FC2ブログ

乗り鉄放浪記

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014梅曇 行き先は気分次第な放浪記 その5 福島駅~中之島駅

大阪環状線で福島まで移動。
201408DSC01055.jpg

今度は福島で撮り鉄。
大和路快速はこっちの線へ来るが、
201408DSC01056.jpg

「関空特急はるか」はあっちの特急専用線へ行くのか。
201408DSC01060.jpg

駅改札を出て歩く。
阪神の福島駅、
201408DSC01063.jpg

東西線の新福島駅。
201408DSC01064.jpg
大都会はいろいろあって面白いな。

途中の天神さま。
201408DSC01068.jpg
茅の輪くぐりというのは、日本中にあるのかな?
201408DSC01067.jpg
恥ずかしながら、30年間知らずに生きてきました(笑)
暑気祓いのようなものですかね。

さて、川を渡り中之島エリアへ。
ただし、駅は若干わかりにくい。
京阪電車は地味なイメージがあるけど、なにも駅まで地味につくらなくとも、、、。
201408DSC01079.jpg

入口がイマイチわからなかったが、無事入場。
201408DSC01083.jpg
なかなか深いような気がしたけど、気のせいかな?

しかし京阪電車、よくここに駅をつくったよなと感心する。
川の中州なのでおそらくは地盤がそんなに固くないと思われる。

もともとの始発駅が淀屋橋という微妙なところといえば微妙なんだが、
でも、ここもどうなんだか。
官公庁街なので日曜の今日はほとんど人はいない。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 梅曇 行き先は気分次第な放浪記 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014梅曇 行き先は気分次第な放浪記 その4 鶴橋駅

鶴橋の街のバラック建てな感じ。好きだったりする。
201408DSC01036.jpg

201408DSC01037.jpg

そういえば、朝食がまだである、、、というか、
すでに鶴橋駅で降りると決めた時から、あのうどん屋と決めていた。
改札を出てすぐにあるあのうどん屋へ、、、だが、、、
201408DSC01048.jpg
開店前だった、、、。

う〜ん、どうやら日曜は9時からしか、やっていないようだ、残念。
仕方なしと鶴橋の駅前を探索。
チヂミを売っているお店はあるが、朝からあのごま油っぽいものを食べるのも、、、。

と歩いていると、大阪でよく見る「都そば」の看板。
どうやら営業中のようだ、入ってみる。

悩んだが、冷やしきつね温玉うどんにしたが、、、、
201408DSC01054.jpg
まだ、冷やしが早かったのか、
食べたかったのこれじゃなかったなぁ、、、という雰囲気。
きつねはうまかったので次回はきつねうどんにしようと思った。

さてここより、どこへ行こうか、
行きたかったのは京都方面京阪電車に乗ってみたかった。
じゃあ、環状線で鶴橋から京橋で乗換えかな、、、と普通の人は思う。

今回は、新しい、、、といっても5年ぐらいになるかな、
気になっていた中之島線に乗ってみようと、
大阪環状線で福島まで、
福島から歩いて中之島駅まで行くことにした。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 梅曇 行き先は気分次第な放浪記 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014梅曇 行き先は気分次第な放浪記 その3 鶴橋駅

さて、列車は進む。
近鉄の作った町、青山を過ぎると、名古屋からの中間をすぎる。
そして、大和八木で橿原線とクロス。

次の大和高田駅を過ぎたところで衝撃のアナウンス。
「次の五位堂の次は鶴橋に停まります」
ええーーーー!!
まだ、大阪まで結構あるのに、、、。
そうか、これが快速な急行なのかと思わされる。

五位堂を過ぎると、20分近く停車駅はなく、鶴橋までノンストップ。
まあ、着席できているからいいが。

鶴橋で下車。
201408DSC01034.jpg

新しいレンズの実力を試す。
ちょうど伊勢志摩ライナーがやってきた、
カメラを構え、ファインダーをのぞく、
まだだまだ寄せて寄せてここだ!!
シャッターボタンを押す。
201408DSC01027.jpg

おおーーーっ!!
それなりな写真が取れる。
ちょっと目の肥えた方から見たらクズ写真かもしれんが、
その後いろいろ撮影。
こいつは、本格的な撮り鉄になってきた。

忘れなければ続く、、、。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 梅曇 行き先は気分次第な放浪記 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014梅曇 行き先は気分次第な放浪記 その2 伊勢中川駅

この間、写真がないので蟹江駅にて撮影した写真。
201408DSC00994.jpg

さてさて、往路は安く上げようと、鈍行で行く。
といっても、特急に乗ったところで30分ぐらいしか変わらないようだ。
着席保証があるかないかの違い。

次の乗換は伊勢中川駅。
ここで降りると、反対側のホームに止まっているのが、上本町行きの快速急行。
ここの乗換が2分だったので撮り鉄は出来なかったが、
前に京都行き特急への乗り継ぎのとき、
鮮魚列車を目撃したことがある。

伊勢中川駅を、名古屋行き急行、鳥羽行き急行、上本町行き快速急行の3本ががほぼ同時に出る。
うまいこと運用しているなと思った。

名古屋からの急行の連絡している、上本町行き快速急行。
前は、クロスシートだったような気がするんだけど、
さらにその前はロングシートだった記憶。
今回は、ロングシートだったんで、平日と休日で違うのかと勘ぐってみる。

榊原温泉口で特急の通過待ち。
アーバンライナーが通過するらしく写真を撮ろうと表へ出たとたんに、
通過されたので結局撮れなかった。
しかし、榊原温泉口のあれってなんあんだ?
一度降りてみようと思いつつ、ちょっと怖くて近寄れない。

忘れなければ続く、、、。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 梅曇 行き先は気分次第な放浪記 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014梅曇 行き先は気分次第な放浪記 その1 近鉄八田駅

実はこの放浪記、先回の北海道の放浪記と時間的に前後します。
早いうちに、北海道の放浪記を書いたほうがいいだろうという判断で、
こちらを後回しにしました。
ところどころ、記憶が曖昧な感じもあるかも、、、ですが、よろしくお願いします。

あまったきっぷを消化しよう。
近鉄の株主優待券、オークションで多めに落札して、
7月末が有効期限なので、これは消化しとかないとな、、、と一念発起。

まあ、ただ、行きたいところは特にない、、、。
大阪難波でたこ焼き食べて、日本橋でパソコンのパーツを見て、
新世界で通天閣を見て帰るとかでもよかったんだろうが、、、それもなぁ、、、。
なんども、遊んでいるし、、、、。

開催中のW杯も見たいので、夜中の2時半ぐらいに起きてサッカーを鑑賞。
ちょうど、W杯終了後、一番面白い試合だったと言われる、ブラジルvsチリ。
延長、PK戦の末、ブラジルが勝ち上がる。

そして、テンション上がった状態で、近鉄八田駅へ。
テンションが高いうちは良いんだが、これ落ち込み始めたらどうなるんだか、、、。

近鉄八田駅、始発に乗るが、その前に新しいレンズの試し撮り。
201408DSC00938.jpg

よく見るあれ、ホーム端からの望遠でやってくる列車を撮影。
201408DSC00949.jpg

おお、素人ながら、なかなか良い写真が撮れるじゃんか。
愛機のα57に任せている部分が大変大きいが、、、。

八田から蟹江まで普通、蟹江でも撮り鉄した後、蟹江から急行へ乗り換え。
201408DSC01003.jpg

急行の車両はいわゆる転換シートってのかな。
時間帯によってクロスシートとロングシート、どちらでも運用できる。
まあ、座席数自体は変わらないんだからどうなんだろうかとは思うが、最初に聞いたときは画期的だと思った。
あと、近鉄は4扉なんだよね。名古屋地区で4扉って、近鉄と鶴舞線だけだから新鮮。


忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 梅曇 行き先は気分次第な放浪記 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014夏至Ⅱ 札幌発札幌行きの放浪記 その27 札幌駅~新千歳空港

札幌まではあっという間、疲れもピークでうとうとしてたら着いた。
自動改札を出ると回収されちゃうだろうから、
きっぷを駅係員に見せ、記念にきっぷを持って帰りたいと伝えると、
無効と乗車記念のスタンプを押してくれる。

JR北海道は、「頑張れ!!」って言いたくなる瞬間と、
「まったくなにやっているんだよ!!」って怒りたくなる瞬間が交互にやってくる。
よく分からん、絶望と希望、でもまたくるんだろうな。

とまあ、昼食を食べ、今度は、快速エアポートのUシートを購入、
発車まで時間があるので、札幌駅で撮り鉄。
201407DSC03971.jpg

まずは、スーパー宗谷。
201407DSC03983.jpg

今日も今日とて、北斗星は遅延で入線してきた。
201407DSC04022.jpg
北斗星の遅延は常態化しているのかな。
思えば4日前、これに乗ってこの地へやってきたのが、遠いむかしのようだ。
201407DSC04040.jpg
がんばれ北斗星、最後の一人の乗客を降ろすまで無事故で頼むぞ。

そして、千歳空港への快速エアポート、
またも旭川からのスーパーカムイの折り返しだった。
Uシートはなかなかいい。

千歳空港、大韓航空の巨大な機体が目を引く、ボーイング747だ。
201407DSC04046.jpg
それだけじゃない、キャセイパシフィックもB747である。
東アジア系のキャリアは北海道へジャンボ飛ばしているんだな。
道中も東アジアの方々が多かった。

今回は、帰路の航空会社はスカイマークを選択。
安かったが30分ぐらい遅延した。
ここら辺がスカイマーククオリティか。
飛行機は座席に座ったら寝るので、座席のクオリティの感想は狭かったなぐらいしかない。

夏の北海道、冬に来ることが多く、夏は本格的なのは初めてで面白かった。
とはいえ、都心部はそれなりに暑かったか。また来よう。

まあ、あとはJR北海道の完乗までがカウントダウンに入った。
残り、石北線、釧網線、室蘭線(岩見沢~苫小牧)、室蘭支線、日高本線。
完乗した後に、新幹線が出来るからまた来ることにはなるだろうけど、、、。

さらば北の大地よ、また会う日まで。

4日目旅程
深川~(留萌本線)~増毛~(留萌本線)~深川~(函館本線・スーパーカムイ)~岩見沢~(函館本線)~札幌~(千歳線)~新千歳空港~(スカイマーク)~中部国際空港~(名鉄)~名古屋

~終~

ながらくの連載、おつきあいいただき、ありがとうございました。
Ⅰを合わせると、38回の最長連載でした。
今後とも、「乗り鉄放浪記」よろしくお願い申し上げます。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 夏至Ⅱ 札幌発札幌行きの放浪記 | 10:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014夏至Ⅱ 札幌発札幌行きの放浪記 その26 岩見沢駅

岩見沢でスーパーカムイ下車。
201407DSC03892.jpg

201407DSC03890.jpg

これを、どさんこというのか。
201407DSC03893.jpg

ここまで来れば、ゴールの札幌までの普通列車が毎時2本ぐらいある。
ちなみに時間も有り余るほどある。
岩見沢~札幌~小樽と千歳空港~札幌~小樽、JR北海道の数少ない黒字路線のような気がする。

お腹が空いていたので、早々に駅そばでも食べたいと思っていたが、
新しい駅舎のためか、駅そばがない、、、。
なんだよ、富良野にも、深川にもあって岩見沢にないのかよ、、、。

仕方なく撮り鉄。
JR北海道、我らがJR東海とは違っていろいろ走っているから面白い。
旭川行きの普通は引退間近の711系。
201407DSC03899.jpg

201407DSC03906.jpg

特急オホーツク、キハ183系。この色と面構え、好きだなぁ。
201407DSC03946.jpg
裏の顔。
201407DSC03951.jpg
このオホーツクのキハ183系もエンジンは大丈夫なんだね。

そして、札幌行き最後の列車へ乗る。
733系。
201407DSC03965.jpg
さっきも書いたけど、JR北海道って普通車でもいろいろ走っているから、整備が大変なんじゃないかなって思う。
JR東海はほぼ313系しかないのも逆に寂しいかも知れないが、、、。

しかし、この1枚扉なのは何か理由があるのかね?
冬期は温風のカーテンが出るらしいが、どれぐらいの効果があるのだろうか。
2重扉、デッキをつけるとコスト増と、定員数が減るので難しい問題だよな。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 夏至Ⅱ 札幌発札幌行きの放浪記 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014夏至Ⅱ 札幌発札幌行きの放浪記 その25 深川駅

石狩沼田駅。
201407DSC03888.jpg
ああ、ここが札沼線の終着駅だったところだ。
今は、ホームも1面1線しか使っていないようである。

午前9時頃、深川へ戻ってきた。

キハ54が入線すると、ホーム反対側から旭川行きのスーパーカムイが連絡しないで発車している。
これが通常ダイヤなのかな?
遅れているならいいけど、連絡したほうが良くないか?とおもうが、、、。

深川からの連絡をどうしようか悩んだが、
iPhoneで調べると、次の普通列車は、2時間後、、、。
参ったなぁと思いながら、特急はすぐだったので乗ることにした。
スーパーカムイ、どこまで乗ろうか悩んだけど、岩見沢まで。
自由席1130円、まずまずな値段とまずまずな混み具合。

あとから、気がついたんだが、スーパーカムイで滝川までなら、
滝川で30分後の普通に連絡できたんだよな。
滝川までの特急料金は310円。これまた極端に安い。
函館本線の難所は滝川以北で滝川まではまずまずあるんだよね。
紙の時刻表ならすぐ見つけられたかも知れないが、
あれ、重たいもんな。難しい問題だわな。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 夏至Ⅱ 札幌発札幌行きの放浪記 | 10:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014夏至Ⅱ 札幌発札幌行きの放浪記 その24 増毛駅

北海道の古い鉄道路線図を見ていると、留萌から北へ稚内まで海岸線を鉄路があったらしい。
北海道4000㎞時代だもんな。
炭坑鉄道、町営村営の鉄道もいろいろあったという。
どこへ行っちゃったのか、不思議なもんだな。

留萌を出ると増毛へ。
列車は海岸線を進む。
海が青くて本当にきれいだ。
201407DSC03855.jpg

そして増毛駅に到着。
201407DSC03863.jpg
打ち止めに盛り上げられた線路がなんとも最果て感を感じる。

駅舎。
201407DSC03866.jpg

201407DSC03864.jpg

201407DSC03868.jpg
今でも弁当は売っているのかな?
そもそも日に3往復なんだから、ないかな。


ぼけーっと最果て感を味わっておきたいが、すぐに折り返しが出る。
こんなときにおじいさんがガラケーで撮影してくれって、すごくめんどくさかったのを思い出した。
1枚だけならまだしも2枚、こっちとこっちみたいな感じで。
ガラケーってフォーカスがあった後に一呼吸あってシャッターがおりるじゃん。なんだかなぁ。

まあ、楽しめた。
後で調べると、増毛から留萌までのバスが30分後ぐらいに出るらしい。
じゃあ、バスで留萌まで戻ってもよかったかなぁ、、、と後悔する。
まあ、いい。また来よう。
201407DSC03871.jpg

201407DSC03870.jpg
キハ54。

増毛からの帰り道、列車は前乗前降、これはプラットホームと呼べるものなのか。
201407DSC03882.jpg
少し高くしてあるだけな感じだよな。
一度、こういうローカルな駅で降りて歩いていくって、やってみたいな。

留萌で、どさっと乗ってきたが、立ち客はいないレベル。
昨日の就寝も遅く、今日も始発だった。旅の疲れがピーク。
盲腸線、来た道を戻る作業、これって結構堪えるんだよな。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村


| 夏至Ⅱ 札幌発札幌行きの放浪記 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

閑話 2014年8月13日 テンプレートの変更

閑話というか、テンプレートの変更のおしらせです。

お知らせするまでもなく、いつもお越しいただいていて、
昨日、今日、アクセスされた方はあまりにもガラッと変わりすぎて、
おそらく違うブログに来ちゃったと驚かれたかも、、、。

このブログを始めた段階で、
「どうせ長続きしないだろう」と思っていて、
テンプレートはFC2のベーシックでいいやと始めました。

そう、ちょうど、明日でこのブログ開設から半年になるんです。
これはどうも、続けられそうだという感触があるので、テンプレートを変更してみました。

ブロガー諸先輩方のブログを色々参考にし、
こだわったのは、2カラムのメイン左、サブメニューが右。
色は黒系、トップの画像が変えられたらなぁ、、、と思っていました。

特に色は悩みました。
黒系だと写真は映えるけど、文が読みづらい。
白系だと、文は読みやすいが、写真が映えない。
妥協点として、黒系にした上で文字サイズを少し大きくしました。

まだまだ半年、それでも半年間、毎日更新できてきたのは、
誇りであるのと同時に、本当に読者の皆様のおかげであります。

まあ、毎日更新というのは、
一回忘れたらもう二度と更新しないだろうなという、
気まぐれで生きてきた私への戒めであるんですが、、、。

グダグダ言っておりますが、こんごとも「乗り鉄放浪記」をよろしくお願いします。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 閑話 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT