FC2ブログ

乗り鉄放浪記

2021年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2021年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お蔵入りシリーズ2019 遠軽から北見へ

202103-2979.jpg



202103-2986.jpg



202103-2997.jpg



202103-3001.jpg



202103-3010.jpg



202103-3016.jpg



202103-3020.jpg



202103-3021.jpg



202103-3024.jpg



202103-3041.jpg



202103-3049.jpg



遠軽から北見へ…キハ40の旅。


146kpは一度訪問したい撮影地ではありますけど…

さすがにたどり着ける自信がない…なので車窓から撮るしかありません。。


常紋、金華、留辺蘂…石北はどこも思い出深いところです。

そして終着の北見へ…。

| その他 | 23:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さくら道 一号桜

202103-2325_20210330233336a56.jpg
咲きましたね…桜。


…謎の倒置法。




202103-2319.jpg


202103-2383.jpg
毎年のことながら撮り方が分からない…花なんですけどね。。



202103-2316.jpg
まあまあ…自宅から徒歩圏内にこういうところありまして…


なんなら…ここからバスに乗っけてってくれよ…

なんて毎度思ってます…いやいや…。




202103-2360.jpg
そこにこんな碑があります。

むかし国鉄バスの車掌さんが…

太平洋と日本海を桜でつなごう…

と、道路沿いに桜を植樹をしたというエピソードがありまして…

202103-2376.jpg
その一号桜が、ここの車庫の前にあります。


教科書にも掲載されたお話しで…給料のすべてを桜並木に投げ出すような愚直な方だったようです。






桜並木の終着は…金沢兼六園だそうで、

202103-2333.jpg
北陸なら来週末でもまだ咲いているかなと…思いをめぐらす、さくら道の始発でした。

| その他 | 23:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お蔵入りシリーズ2019 遠軽駅②

202103-2898.jpg



202103-2903.jpg



202103-2911.jpg



202103-2928.jpg



202103-2954.jpg



202103-2955.jpg



202103-2966.jpg



遠軽駅では1時間ほどの待ち時間。

とりあえず…瞰望岩とSLを拝みに…

前回は雪に閉ざされSLまでたどり着けなかったので…

久しぶりの邂逅となりました。


この後は北見方面へ進みます。

| その他 | 22:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お蔵入りシリーズ2019 遠軽駅

202103-2828.jpg



202103-2841.jpg



202103-2846.jpg



202103-2856.jpg



202103-2833.jpg



202103-2857.jpg




202103-2862.jpg



202103-2879.jpg



202103-2871.jpg



202103-2895.jpg




202103-2902.jpg



202103-2901.jpg


急ぐ旅でもない…ので途中下車すれば…と思いましたが…

18きっぷだったので結果的に先を急いでいます。


遠軽駅の駅そば店…

この後、残念な知らせを聞いたのは六角さんの「呑み鉄本線」でした。


音威子府はオヤジさんでしたけど…こちらはおっかさんで…

地元のガテン系の方数名が啜る中を…

僕も全部入り「スペシャルそば」をいただいたのを憶えています。


まあ…いつまでもあるもんだと思っていましたからね。。

謎の思い込みはむしろ残酷なもので…あぁ…またひとつ…


合掌

| その他 | 22:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お蔵入りシリーズ2019 4621D

202103-2763.jpg



202103-2765.jpg



202103-2768.jpg



202103-2772.jpg
上川611発遠軽行き 4621D


いまどき…男の仕事…なんていうと怒られますけどね。。

それでもいわせてください。


これは…男の仕事、男の列車です。

ポイントを寝ずの番で守る男たちを始発列車で送り込みます。


202103-2787.jpg



202103-2793.jpg



202103-2794.jpg
(中越信号場)

あの木製のハシゴは列車から乗降するため…

木製かよ、もっといいモノあるでしょ…なんて思いますけどね。。

万が一のときは「薪」になるんじゃないかな…と推測します。


202103-2802.jpg



202103-2813.jpg
(上越信号場)

早朝の上川を発するこの4621Dは、この訪問の1週間後ダイヤ改正でなくなり…お昼の便になりました。

旭川に宿泊するなら乗りやすくはなりましたけどね…


この中越信号場、上越信号場への保線員さんの送込みのシーンが好きで…

これが4度目の乗車になりました。


202103-2817.jpg

最後は「感極まって」…というのも恥ずかしい話しですけど…

手を振ったら…保線員のおじさん、満面の笑みで振り返してくれて…

あの笑顔は忘れられない思い出です。





僕の大好きな塩狩駅もそうですけどね…

北海道の国境は…どこもドラマチックですな。

| その他 | 23:51 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お蔵入りシリーズ2019 上川駅

202103-2563.jpg



202103-2589.jpg



202103-2598.jpg



202103-2625.jpg



202103-2646.jpg



202103-2665.jpg



202103-2676.jpg



202103-2682.jpg



202103-2721.jpg



202103-2738.jpg



202103-2748.jpg


日が暮れる…将軍山駅。

迎えに来たのは「道北流氷の恵み号」

…かと思いきや…あれは通過列車だった模様。。


まあ…難易度の高い路線ではありますけど…

一旦、旭川方面の当麻駅へいったあと、上川方面へ向かいます。。


この日は上川駅で終着…安心の宿こと安宿に身を沈めます。

| その他 | 21:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お蔵入りシリーズ2019 将軍山駅

202103-2503.jpg



202103-2509.jpg



202103-2512.jpg




202103-2530.jpg



202103-2532.jpg



202103-2538.jpg



202103-2543.jpg



202103-2545.jpg



202103-2546.jpg



202103-2551.jpg


滝川から乗車した函館本線普通列車を終点の旭川まで乗車。

キハ54、石北本線へスイッチします。

まだ時間があるので…どこかの駅へ…と一度下車してみたかった将軍山駅へ。


将軍山駅、1960年開業。

地名の由来は…駅の正面にある小高い山へ将軍が登ったとか…。。

ホームも簡素な造りなら…駅舎もブロック造りの簡素なモノ。


今春(2021年)のダイヤ改正をもって廃止になってしまったようで…

結果このときが最初で最後の訪問になりましたね。。


一緒に下車された方がビデオカメラに向かってなにやら…お話しをしていまして…

今思えばYouTuberさんだったのか??

お互い下車客はいないと思っていたのでしょう…

とはいえ駅だけが生命線なので離れることもできず…

微妙な距離感で過ごしたのを憶えています。

| その他 | 23:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お蔵入りシリーズ2019 浦臼駅

202103-2421.jpg



202103-2431.jpg



202103-2435.jpg



202103-2448.jpg



202103-2449.jpg



202103-2455.jpg



202103-2480.jpg



浦臼駅、1937年開業。

訪問の翌年に…サヨナラ列車が走ることなく終焉を迎えた札沼線(末端区間)。

僕の最終乗車はこのときでした。


札沼線は雪の多い土地らしく…単独で往来できるよう…

特別パワフルなヨンマル(400番台)が運用されていました。

彼は今どうしているんだろうかと…どこかでまた会えたら嬉しいですけどね。。



浦臼からは滝川へバスで移動、その後旭川方面へ進みます。


| その他 | 23:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お蔵入りシリーズ2019 石狩月形駅

202103-2325.jpg




202103-2336.jpg




202103-2348.jpg



202103-2355.jpg



202103-2362.jpg



202103-2370.jpg



202103-2374.jpg



202103-2389.jpg



202103-2408.jpg



石狩月形駅、1935年開業。

石狩月形より新十津川方面はスタフ式閉塞のため…ここで駅員さんがスタフを回収します。

バッチリ撮れた…んですけどね…あまりに良く撮れすぎて駅員さんの顔もバッチリ…なので割愛。

ぽっぽやさんの鑑のような…いい男でしたよ。。


雪国の中枢の駅らしく…堅牢で温かな駅舎、

新十津川では喧騒な時間でしたけど…ここは静かで…ゆっくり過ごせました…

下車したのも僕ひとり…有意義な時間だったと思います。


浦臼方面へ戻ります。

| その他 | 23:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お蔵入りシリーズ2019 新十津川駅

202103-2247.jpg




202103-2251.jpg




202103-2261.jpg



202103-2265.jpg



202103-2268.jpg



202103-2267.jpg



202103-2280.jpg


202103-2289.jpg



202103-2302.jpg


小さな駅の物語。

駅とは本来ドラマティックなモノで…日常の中で忙殺され…忘れているものなんだろうなと。。

ローカル線で…本数が少なく…利用者が少なければ…それが研ぎ澄まされていく…といいましょうか??

よりドラマティックなモノになるのかもしれません。




このときの喧騒は…それを鈍らせるモノだったかもしれませんが…

確かに駅がありました…小さな小さな終着駅がありました。

それは「十津川」の名を冠す…小さくとも誇らしい…木造駅舎でした。

| その他 | 21:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT