FC2ブログ

乗り鉄放浪記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2018大寒 津軽じょっぱり放浪記 その17 大湊駅/帰路

201801-7468.jpg
まだ17時台…とはいえ冬の17時はもう夜です、まして青森ですから。。


30分ほど揺られて終着駅へ。
201801-7474.jpg
大湊駅、1921年開業。


201801-7480.jpg
てっぺんの終着駅です。


201801-7471.jpg
恐山と…イタコさんですね。


駅舎の中はいい匂いがします…その源を探ってみると…正体はこれでした。
201801-7486.jpg
青森の名産品、ヒバの木の端材が置いてあります。


いい匂いのする駅なので~長居したかったんですが、そういうわけにもまいりません。。
201801-7487.jpg
大湊1811発八戸行き 738D



201801-7512.jpg
野辺地1912着…僕の人生と一緒、ブレブレの写真ばかりで申し訳ありませんが…野辺地駅で乗換ます。




201801-7518.jpg



201801-7524.jpg
下北の方は雪は少なかったんですけど…ここは派手に雪が降っていました。


201801-7538.jpg
野辺地1924発青森行き 587M



201801-7543.jpg
青森2011着。



201801-7549.jpg
青森駅、懐かしい…というほど古い思い出でもないんですけど…

「急行はまなす」を最後に見送ったのもこの駅だった…たった、2年前の話なんですけどね。。



最後に駅そばでも…
201801-7555.jpg
と思ったんですけど…あちゃ…

この日は駅前の安宿に宿泊。








翌朝、
201801-7584.jpg
こういうパターン初めてです…青森から出社!!


201801-7598.jpg
青森駅、1891年開業。



201801-7601.jpg
空港への連絡バスも…雪国らしい重装備でした。

 (「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」 

最後はジェットコースタームービーみたいな展開になりましたが…

これにて「つがるじょっぱり放浪記」最終回です。

駄文、珍文にお付き合いくださいましてありがとうございました。

| 大寒 津軽じょっぱり | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大寒 津軽じょっぱり放浪記 その16 陸奥横浜駅

三沢駅から乗車した気動車は、野辺地駅から大湊線を進みます。
201801-7331.jpg
この列車が…八戸駅で新幹線との連絡がよかったのか…超満員。。

着席はできましたが…車窓を楽しむことはなく。。

それと…車窓も人が多いせいか…曇ってしまいまして。。


途中下車をすると…宿泊地青森駅への到着が遅れます…が、満員状態に辟易したのも事実で…
201801-7336.jpg
ここも一つぐらいえきめぐりを…と。。

交換列車はリゾートあすなろでしたね。


201801-7349.jpg
改装はされていますが…木造駅舎が残ります。


201801-7351.jpg



201801-7358.jpg
陸奥横浜駅、1921年開業。

のちのち…この駅にある「トリック」に気がつくのですが…このときはまだ知らない。。

この写真にも写っています…どこか…探してみてください。



201801-7353.jpg
業務委託駅。



201801-7355.jpg
次の列車まで時間があります…そして海が近いのでキレイな夕陽が見られるかも…と海岸線まで歩きます。。



が…ここで驚きの光景を目にします。。
201801-7369.jpg
松原がナナメってる!!!

実は下車した瞬間からちょっと後悔…風が強烈でした。。


201801-7375.jpg
下北の方は、はじめての訪問でしたがけっこう衝撃的な体験。


201801-7383.jpg
車中から見られた夕陽はキレイだったんですけど…荒波を見て早々に撤収。



201801-7401.jpg
ここで先述のある「トリック」に気がつきます…。


たいしたことじゃないんですけど…
201801-7402.jpg
なるほど…扉がサイドについている。

西向きに建っているこの駅舎、正面にドアをつけると突風で開いてしまったり…すきま風が入る。。

まあ…推測ではあるんですけど…おそらくそういうことだと思います。


201801-7420.jpg
木版画の駅舎もかわいらしく…。


201801-7422.jpg
もう真っ暗なんで青森へ戻ろうかとも思ったんですけど…次はいつ来られるか分からないので…


201801-7466.jpg
陸奥横浜1732発大湊行き 733D


大湊線の終着駅を目指します。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR



| 大寒 津軽じょっぱり | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大寒 津軽じょっぱり放浪記 その15 三沢駅

201801-7188.jpg
次に訪問する駅が…




201801-7193.jpg
今回の旅のきっかけになった駅です。


1時間ほど揺られて下車します。



201801-7215.jpg
ここは…空港もある飛行機の街です。


201801-7227.jpg
三沢駅、1894年開業。

フェンスが張られ…工事が進められています…目的はこちらではなく。。




201801-7223.jpg
こちらの駅舎。


201801-7229.jpg
2012年に廃止となった、十和田観光電鉄線の駅舎が残っています。

この駅舎が、昨年(2017年)の夏にSNSで拡散され、

是非訪問したいと…今回の青森訪問のきっかけとなりました。




201801-7235.jpg
十和田観光電鉄、乗車することは叶わなかった…んですけど…


201801-7277.jpg
2012年に廃止されたあとも…プラットホームや駅舎はそのまま残っています。






201801-7239.jpg
さすがに古くさくなってますが…廃墟ではありません。


201801-7243.jpg
廃止から6年たっても…この駅舎は生きています。


201801-7244.jpg



201801-7253.jpg
受付は今もバスの案内所として利用されています。



そして勘のいい人はおわかりになったかもですが…

この駅舎を訪問したい…その中でも目的はここでした。


201801-7250.jpg
駅そばです…ここもまだ営業しております。


201801-7262.jpg
一期一会、最初で最後の訪問となりました。。


201801-7263.jpg
メニューは驚くほどリーズナブル。

入店したときにはカップル、食事中にも母子連れ、部活帰りの学生さんなどなど…大盛況でした。


201801-7261.jpg
頼んだのは天ぷら、山菜、卵の入ったスペシャルそば420円。

おいしくいただきました。




201801-7265.jpg
残念ながら…駅の再開発によりこの春、駅舎も取り壊され…お店も移転するようです。



201801-7285.jpg
今はなくなってしまった路線も描かれていた案内図…駅舎、駅そばと同じく過去のものになります。


201801-7298.jpg
この駅舎の歴史を一年に例えると…

まさに年越しそばを食べる、その一瞬だったかもしれません…

ですが…最後に訪問できてよかったと思います…まちがいなく最後のそのときまで…ここは駅でした。





201801-7328.jpg
三沢1532発大湊行き 3731D


目的の駅は訪問しましたが…下北方面へ進みます。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

| 大寒 津軽じょっぱり | 23:30 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大寒 津軽じょっぱり放浪記 その14 メモリアルシップ八甲田丸

201801-7049.jpg
青函連絡船として活躍した八甲田丸、今はその足跡を展示するメモリアルシップとして活躍しています。

実は2度目の訪問、ゆっくり見学したかったんですけど…次の列車までの1時間の滞在時間、

駅までの復路の時間を加味して…スマートフォンのタイマーをセット、見学します。


201801-7053.jpg
早速なんですけどね…かつての青森の街並みを再現しております。

これがけっこうリアルです。


201801-7058.jpg
本命は車両甲板…なので、あとは適当に見て回ろうと思ってたんですけどね…。



201801-7060.jpg
写真を撮っているとけっこう夢中になっちゃって。。



201801-7064.jpg
グリーン席、足元の板をスライドすると足置き場になります。


201801-7096.jpg
船長になった気分ですよ。。



201801-7098.jpg
この日の運航は…気をつけたいですね。。


そして大本命の車両甲板へ…。
201801-7108.jpg
実はこの時点でタイマーの残り時間は数分…。



201801-7111.jpg
こちらは車両を固定する連結器。



201801-7115.jpg
今は開きっぱなしになってますけど…注意を喚起しています。


201801-7120.jpg
冬季ということもあってお客さんは少なめでした。。

本当はゆっくり見たかったんですけどね。。


一番見たかった…再会したかったのはこちらの車両。
201801-7125.jpg
キハ82 101

陽の当たらないところにあるせいか…生態保存の傷みは少なく…そして、鼓動みたいなものを感じるんです。

船底に眠っているところが…またカッコよくて…。


201801-7140.jpg
車内も状態は良さそうで…本当に生きている感じがします。




…が残念ながらここでスマートフォンのタイマーが鳴ります。。

201801-7154.jpg
函館にも摩周丸が保存されていますが…車両甲板、エンジンルームまで見られるのはコチラ八甲田丸です。



201801-7155.jpg
見たところでスゴい…以外の感想はないんですけど??

これには大興奮でした。。


エンジンルームを見たあとは走って青森駅へ…。
201801-7187.jpg
青森1328発八戸行き 574M

出発3分前、ギリギリでしたが何とか間に合いました。。

青い森鉄道を進みます。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」)

| 大寒 津軽じょっぱり | 23:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大寒 津軽じょっぱり放浪記 その13 北上

201801-6989.jpg
弘前駅、1119着。

まだいるかな??っと思った四季島は…次の目的地へ行ってしまいました…。

201801-6990.jpg
弘前1135発青森行き 649D

僕もここからは北上します…なぜか??電化区間なのにキハ48。


201801-2.jpg
悪い意味じゃないですよ…キハで嬉しかったです。。

ああ…細かいところが改装されていると思った一枚。


201801-6999.jpg
ここからは、「あおもりホリデーパス」へきっぷもチェンジします。。


201801-7004.jpg
穏やかな車窓もあり…


201801-7016.jpg
列車が通り過ぎる瞬間に、鉄道防風林からササッと雪が落ちる風景が見られたり…

車窓を撮りたくてカメラを近づけると…自分の呼気で窓が曇る…悪戦苦闘しながら…


201801-7024.jpg
青森1229着。


201801-7026.jpg
乗車してきた車両はこのまま三厩まで行きます…が…


201801-7028.jpg
乗り換えます…


201801-7031.jpg
ただ…


201801-7033.jpg
次に乗り継ぎたい列車はしばらく時間があるので…。


201801-7041.jpg



201801-7047.jpg
駅近くに保存されている八甲田丸を見学してきます。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」)

| 大寒 津軽じょっぱり | 23:40 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大寒 津軽じょっぱり放浪記 その12 田舎館駅

201801-6901.jpg
弘南鉄道弘南線、気になる駅で下車します。

201801-6902.jpg



201801-6908.jpg
木造駅舎ではないんですけど、雪国らしい古き良き駅舎が残っています。



201801-6916.jpg
田舎館駅、1950年開業。



201801-6914.jpg
駅の看板は新しくなっています…が、上に旧字体のものが残っていますね。。



201801-6924.jpg
無人駅。


ここら辺は米どころらしく…看板があります。
201801-6933.jpg
「青天の霹靂」って美味しいらしいですね。。

機会があればいただきたいなと思っております。


201801-6941.jpg



201801-6950.jpg
「中井精也のてつたび」で仕入れた情報で申し訳ないんですけど…人力で雪を踏み固めて作るそうです。

これまた、再訪したくなる理由が増えました。


201801-6960.jpg
ここで出会った女性、駅の清掃をしているパートさんらしく…僕みたいなのが気になるらしい。

何が良くてきているのか??なんて訊かれたり…


201801-6962.jpg
やっぱり、駅舎の雰囲気が良かった。

雪国らしい堅牢な駅舎が…たたずむ姿がよかったです。





201801-6964.jpg
雪がまだ降る中、乗車口までの除雪作業をおこなっていました。

「次は『けの汁列車』のときに来てください」って…。

お疲れ様でした。


201801-6984.jpg


弘前方面へ戻ります。







(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

| 大寒 津軽じょっぱり | 23:30 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大寒 津軽じょっぱり放浪記 その11 黒石駅

先週の「中井精也のてつたび」でも取り上げられた弘南鉄道。
201801-6802.jpg
朝一で完乗りした大鰐線と…こちらは弘南線、2線を有しています。


201801-6814.jpg
こちらにも東急さんのつり革が残っています。


201801-6825.jpg
そんなに長い路線ではないんですけど…あっという間に雪景色。



201801-6828.jpg
大鰐線でも思ったんですが…弘南鉄道には学校の名前の付く駅が多くあります。

気になって調べたところ、弘前は学園都市…多くの大学、高校があるようです。


201801-6836.jpg
ロングシート車、ドアを開けたら、雪が積もっている…というのも珍しい光景かと思います。


往路はめぼしい駅を探しながら…とりあえず終点まで乗車します。
201801-6851.jpg
黒石駅、1950年開業。

駅舎にはスーパーが移設されています。


201801-6849.jpg
ここもストーブを囲むようにベンチが配置されています。



201801-6844.jpg
直営駅。



201801-6856.jpg
「くちゃべる」と「んめ」はなんとなく分かりますが…ほかはサッパリ…。


201801-6852.jpg
黒石の名物といえばつゆ焼きそば…


201801-6861.jpg
なんですけど…残念ながら食事の時間には少々早いのでまたの機会に。。


201801-6872.jpg
青森なので「お祭りはねぶた」だろうと思っていたら、ここ黒石のお祭りは盆踊りのようですね。

なんで次は…夏に訪問しようかなと…。



201801-6879.jpg
黒石1020発弘前行き 列車番号20



201801-6882.jpg
ここもラッセル君をうまく撮りたかったんですけど…


201801-6891.jpg
完全にブロックされてて…冬にも再訪必須ですなぁ…。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」+「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary」)

| 大寒 津軽じょっぱり | 23:30 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大寒 津軽じょっぱり放浪記 その10 弘前中央駅/弘前駅

間隔が開いてしまいましたが…弘南鉄道大鰐線の続きでございます。

この車両…東急さんの中古車らしく…
201801-6702.jpg
りんごのつり革にも109…いやいや、そのまま運用しているとは驚きです。。

東急さんから広告料をいただいても…いいんじゃないでしょうか??




201801-6711.jpg
そのまま終点まで乗り通します。


201801-6733.jpg
弘前中央駅、1952年開業。

大鰐線のルーツは弘前電気鉄道という弘南鉄道とは別の鉄道会社で…この弘前中央駅もJR、弘南鉄道の弘前駅とは離れております。


201801-6736.jpg
券売機こそありますけど…ローカル鉄道の中枢の駅という雰囲気です。


201801-6748.jpg
ストーブが温かかったですね。


201801-6730.jpg
今年のメジャーリーグFA市場は…日本人選手には厳しいシーズンになりました。。

上原、メジャーがダメなら…ジャイアンツに戻れないかな…。






少々話しがずれましたが…
201801-6747.jpg



201801-6749.jpg
大鰐線を去ります…もちろん弘前駅までは…徒歩鉄ですよ。


201801-6751.jpg
「津軽じょっぱり放浪記」にしよう…と決めたのはこの看板。


弘前中央駅から弘前駅までは…とぼとぼ歩いて20分ぐらいかかりました。


















ホテルにいったん帰り朝食をいただいたあと、再び弘前駅へ。
201801-6763.jpg
弘前のゆるキャラ君でしょうか??





201801-6765.jpg
なんだか…賑やかしい雰囲気。。


201801-6767.jpg
たか丸くんにも遭遇…これは…もしかして??


201801-6770.jpg
四季島だ…。

西の瑞風にもたまたま遭遇しましたけど…四季島もここで初遭遇でした。




201801-6780.jpg
弘前駅、1927年開業。


201801-6783.jpg
弘南鉄道、太っ腹です。

本当は苦しいところだと…思います。


201801-6792.jpg
弘前930発黒石行き 列車番号15

青森で、まさかのツーショット…ではありますが…


201801-6798.jpg
車窓に四季島を見ながら…弘南線の旅は始まります。。






(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

| 大寒 津軽じょっぱり | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大寒 津軽じょっぱり放浪記 その9 津軽大沢駅

201801-6551.jpg
発車間際になって気がついたラッセル君。

プラットホームからは隠れていたので…うまく撮れませんでしたが…。


201801-6555.jpg
こちらもラッセル君です…マツゲがいいっすね…。


201801-6563.jpg
大鰐線、特徴的といえば…交換可能駅などで…右側の線路へ入るところでしょうか。


201801-6576.jpg
こんなところにもラッセル君。

東急さんの車両も、押しボタン式に改装されています。


201801-6581.jpg
大鰐駅から6番目の駅で下車します。


201801-6589.jpg
こちらは車庫もある…大鰐線中枢の駅です。


少々気になったこちらの車両。
201801-6595.jpg



201801-6594.jpg
よ~くみると漁船みたい…もとい、モーリ君やJRのマークが…。

JRからの譲渡車両でしょうか??

となると…大鰐駅で見たラッセル君は長くないのかもしれません。


201801-6599.jpg
構内踏切、まだ足跡がありません。




201801-6605.jpg
無人駅。


201801-6608.jpg
タイル画、絵に時代を感じさせます…というか…制作した児童さんもすでに児童館へ通わせる子供がいるぐらいの年齢ではないでしょうか??


201801-6611.jpg
津軽大沢駅1953年開業。

この小さな駅舎にはお手洗いはありません。


ありませんが…
201801-6612.jpg
隣接する特別養護老人ホームが太っ腹!!

トイレを開放してくれています…僕も利用させて頂きました。

雪国らしい連係プレーではないでしょうか??


この看板もこの駅の名物でしょう。
201801-6618.jpg
きつい言い方ではありますが…遊びたくなるのもしょうがない。。


201801-6639.jpg
車庫には柵とかありません…もちろん遊んでいいと助長しているわけでもないんですけど。

これまた雪道に足跡がなく、ひとりでゆっくり車両を見学します。


201801-6647.jpg
全く詳しくないんですけど、こちらも元東急さんの車両のようですね。

スノープラウはこちらへ来て取り付けされたことでしょう。


201801-6652.jpg
こちらの車両は…


201801-6656.jpg
中は資材置き場になってます…ステンレスボディなので腐食に強いんです。

僕だったら住居にしちゃいます。

201801-6602.jpg
しんしんと降る雪と併せて…この駅は楽しかったです。



201801-6679.jpg
無人駅なので現在は使われていませんが…タブレット(ガワですかね)も見られます。


201801-6682.jpg
緑十字も誇らしげに。


201801-6698.jpg
津軽大沢734発弘前中央行き 列車番号5

弘前中央方面へ進みます。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」 )




| 大寒 津軽じょっぱり | 23:46 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大寒 津軽じょっぱり放浪記 その8 大鰐温泉駅/大鰐駅

1月21日。
201801-6456.jpg
弘前駅、1894年開業。


201801-6459.jpg
わりとすぐに戻る予定です。


201801-6470.jpg
弘前626発快速秋田行き 3622M

朝5時台が当たり前、4時台もたまにある自分の旅程からしたら、わりとゆっくりな始発です。


201801-6478.jpg
でもまあ…車窓はまだまだ暗いですね。。


201801-6483.jpg
といっても…一つ目の駅で下車します。


201801-6494.jpg
対面のあちらが気になりますが…まずはJR側の改札を出ます。


201801-6497.jpg
簡易委託駅。


201801-6501.jpg
駅前には足湯、時間に余裕があればと思いましたが…残念ながら先を急ぎます。

201801-6503.jpg
大鰐温泉駅1895年開業。

JRは大鰐温泉駅ですが…弘南鉄道の方は大鰐駅。

鰐だけに??
201801-6508.jpg
めっちゃ歓迎されています。

下調べでこの像を見たとき、鰐さんが持ってらっしゃるのは「歯ブラシ」!!鰐だけに??

…と思っていたんですけどね。。

201801-6510.jpg
スキーの板でした…スキー場も有名なようですね。。


201801-6511.jpg
大鰐駅1952年開業。

こちらが弘南鉄道の駅舎。


201801-6515.jpg
改札内はJRも弘南鉄道も共用されています。


当然ここから乗り換えます。
201801-6522.jpg
東急さんの車両も…遠く雪国で活躍するとは思わなかったのではないでしょうか??


201801-6524.jpg
乗車する前に…


201801-6529.jpg
北口の駅舎も…。


201801-6531.jpg
南口は無人のようですが、こちらに駅員が配置されているようです。


201801-6540.jpg
大鰐650発中央弘前行き 列車番号3

昨年開業90周年を迎えた弘南鉄道、ヘッドマークの岩木山が誇らしげです。


201801-6550.jpg
りんごのつり革が素敵な弘南鉄道大鰐線を進みます。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」 

| 大寒 津軽じょっぱり | 23:48 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大寒 津軽じょっぱり放浪記 その7 ストーブ列車

金木駅へ戻ります。
201801-6247a.jpg
今回の旅は津軽フリーパスを使用しましたが…ストーブ列車は対象外。

…ですけど、追い金払ってでも乗車しますよ。

うれしいことにきっぷは硬券です。


201801-6252.jpg
ワクワクテカテカ。


201801-6274.jpg
金木1539発津軽五所川原行き 列車番号156


201801-6286.jpg
特等席ゲットです。


201801-6289.jpg
客車、やっぱいいですね。。


201801-6306.jpg
驚いたのは…後ろに施錠とか全くなかったこと。

「走行中はデッキへの…」とは注意書きがありますが、

これが古き良き客車なのね…と。。






201801-6320.jpg
車掌さんがやってきて石炭を投入、ストーブの中をガシガシかき混ぜる。

「みなさんが暖かい…ということは私は熱いんですよ」

決まりゼリフ…かもしれないですけど、ワッとわきます。。


201801-6330.jpg



201801-6338.jpg
売り子さんがいう、

「岩木山が見られないと岩木山欠乏症になんべ」。

納得、お昼に見た岩木山は格別だった。



そんな雰囲気に呑まれて…
201801-6345.jpg
呑み鉄はしばらく封印していたんですけどね…ここではたまらず。。








201801-6350.jpg
「のみすぎちゅうい」








201801-6363.jpg
惜しむらくは…乗車時間が短かったこと。


201801-6364.jpg



201801-6375.jpg
DDはあまり調子がよくないらしく、今シーズン初めての運用でした。

たまたまで乗車できて運がよかったです。





201801-6380.jpg
この日の運用はこれがラスト、お疲れ様でした。





201801-6387.jpg
五所川原1611発弘前行き  831D

五能線へ乗換、キハは驚くほど満員でした…呑兵衛はチョイと困惑。。

川部で着席するとあっという間に弘前へ。





201801-6404.jpg
弘前1701着。




201801-6416.jpg
若干早いですけど…この日の旅程は終了。

今日も安心の宿こと安宿に身を沈めます。






(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

| 大寒 津軽じょっぱり | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT