定している。



201702-2556.jpg


201702-2551.jpg
開拓者が仰ぎ見たであろう雄大な駒ヶ岳。

この地を開墾しようと思った理由の一つに「駒ヶ岳が素晴らしかったから…」というものがある…

そうに違いないと確信させるほど…駒ヶ岳は雄大な姿を見せてくれていた。






201702-2563.jpg
ん…まあ…次の駅までは…徒歩鉄です。

(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

| 立春 函館本線 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017立春 函館本線の放浪記 その3 駒ヶ岳駅

201702-2451.jpg
まったくのノーマークだった…仁山駅。
まだまだ素晴らしい木造駅舎がある…ここは次回への宿題と…この日は素通りします。



201702-2459.jpg
凍った湖の向こうに駒ヶ岳…雲が多いのが残念。



201702-2477.jpg
この区間、本数が少ないのがネックですが…列車交換の待ち時間を利用して駅めぐりをします。



201702-2478.jpg
改修はされていますが…木造駅舎。



201702-2481.jpg
跨線橋より…森方面から函館へ行く列車。




201702-2482.jpg




201702-2485.jpg
駒ヶ岳駅、1903年開業。
二等辺三角形の入口が特徴的。



201702-2483.jpg
駅名の由来となった駒ヶ岳…このときは…ご機嫌ナナメでした。。





201702-2489.jpg
簡素な待合室…北海道らしく除雪道具が鎮座しております。



201702-2492.jpg
函館→森は50km弱…この駅の標高は170m。
この駅がこの区間の頂上になるようです。



201702-2508.jpg
特急北斗が通過後…僕が乗車する列車も出発します。


201702-2517.jpg



サイドに見えていた駒ヶ岳…
201702-2521.jpg
ぐるりと回り込み雄大な姿は正面へ。
今春廃止になる駅…一つ目の訪問駅が近づいてきました。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

| 立春 函館本線 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017立春 函館本線の放浪記 その2 新函館北斗駅

201702-2294.jpg
函館駅から「はこだてライナー」に乗って…。


201702-2302.jpg
隣の駅には、青函連絡用に新しく造られた電気機関車。


201702-2311.jpg
残念ながら、ロングシート車なので…車窓写真はあまりなく…


201702-2312.jpg
巨大な送電施設が見えてくると…目的の駅へ。




201702-2315.jpg
カモメさんが飛んでますけど…この駅は内陸にあります。



201702-2328.jpg
下車したのは新函館北斗駅。
札幌から3時間ほどかけてやってきた特急と、函館からの特急が待ち時間なく列車交換。



201702-2340.jpg



201702-2342.jpg



201702-2343.jpg
次の列車まで1時間ほどあったので…ちょいと見学してこようかと…。




201702-2348-2.jpg



201702-2352.jpg



201702-2359.jpg
北海道に新幹線がやってきた。

僕は、人から「物事を両面から捉える」なんて評価されたりします。

まあ…早い話が「二面性」がある…ただの「優柔不断」。


201702-2371.jpg
「北海道に新幹線はいらない」なんていう人がいるけど…

新幹線の恩恵を受けている土地からやってきて「北海道に新幹線はいらない」なんてどの口が言うんだ…って思います。



201702-2390.jpg
問題は…「並行在来線」とか…「現状、新幹線より優先すべきことがある」…ってことでしょうけど…北海道に新幹線があってもいい。


まあ…ここまで飛行機で来ちゃっているから…僕も偉そうなことも言えないけど…。


201702-2399.jpg
お父さんのお見送りだろうか…ホームに来ていた母子、少年が走り始めた新幹線に手を振る。

ホームを脱する間際、車掌が少年に対し手を振り返す。

「見送りに来てくれてありがとう」

鉄道を動かしているのはマシンじゃない、人間だ。




少年は新幹線が見えなくなるまで手を振り続けていた。





201702-2416.jpg
新函館北斗駅、1902年本郷駅として開業。
1942年渡島大野駅に改称。
2016年北海道新幹線開業にともない現在の駅名に改称。

旧駅名の「大野」は福井県大野市からの入植者がこの土地を開墾し、地名に郷土の名前を付けたため。




201702-2427.jpg
結局のところいつもの通り…意見がブレブレなんですけどね。。


201702-2439.jpg
新幹線の100倍かっこいい…キハ40に乗車して函館本線を北上します。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

| 立春 函館本線 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017立春 函館本線の放浪記 その1 函館駅

2月19日。
201702-2196.jpg
ANA4757便(エアドゥとのコードシェア便) 羽田→函館



201702-2221.jpg
たかが鉄道ファン、たかが鉄道ブログ。



201702-2224.jpg
函館駅、1902年開業。



201702-2233.jpg
クソみたいな使命感なんざ…なんの役にもたちはしませんよ。。
むしろメンタルボロボロになるだけ…
「どうせお前たちには何もできない、諦めろ!!」ってことですかね。




201702-2240.jpg
お気楽なブログなんだし…いくら丼おいしかった…なんて書いておけば正解ですよ。




201702-2244.jpg
でも、記事にしなかったら…それらの「駅」は最初からなかったことになるのか…
そこには行ってませんし…写真にも納めてませんし…

アイツらの思惑通りかもね…はじめからそこに「駅」なんざなかった。
悔しいけどね…。



201702-2259.jpg
電卓からもダシが出てます…。





201702-2277.jpg
思わず「ただいま」といいたくなる、思い出のプラットホーム。

1年ぶりの訪問…ラッキーピエロ買えなかったのはマジでショック。



201702-2284.jpg
まあ…書いたところで失われた駅は戻ってこないけど…書かなかった場合、それは「なかった」ことと同義。
無駄な抵抗はやってみるもんさ…やってから後悔すればいい。

のっけからボロボロですけど…「函館本線の放浪記」始まります…。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」)

| 立春 函館本線 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017大寒 いずっぱこの放浪記 その5 伊豆長岡駅

201701-1181.jpg
初乗車の185系。
「富士山が素晴らしかった」…からの寄り道旅で初乗車することになるとは…こういう偶然の旅が楽しかったりします。


201701-1182.jpg
特急車両なんですけど…窓が開くんでしょうか??



まあ…長く乗車したかったんですけど…。
201701-1191.jpg
目的地があったので…なくなく…一駅目で下車します…。


下車後、まず目に飛び込んできたのはコレ。。
201701-1195.jpg
笹に人形さんやら吊してある…なんぞね??


201701-1197.jpg
「吊し雛」という…伊豆地方に伝わる雛飾りのようです。
なかなか…可愛らしいですね。


201701-1201.jpg



201701-1207.jpg
伊豆長岡駅、1898年開業。




その目的地は…駅から歩きます…けっこう歩きます…。
バスもあったようですけど…本数が少なく…じゃあ歩きますかと…。
201701-1211.jpg
少し歩いては振り返り富士を撮る…
少し歩いては振り返り富士を撮る…
これの無限ループ状態。


201701-1219.jpg
目的のものが見えてきました。


201701-1225.jpg
江川英龍、西洋流砲術を学び、反射炉の建設を建議した。


201701-1231.jpg
難しいことは知らないけど…お台場に設置するカノン砲を江戸時代に鋳造した反射炉がコレ、韮山反射炉。
近代化にはやっぱ…テツが必要なんですよ。


201701-1239.jpg
これも過去の写真を見ると植物に覆われて…見向きもされなかった時代があったようです…。


201701-1255.jpg
価値がある(世界遺産)と分かると躍起になる…
不思議なものでそんなことは関係なく、160年前からここに佇んでいる…
それは160年前の志が素晴らしかったってことなんだろうなと…凡な頭脳ですが思います。



201701-1259.jpg
まあ…気持ちは分からなくともないけど…このままじゃ日本中が世界遺産になっちゃいそう…。
そうなったとき…本当に価値のあるものってなんだろね。




韮山反射炉まで遠かった…片道2.5kmぐらいあったんじゃないかと…。
201701-1281.jpg
伊豆長岡駅へ戻り、三島行きに乗ります。



201701-1286.jpg
ボックスシートに身を沈め…


201701-1312.jpg

終点の三島駅へ。



201701-1304.jpg
道中看板を見て気になっていた…椎茸そば。
この駅そばで一番人気メニューのようです。




その後、東海道線で沼津まで、沼津から御殿場線で松田、松田から小田急線で目的地の東京へ。




いずっぱこの放浪記、これにて最終回です。
短期連載でしたが…駄文、珍文にお付き合いいただきありがとうございました。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」)

| 大寒 いずっぱこの放浪記 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017大寒 いずっぱこの放浪記 その4 大仁駅

201701-1121.jpg
修善寺駅から2駅目で下車します。



201701-1127.jpg
列車交換は、185系踊り子でした。


201701-1133.jpg
この駅の特徴は…この大きな上家だと思います。


201701-1135.jpg
廃レールの支柱がいい感じです。


201701-1138.jpg
構内踏切&円形階段。


201701-1144.jpg
大仁駅、1899年開業。
ここも難読、「おおひと」と読みます。



201701-1141.jpg
んまあ…僕はドラゴンズファンですけどね…。
長嶋さんの「空振三振したときにカッコよくヘルメットを落とす」練習…
を見た王さんが「この人にはかなわない」とホームラン王をめざすというエピソードが好きです。


201701-1145.jpg
飲みましたよ…味はあんまり記憶にない…。


201701-1148.jpg
城山というゴツゴツの岩山。
伊豆半島ってハワイの方から流れてきた…なんて話しを聞いたことがある。
波に乗って流れてきたわけじゃなく…プレートが違うとか。。
あれは地殻変動を感じさせる岩山。

201701-1154.jpg



201701-1155.jpg



201701-1173.jpg
ここでやってきたのは185系特急踊り子…旅助けきっぷはこれも乗車可能。
大仁駅から三島方面へ進みます。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」)

| 大寒 いずっぱこの放浪記 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017大寒 いずっぱこの放浪記 その3 修善寺駅

201701-1063.jpg
どこまで行っても付いてくるあの霊峰…この日は運がよかった。




201701-1070.jpg
とりあえずは終点の修善寺まで乗り通し…駿豆線完乗です。


201701-1085.jpg
国鉄と西武、異色の組み合わせ…日本で唯一??ここで見られます。


201701-1089.jpg
修善寺駅、1924年開業。



201701-1087.jpg
駅舎は2014年に完成した新しい駅舎です。




201701-1086.jpg
東京オリンピックパラリンピック、自転車競技の会場になるようです。



201701-1092.jpg



201701-1095.jpg
駅舎も古い駅舎ではなく…若干時間を持て余したようで…色々なものを撮っているようです…。



201701-1096.jpg
まあまあ…駅舎は新しくとも…プラットフォームには古い洗面台があります。



201701-1101.jpg
ベンチもいい感じです。



201701-1106.jpg
185系の運転台。
運転台までコイツは…イケメンですね…。



201701-1119.jpg
このまま185系に乗車するかと思いきや…折り返しの黄色いデンシャに乗ります…。


 (「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」)

| 大寒 いずっぱこの放浪記 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017大寒 いずっぱこの放浪記 その2 大場駅

201701-0863.jpg
三島から4つ目の駅で下車します。


201701-0864.jpg
パテシエかわゆす…な看板。


201701-0870_20170322124519d00.jpg
大場駅、1898年開業。
「おおば」と読んでしまいそうですけど…「だいば」です。



201701-0871.jpg
やっぱり西武鉄道グループ…バスもレオってます。



冗談はさておき…
201701-0872.jpg
ここに伊豆箱根鉄道の本社&工場があります。



201701-0876.jpg
なので引き込み線の踏切もあります。



この駅で降りた理由、本社工場も気になりますが…
201701-0879.jpg
歩いて15分ほどの有名撮影地。



201701-0884.jpg
ヘタクソほど語りたがりますよ…と前置きした上で…鉄道写真の8割ぐらいは「ロケーション」と「天候」で決まります。
この日はその2つが「文句なし」によかった…ってことは…残りは「腕」ってことですかね…。


201701-0900.jpg
立ち位置、縦位置、横位置、いろいろ試行錯誤…



201701-0907.jpg
なかなか上手くいくもんじゃないんですけどね…。


201701-0928.jpg
列車の本数がまずまずあるので飽きることなく撮影できます。



201701-0941.jpg



似たような写真ばかりで申し訳ないのですが…大本命の登場。
201701-0992-3.jpg
8079M 特急踊り子109号
ひとつ前の写真みたく…もう少し左だったかな…と思ったが、これはこれで満足な一枚。
手持ちでこれだけ撮れれば満足です…。


201701-1023.jpg
ラストは鮮やかに霊峰富士と黄色い電車…横でもよかったかもね。。




悩みはつきませんが、帰り道…
201701-1034.jpg
本社工場に古い電機を発見…あれも走行シーンを撮ってみたい。





大場駅に戻り、次の修善寺方面行きのデンシャを待ちます…。
201701-1056.jpg
やってきたのは…先ほど撮影した黄色い電車でした。




(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」)

| 大寒 いずっぱこの放浪記 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT