FC2ブログ

乗り鉄放浪記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016梅雨 ある日突然、四国の放浪記 その1 鳴門線 鳴門駅

6月上旬、あるニュースが「四国」へ行かねばと決心させる。
その数日後のお話し…。

2016年6月12日。
201606-2953.jpg
前日仕事終わりに近鉄特急で大阪へ。
一泊した後、早朝、大阪から徳島行きのバスに乗る。
突然の旅だったのでバスに空きがあるか不安でしたが、往路も復路も無事確保。

201606-2975.jpg
明石海峡大橋で淡路島へ。

201606-2984.jpg
似たような橋ですが…こちらは大鳴門橋。
一度ここには自動車で訪問したことがあります。
道路下には、うずしおを見ることができる施設がありますが、もともとは将来四国新幹線が通るために設けられたスペースで、そこを利用してうずしおを見られるようにしています。
四国新幹線開業時には見られなくなると思いますが、それはずいぶん先の話しかと…。

201606-2990.jpg
四国上陸、高速鳴門バス停で下車します。

201606-2991.jpg
鳴門市。
ポカリスエット、オロナイン、カロリーメイト等で知られる大塚製薬の企業城下街。
僕はポカリスエットを水で割って飲むのが好きです。

鳴門駅を目指して歩いていたのですが、その途中に出会った乗り物。
201606-2994.jpg
これも鉄道に分類されるのでしょうか??
昇降機(エレベーター)のような感じもしますが…。

201606-2992.jpg
すろっぴーという乗り物。
高速鳴門のバス停までが急坂なのでこれで登るようです。
無料っぽいので試しに乗ってみます。

201606-2996.jpg
まあ…どうってことはない…こんなものに乗りましたという報告です。

201606-2998.jpg
鳴門市(旧板東町)出身、板東英二。
甲子園優勝投手にして、一大会最多奪三振記録(83個)をもつ名投手。
ゆでたまご愛好家としても有名。
個人的にポスターを見て沸きました。(世間的にはまだ許されていないようですが…)

…まあまあ、寄り道だらけで申し訳ありません…15分ほど歩き目的の駅へ。


201606-3002.jpg
鳴門駅、1928年開業。

201606-3009.jpg

201606-3010.jpg

201606-3029.jpg
跨線橋より。
鳴門線も未踏路線なのでここからまず攻略しようと。
ずいぶん前から四国へ行くにはこのルートで…と決めていました。

たしかJR四国には、週末に普通電車が乗り降り自由なきっぷがあったはず…と調べたが…「四国再発見早トクきっぷ」は前日までに購入しなければならない。
他にいい割引きっぷもないので…今回は普通乗車券で…。
201606-3017.jpg
でも、普通乗車券でもそんなに高額ではなく…行きつ戻りつができないのは、若干わずらわしさを感じますが…。

さてどんな車両が来るかと…楽しみに待っていると、やってきたのは…
201606-3044_20160624201912f83.jpg
鳴門1005発徳島行き 4961D
1500形という車両らしい。
おそらく初めて見る車両だと思いますが…前回、JR四国を訪問したとき、独特の進化をとげた「ガラパゴス」と表現しましたが…JR四国、いつも新鮮な感覚があり…ワクワクします。

忘れなければ続く、、、。

(「D750」+「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

| 梅雨 ある日突然、四国 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://tabipics.blog.fc2.com/tb.php/894-76f267f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT