FC2ブログ

乗り鉄放浪記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2019桜春 大井川鐵道の放浪記 その21 下泉駅

201904-5369.jpg
続いての駅が…今旅最後の訪問駅になりました。


201904-5370.jpg
地名から2つ目の駅で下車します。


201904-5376.jpg
構内踏切&木造駅舎の駅です。


201904-5378.jpg
無人駅。


201904-5383.jpg
下泉駅、1931年開業。

今回の旅は…晴れに晴れてくれましたが…晴れるとこういうこともあるんです…。

ゴーストもむしろ…アジかもしれませんが。。


201904-5384.jpg
正面から見ると少々お色直しされているようですね。。


201904-5386.jpg
この駅も…菜の花と桜の競演が見られました。


201904-5388.jpg
この駅で出会った男性、僕と同じくえきめぐり趣味の人らしく…

普段は無口な僕も…会話に花が咲きました。





「三陸鉄道には行きますか?」

と尋ねられ…ああ…そういえば行かねば…と。。




201904-5390.jpg
下泉1713発金谷行き 列車番号14


201904-5397.jpg
そういえば…鯉のぼりも大井川に架かっておりました…

桜も鯉のぼりも…ずいぶん遠い話しになってしまいましたね。。





201904-5406.jpg
連日晴れてくれたのが最高の幸運でした。

最後に車窓から見た夕景を忘れることはないでしょう。。



金谷1802着。







その後、東海道線で掛川へ、掛川より新幹線で名古屋までの帰路でした。

(「D850」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR    





というわけで…「大井川鐵道の放浪記」これにて最終回です。

間隔が開いてしまって…申し訳ない部分もありましたが…

毎度のこと駄文珍文にお付き合いいただきありがとうございました。

| 桜春 大井川鐵道 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019桜春 大井川鐵道の放浪記 その20 地名駅

201904-5266.jpg
青部駅から5つ目の駅で下車します。


201904-5268.jpg
否応なく目に飛び込む謎の構造物。


201904-5267.jpg
キチンと説明がありますよ…とはいえ説明書きも相当ボロボロですけど??

かつて索道(ロープウェー)があったらしく…線路の保安のためにあるようです。


201904-5278.jpg
地名駅、1930年開業。


201904-5274.jpg
簡易委託駅、駅前の商店できっぷを取り扱っているようです。



201904-5280.jpg
こちらの駅は…コブシが見頃を迎えていました。


201904-5282.jpg
柵もない、開放的な駅ではありますが…ここで折り返しの…アレを撮ります。。


いろいろ思案しましたが…
201904-5308.jpg
SL102

素直にトンネル抜きで…。。

もともとはコンクリート打ちっ放し…だったでしょう…

風が砂を運び…鳥が種子を運び…フサフサになった歳月を感じさせます。。


201904-5330.jpg
ワイド側で手堅く編成写真も。。


201904-5338.jpg
チャンスがあれば乗車しよう…とは思ってましたが…

前日に「本日満席」の看板を見て…あきらめました。

ですが…このときは空席が目立ってましたね。

やっぱ乗った方がよかったかと??


201904-5343.jpg
後ろの電機さんもいい雰囲気ですよ。。


201904-5355.jpg
まあまた…SLは次回の宿題。

いや…永遠の宿題になりそう。。


201904-5363.jpg
地名1553発千頭行き 列車番号11

千頭方面へ進みます。


(「D850」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」
+「Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D」)

| 桜春 大井川鐵道 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019桜春 大井川鐵道の放浪記 その19 青部駅

2019045-5202.jpg
田野口駅から2つ目の駅で下車します。


2019045-5208.jpg
青部駅、1931年開業。


2019045-5210.jpg
駅舎は…あまりプラットホームとは連続性のないところにあります。


2019045-5212.jpg
駿河徳山よりも北部の駅になりますが…ここの桜は満開に近いです。

桜は…ぱっと見、おなじに見えますが…いろいろ品種があるんですよね。。


2019045-5214.jpg
無人駅…ですが出札口、荷物の窓口ともに跡を感じさせます。。




2019045-5221.jpg
駅舎の中でも桜が咲いていましたね。。





2019045-5230.jpg
近くに吊り橋があるとかで…寄ってみましたが…通行止めに。

こういうのを見ると…「地方のインフラ問題」を感じしてしまいますね。。

そう思うと…鉄道はまだマシなのかもしれません。。



2019045-5234.jpg
たまたま見つけた小さなお地蔵さん。

江戸時代に水難に襲われた土地らしく(そら大井川ですから…)慰霊のために設置されている…

かなり年代物のお地蔵さんのようです。

意外にも神仏を信じるタチなので…手を併せます。


2019045-5226.jpg
待ち時間は1時間40分ほど…。

本当は隣の駅まで歩こうかと思いましたが…

日差しが心地よく、雰囲気もよい駅だったので…この駅でゆっくりと次の列車を待ちました。。


2019045-5252.jpg
青部1442発金谷行き 列車番号12

金谷方面へ戻ります。




(「D850」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」 





| 桜春 大井川鐵道 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019桜春 大井川鐵道の放浪記 その18 田野口駅

201904-5159.jpg
駿河徳山駅より一つ目の駅で下車します。


201904-5163.jpg
今は乗用車が停まってますが…かつては島式ホームだっただろうな…と感じさせます。


201904-5165.jpg
田野口駅、1931年開業。


201904-5166.jpg
なかなか古めかしい駅舎が残っていますが…そこを見抜いてしまうところがよくないかもしれません。




201904-5170.jpg
どこかわざとらしいなと…

これは古めかしく感じられるように再建された駅舎ですね。。


201904-5173.jpg
Wikipediaを見て納得、映画やドラマのロケを誘致するために改装されたようです。


201904-5176.jpg
イイ駅舎ではありますが…


201904-5181.jpg
真似しようと…すればするほど偽物っぽくなってしまう…

なかなか…僕には評価が難しいところではあります。


201904-5196.jpg
田野口1314発千頭行き 列車番号9


千頭方面へ進みます。

(「D850」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR



| 桜春 大井川鐵道 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019桜春 大井川鐵道の放浪記 その17 駿河徳山駅

201904-5061.jpg
再度、大井川を渡ります。


201904-5069.jpg
塩郷駅は吊り橋で有名な駅です。

橋の上から撮影をされてる方もお見えでした。


201904-5080.jpg
元近鉄特急らしく…大きな窓が心地よかったですね。。


201904-5091.jpg
抜里駅から6つ目の駅で下車します。



201904-5099.jpg
駿河徳山駅、1931年開業。

201904-5097.jpg
時間帯によっては駅員さんが配置される…まずまずな要衝な駅です。



201904-5116.jpg
この時間は無人でした。

「用宗」「安倍川」なんてゴム印もあります。

「鷲津」「新所原」…売れることがあるのかな…と。。


201904-5101.jpg
駅に寄り添うようにある桜の巨木。

こちらの桜はチラホラ…といったところ。



201904-5102.jpg
先客さんがお見えでしたね。。


201904-5106.jpg
ヒヨドリさんは桜の蜜を吸うらしいです。

なんでもくちばしの尖り方がポイントだとか。。


201904-5115.jpg






201904-5125.jpg
駿河徳山1257発金谷行き 列車番号10

こちらに乗車する前に…あの列車がやってきます。。

タイミングが悪く…この駅で列車交換でした。。


201904-5148.jpg
列車番号 SL101

なんの工夫もなくホーム端から…撮っただけの写真です。。


201904-5152.jpg
逆光で真っ黒けになってしまいましたが…撮影後、再び近鉄さんに乗車します。

(「D850」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」
+「Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D」)

| 桜春 大井川鐵道 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019桜春 大井川鐵道の放浪記 その16 抜里駅

201904-5033.jpg
桜…以外なら茶畑も…花はなくとも、華やかでした。


さらに茶畑以外…となると…
201904-5037.jpg
チューリップも見頃でしたね。。

一駅目で下車します。


201904-5040.jpg
サヨばあちゃんの休憩所…

もとい…抜里駅、1930年開業。




201904-5043.jpg
最初は個人宅か商店…かと思ってたんですけど…中を覗いて安心。

ちゃんと駅舎でした。


201904-5045.jpg
サヨさん…というのは、店主の名前か…茶店のようなものを営業しているようですね。

プロパンガスがその証拠といってもよいでしょう。

なかなか…無人駅というのは傷みやすい…んですけど…

こういった活用で人の目があると…長持ちしたりするのでいいことだと思います。


201904-5049.jpg
残念ながら…お店は営業してませんでしたが…。





201904-5053.jpg
この日の普通列車の運用は…南海さんと近鉄さんのようですね。。

幸運でした。

201904-5057.jpg
抜里1140発千頭行き 列車番号7

今旅初乗車の近鉄さんに乗車して…千頭方面へ進みます。


(「D850」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」)

| 桜春 大井川鐵道 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019桜春 大井川鐵道の放浪記 その15 川根温泉笹間渡駅

201904-4947.jpg
実のところ…有名撮影地へ行かなくとも…宿のテラスからの眺望が良かったりします。

自分にしては珍しく…11時のチェックアウトの時間ギリギリまで…ゆっくりさせていただきました。









201904-4961.jpg
ボチボチ…桜を撮りながら…駅へ向かいます。


201904-4967.jpg
桜…という花は撮るのが難しい花だなと…。

時期もそうですけどね…寄って撮ったらいいのか…離れた方がいいのか…。


201904-4978.jpg
何も掴めないまま…今年も散っていきました…

桜も…僕も…





201904-4987.jpg







201904-4994.jpg
川根温泉笹間渡駅、1930年開業。

古い木造駅舎が残っています。








201904-4991.jpg
駅舎にはカフェが併設されています…臨時休業の理由が素敵です。

ご入学おめでとうございます。




201904-4997.jpg
思わず…覗いて撮ってみたくなる…

こちらも「燃えるような…」という形容詞がぴったりな春でした。








201904-5004.jpg
少々気になったのは梁を支える金具。

デザインが鉄道が権威だった時代の名残かと思われます。











201904-4998.jpg
無人駅…ですが、出札口、荷物の窓口もわかりやすく残っています。







201904-5008.jpg
まさに…春爛漫…といったところでしょうか。。








201904-5026.jpg
川根温泉笹間渡1126発金谷行き 列車番号8

金谷方面へ進みます。


(「D850」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」)  

| 桜春 大井川鐵道 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019桜春 大井川鐵道の放浪記 その14 笹間川橋梁

201904-4855.jpg
前日、けっこう歩いたので…朝はゆっくりでもいいかな…とも思いましたが…

朝一に訪問したい撮影地がありまして…20分ほど布団の中でウダウダしたあげく、

こんな好天の日は二度とない!!…と自身を奮い立たせ…宿を出ます。


201904-4864.jpg
今年の春は桜が咲いた後、寒い日が続きまして…

おかげで花は長続きしましたね。。

この日の最低気温は2度、道中、霜を飛ばすためのファンが回っていました。




…そして道に迷いました…。


始発に間に合わないかも…と諦めかけましたが…なんとか…道を発見。
201904-4890.jpg
最初の上り列車は近鉄さん…谷底にまだ陽が当たらず。。

次の列車は15分ですが…間に合うかな…と。。











堤を登ります。
201904-4903.jpg
順に朝陽が照射され…

笹間川橋梁の桜は「燃えるような」という形容詞が申し分ないほど…煌めいていました。








これ以上ない上状況であとは…どの車両が来るか…

上り列車は近鉄さんだったので…残りは南海さんか…東急さんか…。。

出来たら南海さん、丸ズームが来てくれるように祈ります。






やってきたのは…


201904-4916.jpg
希望通りの丸ズームさん。


201904-4923.jpg
緑色のものがちらほら見える…ところを見るとすでにピークを過ぎたあとだったか…

それでもその壮麗な姿はシビれるほど煌びやかでした。







201904-4928.jpg
希望の車両が来たことよりも…圧巻の桜だった…いいものが見られたなぁ…と…

高揚した気持ちで…早朝の道を戻ります。







(「D850」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR    

| 桜春 大井川鐵道 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019桜春 大井川鐵道の放浪記 その13 千頭駅

201904-4648.jpg
ふたたび、アプトいちしろ駅より…


201904-4701_201905012210532b2.jpg
あぷといちしろ1556発 列車番号206

面長の機関車を縦構図で切り取ります…編成がけっこう長そうですよ。。


201904-4709.jpg
往路の車内アナウンスで…

「本日は長い編成の運用があるので機関車を2両(重連)で運用します」

…とありましたが…これだったのかなと??

中間にDDが入った編成です。


201904-4710.jpg
この列車で井川線の終点千頭まで乗車します。


201904-4715.jpg
駅で止まるたびに…「○○駅の桜は見頃を迎えています」…と


201904-4716.jpg
どの駅でも車掌さんが伝えてくれます。

この日は寒い一日でしたが…窓が開く車両を全開にして…写真を撮ります。

ほかのお客さんがいたらできないですけど…奥泉駅を越えると一両貸し切り状態でした。



201904-4724.jpg
井川線、お越しになる際は後ろ寄りの車両に乗車してください。

こんな写真も撮れますよ。。


201904-4759.jpg
ここ川根両国駅は魅力的な駅でしたが…下車できませんでした…次回への宿題です。


201904-4767.jpg
千頭1638着。


往路には見ることが出来なかった設備なんですが…
201904-4776.jpg
ターンテーブル、驚くことにこれ人力で回転させるんですね。

もともと国鉄赤谷線にあったものをここへ移築、回転には2~3名が必要とかで…


201904-4777.jpg
鉄道ってのはマンパワーが必要なんだよな…と考えさせられます。



201904-4786.jpg
というわけで井川線はこれにてお別れ…

またあう日まで…しばし…お別れです。



家元訪問へ戻りたいと思いますが…
201904-4797.jpg
千頭1651発金谷行き 列車番号14

この日のラストランナーは流れ者の東急さんでした。。


201904-4798.jpg
座席に座った後…目をドアの方へ向けると…対岸になにやら囲いが見えます。

なんだろか~なんて見ていましたが…赤い動輪を見て納得。

ああ~権利関係で…運用しないときは見えないようにバリアをしておかないと…色々とまずいのね…と。。




まあまあ…グダグダいっておりますが…
201904-4814.jpg
川根温泉笹間渡駅で下車します。


谷は山の頂上を残して影の世界に入りましたが…
201904-4836.jpg
宿まで行く道中…やってきた列車は近鉄さんでした。

いつものように安心の宿こと安宿…かと思いきや…そこそこいい観光ホテルに泊まらせてもらいました。

大井川橋梁が見える温泉に浸かり、汽笛を聴きながら…身をベッドに沈めます。。



(「D850」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」
+「Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D」)

| 桜春 大井川鐵道 | 23:30 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019桜春 大井川鐵道の放浪記 その12 再びアプトいちしろ駅

201904-4531.jpg
旧線のトンネルを使用したミステリートンネル。

ちょっとした冒険になってきましたね…。

ちなみに懐中電灯をダムの管理事務所でお借り出来るようですが…

それをトンネルに入る直前に思い出しました。


201904-4535.jpg
スマホのライトでもなんとかなる…と思います。

割と一つ目のトンネルは…短めで…楽々クリアしました。


201904-4544.jpg
トンネルをでたところはキャンプ場になっています。

アプト路線の勾配がよく分かるかと思います。


201904-4549.jpg
問題は2つ目のトンネルでした…。

これが入ってすぐに…猛禽類の亡骸があり…なんとも不気味な雰囲気で…

道中も子供だましではあるんですけど…いろいろと仕掛けがありまして…

小生、ビビりなんで…おっかなびっくりでした。。


201904-4556.jpg
ネタバレになるといけないので…中の写真は割愛…

アプトの電機が見えたときはホッとしました。



201904-4559.jpg
自分にしては珍しいほど…ピーカン晴れでした…。

ゴーストもハレーションもこの場合は愛おしい存在です。


201904-4573.jpg
アプトいちしろ駅、1959年開業。

ここの桜は満開でした。


201904-4576.jpg
駅舎内にはミステリートンネル探索用の懐中電灯を貸し出ししています。




201904-4596.jpg
入線してきたのは下りの最終列車。


201904-4605.jpg
列車が駅に停車すると待機していた運転士さんが電機に乗り込みます。



201904-4636.jpg
連結して一区間だけですけど…急勾配を推し進みます。

なかなか…鉄道ファン冥利につきる…いい場面を見られたなぁ…

と思い出すと今でもニタニタします。。


201904-4641.jpg
アプトの導入部分…最初は歯車の山が小さいんやね~…とマジマジと見ていました。。


(「D850」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」)

| 桜春 大井川鐵道 | 23:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019桜春 大井川鐵道の放浪記 その11 長島ダム駅

201904-4446.jpg
駅間では2つ目の駅、バス停では一つ目のところで下車します。

このバスも…フリーきっぷで乗車できます。


201904-4448.jpg
長島ダム駅、1990年開業。

繰り返しになりますが…ダム建設のために出来た新線、アプト区間の上流の駅になります。


201904-4451.jpg
木造駅舎は無人駅。




201904-4457.jpg
乗車する予定はなかったのですが…ちょうどやってきた列車。



201904-4465.jpg
連結の取り外し作業…

面長のアプト式機関車がよく分かります…し…

ディーゼル機関車もそのコンパクトさがよく分かるかと思います。



201904-4481.jpg
ここの山桜は…まだまだこれからでしたね…列車はトンネルへ消えていきます。。


201904-4490.jpg
なんとなく…次の行動は予想できたかも…ですが…徒歩鉄です。。



201904-4492.jpg
距離は大したことないのですが…勾配があります。

最も…楽をしたいので…下り勾配ですけど。。


順調に下っていましたが…変な門扉が…
201904-4493.jpg
進めないのかと思いましたが…鹿の入場を拒む目的で設置されているようです。

通過後は門を閉じて進みます。


201904-4508.jpg
堤の下は公園みたく整備されてますが…少々寂しい雰囲気。


201904-4514.jpg
放水もしています…ここを渡る橋はしぶきがかかるので「しぶき橋」…なんて呼ばれています。


201904-4520.jpg
虹も見られます。



この先ですが…
201904-4530.jpg
旧線のトンネルを進みます。。


(「D850」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」)    




| 桜春 大井川鐵道 | 23:30 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT