FC2ブログ

乗り鉄放浪記

2018年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2018秋景 木曽・渓谷めぐり その7 柿其水路橋・桃介橋

201811-104125.jpg
柿其渓谷の温泉宿…雰囲気はなかなかいい感じで…

食事だけでもOKということで入店します。


201811-104118.jpg
イワナ定食。

これが…本命のイワナが作り置きっぽく…チンした感じでちょいと残念だったんですが…

ただ周りを囲む里芋の煮物、きのこたっぷりの味噌汁が抜群においしくて、ほっこり…

意外性のある定食でしたね。。


レンタカーで移動して…
201811-104127.jpg
往路にも気になったこちらの橋を見学します。


201811-104141.jpg
柿其水路橋。

読書ダムの水を緩い勾配で発電所まで送っています。



201811-104134.jpg
いまでこそ…アスファルト舗装された道の上ですが…かつては山道の上を水路が通っていたのでしょう。

100年も前のものですからね…水は今も流れています。




レンタカーに再度乗車して…次の目標へ。
201811-104144.jpg
これまた橋梁になりますが…桃介橋。


201811-104147.jpg




201811-104148.jpg
福沢桃介さんは福沢諭吉さんの娘婿。

名古屋電灯社長として木曽川水系のダム・電源開発に注力します。

この機会にwikiを読んだんですけど…

名古屋の排他的な風土になじめず、このあとすぐに関西方面へ進出するらしく、

ここら辺のダムが関西電力所有なのも…そういうルーツなのかと納得。


201811-104154.jpg
こちらの橋は読書ダム建設の際に資材運搬に使われた橋になります。


201811-104157.jpg
もちろん…当初から桃介橋ではなく、この名称になったのは1993年。




201811-104174.jpg
この橋でさえもダム建設のための手段であった…というスケールの大きさに驚きますね。。

それも…百年も前の話しなんですけどね。



(「OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ」
+「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ」
+「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」)

| 秋景 木曽・渓谷めぐり | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |