FC2ブログ

乗り鉄放浪記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2018大暑 和歌山線えきめぐり その15 117系/帰路

201808-7231219.jpg
和歌山線えきめぐり、最後に撮りたいものがありまして…

船戸駅から、2つ目の駅で下車します。

近くの踏切まで走りましたが…ギリギリになりました…。
201808-7231225.jpg
スカイブルーの117系。

今でこそ「普通」…で走ってますけど、名古屋地区、京阪神地区では快速で運用されていました。

今後、和歌山線では広島地区で活躍する227系が配備されるらしく…こちらも見納めってことで…

201808-7231247.jpg
きっちり撮りたかったんですけど…残念。。



201808-7231269.jpg
再びの布施屋駅、1899年開業。


201808-7231261.jpg
体力的にもツラかったし…117系は諦めて帰ろうかとも思いましたが…

下車してよかったですよ…35分待ちですけど。。


201808-7231284.jpg
定期的に、このマシーンがしゃべり出すんですけど…「大阪環状線で遅延」…と…。

こんなローカル線の木造駅舎で…遠い世界の話だな…と一笑。

よくよく考えると、これから向かう方面なんですけど…。


201808-7231291.jpg
布施屋1913発和歌山行き 475M


201808-7231304.jpg
和歌山1924着。

ここからが…まだまだ長い…写真はあまりない。
201808-7231306.jpg
和歌山1926発天王寺行き 2186H

阪和線を大阪方面へ進みます。



天王寺から大阪環状線内回りに乗換、



新幹線で帰る気満々でしたが…鶴橋駅でまだアーバンライナーがあるじゃん…と。
201808-7231323.jpg
鶴橋2106発名古屋行き 列車番号621

アーバンライナーで名古屋までの帰路…でした。

(「OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ」+
「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ」+「LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.」)



というわけで「和歌山線えきめぐり」最終回でした。

いつもどおりの駄文、珍文におつきあいいただきありがとうございました。

| 大暑 和歌山線えきめぐり | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大暑 和歌山線えきめぐり その14 船戸駅

201808-7231128.jpg
岩出駅から一駅目で下車します。

ちょっとわかりにくいかもですが…反対側の列車は快速列車です。




201808-7231136.jpg
暑さもつらかったですが…この跨線橋も大変でした…。


201808-7231138.jpg
「2710」は「ふなと」…でしょう。


201808-7231163.jpg
船戸駅、1898年開業。

201808-7231150.jpg
無人駅。

駅の名前や、隣の岩出駅までにある紀ノ川橋梁…などから察するになんとなく想像できましたが…
201808-7231152.jpg
渡し船があった土地のようです。

最近、鉄道以前の交通に興味があるところがあって…

今でこそ鉄道は高速道路に負けて…衰退の一途みたくなっているけど…

鉄道黎明期にも…それ以前の船運であったり、馬運なんかを駆逐してきた歴史があるんだなと。。



201808-7231172.jpg
歴史を繰り返しているだけなんですけどね…今がその狭間、過渡期なだけで。。

ただ…ここはいい木造駅舎でしたよ。


201808-7231191.jpg
もう一つ気になったのは、駅のシンボルツリーの「木の実」。

駅舎内にあった絵にも描かれているものだと思うんですが…なんの実かなと??

帰って調べたのですが…分からないままです。。


201808-7231195.jpg
そろそろ帰路のことを考えなければなりません…。


201808-7231204.jpg
(気温はお昼から変わっていない…)

…ですが、もう一つチャンスがあれば撮りたいと思っていたものがありまして…




201808-7231214.jpg
船戸1825発和歌山行き 1473M 

やっとこさ夕日に照射されてますね。。

もう少々続きます。

(「OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ」+「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ」)

| 大暑 和歌山線えきめぐり | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大暑 和歌山線えきめぐり その13 岩出駅

201808-7231045.jpg
だいぶ太陽は斜めに傾きましたが…緑の絨毯を駆け抜けます。


201808-7231047.jpg
こちらは紀ノ川橋梁、なかなかいいアジを出していますね。。



201808-7231069.jpg
橋を渡ってすぐの駅で下車します。


201808-7231073.jpg
地元の高校、美術部の学生さんが書いてくれた壁画、こっちもスカイブルーです。




201808-7231081.jpg
岩出駅、1901年開業。

瓦屋根の木造駅舎

前面にひさしがグイッと伸びているのが特徴的かとおもいます。

201808-7231086.jpg




201808-7231076.jpg
この区間では中枢の駅らしく…駅員配置のある直営駅になります。





201808-7231108.jpg
岩出1744発和歌山行き 1471M

夏休みなんですけど。学生さんが多かったですね。

ここまでのどかな風景ばかりだったので…ちょっとしたビル(マンション??)でも…大都会に思えます。

ずいぶん小出しにしてますが…もうちょこっとだけ続きます…。

(「OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ」+「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ」)

| 大暑 和歌山線えきめぐり | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大暑 和歌山線えきめぐり その12 布施屋駅

201808-7230997.jpg
打田駅から5つ目の駅で下車します。


201808-7231003.jpg
この駅も…僕好みの木造駅舎です。


201808-7231005.jpg
その前に…壁画。

あの「春日色105系」の時代に訪問したかったなと。。

201808-7231010.jpg
駅舎の中はけっこうカラフルに改装されています。


201808-7231013.jpg
布施屋駅、1899年開業。

あちゃ…いい駅舎だったけど、面白いぐらい逆光でした。








201808-7231017.jpg
太陽を隠しちゃえばいいんですけどね。。

201808-7231030.jpg 
あまりの暑さに…花もうなだれてます…。









201808-7231021.jpg
少々分かりにくい写真(説明)かもですが…

切妻屋根ではなく、角が斜めにカットしてある駅舎はモダンな感じがして好みだったりします。



201808-7231033.jpg
下調べの段階からこの駅舎はいいと思っていたので…今回訪問できてよかったです。





201808-7231041.jpg
布施屋1705発五条行き 1468M

17時の太陽ってあんなに熱いものでしたっけ??

まだまだ旅を続けます。


(「OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ」+「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ」)

| 大暑 和歌山線えきめぐり | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大暑 和歌山線えきめぐり その11 笠田駅/打田駅

201807-7230853.jpg
名手駅から奈良方面へ2つめの駅で下車します。



201807-7230861.jpg
笠田駅、1900年開業。

温室効果ガスのせいか、地球の気まぐれのせいか…わかんないですけどね。。

そら…昔と思うと、暑くなりましたよ。

でもまあ…昔はセブンティーンアイスもなかったよな…と。。



201807-7230873.jpg
本当に…とりとめもない話しですけど…。


201807-7230875.jpg
無人駅。


201807-7230881.jpg
趣味の風鈴は…昔からあったかも…時代の音色を感じます。


201807-7230893.jpg
笠田1549発和歌山行き 465T

信号設備の中もあっちっちですね。。



201807-7230910.jpg
笠田から5つ目の駅で下車します。



201807-7230915.jpg
なんでその位置にいるんだよ…太陽さん。

夕方??といっていいのか分からない16時台。



201807-7230919.jpg




201807-7230939.jpg
打田駅、1900年開業。

思わず「うちだ」と読みたくなりますが「うちた」です。




201807-7230934.jpg
こちらも大正時代の木造駅舎が残ります。


201807-7230932.jpg
無人駅。



201807-7230971.jpg
打田1640発和歌山行き 1647M

さすがに体力的に辛くなってきましたが…まだまだ和歌山線えきめぐり、続きます。



(「OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ」+「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ」)


| 大暑 和歌山線えきめぐり | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大暑 和歌山線えきめぐり その10 名手駅

201807-7230806.jpg
高野口駅から6つ目の駅で下車します。


201807-7230807.jpg
壁のイラストは…和歌山線、よく出てきます。


201807-7230811.jpg
山の稜線がクッキリ見えます…いい天気…すぎましたね…。


201807-7230817.jpg
名手駅、1901年開業。


201807-7230820.jpg
大正時代からの木造駅舎が残ります。

201807-7230835.jpg
左耳に突っ込んだイヤホンからラジオの臨時ニュースが流れる。

「埼玉県熊谷市で日本最高気温を更新しました」と…



201807-7230839.jpg
日本最高気温41.1度…と思うとここは避暑地か…と苦笑する。



201807-7230829.jpg
無人駅。

良くも悪くも開放的…空調、そんなもんあるわけない。。


201807-7230824.jpg
お茶が飲みたかったが…お茶系の飲料は全部売り切れ。。

仕方なくミネラルウォーターを購入…

いや待てよ…とリュックから出したのは、前日泊まった安宿からパクっていただいできた、粉末茶。

これをミネラルウォーターに入れてシェイクすればお茶になるじゃん…と。

相当乾いていたのか…いや、とてもフレッシュな感覚で美味しかった、500mlを一気に飲み干します。






201807-7230846.jpg
名手1530発王寺行き 460M

このとき、ヤバかったかもです…スカイブルーがニュワ~ン~って見えます…

…ってピントを外しているだけやん。。


(「OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ」+「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ」)

| 大暑 和歌山線えきめぐり | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大暑 和歌山線えきめぐり その9 高野口駅

201807-7230675.jpg
隅田駅も大変気になっていた駅でしたが…窓から見た感じがアレだったので…。。


201807-7230685.jpg
続く、橋本駅は南海高野線との乗換駅。

高野山方面へはここから乗り換えます。

短い停車時間中に、えきめぐりをします。


201807-7230687.jpg
外国人のお客さんが多かったです。

リュックの大きさが…僕みたいな軟弱なバックパッカーとは違いますね。。



201807-7230689.jpg
橋本駅、1898年開業。

JRと南海のマークが並んでいます。



201807-7230694.jpg
更に2駅進みまして…下車します。


201807-7230697.jpg
この駅は間違いなく、和歌山線で一番の名駅舎でした。



201807-7230704.jpg
高野口駅、1901年開業。



201807-7230708.jpg
明治に建てられた木造駅舎です。

正面から見ると…小さく見える駅舎かもしれませんが…中は意外なほど広い駅舎です。


201807-7230712.jpg
(無人駅)

ただ中央にベンチはなく…だだっ広い…そんなイメージです。


201807-7230759.jpg
地名からも分かるように…かつてはこちらが高野山への入り口でした。




駅前にもその名残があります。
201807-7230716.jpg
葛城館という旅館だった建物です。

駅舎にも圧倒されましたが…この建物のなかなか素晴らしい。。


201807-7230722.jpg
駅舎の窓枠も木造のままのこっております。


ここで昼食をいただきます。
201807-7230761.jpg
橋本駅で購入したちらし寿司。


店頭で「一番人気」とのポップがあったので購入しましたが…量がイマイチかもと心配しておりましたが…
201807-7230767.jpg
これがなかなかのボリュームがありまして…しかも具も多くたいへん満足な駅弁でした。





201807-7230733.jpg
この駅で出会った老齢の男性、大阪から出身地のこちらへ帰省されていたようです。


「ここは南海の高野線ができたとき、橋本との競争に負けて寂れてしまった」


なるほど…やっぱりそうかと…もう一つ質問を返します…

「昔もこんなに暑かったですか??」


苦い顔で扇子を仰ぎながら…

「こんなに暑くはなかったよ…けど大阪と思うとマシ、風がやっぱり違う」



201807-7230779.jpg
たしかに…駅舎の中を吹き抜ける風が…天然のクーラーのように涼しかったです。


201807-7230788.jpg
高野口駅1437発和歌山行き 461T




最後に「気をつけて」…とお声かけいただきました。

和歌山方面へ進みます。

(「OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ」+「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ」
+「LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.」)

| 大暑 和歌山線えきめぐり | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大暑 和歌山線えきめぐり その8 五条駅/北宇智駅




201807-7230637.jpg
五条駅、1896年開業。

列車停車中にえきめぐりをします。


201807-7230640.jpg
有人駅。

和歌山線では中枢の駅で…駅員も配置されています。


201807-7230635.jpg
スカイブルーに負けない…色とりどりの提灯が夏っぽいですね。



201807-7230645.jpg
さらに奈良方面へ一駅進みます。



201807-7230655.jpg
北宇智駅、1896年開業。



201807-7230651.jpg

この駅は、2007年までスイッチバックの駅でした。

いまでもスイッチバック時代のプラットホームが残っています。


201807-7230653.jpg
よ~くみると…線路も残っています。。



201807-7230663.jpg
スイッチバックの駅というと…人里離れた場所をイメージしていましたが…

割と住宅街の中にあり、意外な感じがしました。


201807-7230657.jpg
現在の駅舎は、スイッチバック廃止の際に建て替えになったものかなと思います。


201807-7230659.jpg
和歌山線を語る上ではスルーできないこの駅。

できれば…スイッチバックの残っている時代に訪問したかったですね。







201807-7230667.jpg
北宇智1255発和歌山行き 457T

和歌山方面へ進みます。







(「OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ」+「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ」)

| 大暑 和歌山線えきめぐり | 23:30 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大暑 和歌山線えきめぐり その7 大和二見駅

201807-7230581.jpg
吉野口駅は…近鉄電車との乗換駅。

木造の上屋とは不釣り合いな…JRと近鉄をICカードで乗り換える際のICタッチ機がありますね。


201807-7230587.jpg
吉野口からは和歌山線随一の勾配が続きます。


201807-7230597.jpg
勾配を駆け上り…続いての訪問駅は、奈良県最南の駅になります。


201807-7230601.jpg



201807-7230604.jpg
上屋の錆びた鉄筋がなかなかいい味を出しています。


201807-7230606.jpg
和歌山線…に限らず桜井線にも多かったのですが、プラットホームから駅舎にかけて…

こういうスロープのような構造になっている駅が多いです。

旅の途中までナゾだったんですが…ここで判明。。

201807-7230607.jpg
反対側のプラットホームに答えがありました。

レンガのところが元々のホームの高さ。

あとから嵩上げしたから、駅舎とホームの間にスロープのような構造があるのだと…

よくよく考えると…駅舎とホームの間に段差のある駅ってよくある…ずいぶん今更ながらの発見。

201807-7230614.jpg
大和二見駅、1902年開業。


201807-7230608.jpg
駅舎の中は、出札口も荷物の窓口の跡もなく…本当に待合室だけのシンプルな駅舎。


201807-7230619.jpg
ただ、これはなかなか珍しい…駅に蓮。


201807-7230612.jpg
見頃は…まだまだ先のようです。


201807-7230618.jpg
平成も終わろうとしてますけど…明治の木造駅舎がここでは健在です。


201807-7230623.jpg
大和二見1218発奈良行き 444T

ローカル線、木造駅舎、遠くに見えるスカイブルーのデンシャ、夏の日の思い出。


奈良方面へ戻ります。

(「OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ」+「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ」)

| 大暑 和歌山線えきめぐり | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大暑 和歌山線えきめぐり その6 御所駅

201807-7230506.jpg
掖上駅から2つ目の駅で下車します。


201807-7230509.jpg
鉄製の上屋は後から増設されたものですが…駅舎はなかなかよさげです。



201807-7230530.jpg
御所駅、1896年開業。


201807-7230533.jpg
改装はされていますが…開業時からの木造駅舎が残ります。




201807-7230547.jpg




近鉄御所駅も近くにあるのですが…駅舎とは反対側(西側)。

最近ICカード専用の西口の改札が出来たもようです。




201807-7230520.jpg
財産票は…トリッキーな場所にありました。。


201807-7230515.jpg
簡易委託駅。


この駅で少々困りごと…
201807-7230526.jpg
自販機のドリンクはほぼ売り切れ状態…。。

この日は月曜だったので、週末に売れた分の補充がまだされていないのでしょう。。

普段飲まないキリンレモンなんぞを飲みます。


201807-7230542.jpg
駅舎の中でもこの気温。。

日本の夏、大変なことになっているなと…。。



201807-7230519.jpg
それでも駅舎の中を駆ける風は心地よく、しばし休息します。







201807-7230566.jpg
御所1236発和歌山行き 457T

和歌山方面へ進みます。


(「OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ」+「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ」)

| 大暑 和歌山線えきめぐり | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018大暑 和歌山線えきめぐり その5 掖上駅

201807-7230444.jpg
後付けのクーラーと扇風機。

全力で働いていますが…追いつかないほど暑さを感じます。


201807-7230447.jpg
高田駅は桜井線の終点です。





201807-7230451.jpg
運用が少々変わってますが…奈良発の列車は和歌山へスイッチバックして入線する形になります。

和歌山線も…厳密に言うと王寺駅が起点となります。




201807-7230465.jpg
高田から4つめの駅で下車します。


201807-7230469.jpg
掖上駅、1896年開業。



201807-7230471.jpg
和歌山線、いい駅舎が多いと聞いていましたが…のっけからいい感じです。



201807-7230476.jpg



201807-7230467.jpg
無人駅。

えきめぐりをする際、効率よくめぐるため「行きつ戻りつ」なんてよくやりますけど…

このとき、同業者とは思えないリクルートスーツを着た女子大生がこの駅で降車、

降りる際、車掌さんと結構長く話していたところをみると…ああ、降りる駅を間違えたのかなと…邪推。。

かなり焦燥した表情でスマホを見ている。。

僕は就職活動なんて放り投げた人間なんで…偉そうなことは言えないんですけど…

この暑いのに大変…「がんばれ、僕みたいになるなよ」…と心の中でつぶやく。。


201807-7230482.jpg
いい駅でしたが…滞在時間が短かったのが残念でした。


201807-7230490.jpg
掖上1051発奈良行き 438T

僕も降りる駅をよく間違えるんで…なんとかなりますよ…たぶん。。


(「OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ」+「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ」)

| 大暑 和歌山線えきめぐり | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT