FC2ブログ

乗り鉄放浪記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014大晦日 銚子電鉄の放浪記 その6 外川駅

DSC06086_2014_12.jpg
犬吠1317発戸川行き 21
銚電はぬれ煎餅だけで経営は厳しく、世界で初のタイムマシーンを開発していたらしい。
日本中がら総ツッコミが聞こえるが気にしない。

DSC06069_2014_12.jpg
このコンビネーションは、どこからどう見ても昭和な風景。
奥の車両は静態保存されている、デハ801。
DSC06077_2014_12.jpg
元々は伊予鉄を走っていた、1985年に銚子電鉄へ移り、
引退後、ここに静態保存されている。
静態保存が本当に静態保存なのか、経営が苦しく存置しているだけかもしれない。

デハ1002、改めて写真に納める。
DSC06076_2014_12.jpg
前照灯はこれしかないようだが、走れるものなのか。
夜間を走る姿を見ていないので、引退してしまった今では、確認のすべがない。
DSC06075_2014_12.jpg
こちらは元々丸ノ内線を走っていたらしい。

続いて駅舎を見学。
DSC06088_2014_12.jpg
にじみ出る昭和感、ラッチの古さがいい。
改修するほど収益を上げていないが、かといって廃線になるほど利用者がいないわけじゃない。
このスポットに入ると、古いものが残るのかなと思った。

DSC06091_2014_12.jpg
運賃表は黒板に書かれているスタイル。
平成9年から値上げはしていなく、先の消費税増税でも値上げはしていないらしい。

DSC06095_2014_12.jpg
駅舎の中から、車両を見る。
鉄道に対する、懐かしい思い出なんてほぼ皆無なんだけど、
夏のすごく暑い日に、ここでアイスを食べたい衝動がすごい。
少年の日に戻れるんじゃないかって。

駅舎外へ出てみる、
DSC06101_2014_12.jpg
朝ドラ「澪つくし」の舞台になったらしい。
まったく知らないんだが、1985年の朝ドラみたいです。

そして、ラストの一枚。
DSC06105_2014_12.jpg
思わず、おおっ!!と唸る、
ヒゲタ醤油の看板の付いたベンチ、丸ポスト、古い車両、
押せば倒れそうなボロ駅舎、駅舎に書かれている「外川駅」のフォント、どこまで昭和なんだか。
唯一の欠点は、コカコーラの自販機が真新しい。
ここで、メローイエローでも売っていれば完璧だったかもしれない。

ここで夢中になって撮影をしていると、無情にも列車が出発するベルが鳴る。
本数はあまりない、残念だが折り返す。
「乗ります!!」と大きく手を振って待ってもらう。

外川1328発銚子行き 22 
DSC06109_2014_12.jpg
たった9分の滞在時間だったけど、再訪しなきゃと言う使命感を感じた外川駅だった。

さて、つづいての下車駅は、、、
DSC06111_2014_12.jpg
笠上黒生駅。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 大晦日 総武本線・銚子電鉄 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://tabipics.blog.fc2.com/tb.php/388-9fd9e27a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT