乗り鉄放浪記

主に18きっぷで乗り鉄放浪しております。放浪で思ったこと、感じたことを綴っています。

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宗谷本線 音威子府駅

201705-2325.jpg
音威子府駅、1914年開業。



201705-2329.jpg
時刻は10時前、ここまで朝食を食べずにやってきた。


201705-2331.jpg
でも…ちょっと早かった…。



201705-2338.jpg
いつもは乗り鉄なのでプラットホームも入れるんですけど…この日はレンタカー旅なので。。



201705-2351.jpg
駅舎内には天北線の資料館があります…ここで暇つぶし。


201705-2334.jpg



201705-2363.jpg
有志のみなさん、太っ腹。

持って帰りたかったけど…商店をやっているわけでもないし…持って帰る間にクチャクチャになるだろうと諦める。



201705-2367.jpg
開店。


201705-2372.jpg
今回は最上位の「天玉」を食べる。


201705-2375.jpg
このインパクトのある黒いそば。

おつゆも濃ゆいんですけど…それに負けない濃ゆいそば。




201705-2378.jpg
朝から行列ができていた。

オヤジさん、これじゃ…なかなか商売やめられないっすね。。

近いうちに…また来ますよ。


(「D750」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」)
スポンサーサイト

| えきめぐり単発系 | 23:30 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天北線 上音威子府駅

201705-2295.jpg
北海道へ行くとつくづく思う。

「自然の浸食力ってすごい」

ここも数年前まで雑草に覆われて雑木林だった。


201705-2300.jpg
上音威子府駅、1914年開業、1989年廃止。

ここが「駅」だった証明。

近年になって有志が「駅」を取り戻すべくつくったものらしい。

プラットホームもキレイに整備されている。


201705-2306.jpg
かつては駅舎もあり、林業で栄えたらしい。

鉄道ファンをやっていて思う…日本に鉄道が輸入されて、たった150年の話し。

その間に「必要」とされ作られて、「不要」とされ廃止になる。



201705-2324.jpg
悠久の大自然からすると人間の方が「浸食者」。




その「めぐみ」をすこし分けてもらいたかっただけ。






そんな人間に復讐をしているのかも知れない。









どうか末永く…北の鉄道が続きますように。


(「D750」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」

| えきめぐり単発系 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天北線 敏音知駅/小頓別駅

旧中頓別駅から進みます。


201705-2238.jpg
山の名は「ピンネシリ」。

アイヌの言葉で「男の山」。

雄大な景色に…


少し走っては停まり撮影、

少し走っては停まり撮影、

少し走っては停まり撮影…

の無限ループ。




201705-2241.jpg
牛だけに…モ~大変。




201705-2245.jpg
こちらは道の駅「ピンネシリ」。


201705-2249.jpg



201705-2256.jpg
敏音知駅、1916年開業、1989年廃止。


201705-2267.jpg
道の駅とオートキャンプ場になっていたが…周辺に住宅らしきものはなくすこし物寂しい感覚。





更に進みます。
201705-2281.jpg



201705-2282.jpg
小頓別駅、1914年開業、1989年廃止。
建物は旧駅舎ではなく…バス転換後のバスターミナルの待合室。


201705-2285.jpg
廃止されたけど…どこの駅跡へ行ってもある駅名板。

「駅」ってやっぱそういうものなんだろうなと…考えさせられる。


201705-2292.jpg
こちらは登録有形文化財にも登録されている丹波屋という元旅館。

登録有形文化財の割には説明とかはなく…登録有形文化財ってのも元々はやっぱこういうものなんだろうなと思った。




201705-2294.jpg
次の駅跡を目指そうと車へ戻る途中に見つけた…ここにキシャが走っていた証拠。

それは…少年たちの憧れだったんだろうな…と想像します。





(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」

| えきめぐり単発系 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天北線 中頓別駅

北海道と滋賀県を往復しておりますが…今日は北海道で…。

雄信内駅で清々しい朝を迎えた後…
201705-2147.jpg
車を走らせ、こんな場所へ。


201705-2150.jpg



201705-2169.jpg
レンタカー旅じゃないと訪問できない場所…一度訪問したかった旧天北線をめぐります。


201705-2171.jpg
中頓別駅、1916年開業、1989年廃止。
こちらは駅跡地にあるバスターミナル…旧駅舎ではありません。



201705-2184.jpg




201705-2185.jpg
バスターミナル待合所の中に天北線の展示物があります。



201705-2186.jpg
こちらは、駅舎の写真。
1975年に建てられた…存外新しい駅舎でした。



201705-2187.jpg
廃止から28年、写真も…相当遜色しています。



201705-2192.jpg
現在は代行バスが運行していますが…こちらも相当厳しいようです。


201705-2208.jpg
図らずも今回の旅、鉄道がなくなった後…どうなる?

…というのを巡る旅になった。

バス転換の良し悪しとかそんな話しではなく…

もちろん、自分自身もレンタカーでここへ来ているわけなので。







(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

| えきめぐり単発系 | 23:30 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017初夏 近江鉄道の放浪記 その5 五箇荘駅

201705-0465.jpg
近江鉄道…東海道新幹線と併走します。



201705-0468.jpg
戦力差はいかんともしがたい…んですけどね。。
まあ…比べるものでもないんですけど…。




歴史と伝統と…貧相さなら負けませんよ。。

201705-0473.jpg
こちらは愛知川橋梁。



201705-0476.jpg
1898年に架けられた長さ239メートルの橋梁。
登録有形文化財に登録されています。



201705-0479.jpg
似たような写真連発で大変申し訳ないが…


次の訪問駅は新幹線の高架線とクロスした場所にあります。



201705-0483.jpg
途中下車します…下車したホームに待合室はないんですけど…


201705-0490.jpg
上家の内側にごぢんまりと…ベンチが置かれています。
意外と寒い地方なんで…あとから防風目的で設置されたんじゃないかなと想像。


201705-0495.jpg
駄洒落ってますね。
まあまあ…それを言うと…この町の住民はみんなプレッシャーじゃないかと??


201705-0496.jpg



201705-0499.jpg
落書きは張り紙以上にダメですけどね…新しい駅舎に…もったいない。



201705-0502.jpg
五箇荘駅1899年開業。



201705-0506.jpg
こちらも2000年に完成した新しい駅舎。一応木造のようです。
やっぱりここもコミュニティセンター的なものが併設されています。




201705-0524.jpg
五個荘1118発彦根行き 列車番号62

ここでやってきたのは、近江鉄道に1編成のみある「あかね号」。
残念ながら…一区間しか乗車しません…。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

| 初夏 近江鉄道 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017初夏 近江鉄道の放浪記 その4 高宮駅

201705-0411.jpg
多賀大社前1025発高宮行き 列車番号52



201705-0414.jpg
高宮1030着。


201705-0416.jpg
「ハの字」型のプラットホーム。


201705-0418.jpg
その真ん中にある待合室。


201705-0424.jpg
更にその奥にある…藤棚は半壊状態。。

老齢のおばあさんが「きれい」と近づくと…営業を終えた運転士さんが一言。

「危ないから近づかないでくださいね」

…プラットホームに藤棚があるって素晴らしい。




201705-0426.jpg
構内踏切。


201705-0429.jpg
上家は…木組みです。


201705-0431.jpg
高宮駅、1898年開業。


コミュニティーセンターも兼ねた駅舎は2002年に建て替えられたもの。



201705-0433.jpg
有人駅。


201705-0438.jpg



201705-0439.jpg



201705-0445.jpg
真ん中の線は今は使われていないようです。。


201705-0456.jpg
高宮1046発貴生川行き 列車番号57

水色の西武電車…西武電車というより流鉄っぽく感じる…のは気のせいですかね??




(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

| 初夏 近江鉄道 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宗谷本線 雄信内駅

201705-2033.jpg
雄信内駅、1925年開業。

写真の方は…大撃沈。。


201705-2053.jpg
3度目の訪問ですけど…いい駅舎です。



撮影中、なんとも思わなかったけど…

駅舎内の「クマ出没」の掲示を見て急に怖じ気づく…。

ちょっと前にどこだかの大学生が襲われたとか…ニュースになったばかり…。

そうそうに車中泊。。



翌朝。
201705-2095.jpg


201705-2082.jpg


201705-2124.jpg
北海道の朝は早い。


天候は悪くとも、雄信内駅の朝は…とても清々しい朝だった。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」




| えきめぐり単発系 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017初夏 近江鉄道の放浪記 その3 多賀大社前駅

201705-0335.jpg
鳥居本駅から4つ目の駅で乗り換え。
写真を見ていただければわかるかと存じますが…この駅で分岐、多賀線が分かれております。


201705-0338.jpg
タイミングよく3方向へ接続がなされるタイミングでした。


201705-0343.jpg
高宮906発多賀大社前行き 列車番号43

ゆるキャラ無限増殖中…節操なし!!



201705-0347.jpg
日本にはGWに田植えをする農家って多いらしい。
兼業農家の方が、この大型連休のタイミングで田植えをするとか。。



201705-0352.jpg
2駅目、終点で下車します。



201705-0356.jpg



201705-0358.jpg
多賀大社前駅、1914年開業。
町のコミュニティセンターも兼ねている駅です。


201705-0362.jpg
近江鉄道は西武鉄道グループなんですけどね…
こちらは絶好調、東北楽天ゴールデンイーグルスの則本投手。
多賀町のご出身です。



201705-0367.jpg
駅前の大鳥居。

盲腸線、乗車してきた列車ですぐに折り返す…というのが好きじゃないので多賀大社へ立ち寄ります。




201705-0374.jpg
門前町の料理旅館「かめや」さん…写真に納めたくなる立派な建物です。



201705-0381.jpg
歩いて10分…多賀大社へ到着。
ここは「イザナギ」さんと「イザナミ」さんが祀ってあるお宮さんらしく…いわゆる国生み伝説の関係らしい。
淡路島にもあるんだけど…めんどくさいことに…これは諸説あるとか。。




201705-0392.jpg
個人的な意見としては…なんとなく淡路島の方が本物っぽいですけど…??
まあまあ…ここではあまり関係のない話し。。


因みに高校の担任教師の名前が「多賀先生」でした。
…もっと関係のない話しですけど…。


201705-0394_201706180208020ae.jpg
青もみじが鮮やかでした。。




駅へ戻ります。
201705-0405.jpg



201705-0408.jpg
多賀大社前1025発高宮行き 列車番号52

顔は西武電車顔なんですけど…カラーが水色…ステキです。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

| 初夏 近江鉄道 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キマロキの余生

名寄市北国博物館。
201705-1785.jpg
タンポポの群生。



201705-1833.jpg
春色の旅路を…駆け抜けろキマロキ。













なんて書こうと思ってたんですけどね…。

やっぱ…「排雪列車キマロキ」と「春」ってちょっとイメージが違う…。




















仕切り直し…。









静態保存40年。

冬季はビニールシートに覆われ「春」になると展示される…「春」はむしろ「余生」。




201705-1898.jpg
40度目の春。


その姿は北の大地の「厳しさ」と「優しさ」

…そして保存しようとする人の「情熱」を具現化している。


保存に尽力する有志に深く感謝。




(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」

| 写真 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017初夏 近江鉄道の放浪記 その2 鳥居本駅

201705-0257.jpg
緑の絨毯…もとい、草がぼうぼうの線路。






201705-0264.jpg
米原より2つ目の駅で下車。


201705-0271.jpg
プラットホーム側から見ても…ただならぬ雰囲気の洋館風の駅舎。


201705-0289.jpg
鳥居本駅、1931年開業。


201705-0285.jpg
僕がえきめぐりをしていてよく思う…アレ。。



201705-0297.jpg
「かつては鉄道が権威だった」

まさにそれを現在に体現するものかと…。


201705-0280.jpg
当時としては最新のものだったのでは…と想像します。




201705-0306.jpg
近江鉄道、のっけから素晴らしい駅舎に出会えた。



201704-0313.jpg 






201705-0328.jpg
鳥居本842発八日市行き 列車番号41







(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

| 初夏 近江鉄道 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT