FC2ブログ

乗り鉄放浪記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

四日市駅 2018年

202104-8325.jpg



僕には…その希少性が…いまいち分かってなかった…と、後悔しているところです。

行こうと思えば毎日見られた光景ですからね…

やっぱ…タイムマシーンを作るしか…むりかぁ…。。

| DD51 | 22:59 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

こんにちは

1147ですね
石北本線をよく走ってくれました 大好きな車両で思い入れもひとしおです
1146とプッシュプルできてくれた時は興奮したものです

石北からDD51がなくなった後この1147が岡見貨物に行ったときには、地元のファンからはA更新なんてとちいと見下されたもので笑 ぎゃくに北海道のDD51がここで見られるなんてと喜んでいた方もいて・・・でもすぐに岡見貨物もなくなってしまい、そのとき地元から「A更新であろうがなんだろうが貨物走ってくれていたことがありがたかったよなあ」なんてことも耳にしました。 
そもそもDD51も蒸気機関車なき後にずいぶん酷評されたのでしたね、とかく変化というものはなかなか受け入れるに時間がかかりますが慣れていくものということ実感しました
(宗谷本線を走るDECMOもそう、これもそのうち慣れ愛着も沸くでしょう)
この1147のたどった道を思いめぐらすたびにいろいろ思います。
 
そのときそのときの状況に合わせた処遇は鉄道会社が考えたこと、鉄道の現場にいる方々や鉄道ファンのそのときそのときの気持ち、それぞれの立ち位置でそれはそれで間違いでもなくて何事にも時があるのだということでもある。

こうして素敵なお写真を残してくれているおかげで、この車両のこといつでも記憶鮮明でいられるのは幸せです まさにタイムマシン
写真というものの確かなつとめのひとつですね
 

長々失礼いたしました

| Jam | 2021/04/09 10:07 | URL |

Re: タイトルなし

◎Jamさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

数年前までは「機関車の何番機が好き」という人のいっている意味が分からなかったんですけどね。
後から見直してみると、この1147号機は不思議なくらいよく遇う機関車でした。

「旋回窓」が北海道からやってきた誇りのように見えますね。。
「置かれた場所で咲きなさい」…なんていう言葉がありますけど…
どこへ行っても活躍した1147号機は…旋回窓が自慢だったかも…ですね。。

昨秋にDD51を撮りに行くと「数年前は『原色以外撮る価値なし』なんていってたけどなぁ~」という会話がありました。
思うことは皆おなじのようで…最後はなりふり構わず…という状況になるようです。

DECMOもそうですけど…REDBEARさんも更新機の噂があるようで…
とはいえ数十年かかるとは思いますが…今のDF200も撮っておきたいと思います。


拙写真のことを「タイムマシン」とおっしゃっていただき…嬉しかったです。
時間軸もさることながら…かつて活躍した「石北」や「岡見」の空も四日市と繋がっているだろうな…と。
不思議な縁を感じる一枚になりました…ありがとうございましたm(__)m

| 宿はなし | 2021/04/10 00:06 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT