FC2ブログ

乗り鉄放浪記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2018春分 宗太郎越えの放浪記 その14 枕崎駅

201803-3076.jpg
終着駅にしては無人駅で…少々さみしい雰囲気ではありますが。。






201803-3080.jpg




201803-3090.jpg
枕崎駅、1963年開業。

1963年とは…意外と新しいな…とも思いましたが、

この土地で先に開業したのは南薩鉄道枕崎線、こちらは1931年に開業しております。




201803-3093.jpg



201803-3094.jpg
乗り鉄趣味な方にとっては…ここはmustな雰囲気のある駅だったので…

未訪問だったことに…何だか…焦りみたいなものがありました。。

一般の方からしたら…ずいぶんおかしな話しではあるんですけど。。


201803-3105.jpg
そして個人的に記念碑的な駅になりました。

この駅でもって「JR九州完乗」です。




201803-3112.jpg
厳密に言うと「完乗」ではない…バリー・ボンズのホームラン記録と同じです。。

残り乗車していない区間は「九州新幹線(博多~鹿児島中央)」なんですけど…並行在来線には乗車していますし、

僕は鈍行列車での完乗を目指しているので…ここで「JR九州完乗*」でいいでしょう。



個人的に運がよかった…と思うのは、豊肥線が一時復旧したときに乗車できたこと。

あのタイミングを逸していたら…完乗はしばらくできていなかったと思います。

豊肥線…のみならず、日田彦山線、久大線の早期の復旧をお祈りします。



201803-3114.jpg
ここから鹿児島空港までバスで向かうのですが…少々空き時間が…かといって長くはなく1時間ほどです。





201803-3117.jpg
観光案内所で聞いた枕崎を一望できる展望台へ。。

荷物をロッカーに預けてくればよかった…と、ひたすら後悔。

こんなときにケチな性格が裏目に出ます。


201803-3129.jpg



201803-3137.jpg
中央に見える岩は「立神岩」といわれる枕崎のシンボルの岩です。


201803-3143.jpg
この日乗車したキハは冷房運転していました。

鮮やかな椿が咲くのも納得です。




201803-3150.jpg
18きっぷで鹿児島へ戻る…とかいろいろ考えたんですけど…

唯一帰りの飛行機に間に合うのがこの「枕崎から鹿児島空港へのバス」に乗車するでした…

枕崎は遠い&意外と薄氷を踏む旅路でしたね。。


201803-3163.jpg
このバス、加世田に寄ります。

ここも一度は訪れてみたい場所でしたが…またの機会にします。





201803-3170.jpg
今年の大河ドラマは「せごどん」でしたね。

せごどんも大好きだったさつま揚げを購入して…帰路の旅路に就きます。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」 + 「AI AF Nikkor 35mm f/2D」


「宗太郎越えの放浪記」これにて完結です。

駄文、珍文にお付き合いいただきありがとうございました。






 

| 春分 宗太郎越え | 23:30 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分 宗太郎越えの放浪記 その13 指宿枕崎線

ここからはえきめぐりはなく…単調な乗り鉄になりますが…
201803-2990.jpg

特急「指宿のたまて箱」…あれもキハ40…。

むしろ水戸岡さんはキハ40を愛しすぎているのかも…知れないですね。。



201803-2999.jpg
山川駅は一時無人になりましたが…地元の女性グループが復活させた最南端の有人駅。


201803-3001.jpg




201803-3006.jpg
この区間も利用者は少なく…厳しいようですが…


201803-3012.jpg
前方に開聞岳が見えると…みなそわそわしはじめます。


201803-3022.jpg
西大山駅、停車中にみなホームへ降りて撮影をします。




201803-3026.jpg
窓の開くキハ40ならば、こんな撮り方も出来ます。




201803-3036.jpg
南国には春が訪れて…


201803-3038.jpg
線路脇を彩ってくれています。


201803-3042.jpg



201803-3049.jpg
街がみえてくると終着駅へ。


201803-3056.jpg



201803-3062.jpg
枕崎1431着。

指宿枕崎線、完乗りです。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

| 春分 宗太郎越え | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分 宗太郎越えの放浪記 その12 瀬々串駅

201803-2836.jpg
鹿児島中央1115着。


201803-2841.jpg
鹿児島中央1123発喜入行き 335D

サクッと乗り換えます。




201803-2843.jpg
指宿枕崎線は初めての訪問です。


201803-2846.jpg
喜入あたりまではまずまず本数があるんですよね。。


201803-2853.jpg
下車します。


201803-2854.jpg
瀬々串駅、1934年開業。


201803-2858.jpg
駅舎とかはなく少々殺風景ではあります。



この駅で降りた理由は…
201803-2861.jpg
桜島…正直今ひとつでした。。



それともう一つ…
201803-2957.jpg
補給です。。

この先、食事にありつけそうもない展開なのでコンビニメシを購入します。



たまたまよったコンビニなんですけどね…このコンビニの駐車場で思わぬ出会いが…
201803-2896.jpg
この雰囲気は…間違いなくボスっぽいですなぁ。。


親子でしょうか…
201803-2922.jpg
子猫さん。


201803-2941.jpg
たまらんですな…愛猫家には…。

駐車場でゴハンをお裾分けしてもらっているのか…

とにかく人懐っこ過ぎて、距離をとるのに一苦労でした。。



201803-2952.jpg
ネコさんと戯れていると列車に乗り遅れそうなので…そこそこで諦めて帰ります。。






201803-2980.jpg
瀬々串1239発枕崎行き 1337D

前日の展開を思うと少々早いですが…これが本日のラストランナーになりました。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

| 春分 宗太郎越え | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分 宗太郎越えの放浪記 その11 竜ヶ水駅

201803-2695.jpg
この駅は生涯でも十指に入る…といっても過言ではない、素晴らしい駅でした。

…いきなりハードルを上げてますけどね。。


201803-2705.jpg
碑文拡大
過去には自然災害が襲った駅です。

虎穴に入らずんば虎児を得ず…ではないですけど…

厳しい土地なだけに…穏やかなときは素晴らしい景色を見せてくれるのかもしれません。


201803-2711.jpg



201803-2709.jpg




201803-2712.jpg
険峻な山々と海岸線、北陸本線親不知駅を思い出します。





そして季節は…
201803-2725.jpg
春でした。


201803-2792.jpg
駅舎はコンクリート造りの味気ないものですけど…早咲きの桜はそれを補って、余るものがあります。



201803-2747.jpg
気温は18度、穏やかな時間が過ぎていきます。


201803-2760.jpg
特急同士の列車交換。


201803-2779.jpg
秘境駅…かと思いきやそうでもありません…実は鹿児島駅の隣の駅です。





201803-2800.jpg
とはいえ…普通列車も通過してしまう駅ですけど。。


201803-2808.jpg
でも…そんなことは苦でもありません…

今でも写真を見直して…ああ~いい駅だったよなぁ…って思いだしています。


201803-2810.jpg



201803-2824.jpg
竜ヶ水駅、1915年開業。


201803-2830.jpg
竜ヶ水1104発川内行き 6941M



滞在時間は短かったですけど…本当にいい駅でした。

この駅はまたいつか…再訪したいと思っています。




(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

| 春分 宗太郎越え | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分 宗太郎越えの放浪記 その10 日豊本線南下

3月12日。

宗太郎は昨晩、越えてしまいましたが…旅はまだまだ続きます。
201803-2553.jpg
延岡駅、1922年開業。

このときは工事中でしたが…新駅舎はすでに稼働中のようです。

この日、しばらくは単調な乗車時間になります。
201803-2565.jpg
延岡515発宮崎空港行き 5071M

18きっぷの旅なんですけど…この日の旅程はどこかで特急を利用しないとうまくいかない。

…かといって追加料金が必要となるので…特急には長く乗車したくない…

時刻表を凝視して、からっぽの頭がひねり出したのがこのスタートダッシュ作戦。


201803-2567.jpg
なにげに…JR九州で特急に乗車するのは今回が初めてだったりします。


201803-2584.jpg
春分っていうのは昼と夜の長さがちょうど同じ…九州は夜明けがゆっくりですね。。


201803-2586.jpg
高鍋558着。


201803-2588.jpg
高鍋604発西都城行き 721M


サクッと向かいの列車に乗車します。

201803-2593.jpg
先ほどよりもだいぶ夜が明けてきました。


201803-2598.jpg
太陽がみえてきたのは宮崎の市街を進む頃。


201803-2607.jpg
ガラス窓がUVカットなんで…変な色ですが。。


201803-2611.jpg
宮崎駅と、日南線が分岐する南宮崎駅では、なが~く待たされました。。

宮崎県は全線が単線区間なんですよね。。

朝の通勤通学時間はめまぐるしく、旅客をさばいています。


201803-2619.jpg
都城方面へは山岳区間を進み…


201803-2622.jpg
都城は759着。


201803-2632.jpg
都城駅、1913年開業。

一気に宮崎県南部へ…もう少しゆっくりしたかったんですが…さらに南へ。


201803-2648.jpg
都城824発鹿児島中央行き 6937M











201803-2671.jpg
神話の樹海を越えて…見えてくるのは鹿児島県のシンボル。


201803-2677.jpg
ずいぶん霞んでいますけど…立派な容姿です。


201803-2689.jpg
以前より訪問したいと思っていた駅で途中下車します。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」)

| 春分 宗太郎越え | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分 宗太郎越えの放浪記 その9 宗太郎駅

201803-2339.jpg 
宗太郎駅、1947年開業。



201803-2338.jpg
記念碑は…初代の駅長を顕彰したもの…らしいのですが欠けていますね。。



201803-2343.jpg
同業者の方が多め…ではありましたが…それも少しの時間でした。


201803-2351.jpg
列車交換の待ち時間が終わると…みな車両の中へ…。


201803-2365.jpg
あとは乗用車でお越しの方が数名おみえになりましたが…三脚をたたみ帰ります…

鉄道利用者で下車したのは僕だけでした。





201803-2381.jpg
ダイヤ改正後の時刻表、1.5往復です。



到着時点で6時近く、あっという間に日は暮れて…
201803-2409.jpg
宗太郎越えを目指す特急はハイビームで通過していきます。





もう正面からは撮れないな…と次からは尾灯狙いで…
201803-2437.jpg
跨線橋からのパチリ。

実のところ、三脚の高さが足りなくて…欄干に三脚を押しつけながら撮った一枚です。


201803-2443.jpg
列車が通過するタイミングは楽しいんですけどね…。


201803-2421.jpg
それを終えると静かで…少々、自戒を感じた駅でした。


201803-2422.jpg
乗り鉄趣味もいいんですけど…。。


201803-2424.jpg
この駅、駅舎もなく…次に乗車する延岡方面行きが、何らかのアクシデントで運休となったら…

ここで一夜を過ごさないといけません。。

駅の静けさと、一桁台の気温が…よりいっそう心を不安にさせてくれます。


201803-2445.jpg
笑えるものも笑えない…いやいや…面白くて撮っているんですけどね。。

よく出来てますね。。








静かな空気感の中…
201803-2454.jpg
信号の色が変わります。


201803-2457.jpg
あちらは佐伯方面行きの普通列車。


201803-2458.jpg
これを見送ると…いよいよ覚悟を決めるしかありません。。





201803-2473.jpg
そうは言ってくれますけどね…泣きたくなるなるほど不安でした。。


201803-2496.jpg
今朝撮影した延岡貨物、その折り返し。


201803-2499.jpg
実のところ、乗用車で来ていた撮影者の方がいらしたので…この方に泣きつこうか…

さらに周辺にも住宅はありますし…最悪そこに泣きつけば。。











その心配も杞憂に終わります。
201803-2516.jpg
これほど信号を凝視したことがあったかな…。


201803-2536.jpg
宗太郎2042発南延岡行き 2765D

定刻通りやってきました。








ですが…まだまだ二転三転…

宗太郎越えは一筋縄じゃいかなかったですね…

この列車も野生動物と衝突して…延岡到着は遅れました。

野生動物には申し訳ないが…宗太郎駅より後で良かった…かもしれません。。



201803-2543.jpg
延岡2115着。

疲れた体を引きづって、今日も安心の宿こと安宿に身を沈めます。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」 + 「AI AF Nikkor 35mm f/2D」)


| 春分 宗太郎越え | 23:30 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分 宗太郎越えの放浪記 その8 佐伯駅

201803-2188.jpg
日豊本線、海岸線を南下します。


201803-2193.jpg
浅海井駅…難読駅、列車交換のために停車します。


201803-2201.jpg
佐伯駅、1916年開業。

終点の佐伯に到着。


201803-2208.jpg
この街も非常に魅力的ではありますが…今旅の目的地へ進みます。


佐伯より先が、いわゆる宗太郎越え。
201803-2214.jpg
時刻表、反射してしまって見づらいですが…

ここより、県境を越えて宮崎県延岡へ行く普通列車(黒文字)は、日に3往復しかありません。

さらに今春のダイヤ改正で1.5往復に減便されます。

この難所を改正前に乗車しておこうというのが今回の旅、最大の目的。

201803-2222.jpg
佐伯1714発南延岡行き 2763D

この区間というのは交流電化されてはいるのですが…普通列車はディーゼルカーが運用についています。


201803-2240.jpg
実のところ…ブロ友さんがここも送りましょう…

と大変嬉しいお声をかけていただいたのですが…乗り鉄にこだわりたいと思います。





201803-2249.jpg
目指す駅はあの山々のサミットにある駅です。


201803-2262.jpg



201803-2269.jpg
勾配を進んでいきます。

乗客は18きっぷのシーズンなので…同業者の方が多く座席はすべて埋まるぐらい。

…割と地元の利用者も乗車していて、少々おどろきでした。


201803-2281.jpg
上り特急列車との列車交換。


201803-2302.jpg
川原木信号場で普通列車同士の列車交換。

これも…もう見られない珍しい光景となったのではないでしょうか??


201803-2310.jpg
勾配を登った先にあったのは…


201803-2329.jpg
列車交換設備のあるサミットの駅。


201803-2335.jpg
ここで下車します。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」)

| 春分 宗太郎越え | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分 宗太郎越えの放浪記 その7 下ノ江駅

ブロ友さんとのえきめぐり、続いては…
201803-2038.jpg
下ノ江駅、1915年開業。

こちらもブロ友さんのオススメの駅です。


201803-2041.jpg
旧字体の駅看板が誇らしく。。


201803-2048.jpg
出札所や荷物の窓口も往時のまま残っています。


201803-2049.jpg
数字は消えてしまってますが…開業時からの木像駅舎です。



駅舎の隣に少々珍しいものが…厳密に言うと駅舎の隣にあるのは珍しいものが…
201803-2081.jpg
文章拡大
お稲荷さんが設置してあり…村と鉄道の安全を守ってくれています。





201803-2084.jpg
椿は春の訪れを告げて…


201803-2101.jpg
一つ前に訪問した熊崎駅と比較すると…こちらの方が穏やかで、

ブロ友さんも駅訪問中は距離を置いてくれた(悪い意味じゃなく)…ので、ゆっくり過ごせました。





201803-2152-1.jpg
この区間、特急は783系、787系、普通列車は電車だけじゃなくディーゼルカーも走っていて、ずいぶん面白かったです。



201803-2134.jpg
いままでどうしても北にばかり目を向けていましたが…九州も木造駅舎の宝庫ですので…


201803-2138.jpg
また近く…再訪、お目にかかれたら…と思っております。

ブロ友様、ありがとうございましたm(__)m



201803-2168.jpg
下ノ江1602発佐伯行き 4649M

ここまで見てきた列車は短編成…ばかりだったので油断してましたね。。

嬉しいことに415系がやってきました(ロングシート車でしたが…)。

ここからは乗り鉄旅です。

(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

| 春分 宗太郎越え | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分 宗太郎越えの放浪記 その6 熊崎駅

ブロ友さんとの駅めぐり、
201803-1978.jpg
途中、別府湾サービスエリアで小休止します。

春霞でモヤっとしていますが…それでも素晴らしい眺望をみられました。



201803-1990.jpg
その後、地元のレストランで昼食を…お刺身定食、ごちそうさまでしたm(__)m




続いての訪問駅は…
201803-1991.jpg
熊崎駅、1920年開業。




201803-1993.jpg
こちらはブロ友さんのオススメする駅舎。

素晴らしい佇まいです。。




201803-2017.jpg
無人駅。




201803-2002.jpg
窓枠も木製のものが残っています。


201803-2010.jpg
無人駅ではありますが…集落の中にあり、利用者もまずまずいらっしゃいました。



201803-2018.jpg
日興證券の温度計も残っています。


201803-2022.jpg
開業時からの木造駅舎です。


201803-2036.jpg
ラストは特急とパチリ。


201803-2015.jpg
次の駅へ移動いたします。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」 + 「AI AF Nikkor 35mm f/2D」

| 春分 宗太郎越え | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分 宗太郎越えの放浪記 その5 大神駅/豊後豊岡駅

ブロ友さんとの駅めぐり、最初の訪問駅は僕がリクエストした駅。
201803-1827.jpg

大神駅、1952年開業。

駅…というか…植栽が面白いことになってます。



201803-1832.jpg
業務委託駅。

南国らしく…開放的です。


201803-1835.jpg




201803-1840.jpg



201803-1838.jpg
思わず「おおがみ」と呼んでしかいそうですが…「おおが」です。

渋い駅名標も残っています。






楽ちんなことに…次の列車を待たず…次の訪問駅へ。
201803-1859.jpg
豊後豊岡駅、1911年開業。


201803-1864.jpg
駅からみえるのは別府湾…いや…春ですね。。





201803-1871.jpg
この駅も植栽は南国風。


201803-1881.jpg
菜の花がとくに印象的でした。


201803-1894.jpg
菜の花に青いボディが映えます。


201803-1958.jpg
特急街道でもありまして…惜しむことなく撮影できます。




菜の花だけじゃありません。
201803-1925.jpg
梅とメジロさん…まるでマンガの世界のような春爛漫…ですね。。







201803-1909.jpg



201803-1948.jpg
もちろん木造の駅舎も魅力的でした。。


201803-1943.jpg
ここも再訪必須な木造駅舎でした。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

| 春分 宗太郎越え | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分 宗太郎越えの放浪記 その4 今津駅/西屋敷駅

201803-1741.jpg
日豊本線を北上します。


201803-1746.jpg
豊前長洲から4つ目の駅で下車します。


201803-1750.jpg
こちらの駅、駅員さんの趣味なのか…


201803-1758.jpg
盆栽が並んでいます…お世辞じゃなく、梅は見事ですね。。


201803-1761.jpg
今津駅、1897年開業。





201803-1765.jpg



201803-1772.jpg
盆栽にも負けぬ、渋い木造駅舎の残る駅です。


201803-1777.jpg
簡易委託駅。


201803-1779.jpg
あまり長居はできず…またの訪問を誓います。。





201803-1784_2018042921535848e.jpg
今津1006発神崎行き 4637M





201803-1791.jpg
今津駅より6つ目の駅で下車します。



201803-1796.jpg
少々変わった構造の駅、下り線と上り線が完全に分離しています。


201803-1800.jpg
なんだか…秘密基地っぽくていいですね。



201803-1803.jpg
西屋敷駅、1947年開業。


201803-1805.jpg



201803-1813.jpg



201803-1822.jpg
上下線が分離しているのは、おそらく複線化の際、簡略して設置したためでしょうか??



201803-1824.jpg
開業年より古い、待合室。

開業以前も信号場が設置してあり、そのときも旅客の乗り降りもあったのでは…と想像します。







この駅でうれしい再会。
201803-1826.jpg
2月にDD51の撮影に四日市へお越しいただいたブロ友さん、

3月に九州を訪問します…と伝えると「お車でご案内しますよ」…と。。

ご厚意に甘え、ここより自動車での移動となりました。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

| 春分 宗太郎越え | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT