FC2ブログ

乗り鉄放浪記

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2014夏至Ⅱ 札幌発札幌行きの放浪記 その22 神居古潭

さて、最後の目的地は、、、神居古潭だ。
時間的には塩狩峠を4時半ぐらい。
カーナビで調べると、1時間ぐらいで着きそうだ。
急いで車へ戻る。
旭川紋別自動車道から道央自動車道、2つ目の旭川鷹栖インターを降りる。

しばらくは市街地だが、渓谷へ入っていく。
国道を進むと、トンネル手前を右にそれる旧国道があり、そこが神居古潭である。

神居古潭、なぜここへ来たかというと、
特急スーパーカムイの名前の由来がここ神居古潭らしく気になってきた。
たしかに見事な景勝地である。
201407DSC03666.jpg

201407DSC03665.jpg

201407DSC03672.jpg

201407DSC03673.jpg
100人しかわたれないらしいこの橋、イナバの物置と同じ耐久力?
まあ、誰か100人を数えているわけじゃないが、そんなに人もいないから大丈夫か。
もう夕方を5時過ぎたあたり、いくら日が長いとはいえ人は少なめ。
201407DSC03682.jpg


橋を渡った先には、旧函館本線の神居古潭駅がある。
201407DSC03701.jpg

201407DSC03687.jpg

駅舎とプラットホームが残っている。
201407DSC03698.jpg
当時のままかと言われるとどうなんだろうか、、、。

そして、反対側にはSLが3両。
最初のは296型?
201407DSC03707.jpg
次は貴婦人と呼ばれたC57最後の車両201号車、1号車がSL山口号として現役で走行している。
201407DSC03710.jpg
最後は、D51の6号車。
201407DSC03713.jpg

なんか、展示の仕方が、もったいない感じがするなぁ。
野ざらしに直線に置かれている。
スペース的なものもあるだろうが、斜めに3両展示するとか工夫がほしかった。

ここはサイクリングロードにもなっている。
201407DSC03704.jpg
もともと、レールが敷いてあったところをアスファルトにしてサイクリングロードにしたんだろう。
もっとも、崩落とかあるらしく、注意が必要みたい。
201407DSC03719.jpg
サイクリングロードのトンネル、すこし肌寒いものを感じるが、これを抜けると、、、
201407DSC03723.jpg
橋がきれいに撮影できる場所でした。

後々、この場所を調べると、けっこうな心霊スポットらしい。
何も知らずに行くって恐ろしいがな、、、。
日中ならそんなでもないが、人がぽつぽつしかいなかったら怖いかも知れない。
これから行く予定の人に、余計なことを伝えちゃったかな、、、。

鉄道遺産としては好きな人には見応えがあると思った神居古潭。
おすすめです。

まあ、塩狩峠も神居古潭もやっぱ鉄道関連の土地へ行ってしまうのは、
鉄の性なんだろうなと思う。

そして、その後、近くのコインランドリーで洗濯。
旭川駅へレンタカーを返却。

今日の宿は深川なんだよな、、、、。
特急で一区間かな、ただ20時台の特急は2本。
まずまず、待たされたあげく、スーパー宗谷、自由席はいっぱいという感じ。
着席できたからよかったが、リーマンが一人立っていたので、
すぐ降りるからと早めに席を交替した。

しかし、これなら、キハ40でいいから毎時1本ぐらい走らせても利益がありそうだけどな。
特急料金を取りたいんだろうか。
201407DSC03759.jpg

深川にて安宿に宿泊。
なんやかんやで、3日目も終了。
3日目旅程
レンタカー
富良野~中富良野ラベンダー畑~美瑛~旭山動物園~塩狩峠~神居古潭~旭川駅
鉄道
旭川~(函館本線・スーパー宗谷)~深川

忘れなければ続く、、、。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 夏至Ⅱ 札幌発札幌行きの放浪記 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |