FC2ブログ

乗り鉄放浪記

2016年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2016春風 福島県の放浪記 EX#2 会津塩沢駅

201601-02214.jpg
只見駅から代行バス。
どんなバスが来るかと思いきや、マイクロバス。
18きっぷの期間だったが、これで事足りるってことかと…。

出発直前、運転士が確認する。
「みなさん、会津川口まででよろしいですか?」
…と。

同乗した客、皆が頷く中で、僕だけが手を上げ、
「会津塩沢までお願いします。」
と告げる。
運転士はおどろいた顔をしていた。

道中の車窓、
201601-02244.jpg
こういうところをキハ40がやってくるシーンを撮ってみたいものだが、ここにキハ40が来ることは(いまのところ)ない…。


そして20分ほどで目的の駅へ。
201601-02249.jpg
代行バスは駅の前ではなく、最寄りの簡易郵便局前で停車。

201601-02254.jpg
近くの踏切から線路を撮影、路傍に生えた草が何とも言えず…。

201601-02258.jpg
ここで下車した理由、運休区間とかは全く関係なく、この路線に来たのなら寄りたかったところ。

201601-02262.jpg
司馬遼太郎著「峠」の主人公、長岡藩士河井継之助の没地である。
戊辰戦争でもっとも熾烈を極めた北越戦争、その長岡藩の総大将だった河井。
一度は奪われた長岡城を奪還するが数に勝る新政府軍におされ、会津へ逃げ落ちる途中、この地で非業の死を遂げる。
歴史の教科書には載らないような微妙な人物ではあるが、その奇天烈な生き様に感銘を受け、この地を是非訪問したいと思っていた。

201601-02270.jpg
うん…まあ…本当のところ、冬季休館だって知ってはいたのですが…。

201601-02274.jpg
分骨されたお墓が近くにあると聞いたので、手を合わせます。
(さすがにお墓の写真を上げるのは気が引けたので…)

せっかくなので駅を見てこようと少し足を運びます。
201601-02347.jpg



201601-02353.jpg
会津塩沢駅、1965年開業。
2011年7月30日新潟福島豪雨により営業休止、同年11月1日バスによる代行運転開始。

201601-02355.jpg
本当のところを言うと、次の代行バスまで寒さをしのげればと…駅には待合室があるだろうと思いやってきたら…入れませんでした…。

201601-02362.jpg
いつか鉄路が繋がるその日を信じて…駅はまだ生きています…。

201601-02383.jpg

201601-02390.jpg

201601-02397.jpg
ずいぶん回りくどいことをグダグダ言っておりますが…こんな絶景が見られる只見線…とっとと復旧させないと損失だと僕は思います。


忘れなければ続く、、、。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 春風 福島県の放浪記 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |