FC2ブログ

乗り鉄放浪記

2016年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2016春風 福島県の放浪記 その8 広野駅

2016年4月4日、未明のいわき駅。


201604-7514.jpg
いわき512発広野行き 661M
今回のえきめぐり、前日訪問した白河駅も、赤岩駅も素晴らしかったけど、本命はこっち。
常磐線のいわきより北、草野、四ツ倉、久ノ浜、末続、広野、木戸、竜田の7駅すべてが木造駅舎。
あの震災にも耐えた「ど根性駅舎」たちを巡ってみようと…。


この日最初の訪問駅は、
201604-7537.jpg



201604-7554.jpg
広野駅、1898年開業。
2011年3月11日東日本大震災により運休、同年10月10日に運行再開。
建物財産票によると、昭和12年(1937年)建築の木造駅舎です。

201604-7540.jpg
所々改装はされていますが…震災にも耐えた木造駅舎。

201604-7541.jpg
業務委託駅、この時間帯は無人でした。

201604-7550.jpg
(なんかドサクサなんだけど…こんな小さな駅にも北海道新幹線開業の文字が…)

201604-7543.jpg
木造駅舎にガイガーカウンター…あの日以前にはおそらくなかったでしょう…。
あの日以来、見えない恐怖と戦わなくてはいけなくなった、それを具現化したもの。

201604-7557.jpg
駅前のバス停のベンチ、渋い。

201604-7565.jpg
童謡「とんぼのめがね」は広野在住の医師額賀誠志氏が作詞、こどもたちがトンボと遊ぶ情景を詩にしたと…。

201604-7568.jpg
プラスティックのベンチには…

201604-7579.jpg
地元の中学生が作ってくれた座布団。

201604-7562.jpg

201604-7563.jpg
そして、ホームのプランターには色とりどりの花たち。

「花は 花は 花は咲く いつか生まれる君に、
 花は 花は 花は咲く わたしは何を残しただろう」

福島にも春はやってくる…残念ながらこの日は曇天でしたが…。


花を植えてくれた人に感謝の意を込めて。
201604-7582.jpg
広野611発竜田行き 663M 


忘れなければ続く、、、。

(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」+「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

≫ Read More

| 春風 福島県の放浪記 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |