乗り鉄放浪記

≫ EDIT

2018芒種 愛してやまない音楽と牟岐線 その5 室戸岬

牟岐線からは…かなり逸脱してますが…予定外のこと。
201806-7875.jpg
ここまで来たのなら…と欲が出て、室戸岬を目指そうと。。

もちろん鉄道はなくバス…しかも35km…かなり遠いです。。


201806-7882.jpg
かつて…阿波国と土佐国を結ぼうと計画された阿佐線。

バスで訪問してみると…地形的な部分や、収益性の部分でかなり厳しい路線になっただろうと思います。


201806-7888.jpg
ただ景色は素晴らしく…


201806-7891.jpg
併せて乗降客も少なく、

加えていうと…信号機も1箇所しかないらしく…



201806-7908.jpg
スムーズに進みます。



201806-7912.jpg
あちらは…弘法様の立像…バスの車窓からもお遍路さんを歩いてらっしゃる方を見ました。

あの像が見えると室戸岬はもうすぐ…。




201806-7919.jpg
甲浦駅から1時間弱ゆられて…下車します。





201806-7962.jpg
幕末の志士、中岡慎太郎の銅像

室戸の出身、室戸岬から海を眺めています。



岬…というとサスペンスドラマのエンディングのような…

断崖絶壁を思い浮かべましたが、ここはそうでもなく…緑が豊かなところです。


201806-7934.jpg
まあ…ただ…展望台…正直、絶望ですよ…ここを上るんですか??


それも最初に思ったほどではなく…数分で到着。
201806-7950.jpg
中岡慎太郎が眺めた海を堪能しました。




201806-7967.jpg
浜もいい感じで…少し手前のバス停から歩いてやってくる方もいらっしゃいました。



201806-7997.jpg
室戸岬、1時間弱の滞在時間、なかなか楽しめました。





ザ50回転ズ「WE ARE THE KIDS」

SNSでたまたま知り合った小見高の少年が教えてくれた、とってもかっこいい曲。

| その他 | 23:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018芒種 愛してやまない音楽と牟岐線 その4 甲浦駅

201806-7772.jpg
阿佐海岸鉄道阿佐東線の終着駅、


201806-7778.jpg
こちらも…この風景ににつかわない、高架駅です。


201806-7781.jpg
甲浦駅、1992年開業。

阿佐海岸鉄道は2020年にDMVの運用をはじめます…

と正式に発表されていますが…となると、この駅舎もどうなるんでしょうか??


201806-7784.jpg
中には小さな商店があり、切符も委託販売されています。


いつものパターン、すぐの列車で帰るのも気が引けるので…少々探索します。
201806-7796.jpg
橋の欄干なんですが…クジラさん…

思えば県境を越え、ここは高知県。


201806-7803.jpg
さすがにクジラはいませんでしたが…砂浜はキレイでした。。


これも珍しい…
201806-7819.jpg
海の駅…道の駅ではありません。。


少々、心が惹かれたのは…
201806-7821.jpg
魚が安くて魅力的

…こちらを購入後、となりの厨房に持って行き追い金を払うと刺身定食にしていただけるというシステム。

悩みましたが…時間的に無理…ってことで断念。。



ここの見所は…
201806-7828.jpg
観光地にベタではありますが…種田山頭火の歌碑。


そしてもう一つ見所は…
201806-7839.jpg
江藤新平遭厄の地碑。

江藤新平は明治新政府の司法卿…だったんですけど、征韓論で下野、その後佐賀の乱を起こしますが失敗。



201806-7837.jpg
司馬遼太郎著「跳ぶが如く」で読んだ記憶が甦ります。

佐賀の乱の後、薩摩へ行き西郷さんに挙兵を促すんですけど断られ…

高知でも挙兵を促すが失敗

ならば直接、岩倉具視へ陳情しようと上京を目指すがここ甲浦で捉えられます。



ちいさな町なんですけどね…ああここかと…思った次第です。





今年は…とにかく花の開花が早かった。。
201806-7845.jpg
南国…というのもありますが、6月初め、少々くたびれていました。。




201806-7850.jpg
ぼちぼち駅へ戻ります。。


201806-7854.jpg
アイガモ農法ですね…駅前の一等地で。。




折り返し、列車に乗るかと思いきや…
201806-7864.jpg
バスに乗車します。。










ザ50回転ズ「Vinyl Change The World」

ザ50回転ズ、ダニーさんは徳島県出身です。

| その他 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018芒種 愛してやまない音楽と牟岐線 その3 阿佐海岸鉄道

201806-7681.jpg
徳島から80km弱の牟岐線、えきめぐりより先に完乗を目指します。


終点海部駅手前に少々面白い光景が…
201806-7693.jpg
不思議なトンネル。。

気になって調べると…もともと山を貫くトンネルだったけど…

周辺が宅地として開発されあの…トンネルだけが残されてしまったようです。



201806-7696.jpg
そのトンネルを越えると…牟岐線の終着駅。


201806-7697.jpg
海部駅、1973年開業。

写真では伝わらないかもしれませんが…高架駅です。


201806-7706.jpg
高架駅なんですけど…構内踏切で反対側の線路へ渡れます。

ここら辺、建設された時代の名残な感じがしますね。



そして右の車両へ乗り換えます。

201806-7709.jpg
海部814発甲浦行き 5541D

阿佐海岸鉄道阿佐東線、ヘッドマークは伊勢エビのあさちゃん。


201806-7713.jpg
もちろんディーゼルカーなんですけど…転換クロスシート。

阿佐海岸鉄道が開業したのは1992年、開業時から走るこの車両。

こちらも…製造された時代を感じさせます。


201806-7742.jpg
ブラウン管モニタもあります(さすがに使用はされてなかったです…)。



201806-7715.jpg
ちなみに…愛知県民あるあるを一つ披露すると…この駅の名前「あま」だとず~っと勘違いしてました。。

「あま」の方がトリッキーな読み方…なんですけどね。


201806-7726.jpg
阿佐東線、地図で見ていても…謎な路線でしたが…

既に完成していた国鉄の未開業区間を継承し第三セクターとして開業したとのこと。。

全長8.5km、駅は3駅、保有車両も2両というミニ路線です。

201806-7727.jpg
リアス式海岸を連続して貫通するトンネルが…見所であり、

なんとも…予算がかかっている感じがしました。


201806-7733.jpg
高い位置を走行するので…見晴らしも素晴らしかったです。






201806-7749.jpg
最後のトンネルを越えると…


201806-7758.jpg
825、終点甲浦に到着です。







チャットモンチー「きらきらひかれ」

| その他 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018芒種 愛してやまない音楽と牟岐線 その2 日和佐駅

201806-7595.jpg
牟岐線、別称は「阿波室戸シーサイドライン」。

ですが…わりと内陸を走り…海を見られるところは少なかったりします。。



201806-7613.jpg
1時間半ほど走り…こちらの駅では20分ほどの停車時間があります。

交換列車はすぐやってきたのですが…おそらく、運転士さんの休憩もあるのかと思います。


201806-7626.jpg
日和佐駅、1939年開業。


201806-7627.jpg
近くにウミガメが産卵にやってくる大浜海岸があります。


201806-7631.jpg
なかなか…モダンなデザインの駅舎、道の駅が併設されています。


201806-7633.jpg
ただ、こちらの駅としては無人駅です。




201806-7634.jpg
「ウェルかめ」ってのはそういうジョークかと…放映から9年目にして納得。

…まあ、見てないんですけどね。。


201806-7639.jpg
ヘッドマークも亀…

亀のように鈍いってことでしょうか??

いやむしろ…そんなゆっくりな亀旅の方が贅沢な時代だったりします。。










チャットモンチー「橙」

高橋久美子が橋本絵莉子の演奏するこの曲に感銘を受け、教職の夢を捨てバンド加入を決めたという。

今日の武道館公演でも、演奏されたでしょうか??

行きたかったですね。。

| その他 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

点の連続が線になる。

今でも、昨日の試合を思い出すと…オロオロ泣き出してしまう自分がいるんですけど。。

コロンビアに勝ったときに…

「それ見たことか!!」

っと記事にしようかと思ったんですけどね。。

裏目に出るとイヤなんで…あえて静観しようと…



何を言っても負け惜しみ、

結果は負けですけどね…「相手を本気にさせる」…という意味では勝ちだったのではないかと??

「本気になった相手を下す」





結局は…これを繰り返すしかない、勝てるまで…4年後か、8年後か、12年後か…。

思えば25年前「ドーハの悲劇」、ラモスがへこたれた選手を起こして歩いた風景から何にも変わっちゃいない…かもしれません。


201806-9797.jpg
2点目決めたとき、壁に貼った新聞も今回更新する…なんて思ってたんですけどね…。

更新は出来ないんですけど、並べて飾っておこう…なんて思っています。

| 閑話 | 23:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018芒種 愛してやまない音楽と牟岐線 その1 徳島駅

6月3日。
201806-7483.jpg
徳島駅、1899年開業。

県内全線が非電化、県内全線が単線区間、

乗り鉄趣味には…難攻不落の徳島県。


201806-7493.jpg
朝から阿波ってます…昨晩と同じ被写体を…

いやいや、珍しく好天に恵まれましたね。。


201806-7501.jpg
JR四国の未踏路線は…少々ヘンな感じでして…


201806-7512.jpg
徳島544発海部行き 4525D

この牟岐線と内子線、四国の対角線で余している状態。

一度で両方…というのは難しく、ここは一つずつ攻略しましょうかと。。



201806-7509.jpg
たまにしか来ないので…JR四国の運用はさっぱり分からない…

もっというと…車両の形式も…さっぱり分からない。。

分かるのはカレぐらいです…チャンスがあれば乗車したいですね。





201806-7539.jpg



201806-7558.jpg



201806-7588.jpg
牟岐線、まずは…終着駅まで乗り潰します。。












チャットモンチー/「こころとあたま」

徳島県出身、チャットモンチー。

十代の初期衝動やキレ味、あるいは疾走感…そういったモノを保ちながら進化していく。

おそろしく希有なバンドだったと思います。

これ以上の音を鳴らせなくなった…どこか妥協しなくちゃならなくなった。

だから…「解散」ではなくて「完結」なのではないでしょうか??




ああ…やっぱ…寂しいですね。。

| その他 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018芒種 愛してやまない音楽と牟岐線 その0 徳島へ

6月2日。

振り返ると6月…四国、秩父、伯備線…忙しかったですね。。
201806-7390.jpg
名古屋1913発博多行き 55A

仕事上がりで出発しないと間に合わない…

…というか、だらけちゃう…酒毒に犯されたポンコツなんで。。



201806-7416.jpg
新神戸2018着。

初めて降りた新神戸駅。


201806-7445.jpg
これも初めて見ました…神戸の在来線は離れているので…こういう処置なんでしょう。



201806-7453.jpg
今日も安心の宿こと安宿へ…って違う!!

あんな高級ホテルに一生用はない…と思ってたんですけどね。。




難攻不落の四国、その中でも難攻不落の徳島県…
201806-7462.jpg
このホテルのロータリーから徳島行きのバスが発着しています。





201806-7471.jpg
2時間ほどで徳島着。

郵便ポストの上の人も阿波ってます。。

到着時間は23時、今日も安心の宿こと安宿へ身を沈めます。






ひさしぶりの愛して止まない音楽シリーズですね。。



くるり「宿はなし」

ヘンなハンドルネームをつけちゃったな…と後悔してますけどね。。

由来です。

| その他 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT