FC2ブログ

乗り鉄放浪記

2018年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2018立春 北浜駅へ行きたくて…の放浪記 その17 流氷物語号

201802-1106.jpg
ふたたび…北浜駅で下車します。


数時間前の訪問時と少々変わった点といえば…
201802-1113.jpg
駅に入居しているレストランが開店しております。

あとは…
201802-1116.jpg
観光客の方が多め…バスでここまで訪れて、次の列車で網走まで向かうようです。








201802-1148.jpg
北浜1216発網走行き 9732D 流氷物語号


201802-1154.jpg
あまり鉄道グッズは買わない人間なんですけど…ここでは応援の意味も込めて。。



網走1230着。
201802-1160.jpg
ここで嬉しい邂逅。

ブロ友が流氷物語号のボランティアをなさっている…とは聞いてはいましたが…

お互いのタイミングもあることだし、出会うことは難しい…なんて思っていたんですけど。。

あくせく働くボランティアさんの中にそれらしい方がみえて…思い切ってお声かけすると…まさかのご本人様。



実のところ、この後の旅程は考えていなく…
201802-1166.jpg
「じゃあ、もう一回乗車しましょう」…ということになりました。。

流氷と知床の山々が同時にこんなによく見られるのは…ずいぶん珍しいことのようです。




201802-1169.jpg
ずいぶん沖に流されてしまいましたが…まだまだ流氷も残っています。


201802-1188.jpg
大人気の流氷物語号、北浜駅では10分の停車時間。


201802-1194.jpg






201802-1201.jpg



201802-1218.jpg
あっという間の往路。





201802-1224.jpg




201802-1220.jpg
そのまま折り返しに乗車します。




山側もいい…ということで続いては山側の席へ。
201802-1227.jpg
ラーメンをいただいた止別駅、

こちらは通過してしまいますが…ボランティアさんがキッチリ紹介されていました。


201802-1233.jpg
これまた通過してしまう…原生花園駅、ボランティアさんがいう…

「この先に駅があります、本当に小さな駅ですから…見逃さないでください…あっ!!今通過しました、みえましたか??」

「斜里岳はこの角度がいいんです…左後ろになりますが…この角度です!!」

けっしてうまい説明ではないんですけど、楽しんでいただこうという熱い思いを感じられて…

車内はとてもいい雰囲気でした。







201802-1240.jpg



201802-1244.jpg
網走1446着。

個人的に印象に残っているシーン。

流氷物語号に乗務している車掌さんがボランティアさんに、

「お疲れ様でした、今日一日ありがとうございました」

と声かけをしていた。

瀕死のJR北海道にしたって…列車を運行するにしてもコストがかかる。

運転士さんも車掌さんも…おそらく言えないような経緯もあったんだろうなと思います…

201802-1246.jpg
鉄道を守るのは誰か??

鉄道を守るのは鉄道と地元を愛する人…



現場とボランティア有志の気持ちは一つ…そんな光景を見た…

そんな気がします。







素晴らしい列車に乗車できたので…大満足、

これでおしまいにしようかとも思いましたが…もう少々続きます。。

ところで…
201802-1256.jpg
今回の旅の目的だったスラントノーズ…この日の夕方の飛行機で帰るので…もう出会うことは無理そう。

ほぼ諦めておりました。。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」+「TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)」

| 立春 北浜駅へ行きたくて… | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |