FC2ブログ

乗り鉄放浪記

2018年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2018年~記事にはしていないけど行ってきたシリーズ~

本編より人気の「記事にはしていないけど行ってきたシリーズ」。

今年も少しではありますが…ございます。

5月、北海道。
201812-1460.jpg
崩壊の危機にあるタウシュベツ橋梁を展望台から拝見。


201812-1453.jpg
三笠のキハ82を再訪、および鉄道記念館も訪問しました。





9月、明知鉄道。
201812-2557.jpg
永野芽郁さんが描かれた「半分青い。ラッピング車」を「半分スケベ心」で撮りに行ったのですが…。


201812-2623.jpg
半分じゃない…おまえは「全部スケベ心」じゃないかと…お地蔵様に見透かされて見事に撃沈。。
(運行終了していた…と思います。)


201812-2646.jpg
天気の方も半分…いや…5分の4ぐらい曇天。


201812-2759.jpg
「スケベ心」と、近くだったのに今まで訪問してなかったことを猛省です。





10月、北海道。
201812-3357.jpg
北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線の廃線めぐり。



201812-3466.jpg
これもすごく楽しかったんですけど…記事にする余力はなくお蔵入りですね。。






12月、北海道。
201812-6901.jpg
北海道も同じところばかりで申し訳ないんですが…


201812-7328.jpg
いつものところを訪問してきました。


12月、福島県。
201812-0434.jpg
今年は年末に宿題を残しすぎました…こちらもいつものところへ駆け込みで訪問です。





というわけで…2018年も大変お世話になりました。

総集編は…やる気力はなく、今年の更新はこれにて終了です。

ていたらくブログですけど…今後ともどうかよろしくお願い申し上げます。

みなさま、よいお年をお迎えください。

| 総集編 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018晩秋 キハと西海の物語 その5 有田駅

201812-5033.jpg
有田駅、1897年開業。

ありがたいことに九州のブロ友さんにこの駅まで送っていただきました…

その節は大変お世話になりました…ありがとうございましたm(__)m



ここより…乗り鉄旅になります。
201812-5036.jpg
「ドラえもん有田焼カレー」

駅弁なんですけどね…食べ終わった後は器として使えます。

ただ…お値段と…あの器を持って歩くのはけっこう大変なんですよ…

お昼もまだでしたが…あえなくスルー。。





201812-5038.jpg
駅舎はJR九州と松浦鉄道が同居する駅になります。


201812-5039.jpg
こんなりっぱな…有田焼が設置してあります。。

ブラタモリでも拝見いたしましたよ。


201812-5044.jpg
有田1300発伊万里行き 625D

ここから乗車するのは松浦鉄道。

地味に…このデザインが好きだったりします。



九州には「旅名人の九州満喫きっぷ」という素晴らしいきっぷがあり…この日もそれを購入しておりましたが…
201812-5045.jpg
それを上回るお客様感謝デー…まあ…こんなこともあります…。。

悔やんでなんてありません。。


201812-5047.jpg
JR貨物の駅もあるようで…なかなか大規模な駅になります。


201812-5049.jpg
出発後…左は佐世保線、右は松浦鉄道西九州線。



201812-5061.jpg
西九州線は57駅、93.8km。

日本中ほとんど乗り尽くしたつもりでいましたが…西の果てに…長大な路線が残っていました。


(「D850」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」)

| 晩秋 キハと西海の物語 | 23:31 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018晩秋 キハと西海の物語 その4 片島魚雷発射試験場跡

九州のブロ友さんにご案内をいただいて…最後は観光地へ。
201812-4990.jpg

ハーバーからヨットに乗って…じゃなくて…


201812-4997.jpg
以前ブロ友さんの記事でも拝見した片島魚雷試験場跡へご案内いただけました。

ただこの日は少々いつもと違うらしく…

201812-4994.jpg
イベントが行われていたようで…いつもとは違う風景でした。


201812-4998.jpg
元々、先の塔は2つあったようですが…一つは崩壊しています。


201812-4999.jpg





201812-5009.jpg
細かい経緯はわからないのですが…100年前の建築物が残っていること…

その造りの頑丈さから100年前の海軍のスケールの大きさを思議します。


201812-5013.jpg
築100年、戦後に放棄されたと仮定するなら…放棄後…の方が長いということになります。


201812-5016.jpg
樹木の成長が…それを顕示しています。


201812-5023.jpg
少々残念なのは…詳しい経緯がWEB上にもないんですよね…。
(我が輩の検索力のなさか…??)

屋根のなくなった理由や、残された理由もおそらくあると思うんですが…。

廃墟趣味をそそるモノではあるんですけど…マニアのモノだけになって欲しくないなと。。



201812-5028.jpg
ツワブキに訊いても…当然回答はありません。

ツワブキはいつからここで咲いていたんでしょうか。


(「D850」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」)  

| 晩秋 キハと西海の物語 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018晩秋 キハと西海の物語 その3 キハ66・67撮影記②

ブロ友さんの機動力をお借りして…長崎本線から大村線へ転戦します。
201812-4803_2018122518343493f.jpg
ここの撮影地で思い出したのは…2ヶ月前に訪れた氷見線。

大荒れの富山湾とは大違いの穏やかな大村湾。




201812-4814.jpg
わりとここまで…俯瞰の撮影で撃沈ばかりしていたので接近戦を…とのオススメ。



接近戦…のぞむところだ…なんて思ってましたが…
201812-4829.jpg
やってきたのがキハ200…これには一同、意気消沈。。






でも悲しんでばかりもいられないので…次の撮影地へ。

201812-4832.jpg
またまた俯瞰なんですけど…ハウステンボス色がきましたね。


201812-4881.jpg
この撮影地では少し晴れてくれて…大村湾の素晴らしさが分かる一枚になったのではないかと…思います。





201812-4894.jpg
続いてやってきたは千綿駅。



201812-4897.jpg
後ろ寄りには国鉄色…いい感じにカーブしている駅なので…4両国鉄色みたく見えるのではないかと??



201812-4918.jpg
出発後、すぐにカメラを下ろそうとすると…

「まだ先がありますよ~」っと、ブロ友さんのアドバイス。


201812-4932.jpg



201812-4936.jpg



201812-4942.jpg
シーサイドライナー色とのコンビだったので…少々残念ではありますが…

国鉄色は映えますね…あれだけ小さく写してもすぐに分かります。


201812-4952.jpg
千綿駅、1928年開業。


201812-4960.jpg
駅舎の中はカフェに改装されていて…店員さんがあくせく働いていました。





201812-4977.jpg
最後の撮影地、ハウステンボス色がやってきてくれました。

撮影したときは…これはいかんともしがたい逆光…なんて思っていましたが…

デジタルの技術で…なんとかなりましたね。。


201812-4987.jpg
日が長い季節の…西日が差すような時間帯に撮るといいかもなぁ…なんて思っています。


(「D850」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」+ 「Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D」)

| 晩秋 キハと西海の物語 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

竹原ピストル 「GOOD LUCK TRACK TOUR」ファイナル 日本武道館公演

2018年12月22日。
201812-224517.jpg
まったくシケた人生だぜ…

クリスマスの予定が4月から決まってる…

かわいい女の子と…

とかじゃなく…

むっさ苦しいおっさんの唄を聴きに行くって…。




201812-224530.jpg
竹原ピストル「GOOD LUCK TRACK TOUR」ファイナル、日本武道館公演。





「往生際の悪いオトコで…いまだに紅白に呼ばれるかもしれないと思っております。

マネージャーにも12月31日を空けておけと言ってあります。」




「大杉漣さんからもらった藍染めのハンカチを大切に持っています。」




「今日、生まれて初めて…お父さんとお母さんをライブに招待しています。

4700グラムという身体で生まれてきて…生まれた瞬間からの親不孝者で…

やっと大人になったと思ったら…『ピストル』なんて名乗り出すような…どうしようもないやつなんですけど…」






「野狐禅ってバンドを「ハマノヒロチカくん」と二人でやっていたんですけど…解散して…

その後、それぞれ一人の演者としてツアーを一緒に廻ったんですよ。

最初はハマノ君が僕の前座をやりたいって言ってきて…

『こいつなかなか男気のあるやつだな!!』と…表向きには言ってたんですけど…

ハマノ君がステージに立っているときは…『スベれ~』『スベれ~』って念じてました。

ハマノ君はそういう念が通じるやつで…よくスベってました。」





「僕を日本武道館まで連れてきてくださってありがとう。武道館がこんなにデカイとは思ってませんでした。」






201812-0404.jpg
まったく…困った野郎だぜ…ピーちゃんよ…

…なんてクリスマスプレゼントだよ。

帰りに来年のツアーチラシを配りやがって…仕方ないから半年後の予定も埋めとくぜ。

しけた人生でも…ピーちゃんのどさ回りに…どこまでも付き合ってやろうじゃんかよ。





素敵な聖夜を…ありがとさん。

| 閑話 | 23:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018晩秋 キハと西海の物語 その2 キハ66・67撮影記①

201812-4623.jpg
喜々津駅、1898年開業。

この駅から長崎本線の新線と旧線が分岐します。


201812-4621.jpg
美しすぎる駅員さんに「きっぷ」をこしらえてもらいました。

お願いしたのが、ちょうど列車の入線するタイミングで…慌てて処理していましたが…

「これには乗らないのでゆっくりでいいですよ」というと、ホッとしたようでした。



この日の午前中は、いつもお世話になっている九州のブロ友さんにお願いして…

キハ66・67撮影地をご案内いただくことになっており、街道沿いのランデブーポイントで落ち合います。


201812-4630.jpg
長崎本線(旧線)の有名撮影地。

前後の日は好天だったんですけどね…さすが、ミスター曇天ですよ。。


201812-4636.jpg
最初に狙うのは…国鉄色のキハ66・67。



201812-4638.jpg
曇天もさることながら…霧も深く…大撃沈。。

雰囲気だけでも楽しんでいただけたら…。












201812-4658.jpg
この辺りは「俯瞰の撮影地」が多い…とのことで、駅撮りが多い僕には…はじめてに近い新鮮な気持ちでした。


201812-4662.jpg
右下の養殖筏が気に入り、一緒にパチリ。


201812-4676.jpg



201812-4688.jpg



俯瞰撮影だとシャッターチャンスが多いです…

とくにキハのようにゆっくり進む場合は…
201812-4712a.jpg
なので…少々遊んでみようと一枚。

挑戦的な感じではあるんですけど…電柱が…非電化区間なんですけどね…。


201812-4726.jpg
続けて…TOP画にも採用した一枚。

右隅の黒いところが気になりますが…

「かすみの除去」を最大にして…

この土地の険峻さと、大村湾の穏やかさ、所々赤く染まった木々…なんとか表現できたかなと思います。

ただこれ…3ドア車…ってことはキハ200かよ…。



201812-4745.jpg
気を取り直して…キハ66・67。



201812-4760.jpg
悔しいんで…ここは再訪必須の場所になりましたね。


(「D850」+「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」+ 「Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D」)

| 晩秋 キハと西海の物語 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018晩秋 キハと西海の物語 その1 大村駅

11月24日

終業後、空路で長崎空港へ…バスで最寄りの大村駅へ。
201811-4546.jpg
大村駅、1898年開業。

改築はされていますが…古い木造駅舎が残ります。

デザインがなんとなく…長崎っぽいといいましょうか??

和洋折衷とよんでもいいのかしら。。


201811-4548.jpg



201811-4552.jpg
直営駅…ですが…窓口は既に閉まってました。。

翌日に使うきっぷを調達したかったのですが…しかたなし。



今回の旅の目的はキハ66・67の撮影、および乗車。
201811-4558.jpg
大村2028発長崎行き 253D

割と本数も多くあっけなく乗車できるかと思いきや…甘かったですね。。


201811-4567.jpg
この日は満月の夜でした。

諫早では10分ほどの停車時間があります。


201811-4571.jpg
実のところ目的地には…隣のホームの電車に乗車した方が早く着くんですが…

いつものように急いでいない&そんなに時間的に変わらないので…キハの出発を待ちます。



乗車するとちょっとしたハプニング。

お酒の入った男性が「これ長与経由なの??」と怒気を交えて車掌さんと話してます。


その方が言うには「乗車案内の表示が間違っていた」…というんですが…

仮に間違っていたとしたら…もっと多くの人が乗り間違えていると思いますよ。


201811-4583.jpg
新線は電車で、旧線はキハですし…。

ただ…その区別では…一部の人しか分からない&新線を走るキハもある。

男性を擁護するつもりはないんですけど…複雑なのはたしか。。



ちなみにその男性は…長崎駅まで乗車するらしく…

どっちでもたどり着けるので…怒るほどのことでもないと思うんですけど。。




201811-4586.jpg
この日は3連休の真ん中の日、諫早市内で安宿を探したんですが…全くなく…

この喜々津駅にかろうじて宿がとれました…安くはなかったです。


201811-4599.jpg
コンビニによって買い出し、宿へ向かう途中踏切が鳴ったのでパチリ。

露出が限界でしたが…キハ66・67、なんとか撮れましたね。


今日も安心の宿こと…普通のビジネスホテルに身を沈めます。



(「D850」+「AI AF Nikkor 35mm f/2D」

| 晩秋 キハと西海の物語 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018秋景 木曽・渓谷めぐり その8 北恵那交通木曽川橋梁

ラストは自分のリクエストで…一度訪問したかった場所へ。
201811-104198.jpg
1978年に廃止になった北恵那鉄道の木曽川橋梁跡です。



201811-104200.jpg
川の流れが変わったのか…

現役の橋梁だと…この状況ではヤバいのでは…なんて思いますが、

逆説的にいうと、橋梁も随時メンテナンスが必要なんだなと。。


201811-104184.jpg
こちらの建物は廃線後、北恵那交通の運営する遊覧船乗り場として営業していたようなんですが…それも今は廃止になっています。




ここから苗木城跡へ向かって車を進めますが…突如現れたのがこちら…
201811-104208.jpg
これはまったくのノーマークでした。。


201811-104215.jpg
北恵那鉄道のルーツは…ダム開発によって筏による木材輸送ができなくなるため、

その代替輸送として福沢桃介さんが設立したようです。

桃介橋と同じく…電力マネーってのは凄かったんだなと…そのスケールの大きさを感じさせます。


その後レンタカーで、車両限界ギリギリの道を進み…
201811-104220.jpg
苗木城跡の駐車場へ。


201811-104221.jpg
余裕があれば…だったんですけど、Kさんの乗車する電車の時間がありここは断念。





レンタカーを返却後、30分ほど余った時間で、中津川駅の駅そばで一杯…いや二杯もご馳走になりました。。

ありがとうございます。

Kさんは塩尻方面へ…僕は名古屋方面へ…。



帰りの電車はほぼ熟睡。。
201811-104225.jpg
名古屋駅、住よしのきしめんをいただいて旅を締めくくりました。


(「OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ」
+「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ」
+「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」)


「木曽・渓谷めぐり」これにて最終回です。

お付き合いいただきありがとうございました。

| 秋景 木曽・渓谷めぐり | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018秋景 木曽・渓谷めぐり その7 柿其水路橋・桃介橋

201811-104125.jpg
柿其渓谷の温泉宿…雰囲気はなかなかいい感じで…

食事だけでもOKということで入店します。


201811-104118.jpg
イワナ定食。

これが…本命のイワナが作り置きっぽく…チンした感じでちょいと残念だったんですが…

ただ周りを囲む里芋の煮物、きのこたっぷりの味噌汁が抜群においしくて、ほっこり…

意外性のある定食でしたね。。


レンタカーで移動して…
201811-104127.jpg
往路にも気になったこちらの橋を見学します。


201811-104141.jpg
柿其水路橋。

読書ダムの水を緩い勾配で発電所まで送っています。



201811-104134.jpg
いまでこそ…アスファルト舗装された道の上ですが…かつては山道の上を水路が通っていたのでしょう。

100年も前のものですからね…水は今も流れています。




レンタカーに再度乗車して…次の目標へ。
201811-104144.jpg
これまた橋梁になりますが…桃介橋。


201811-104147.jpg




201811-104148.jpg
福沢桃介さんは福沢諭吉さんの娘婿。

名古屋電灯社長として木曽川水系のダム・電源開発に注力します。

この機会にwikiを読んだんですけど…

名古屋の排他的な風土になじめず、このあとすぐに関西方面へ進出するらしく、

ここら辺のダムが関西電力所有なのも…そういうルーツなのかと納得。


201811-104154.jpg
こちらの橋は読書ダム建設の際に資材運搬に使われた橋になります。


201811-104157.jpg
もちろん…当初から桃介橋ではなく、この名称になったのは1993年。




201811-104174.jpg
この橋でさえもダム建設のための手段であった…というスケールの大きさに驚きますね。。

それも…百年も前の話しなんですけどね。



(「OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ」
+「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ」
+「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」)

| 秋景 木曽・渓谷めぐり | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

旅に出ています。 2018年12月16日

旅に出ています。

更新をサボタージュしてますが…すいません。

入力と出力のバランスがとれてませんが…いつものところへ行ってます。

| お休みします。/旅に出ています。 | 23:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT