FC2ブログ

乗り鉄放浪記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2018立春 北浜駅へ行きたくて…の放浪記 その19 西女満別駅

201802-1314.jpg
前話、感動的なシーンで終わっておけば…よかったかも知れません。

ラストもドジってるんで…。


201802-1320.jpg



201802-1328.jpg
西女満別駅、1947年開業。


201802-1337.jpg
ちいさな駅舎でしたが…暖房もあり、列車を待つには快適でしょう。


201802-1349.jpg
もっとも周りは人家がなく…とても静かでした。


201802-1355.jpg
ここから歩きます。。


201802-1361.jpg
小さな駅なんですけど…実は女満別空港最寄り駅。

歩いて2km強…迷わず歩けば…なんですけど。。

201802-1366.jpg
けっこう勾配がありまして…息を切らせて上ります。。

先に行っておきますが、この方法、オススメはしません。



ブログで紹介しておいてオススメしない…というのも申し訳ありませんが…

時間に大きく余裕のあるとき限定、もちろん自己責任ですけど。




スマートフォンのアプリのいうとおりに歩いていたら…
201802-1370.jpg
道路の先が除雪されてなく…雪道の袋小路でした。。







マジか…。

 
これは誰が悪いわけではなく、西女満別駅から空港まで歩くようなヤツはそもそも想定していない訳で…。



ラストにとんでもないドジを踏んでしまいました。。




201802-1373.jpg
そこから走りましたよ…冷や汗を垂らして…空港まで。。


201802-1378.jpg
出発45分前に女満別空港に到着。。

これ、乗り遅れてたらお蔵入りでした…笑いごとじゃないですけど??



その後、羽田空港へのフライト、品川から新幹線で名古屋までの帰路でした。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR



これにて「北浜駅へ行きたくて…の放浪記」最終回です。

年度末進行…それと途中、季節が変わり心がふわふわ…

間隔が開いてしまい申し訳ありませんでした。

いつも以上の駄文、珍文にお付き合いいただきましたありがとうございました。

| 立春 北浜駅へ行きたくて… | 23:30 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018立春 北浜駅へ行きたくて…の放浪記 その18 スラントノーズ

201802-1252.jpg
網走駅に戻ってきましたが…


201802-1260.jpg
次に乗車したいのは北見行き、ここで少々時間を持てあまします…。

釧路方面、藻琴駅へ行こうかとも思ったのですが…復路の時間がけっこうギリギリなんで…。


201802-1262.jpg
網走監獄へ行くにも…時間が足りない。



鉄道旅をしていると…こういうことはよくあるんですけどね。。
201802-1268.jpg
駅の周辺を探索…網走川を流れる氷塊、あれも流氷になるのかなと…思いふけたり。。




201802-1270.jpg
ボチボチして戻ってきます。。


201802-1277.jpg



201802-1288.jpg
網走1636発北見行き 4670D

天候もよかったし、この列車に乗車して、空港まで行き、あとは帰るだけ…なんて思っていたんですけど…ここから二転三転。

列車に乗車したはいいんですが…定刻になっても出発しない。。

ああ…そういえば、「旭川からの特急大雪は10分ほど遅れています」…って駅のアナウンスで言ってた…。

列車交換のできる駅がこの先ないので…網走に「大雪」入線後こちらが出発…ということは最後に「大雪」を撮るチャンスが…。





構えて待つと…
201802-1290.jpg






201802-1291.jpg






201802-1297.jpg
もう会えない…って思ってたんですけどね…スラントノーズ。



201802-1303.jpg
こみ上げてくる…熱いものがありました。

飛行機に乗り遅れそうになったり、普通列車が運休になってしまったり…

ピンチのときに…このスラントノーズがやってきて、助けてもらった思い出があります。


今回も…大ラスの登場でした。






ただ…悠長に思いふける時間はなく、即出発。

出発後、後ろを振り返ると…
201802-1306.jpg
おおーー…両側でした…ここまで一度も現れなかったのに…最後の最後に大サービスでした。。



本当に一瞬でしたが…これがスラントノーズのラストシーンでした。

















201802-1312.jpg
熱い想いを胸に…最後の訪問駅へ。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」)

| 立春 北浜駅へ行きたくて… | 23:30 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018立春 北浜駅へ行きたくて…の放浪記 その17 流氷物語号

201802-1106.jpg
ふたたび…北浜駅で下車します。


数時間前の訪問時と少々変わった点といえば…
201802-1113.jpg
駅に入居しているレストランが開店しております。

あとは…
201802-1116.jpg
観光客の方が多め…バスでここまで訪れて、次の列車で網走まで向かうようです。








201802-1148.jpg
北浜1216発網走行き 9732D 流氷物語号


201802-1154.jpg
あまり鉄道グッズは買わない人間なんですけど…ここでは応援の意味も込めて。。



網走1230着。
201802-1160.jpg
ここで嬉しい邂逅。

ブロ友が流氷物語号のボランティアをなさっている…とは聞いてはいましたが…

お互いのタイミングもあることだし、出会うことは難しい…なんて思っていたんですけど。。

あくせく働くボランティアさんの中にそれらしい方がみえて…思い切ってお声かけすると…まさかのご本人様。



実のところ、この後の旅程は考えていなく…
201802-1166.jpg
「じゃあ、もう一回乗車しましょう」…ということになりました。。

流氷と知床の山々が同時にこんなによく見られるのは…ずいぶん珍しいことのようです。




201802-1169.jpg
ずいぶん沖に流されてしまいましたが…まだまだ流氷も残っています。


201802-1188.jpg
大人気の流氷物語号、北浜駅では10分の停車時間。


201802-1194.jpg






201802-1201.jpg



201802-1218.jpg
あっという間の往路。





201802-1224.jpg




201802-1220.jpg
そのまま折り返しに乗車します。




山側もいい…ということで続いては山側の席へ。
201802-1227.jpg
ラーメンをいただいた止別駅、

こちらは通過してしまいますが…ボランティアさんがキッチリ紹介されていました。


201802-1233.jpg
これまた通過してしまう…原生花園駅、ボランティアさんがいう…

「この先に駅があります、本当に小さな駅ですから…見逃さないでください…あっ!!今通過しました、みえましたか??」

「斜里岳はこの角度がいいんです…左後ろになりますが…この角度です!!」

けっしてうまい説明ではないんですけど、楽しんでいただこうという熱い思いを感じられて…

車内はとてもいい雰囲気でした。







201802-1240.jpg



201802-1244.jpg
網走1446着。

個人的に印象に残っているシーン。

流氷物語号に乗務している車掌さんがボランティアさんに、

「お疲れ様でした、今日一日ありがとうございました」

と声かけをしていた。

瀕死のJR北海道にしたって…列車を運行するにしてもコストがかかる。

運転士さんも車掌さんも…おそらく言えないような経緯もあったんだろうなと思います…

201802-1246.jpg
鉄道を守るのは誰か??

鉄道を守るのは鉄道と地元を愛する人…



現場とボランティア有志の気持ちは一つ…そんな光景を見た…

そんな気がします。







素晴らしい列車に乗車できたので…大満足、

これでおしまいにしようかとも思いましたが…もう少々続きます。。

ところで…
201802-1256.jpg
今回の旅の目的だったスラントノーズ…この日の夕方の飛行機で帰るので…もう出会うことは無理そう。

ほぼ諦めておりました。。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」+「TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)」

| 立春 北浜駅へ行きたくて… | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018立春 北浜駅へ行きたくて…の放浪記 その16 浜小清水駅/止別駅

201802-0925.jpg


201802-0931.jpg
流氷物語号、車窓からもオホーツク海と流氷が見られます。


201802-0945.jpg
車窓は海だけじゃないですよ、正面に斜里岳も見られます。


201802-0970.jpg
原生花園駅は夏季しか開業しない駅、通過します。

こちらの駅は…夏に訪問してみたいですね。。


201802-0989.jpg
せっかくの観光列車…ですが長く乗車しません。。






201802-0997.jpg
浜小清水駅、1925年開業。


201802-0999.jpg
駅舎…というか道の駅が駅に併設されています。


201802-1003.jpg
これはものすごく魅力的…ではあるんですけど…昼食の場所は決まっていまして…


201802-1012.jpg
浜小清水1049発釧路行き 3727D

次の訪問駅へ…。


201802-1034.jpg
こちらもあまり長くは乗車しません。。

次の訪問駅は流氷物語号が停車しないため…苦肉の策ではあります…。


201802-1047.jpg
一つ目の駅で下車します。


201802-1049.jpg
快速「しれとこ号」

こちらの列車、今年の3月のダイヤ改正で「しれとこ摩周号」に改称されたので…ヘッドマークは見納めになります。。




201802-1072.jpg
止別駅、1925年開業。

釧網本線は古い木造駅舎に飲食店が入居していることが多いのですが…




201802-1068.jpg
こちらはラーメン店が入居しております。

滞在時間は30分弱…少々不安ではありましたが…入店します。


201802-1061.jpg
注文したのはみそ野菜ラーメン。

みそラーメンにしてはあっさりめ…ですが野菜のうまみがしっかり出ていて物足りないことはないです。

北海道のラーメンらしくアツアツ&スープの浸透圧がちょうどよく、カラダに浸みこみます。






201802-1077.jpg






201802-1081.jpg
ずいぶん話しがラーメンの話しによってますが…駅舎の方もいい雰囲気です。


201802-1085.jpg
メニューも豊富でしたし…ここも再訪必須な駅ですね。


201802-1097.jpg
止別1122発網走行き 3728D

網走方面へ戻ります。 



(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」 +「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM」

| 立春 北浜駅へ行きたくて… | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018立春 北浜駅へ行きたくて…の放浪記 その15 オホーツクブルーを駆ける

北浜駅滞在延長を決めた後…

せっかくなので流氷を間近で見てみようと…
201802-0834.jpg
砂浜へ…。




201802-0780-5.jpg




201802-0789-5.jpg
近くで見ると…こんな大きなものが流れ着くのかと。。

年によっては接岸しない年もあるらしく…僕は幸運でした。



なので…次の列車はここでパチリしようと…
201802-0806-5.jpg
嬉しいことに…キハ40がやってきます。




201802-0814.jpg
ナノクリなので太陽を入れてもゴーストは出ないでしょ??

…なんて高をくくったんですけど…

安フィルターがダメだったようで…盛大にゴースト。。

それでも、お気に入りの一枚になりました。









201802-0823.jpg
幹線道路沿いにあり、また中国のドラマの舞台になったとかで…

少々賑やかしい駅ではありますが、




201802-0839.jpg
セイコーマートも近くにありますし、

なんといっても海を見ているだけで…本当に飽きません。













201802-0862.jpg
続いては展望台よりパチリ。



201802-0871.jpg
この列車を見送ったああとは…1時間ほど…ここで次の列車を待ちます。

北海道滞在中、冷たさのピークはここでした。。






突然ではありますが…僕が好きな色は青、


余計なことをいいますと僕はドラゴンズファンですし…



201802-0889.jpg
青、青、青、この駅には青があふれていました。

過剰摂取、でもイヤミにならない、とても美しい青でした。




201802-0907.jpg
オホーツクブルーを駆ける。



201802-0913.jpg




201802-0916.jpg
流氷物語号、こちらに乗車します。




(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」)

| 立春 北浜駅へ行きたくて… | 23:30 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018立春 北浜駅へ行きたくて…の放浪記 その14 北浜駅

201802-0651.jpg
釧網本線、市街地を抜けると海岸線へ。


201802-0656.jpg
お日様は長い一日の到来を告げています。


201802-0674.jpg
オホーツク海と、人生で初めて見る流氷に心を躍らせながら…







201802-0676-2.jpg
光るレール、光る凍土、


201802-0678.jpg
朝日を照射され、光るキハ。


201802-0692.jpg
下車します。



201802-0701.jpg



201802-0710.jpg
北浜駅、1924年開業。



201802-0711.jpg
僕が乗車してきた朝一の列車だと訪問しやすいようで…まずまずな人数のお客さんが滞在。




201802-0705.jpg






201802-0713.jpg
駅舎の中からもオホーツク海と流氷が見られます。




201802-0720.jpg




201802-0725.jpg




201802-0758.jpg
網走からのお客さんの多くは北浜716発に乗車され網走へ戻って行きました。



空いたので…駅舎の隣にある展望台へ…
201802-0763.jpg
上ると…ここもまた絶景でして…。

これを見ちゃうと…次にやってくる列車をここから撮影したくなります。


ですが…
201802-0770-2.jpg
一つ網走寄りの駅、藻琴駅も素晴らしい木造駅舎

次の列車をここで撮影するとなると…当初の予定、藻琴駅へは行けなくなります…

ここは、ずいぶん悩みましたが…





201802-0775.jpg
今回は藻琴駅を諦め、もう少しこの駅に滞在することにします。。




(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」
+「TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)」)

| 立春 北浜駅へ行きたくて… | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018立春 北浜駅へ行きたくて…の放浪記 その13 網走駅

201802-0513.jpg
網走駅、1912年開業。



201802-0529.jpg
朝五時起床。

僕が乗車する列車は641発なので…そんなに早く起きる必要もないんですけど…

2年前に見た情景を再び見たく駅へ。






201802-04254.jpg
2016年1月


201802-04257.jpg
2016年1月


201802-04262.jpg
2016年1月


201802-04276.jpg
2016年1月

最果ての駅、鉄道を動かすことの荘厳さ。




201802-0536.jpg


201802-0555.jpg
高らかに排ガスを吹き上げて進む、183系。

前回とは時期が一月違うので…空の色と同化してしまって残念。


201802-0560.jpg



201802-0577.jpg
続くのはキハ40と54のコンビ。


201802-0594.jpg



201802-0602.jpg
空が白んでしまって撃沈…


201802-0618.jpg
でもここまで来て、朝一に駅に来ないと見られない情景。




201802-0641.jpg
網走641発釧路行き 4725D



201802-0646.jpg
いよいよ念願の北浜駅へ。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」 +「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM」
+「TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)」)

| 立春 北浜駅へ行きたくて… | 23:48 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018立春 北浜駅へ行きたくて…の放浪記 その12 北見駅

201802-0423.jpg
北見駅、1858着。



201802-0425.jpg
僕の乗車した列車の到着とほぼ同時に出発するレッドベアーさん、プッシュプルの後ろ側の機関車ですね。




201802-0429.jpg
すぐに連絡する知床斜里行きに乗車すれば…早くに網走に到着しますが…




201802-0436.jpg
ここも、えきめぐりを続けます。




201802-0454.jpg
北見駅、1911年開業。

駅舎は…改装工事中。。



この駅に立ち寄った理由はこちら…
201802-0443.jpg
ロコ・ソラーレ。

北見市常呂町はカーリングの聖地と呼ばれている場所…なんですが…選手が他の地域へ流出してしまう。

それを憂いた本橋麻里選手が常呂町に創ったチーム。


201802-0465.jpg
タイミングのいい話しで…この前夜に銅メダルを獲得、僕も号外をゲットです。

(前夜は早々に就寝して試合を見ていない…というのはナイショの話です…。)



201802-0449.jpg
ニンゲンって…何かこだわりがないと結果を残せないもの。

地元にこだわった…ということがメダルに繋がった最大要因だと思います。




201802-0457.jpg
これも優勝に導いた要因でしょう…「赤いサイロ」またの機会になりましたが。。



201802-0474.jpg
北見1957発網走行き 83D






201802-0489.jpg
網走2049着。

スラントノーズはもう走っていないんですよ…たぶん…。


201802-0499.jpg
疲れた体を引きずって…今日も安心の宿こと安宿に身を沈めます。


(「D750」 +「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM」)

| 立春 北浜駅へ行きたくて… | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018立春 北浜駅へ行きたくて…の放浪記 その11 東相内駅/西北見駅

201802-0271.jpg
夕暮れ…夜明け前から乗り鉄してるんで…

体力的にも、このまま宿のある網走まで…とも思ったんですけど…


201802-0274.jpg
もう一つ立ち寄りたい駅があったので…


201802-0279.jpg
下車します…下車早々にいい景色。


201802-0281.jpg
同時に出発したキハ40に挟まれるという幸せ。



201802-0287.jpg





201802-0310.jpg


東相内駅、1912年開業。

駅舎は1934年に建てられたもの。



実は2年前にも訪問済み…高校が近くにあり…古い駅舎ですが、現役バリバリのいい駅。
201802-0297.jpg
2年前との変化といえば…ストーブがなくなってますね…。


201802-0302_20180402212020893.jpg
煙突が残りますが…少々残念。。


201802-0318.jpg
次の列車は2時間後…




201802-0331.jpg
なのでバスでワープします。














201802-0339.jpg
西北見駅、1986年開業。




北海道でも…都心にある駅でして、
201802-0345.jpg
なんだか、入り口も意外な感じがしますね。


201802-0356.jpg
でもホームが板張りだったりして…ここは北海道らしいです。


201802-0369.jpg
スラントノーズは来ない…これだけチャンスがあっても来ません。。


201802-0380.jpg
駅舎はコンクリート打ちっぱなし、ここでしばし次の列車を待ちます。





201802-0411.jpg
西北見1853発北見行き 3583D

やってきたキハ54は、宗谷本線のステッカーのついた車両でした。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」 +「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM」 )

| 立春 北浜駅へ行きたくて… | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018立春 北浜駅へ行きたくて…の放浪記 その10 留辺蘂駅

石北本線を網走方面へ進みます。
201802-0136.jpg
生田原駅に留置してあるバスが…名古屋の市バスにソックリ…

というのを数年前、初めて見たときから思っているんで、長い間あそこに留置してありますね。。


201802-0141.jpg
生田原から先は峠道。


201802-0142.jpg
そしてトンネルへ。

トンネルの名は「常紋トンネル」。

何度も通過はしていますが…意識して乗車するのは初めてかも知れません。

その重みを感じつつ…笹子トンネル、清水トンネル、北陸トンネルなんかと思うと…ずいぶん短くて…。

むしろその短さが、命の重みかと…建設時の過酷さを想像させてくれます。


201802-0144.jpg
トンネルを明けると常紋信号場…だった場所。



201802-0151.jpg
金華信号場、ここも2年前まで駅でした。

信号場なので…駅舎も残されていますが、むしろ寂しさを感じてしまいます。。





201802-0162.jpg
遠軽から5つ目の駅で下車します。

意外…といっては失礼かも知れませんが、外国人観光客の方が下車。。

温泉宿のバスに乗車して駅を去って行きました。


201802-0168.jpg
プラットホームからサクッと撮った一枚…いや…北海道ですね。


201802-0171.jpg
縦読みしてしまったので一瞬分からなかった…これ。。


201802-0186.jpg
陽光に照らされて…つららが溶けていきます。


201802-0204.jpg
留辺蕊駅、1912年開業。


201802-0191.jpg
個人的に苦い思い出のある駅。

2年前、列車交換の待ち時間に駅舎内を撮影させてもらおうと、駅員さんにお願いすると…

「きっぷを持ってこないとダメだよ」

と…まあまあ、きつめに言われた記憶がありまして…もちろん自分が悪いんですけど。。






201802-0195.jpg
逆説的にいうと…2年前は駅員さんがいたんだよね…と。。

今は簡易委託駅になります。


201802-0210.jpg
「蘂」が難しい…。

帰ってからPCで入力してポイントを拡大して確認しました。



201802-0216.jpg
雪のミルフィーユ、本当のミルフィーユだったらおいしくいただけましたが。。







201802-0241.jpg
集中力が切れてしまったのか…ここで大チョンボ…。


201802-0247.jpg
悠長に撮ってますけど…あの列車に実は乗車したかった。

入線する番線を間違えたらしく。。





201802-0251.jpg
見送りましたよ…夕日がキレイでした…。

あの列車は西留辺蘂行き…西留辺蘂駅には折り返しのできる設備がないため、

隣の金華信号場へいった後、折り返して…西留辺蘂駅から始発になるらしく…そこを確認したかったんですけど。。

そら駅舎に戻って…猛省しましたよ…。



気を取り直して…
201802-0263.jpg
留辺蘂1654発網走行き 4667D

2回目の訪問でも…大チョンボをしてしまった留辺蕊駅ですけど…まだまだ旅は続きます。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」 

| 立春 北浜駅へ行きたくて… | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018立春 北浜駅へ行きたくて…の放浪記 その9 遠軽駅

201802-9917.jpg
車窓に街のシンボルが見えると…わくわくする、次の駅。


201802-9922.jpg
終点で下車します。


201802-9934.jpg
まあ…流行りの言葉で言うと…フォトジェニックな駅である。


201802-9947.jpg



201802-9952.jpg



201802-9959.jpg
どこを切り取っても…写真映えする…フォトジェニックな駅である。



でも、流行になびいている訳じゃないですよ…
201802-9957.jpg
歴史と伝統、レールとコスモスと車輪、2015年に100周年を迎えています。



201802-9966.jpg




201802-9983.jpg
そしてお昼はここと決めておりました。



201802-9968.jpg
最上位のスペシャルでも600円ですから…当然スペシャル一択。


201802-9974.jpg
美味しくいただきます。


201802-9981.jpg
(食べかけの写真で申し訳ない。。)

意外と…といっては失礼ですが…

「あいがも」がしっかりと、本格的な「あいがも」でして…これは本当に美味しかったです。






201802-9988.jpg
遠軽駅、1915年開業。



この駅での滞在時間は長め…
201802-9998.jpg
とりあえず街のシンボル、瞰望岩へ。



201802-0018.jpg
雪山が凄くて意気消沈ですが…それでも近くで見ると迫力満点です。


デゴイチさんも近くで見たくて…足跡があったのでそれに合わせて歩いたんですけど…
201802-0027.jpg
途中で、これはカンジキでもないと無理…と引き返します。

でもデゴイチさんの状態はいいようで安心しました。





201802-0030.jpg
コマ犬さんもビックリ…カンジキなしで雪の中歩くとは…

何から何まで…この街はフォトジェニックな街…なのです。





201802-0041.jpg



201803-0053.jpg
スイッチバックの駅、こんなところもフォトジェニックな要因。


201803-0076-2.jpg
一度は撮ってみたかった…クネクネ。


201803-0097.jpg
一つの列車を2度撮れる…ここでスラントノーズが来たら…最高だったんですけどね…。


201802-0109.jpg
駅へ戻ります。



あまり、記念きっぷとか…実用性のないきっぷは…好まない人間なんですけど…
201802-0113.jpg
ここのご当地入場券は購入してしまいました。。


201802-0121.jpg
遠軽1449発網走行き 81D

網走方面へ進みます。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」 +「TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)」)

| 立春 北浜駅へ行きたくて… | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT