FC2ブログ

乗り鉄放浪記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014大晦日 銚子電鉄の放浪記 その10 仲ノ町駅

観音駅から歩いて次の駅まで。
醤油の匂いがしてきたら次の駅は近い。
DSC06272_2014_12.jpg
仲ノ町駅。これまた、いい感じのボロボロ感。

DSC06268_2014_12.jpg
夕暮れの時間がいっそう昭和ノスタルジー感を醸し出してくれている。

飾られた写真は、
DSC06265_2014_12.jpg
丸ノ内線で現役バリバリだったころのデハ1002。
むかしの列車を見ると思うのは、編成数の短さ。
これで間に合っていたのか、むしろ間に合ってないから今の編成数になったのか。
たった、50年前の話しなのに、こうも都市化が進むとは驚きである。

DSC06263_2014_12.jpg
プラットホーム。

DSC06354_2014_12.jpg
この駅のベンチはヤマサ醤油。
この駅の隣接する醤油工場はヤマサ醤油の工場だ。
訪問後知るんだが、ヤマサ醤油は醤油国内シェア2位らしい。
1位はもちろんキッコーマンだが、こちらも千葉県の企業。
醤油がこれだけ生産されるってことは、大豆が採れる肥沃な土地なんだろう。

ちなみに愛知県民で「ヤマサ」と聞くとちくわを思い出す。

DSC06266_2014_12.jpg
窓口で、入場券を買うと隣接する車庫内を見ることが出来る。

ここでのお目当てはこれ。
DSC06321_2014_12.jpg
デキ3形電気機関車、日本一小さな電気機関車(wiki)。
(順光のまともな写真がなかった、申し訳ない)

DSC06332_2014_12.jpg
かつては隣接する醤油工場へ資材を運搬するために使われていたらしい。
今は業務から引退。この車庫で有志により動態保存されている。

DSC06281_2014_12.jpg
こんな、ちっぽけなパンタグラフでも機関車は動くのかと驚く。
これも最近になって改装されたらしいんだが、なかなか面白いものを見られた。

DSC06300_2014_12.jpg
私鉄の車両にはあまり精通していないんだけど、
京王から伊予鉄、そしてここ銚子電鉄へやってきた車両らしい。
見た目の雰囲気は東急の青ガエルに似ている。
今の銚子電鉄の主力はこの車両らしい。

DSC06337_2014_12.jpg
隣接する醤油工場のタンクと。
車庫見学は楽しいんだけど、ず〜っと醤油の匂いがして、
ここにいた時間はず〜っと胸焼けをしていた。

忘れなければ続く、、、。


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

| 大晦日 総武本線・銚子電鉄 | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://tabipics.blog.fc2.com/tb.php/392-adff2205

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT