FC2ブログ

乗り鉄放浪記

2020年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亀山駅

20161020 (238)
国道1号線を西へ…鈴鹿市に突入です。



しばらく進むと…こんなのが眼前に…
20161020 (249)
あれは調べると、「コンベア240」という飛行機でして…

重機屋さんの趣味で設置されている…とか…。

1940年代~60年代に活躍した機体のようです。

あれで40人乗りだったらしいんですけど…

その後500人乗りのB747が誕生したと思うと…逆説的ではありますけど、ジャンボって衝撃やったんやね…と。。

20161020 (245)
もう一機、あれは「ライアン205」という飛行機のようです。

元々は…毎日新聞の航空機だったらしく…場所を転々としてここに設置されている模様。

ここの社長、道楽社長やな…と思いつつ…「自転車で東海道」ってのも相当な道楽だわ…と。。







20161020 (237)
今日、目指すはあの峰の向こうですねどね…。


20161020 (251)
亀山市に突入…見ての通りなかなかの勾配であります。




20161020 (256)
朝食はおにぎり食べたよな…でも…あれも3時間前…

朝4時から自転車漕いでますから…軽くいっとくかと…いい雰囲気の喫茶店。


20161020 (266)
コーヒーにモーニング、銀のプレートがいいです。







休憩したんで…回復です…真面目に漕ぎます。。
20161020 (269)
亀山駅、1890年開業。

到着時間は9:20頃、割と順調に進んでいます。

JR東海とJR西日本の境界駅でもありますので…一区切りでもあります。




20161020 (272)
リニアは来るかもしれないけど…複線電化は難しそうやね。。

リニアの駅も…在来線と接続するとは限らないし…JR東海のおそろしいところ。。

もっとも…名古屋~大阪はずいぶん先の話しですし…今となっては名古屋までも不透明ですから…。


20161020 (281)
駅前にある鳥居は…能褒野神社の一の鳥居、大正15年に建てられた由緒ある鳥居です。



20161020 (285) 
すでに30kmも走ってます…ただ…ここからがこの旅の「山場」だったりします…

文字通り「山場」でござるな…。






ここまで…きっと、こんなルートです。


| 自転車の放浪記 | 23:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日永の追分

20161020 (217)
旋回窓くん、写真たくさんあったので…

もう一枚載せておきます。


20161020 (182)
まったく撮った記憶のない写真が…

そして自分が撮ったのが信じられない一枚。



この自転車ネタ…根本的な欠陥がありまして…

マジメに自転車を漕いでいると写真がない…という…。

ゴープロなんてあればよかったんですけどね…まあまあ…今後の課題です。


20161020 (222)
少し走ってこんなところに到着。


20161020 (224)
追分…という地名は日本中どこにもありますね。。

追って分ける…分岐という意味なんでしょう。




20161020 (225)
「右いせ参道道」「左京大阪道」

ここで東海道から伊勢街道が分岐しております。

これだけ大きい看板があれば…間違えることはないでしょう…たぶん。



20161020 (230)
石碑が出来たのは最近でしょうけどね…

左側のスペースはまだまだ余っているので今後しばらく大丈夫です。


20161020 (233)
ちなみに…近くには四日市あすなろう鉄道の追分駅があります。



20161020 (234)
看板は…あら…近鉄のままでしたね。。

しかし…近鉄なんていう大手私鉄が…ナローゲージ路線をよく保有してたよな…と…。

今となってはそっちの方が不思議です。


20161020 (236)
少しは進みましたけどね…この日の目標は大津です。。


| 自転車の放浪記 | 23:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リスタート

2016年10月下旬…
20161020 (107)
おにぎり…まずそう!!

いやいや…この日は補給が難しそう…ってなことで朝から握り飯を持参するも…早速、駅で食べてます。



20161020 (108)
虫がついてる!!…じゃないですよ…麦です…。

家を出る前にご飯を炊いて駅へ向かい自転車をたたんで始発列車に乗車

…いやはや…何時に起きたんだか??



20161020 (118)
未明の八田駅、自転車をたたんで列車に乗車します。




20161020 (132)
ちょっと前にも書きましたけど…

朝陽に頼るようじゃ写真の腕はへっぽこです。


20161020 (136)
重ねて…へっぽこでござるな。


20161020 (140)
30分ほど揺られて…下車します。

タンクが写っているんで…あの駅です。


20161020 (147)
亀山行き

この先の目的地は同じなんで、あれに乗って行けばいいじゃん…というアレなんですけどね…

旅とは…目的地までの道中のこと…です…なので見送ります。


20161020 (154)


20161020 (161)
「自転車で東海道を行くシリーズ」セーブポイントであるところの四日市駅をスタート。


せっかくなので寄り道を…
202008-9254.jpg
まあ…結果的に貴重な一枚になってしまった…旋回窓くん。

たった4年前ですけどね…もう一度あいたい…

タイムマシーンを作るしか…ないっすな…無理か…。


| 自転車の放浪記 | 23:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロクヨン

参りましたな…

追っかけてはきたものの…列車はいつ来るんだか??

一応はダイヤグラムをみて…間に合う…と踏んだものの、

近くに接近を知らせる踏切もなく…

さらには太陽からの紫外線と、アスファルトの照り返し…

カメラを構えるだけで噴き出す汗…凝視するのはトンネル。




その瞬間を…

トンネル奥から…風が小枝に触れて教えてくれる…

202008-3088-4.jpg
EF64重連が深緑のトンネルを越え…木曽路を駆け抜けます。









| 写真 | 23:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

四日市駅

202008-8904.jpg
前回の更新で忘れたんですけど…桑名にある踏切、これ…珍しい踏切なんですよ。

3つの軌間(762mm,1067mm,1435mm)が一度に見られる踏切です。





201607a (404)
食事の写真があまりなかったですが…

(汗だくなんで…お店に入れないってのもあるんですけど…)

初めて見る讃岐うどんのチェーン店で食べましたね。

長く自転車漕いでいると…進まなくなる…進まなくなるのはエネルギー不足だと…

まあまあ…食べる言い訳ですけど。。


201607a (410)
三岐鉄道のビルディング…自社運搬のセメントで出来ています。
(もちろん冗談ですけど…まんざら冗談でもなさそうな…)


201607a (413)
ここもセメント運搬列車を撮りたいと思いつつ…

ああ…撮りに来たことはありますが…記事にはしてませんな。。


201607a (421)
富田駅を過ぎたあたりからは…ひたすら漕ぐ…

なので…写真も少なめ。

みてのとおり陽が落ちますから…急ぎます。



201607a (434)
でも…鈴鹿の峰に落ちる夕陽がとてもキレイで…パチリ。

まあ…夕陽に頼るようじゃ…写真の腕はへっぽこですけどね。。



201607a (452)
おまけに月夜でした…お月さんの高さからして…月齢は13日ぐらいですかな。。



201607a (473)
工場夜景も撮ってましたか…僕にしては写真が新鮮ですな。



ここで余勢を持って向かったところは…
201607a (475)
国内唯一の現役可動橋、末広橋梁です。


201607a (480)
足繁くここへ通うのは…この後のお話し。


201607a (491)
四日市駅、1890年開業。

目標の亀山まではさすがに行けず…今日のセーブポイントはここになりました。

自転車をたたみます。


こんなルートでござる(曖昧)。


201607a (499)
特急には乗ってません…撮っただけ。


201607a (500)
こっちの普通電車に乗車。

211系の初期型、ボックスシートの車両でした。

これで八田駅まで。


201607a (507)
もろもろ旅程を終えて…本日の走行距離は78kmでした。

| 自転車の放浪記 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

西桑名駅

201607a (300)
七里の渡し跡がある「九華公園」、桑名城の跡でもあります。


202008-8847.jpg 
今年は名古屋場所…ありませんでしたね…残念。







201607a (326)
「家康に過ぎたるものが二つあり 唐の頭に本多平八」

このシリーズ、お侍さんの話しが多いんですけど…

あいつら威力を行使して…農民からお米をふんだくっていた極悪人…ですからね。。

まあ…考えようによっては…という話しですけど。。





202008-8867.jpg 
桑名のアーケード街は七夕飾りでした。

といっても…みてのとおりの閑古鳥。


201607a (333)





201607a (347)
銀座感のない銀座街、これはメガネの明光街ですな。



ぼちぼち街の中を進んで…一度訪れたかった駅へ。
201607a (357)
夏目漱石先生のお言葉を借用するならば…

「マッチ箱のような」…こちらは電車ですけどね。。


202008-8903.jpg 
西桑名駅、1914年開業。

三岐鉄道北勢線、このとき訪れて…再訪は叶っておりませんな。。

近いと…いつでも行けると…いかんですな…。





201607a (391)
公園においてある電車の遊具…いやいや…ちゃんとした電車ですよ。

ナローゲージのかわいいヤツが夕暮れを急ぎます。

| 自転車の放浪記 | 23:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

七里の渡し跡

長良川と揖斐川の細い堤防を下ると…こんなところに…
201607a (260)
ここけっこう好きな場所でして…何度か訪れています。

上記の写真は…東向き(名古屋方面)を撮影した写真、左がJR東海、右が近鉄の橋梁です。

201607a (262)
西側(桑名方面)


201607a (270)
アンダーで撮ったアーバンライナーですな。


201607a (276)
鬼のような逆光ではありますけど…DD51の重連です。

太陽の位置が夏ですな。


201607a (277)
なぜもっとマジメに撮っていないのか…タイムマシーンがあったら…。


201607a (282)
まあまあ…今となってはどうしようもないことですけど…。


201607a (285)
なにか…近未来感を感じる建造物…あれは長良川河口堰。

これ以前、長良川はダムのない河川だったんですけどね。。





建設時は反対運動も活発でしたが…完成しちゃうと悪くは聞かない…

悲しいかな、鉄道の廃線とおなじ…。

ここの利水20%ぐらいしかないんですけど…ここの水をパイプラインで大井川に戻すってのはどうでしょうか??


201607a (292)
たぶん無理でしょうけど…


201607a (297)
名古屋駅の摩天楼、夏ですけどよく見える一日でした。。

さらに奥の山の稜線もうっすら見えますから…

そして…手前の住宅は天井川…というより、天井海ですな。。


201607a (302)
というわけで…七里の渡し跡(桑名)到着。




海上七里=約28kmなんですけどね…。
201607a (305)
24kmも遠回り…

この日の目標、亀山まで行くのは難しそうです。。


今回に関しては…間違いない確信ルートです。

| 自転車の放浪記 | 23:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

特急しなの

ナンバープレートが気になる、時節柄。

「今日はネタ列車でも走るんですか??…こんな時期にわざわざ三重からお越しなので??」

いやいや…そういうあなたは「首都圏」のナンバープレートですよ。


202008-3036.jpg
ネタ列車は走ってないですけどね…


202008-3048.jpg
久しぶりに撮る「特急しなの」は…僕にとって特別な「しなの」になりました。

| 写真 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

千本松原

201607a (228)
何度も申しあげますが…天気のいい日でした…木曽川を渡ります。



201607a (234)
川というより海ですな…。



201607a (237)
渡岸した先は岐阜県。

もっとも…一枚目の写真にちらっと写りましたが…この橋は2本目の橋。

つまりは…長良川にかかる橋になります。



201607a (242)
突然ではありますけど…岐阜県の姉妹県はどこだと思いますか??

岐阜県で教育を受ける少年少女は…小学3~4年生で学習します(僕の時代はそうでした)。





201607a (245)
ヒントは…このどこまでも続く松林…「千本松原」と呼ばれています。




ここらへんは「輪中」といいまして…いまでこそ堤防が河口まで続いておりますが…

かつては「洲」という漢字のように島が川の間に点々と存在する土地で…

一度氾濫が起きると生活がままならない土地でした。


これをなんとかせよと「徳川幕府」から命令されたのが「薩摩藩」。

詳しくは「宝暦治水」…なんて調べていただくと出てきます。


この三川分離工事が苛烈を極めまして…

工事中にも氾濫が起き、どっちかを治せばどっちかが氾濫、

栄養不足から赤痢が流行、幕府からの嫌がらせ、

工事に抗議する切腹者…等々。

果ては工事の最高責任者であるところの薩摩藩家老・平田靱負が堤の完成後、

その責を負い自害します。



201607a (250)
そんな経緯から鹿児島県は岐阜県の姉妹県であります。

過去の恩を忘れず…

僕自身も2度ほど…鹿児島市の城山にある殉職者の慰霊碑を訪れています。


201607a (253)
佐屋街道、佐屋~桑名の三里、かつては水路でした。

いまは橋と堤防でスイスイと…薩摩隼人の追い風を受け、南へ進みます。




| 自転車の放浪記 | 23:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

森川花はす田

IMG_8722.jpg
道すがら、名鉄津島線、好天の一日でしたね。。

IMG_8725.jpg
なんやかんやで…佐屋街道の佐屋に到着です。





IMG_8742.jpg
道中、蓮田…愛知県西部はレンコンの産地でもありまして…蓮田はたくさんあります。


IMG_8751.jpg
まあ…4年前の方が…いい写真撮ってますね…(ノД`)


IMG_8754.jpg
ハスは夜明けに花が咲き、午前中が見ごろらしいですね。。

出遅れた感じはありますが…楽しめたようです。


IMG_8760.jpg
花はす…ってのはレンコンとは違うんですかね??


IMG_8737.jpg 


IMG_8727.jpg
ムクゲも満開…さらに西へ進みます。



ルートは…もう覚えちゃいない…おそらく…こんな感じです。

| 自転車の放浪記 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT