FC2ブログ

乗り鉄放浪記

2018年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2018春分Ⅱ 雪と桜と越前の放浪記 その3 大土呂駅/北鯖江駅

201804-3806.jpg
湯尾駅から6番目の駅で下車します…移動すると晴れる、よくあるパターンです。


201804-3808.jpg
こちらも木造駅舎の残る駅です。


201804-3811.jpg
敦賀方面を振り返って…山の方は…まだまだ分厚い雲に覆われてますが。。


201804-3816.jpg
大土呂駅、1896年開業。


201804-3819.jpg
左側の建物が少々気になりまして…倉庫でしょうかね。。


201804-3821.jpg
梁が斜めで…ずいぶん珍しい形をしているなと思いました。


201804-3825.jpg



201804-3845.jpg
駅の向こうにあるのは自動車教習所。

地方だと改札の反対側にある施設って…便利そうに見えてけっこう大変だったりするんですよ。。


201804-3847.jpg
大土呂1219発敦賀行き 1232M

521系…もっとも今はこれしか走ってないですから…食パンくんが恋しくなります。。



201804-3853.jpg
一駅目で下車します。




201804-3854.jpg
こちらも瓦屋根の木造駅舎です。



201804-3858.jpg
北鯖江駅、1955年開業。



201804-3855.jpg
無人駅。




201804-3861.jpg
木造駅舎といいながら…一部はレンガ造りです。


201804-3863.jpg
何があったんでしょうかね…。。


201804-3868.jpg
北鯖江1233発福井行き 1241M

福井方面へ進みます。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」)



| 春分Ⅱ 雪と桜と越前 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分Ⅱ 雪と桜と越前の放浪記 その2 王子保駅/湯尾駅

201804-3715.jpg
長い北陸トンネルを抜けると…残雪が目立ちます。


201804-3716.jpg
そして桜も見られます。

四月初旬、いわゆる寒の戻りの日でした。




201804-3724.jpg
ここからはいつもどおり駅めぐりをしながら…目的の場所を目指そうかと思うんですけど…



201804-3726.jpg
雨がね…。



201804-3736.jpg
王子保駅、1927年開業。

雪止めがあったり、庇が手前側へ折れていたり…ここら辺が雪国な感じがします。


201804-3730.jpg
無人駅ですが、無人化されたのは最近のようで…窓口は残っています。





201804-3735.jpg






201804-3744.jpg



201804-3745.jpg



201804-3753.jpg
気温は一桁台、雨も併せて旅には向いていない一日。

待合室のストーブが暖かかったです。


201804-3763.jpg
王子保1037発敦賀行き 1228M




201804-3767.jpg
2つ目の駅で下車します。


201804-3774.jpg
湯尾駅、1948年開業。



201804-3778.jpg
ログハウス調の駅舎です。




201804-3780.jpg






201804-3789.jpg
無人駅。



201804-3795.jpg
湯尾1058発福井行き 1239M

桜が満開でしたね…雨に苦戦しながら…福井方面を目指します。。




(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」)

| 春分Ⅱ 雪と桜と越前 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分Ⅱ 雪と桜と越前の放浪記 その1 敦賀駅

4月8日。

雪も…桜も…時機を逸した感がありますが…
201804-3610.jpg

名古屋610発大垣行き 3303F

年始から…飛び道具ばかり使ってきたので…さすがに金欠。。

原点に戻って…18きっぷだけで完結する旅をしようかと。。


201804-3614.jpg
大垣649着。

大垣駅恒例のイス取りゲーム、もはやそんな気力もなくなり…ぼちぼち歩きます。


201804-3618.jpg
大垣652発米原行き 207F

米原までは35分ですから…立っていても大したことはないんですよ。。



米原727着。
201804-3630.jpg
米原803発敦賀行き 133M

お客さんのほとんどは京阪神方面へ流れましたね??


201804-3636.jpg
北陸方面、この1両に乗客は僕一人だけでした。。


201804-3642.jpg



201804-3646.jpg
読みどおり、名古屋ではあっという間に散ってしまった桜、北陸方面ではまだまだ咲いています。


201804-3650.jpg
敦賀858着。



201804-3652.jpg
この時刻表を見ると…北陸に来た感じがします…赤い文字が多い。。


201804-3656.jpg
18きっぷなので…赤い文字のデンシャには乗車できません…。


もちろん新幹線にも乗れません。
201804-3663.jpg
敦賀だと…米原接続の方が早い気がしますが??

名古屋=北陸はどうなるんでしょうか??


201804-3672.jpg
敦賀駅、1882年開業。

駅舎の方は新幹線対応済み…かな。。


でも改札は…
201804-3678.jpg
そう…この感じ、北陸本線です。

ずいぶん久しぶりに味わう感覚ですね。。


201804-3683.jpg
待合室にあった駅そばで「おぼろうどん」

おぼろ昆布、好きなんですよね、これも…北陸な感じがします。














201804-3708.jpg
敦賀953発福井行き 237M



天気は少々渋いですけど…久しぶりの北陸本線を進みます。




(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」+「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM」
+「TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)」)

| 春分Ⅱ 雪と桜と越前 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夕張の桜

201805-5524.jpg
夕張の桜は来年も咲く、春を知らせるべく咲く。



201805-5836.jpg
(鹿ノ谷駅)
幾重にも曲がった線路。

変わるのは常に人間である。

代走…いや…持て余している日高の車両がこの地を走るのも…すべては「人間の行ない」である。







翌日。
201805-5956.jpg
当初は前日のうちに日高山脈を越え道東方面へ向かう予定だったけど…

日高塗装じゃないJR北海道標準色のキハを撮りたく、一晩明かし同じ桜へ。

前日は雨で…見ている間にも雨に射貫かれ桜が散り散りになっていましたが…まだ残ってくれていました。



…が…
201805-5979.jpg
また…優駿浪漫号だ。

ただ、1時間後の列車は追分駅から来る列車で、標準色である可能性が高いんじゃないかと思い待つことに。。



201805-6124.jpg
かつては長大な編成が行き来したであろう路線を単行のキハが進みます。



201805-6130.jpg
この樹だけ…ほかの樹よりも花が残っていてくれました。

それに特別な感情を抱いてしまうのも…「人間の行ない」…でしょうか。。



201805-6137.jpg
桜は来年も立派な花を咲かせてくれることでしょう。

変わってしまうのは常に人間なんだよね…なんて思いながら…早朝のキハを見送りました。


(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
+「TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)」

| 写真 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

萌えるDD51

子供の頃から変わらない、

新しいおもちゃを手に入れたら帰り道も待ちきれず封を開けてしまう。

201805-7318-4.jpg
新しいレンズを購入して何か撮りたい、嬉しいことに地元で格好の被写体がある。


僕もニッパチズームを持つような身分になったものか…まあ旧型製品の中古ですけど。
(弁明すると絞り環のついたレンズがほしかった)

せっかくのニッパチのデビュー、開放で撮りたい。

撮っては見ましたけど…ピント面はちょっとあまい、前ボケもなんだか、後ボケは二線ボケ…やっぱ1段絞って撮るべきだったか…。

次回への宿題でしょうか。


(「D750」Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D

| 写真 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

塩狩の桜

201805-6512.jpg
比布駅、1898年開業。

律儀者なのか…大バカ者なのか…。


201805-6522.jpg
比布626発稚内行き 321D

超高級ホテルことレンタカーホテルに宿泊…レンタカー旅なんだからレンタカーで訪問すればいい。





なんですけどね…少しでも駅利用者にカウントされればと…少なくともこの日、利用者は1人いましたよ。


201805-6530.jpg
乗り鉄の性でしょうか…北海道を爆走した身体は、キハに乗るとずいぶん安心します。

追いつかれては後続の車に道を譲り、眠くなっては仮眠する…それも悪くないけど、僕には向いていない。






201805-6551.jpg
比布からの運賃は片道260円…いささか安すぎやしないかと…。

地元の生活利用者の方もいらっしゃるので…一概にはいえないけども、値上げも選択肢の一つ。

冬の北海道を見てますから…東京と二倍と変わらない運賃じゃ経営も行き詰まるのも納得。

地元の利用者の方にはうまくキャッシュバックが出来るスキームができれば…。



もっとも僕のようなフリーきっぷ愛好者が一番悪いのかも知れないが。。


























ずいぶん話は逸れましたが…


塩狩の桜は咲いていましたか??






201805-6573.jpg
塩狩の桜は満開でした。




201805-6576.jpg



201805-6584.jpg
塩狩駅、1924年開業。

今年は初めての訪問になりました。

201805-6591.jpg
一年前、観光情報を信じ5月末…に訪問しましたが…見事に散った後でした。

今年は昨年より2週間早く訪問。










201805-6593.jpg
一目千本桜。


201805-6645.jpg
厳しい土地だからこそ、穏やかな日には素晴らしい景色を見せてくれる。

なんども訪問してますが…また変わった一面を見られました。


201805-6731.jpg



201805-6738.jpg



201805-6759.jpg



201805-6786.jpg
塩狩735発旭川行き 322D

この後比布駅へ戻り、キハと桜のいい写真がない…と思いレンタカーで戻りましたが…

朝の好天はなんだったのか??

というぐらい曇天になり…やっぱ乗り鉄の神様はよ~く見てらっしゃる…と思った次第。








(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」 )

| えきめぐり単発系 | 23:30 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分 宗太郎越えの放浪記 その14 枕崎駅

201803-3076.jpg
終着駅にしては無人駅で…少々さみしい雰囲気ではありますが。。






201803-3080.jpg




201803-3090.jpg
枕崎駅、1963年開業。

1963年とは…意外と新しいな…とも思いましたが、

この土地で先に開業したのは南薩鉄道枕崎線、こちらは1931年に開業しております。




201803-3093.jpg



201803-3094.jpg
乗り鉄趣味な方にとっては…ここはmustな雰囲気のある駅だったので…

未訪問だったことに…何だか…焦りみたいなものがありました。。

一般の方からしたら…ずいぶんおかしな話しではあるんですけど。。


201803-3105.jpg
そして個人的に記念碑的な駅になりました。

この駅でもって「JR九州完乗」です。




201803-3112.jpg
厳密に言うと「完乗」ではない…バリー・ボンズのホームラン記録と同じです。。

残り乗車していない区間は「九州新幹線(博多~鹿児島中央)」なんですけど…並行在来線には乗車していますし、

僕は鈍行列車での完乗を目指しているので…ここで「JR九州完乗*」でいいでしょう。



個人的に運がよかった…と思うのは、豊肥線が一時復旧したときに乗車できたこと。

あのタイミングを逸していたら…完乗はしばらくできていなかったと思います。

豊肥線…のみならず、日田彦山線、久大線の早期の復旧をお祈りします。



201803-3114.jpg
ここから鹿児島空港までバスで向かうのですが…少々空き時間が…かといって長くはなく1時間ほどです。





201803-3117.jpg
観光案内所で聞いた枕崎を一望できる展望台へ。。

荷物をロッカーに預けてくればよかった…と、ひたすら後悔。

こんなときにケチな性格が裏目に出ます。


201803-3129.jpg



201803-3137.jpg
中央に見える岩は「立神岩」といわれる枕崎のシンボルの岩です。


201803-3143.jpg
この日乗車したキハは冷房運転していました。

鮮やかな椿が咲くのも納得です。




201803-3150.jpg
18きっぷで鹿児島へ戻る…とかいろいろ考えたんですけど…

唯一帰りの飛行機に間に合うのがこの「枕崎から鹿児島空港へのバス」に乗車するでした…

枕崎は遠い&意外と薄氷を踏む旅路でしたね。。


201803-3163.jpg
このバス、加世田に寄ります。

ここも一度は訪れてみたい場所でしたが…またの機会にします。





201803-3170.jpg
今年の大河ドラマは「せごどん」でしたね。

せごどんも大好きだったさつま揚げを購入して…帰路の旅路に就きます。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」 + 「AI AF Nikkor 35mm f/2D」


「宗太郎越えの放浪記」これにて完結です。

駄文、珍文にお付き合いいただきありがとうございました。






 

| 春分 宗太郎越え | 23:30 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分 宗太郎越えの放浪記 その13 指宿枕崎線

ここからはえきめぐりはなく…単調な乗り鉄になりますが…
201803-2990.jpg

特急「指宿のたまて箱」…あれもキハ40…。

むしろ水戸岡さんはキハ40を愛しすぎているのかも…知れないですね。。



201803-2999.jpg
山川駅は一時無人になりましたが…地元の女性グループが復活させた最南端の有人駅。


201803-3001.jpg




201803-3006.jpg
この区間も利用者は少なく…厳しいようですが…


201803-3012.jpg
前方に開聞岳が見えると…みなそわそわしはじめます。


201803-3022.jpg
西大山駅、停車中にみなホームへ降りて撮影をします。




201803-3026.jpg
窓の開くキハ40ならば、こんな撮り方も出来ます。




201803-3036.jpg
南国には春が訪れて…


201803-3038.jpg
線路脇を彩ってくれています。


201803-3042.jpg



201803-3049.jpg
街がみえてくると終着駅へ。


201803-3056.jpg



201803-3062.jpg
枕崎1431着。

指宿枕崎線、完乗りです。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

| 春分 宗太郎越え | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分 宗太郎越えの放浪記 その12 瀬々串駅

201803-2836.jpg
鹿児島中央1115着。


201803-2841.jpg
鹿児島中央1123発喜入行き 335D

サクッと乗り換えます。




201803-2843.jpg
指宿枕崎線は初めての訪問です。


201803-2846.jpg
喜入あたりまではまずまず本数があるんですよね。。


201803-2853.jpg
下車します。


201803-2854.jpg
瀬々串駅、1934年開業。


201803-2858.jpg
駅舎とかはなく少々殺風景ではあります。



この駅で降りた理由は…
201803-2861.jpg
桜島…正直今ひとつでした。。



それともう一つ…
201803-2957.jpg
補給です。。

この先、食事にありつけそうもない展開なのでコンビニメシを購入します。



たまたまよったコンビニなんですけどね…このコンビニの駐車場で思わぬ出会いが…
201803-2896.jpg
この雰囲気は…間違いなくボスっぽいですなぁ。。


親子でしょうか…
201803-2922.jpg
子猫さん。


201803-2941.jpg
たまらんですな…愛猫家には…。

駐車場でゴハンをお裾分けしてもらっているのか…

とにかく人懐っこ過ぎて、距離をとるのに一苦労でした。。



201803-2952.jpg
ネコさんと戯れていると列車に乗り遅れそうなので…そこそこで諦めて帰ります。。






201803-2980.jpg
瀬々串1239発枕崎行き 1337D

前日の展開を思うと少々早いですが…これが本日のラストランナーになりました。



(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

| 春分 宗太郎越え | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018春分 宗太郎越えの放浪記 その11 竜ヶ水駅

201803-2695.jpg
この駅は生涯でも十指に入る…といっても過言ではない、素晴らしい駅でした。

…いきなりハードルを上げてますけどね。。


201803-2705.jpg
碑文拡大
過去には自然災害が襲った駅です。

虎穴に入らずんば虎児を得ず…ではないですけど…

厳しい土地なだけに…穏やかなときは素晴らしい景色を見せてくれるのかもしれません。


201803-2711.jpg



201803-2709.jpg




201803-2712.jpg
険峻な山々と海岸線、北陸本線親不知駅を思い出します。





そして季節は…
201803-2725.jpg
春でした。


201803-2792.jpg
駅舎はコンクリート造りの味気ないものですけど…早咲きの桜はそれを補って、余るものがあります。



201803-2747.jpg
気温は18度、穏やかな時間が過ぎていきます。


201803-2760.jpg
特急同士の列車交換。


201803-2779.jpg
秘境駅…かと思いきやそうでもありません…実は鹿児島駅の隣の駅です。





201803-2800.jpg
とはいえ…普通列車も通過してしまう駅ですけど。。


201803-2808.jpg
でも…そんなことは苦でもありません…

今でも写真を見直して…ああ~いい駅だったよなぁ…って思いだしています。


201803-2810.jpg



201803-2824.jpg
竜ヶ水駅、1915年開業。


201803-2830.jpg
竜ヶ水1104発川内行き 6941M



滞在時間は短かったですけど…本当にいい駅でした。

この駅はまたいつか…再訪したいと思っています。




(「D750」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

| 春分 宗太郎越え | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT